カテゴリー「Kの2/金城武」の記事

2009年10月29日 (木)

「ハンサムのレッテル」?

♪今どこで何をしている〜(『TIME』by B'z)



最近、金城武を思い出すときについつい口ずさんでしまう歌だ。その露出の少なさ(もちろん情報の話)に「ナラリーノと一緒に『K-20』観にいってから、すっかり金城武のファンだよ〜♪」と言っていた友人Aは早くも



「冷めてきた」



と言ってます。だから下記のような小さな記事でも話が出れば「お♪」と喜ぶナラリーノがいるわけで。



【華流】台湾イケメンランキング、金城武がNo.1に
(2009年10月26日 21時41分 Searchina)

台湾の著名ポータルサイトが、イケメン人気投票を行い金城武が1位に。



んま〜♪



めでたいわ〜♪



記事の中の金城武の写真に思いきり手を振ってみた。そんなナラリーノ、記事の続きが気になった。



デビュー17周年を迎えるベテラン俳優となった武だが、変わらぬ人気と台湾を代表するハンサムのレッテルをキープ中だ。



ハンサムの——



レッテル——?



「レッテル」って——悪いイメージにつく言葉なんじゃないかな???



と、いうことで。気になったので新明解国語辞典で調べてみた。したらば。やっぱり。「レッテル」とは「瓶や缶などの商品にはりつけて、内容や商標などを示す紙片。ラベル」といったモノとしての意味のほかに「先入観を持ってある種類のマイナス評価をくだす」ときに使う言葉と書いてある。



だよね〜♪



気になったのでYahoo!のネット辞書も調べてみた(「モノとしての意味」は省きます)。



レッテル=ある人物や物事についての断定的な評価。「不名誉な―」

レッテルを貼る=ある人物などに対して一方的・断定的に評価をつける。「卑怯者の―・られる」



用例がどっちもマイナス評価。だよね〜♪



この記事の場合だったら「レッテル」改め「ハンサムとしての地位」とか——?でも念のためにケータイの辞書も調べてみるか。言葉の使われ方は時代とともに移ろうものよね。「レツテ」…間違った、「列伝」出てきちゃった。多くの人々の伝記を並べ記したもの。「列伝」ってそういう意味しかない?そうだっけ。



——ナラリーノこそ、今ここで、いったい何をしているのだろう——



ちなみにレッテル。オランダの言葉だそうです。ほお、そうなんだ〜。





2009年10月11日 (日)

今日は金城武のお誕生日なんです。

本日。10月11日は−−−



金城武の誕生日ですよ!ナラリーノ国では初のお祝いだ!



ハッピーバースデー、カネシロ!



台湾の言葉でもおめでとう言っとく?



生日快樂〜〜〜!



金城武、いまどこで何をしている?(by「TIME」)早く出てきてくれろ、新作見せてくれろ、という願いをこめてナラリーノ国ではこんなことしてみよう、題して「カネシロ生誕記念☆ナ国でボツったカネシロ画像一挙大公開」。相変わらず、地味な企画だってことはナラリーノが一番よくわかってるんですけれど、何か?



負けずに!ででん!



ブレた。
ブレ過ぎてボツ。。。



興奮して手が震えたわけでなく。
冷製SAPPOROの広告を「歩く歩道」に乗っかったまま撮影したのでこんなになっちゃったのだ。



ブレた。



撮っても撮ってもブレておる。



ブレるなら歩く歩道から降りればよかったのでは?という意見もあろうが、これがね!位置的に乗らないとちゃんと撮れない訳よ!いやまあ、乗ってもちゃんと撮れない訳だからどっちもどっちなんだけれどもさ。



ブレた。



−−−この画像にいたっては、「歩く歩道」どんだけ速度出してんだよ!?っていうほど斜がかかっているけれども。「スペースサンダーマウンテン」的ですが、ごくごく普通の、のんびりした速度の歩く歩道でした。



ちなみにブレてない冷製SAPPORO・カネシロバージョン広告はコチラで。




次も、ね。



ブレた。



広告違えど、ブレ過ぎてボツ。。。



これはね!すんごい人通りの多いところで撮影したんですよ。お願い、皆どいて!少しでいいから!って願って願って願い続けたら一瞬だけ人の波が切れて。



「いまだ!」



ってシャッター押したら、ブレた。で、二度と撮る機会はなかった。お願いの仕方を間違えたのね、きっと(正しいお願い:皆どいて、綺麗に撮影させて)。



撮影したのは今年なんですが、広告自体は古いものです。
「懐かしの広告」みたいなキャンペーンをやっていた時期にこのスペースに貼り出されていたポスターで、90年代に角川文庫の広告に出ていたときのものじゃないかな(違っていたらすみません)。



ブレまくってるけど、まあナ国的には美味しい画像ってことで。。。



で。お祝いになってるのかな、このブレた画像特集。「ウォーロード/男たちの誓い」のDVD、改めて見ても素晴らしい!っていう感想記事を書いた方が祝辞になった気がする。まあその記事は、いずれ。


2009年2月14日 (土)

新たな大ブーム!か?

秦基博、やっぱりいいなあ…♪


今日、「めざましテレビ」の15周年特別企画「元気のミナとも」スペシャルライブに行ってきた。都合で全部見てないんだけどお目当ての秦基博の歌を聴けてヨカッタ!特に生「僕らをつなぐもの」、特に生「鱗」


バックバンドなし、アコギ1本で伸び伸びとした歌声を披露。歌もいいけど声がいいんですよ。特に、フッと下がる音程に乗った時の声に趣きがあって。温かくかすれる高音も耳に優しいし。


「まっとうな青春時代を送ったスガシカオ」的な歌声だったりするんです。


いやいやいやいや、スガシカオも充〜〜〜分、まっとうだったんだろうが、イメージですイメージ。私はスガシカオも好きですよ。言い訳でなく。でも秦基博がバレンタインデーにチョコもらう側だったとしたらスガシカオはあげる側?いやいやいやいや違う全然違う。離れとる。もうよそう。


ちなみに秦基博とスガシカオは同じ事務所です。素晴らしいよ、オフィスオーガスタ…


ってことで、秦基博。あまりに興味が出てきたのでwikiってみた。はあ、1980年10月11日生まれ。10月11日生まれ?はれ、金城武と一緒じゃないですか!


ナ国で大ブーム到来じゃないすか、10月11日生まれ。サイコー…(?)


ちなみにケイン・コスギ、秋川雅史。それから清水健太郎も10月11日らしい。次のナ国ブームは、ここらへんってことで。ヘビロテ「失恋レストラン」——(ならなそー…)


ちなみに古い記事では秦基博のことを「打ち水後の山崎まさよし」って書いてる、私。山崎まさよしもオフィスオーガスタです。


その他のカテゴリー