2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「ナ国☆映画館」の記事

映画鑑賞記です

【映画】黄金のアデーレ 名画の帰還


そう。今年もナラリーノ国の伝統を尊重、継続。それは。


「年末までにすべきことをしなかった時は、旧正月までにやればいい」。つうことで。


「旧正月までに『2015年中にアップしなかった記事を形に』作戦」発動。
Let's start!ちなみに2016年の旧正月は2月8日とのこと。


2015年、一番心打たれた映画が「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」であることはコチラに書きましたが、スヌのあとに、もう1本見たの。
「黄金のアデーレ 名画の帰還」。実話をベースにしたお話です。


【あらすじ】

1998年、ロサンゼルス。

小さなブティックの店主・マリア(ヘレン・ミレン)は、亡き姉の意志を引き継ぎオーストリア政府を訴えた。
オーストリアのベルベデーレ美術館が所蔵するクリムトの名画、通称「黄金のアデーレ」。
マリアは「その絵の正当な持ち主は自分」と主張したのだ。

絵のモデルはマリアの伯母・アデーレで、伯母の遺言により美術館に寄贈されたことになっていたが、本来は第二次世界大戦中、ナチスに略奪されたものだった。

マリアは友人の息子で新米弁護士のランディ (ライアン・レイノルズ)とともにオーストリアに向かう。
ナチスから逃れるためアメリカに亡命したユダヤ人のマリアにとって、二度と戻りたくなかった祖国に。


訴訟の行方≪現在≫と第二次世界大戦≪過去≫が交互に描かれる物語。
マリアが本当に訴えたかったこと。
それは物語の最大の盛り上がりと言える、ランディの演説の中にあると思う。


過去って、清算だけで清算されるものなのかな。


慰安婦問題日韓合意ニュースの直後に観たんだよな、この映画。
ニュースにはいろいろ思うところはあって。で、「黄金のアデーレ」を観て。観ている途中なんとも複雑な、なんとも言えない気分になりながら、それでも映画は感動的だった。


ナチスが強奪した美術品の奪還を描いたもう1本の映画「ミケランジェロ・プロジェクト」より断然よかった!


【コネタ】

 

どちらにも「ダウントン・アビー」の俳優さんたちが出ていたわ。
「ミケランジェロ」にはヒュー・ボネヴィル(伯爵)。
「アデーレ」にはエリザベス・マクガヴァン(伯爵夫人)。

 

「ダウントン・アビー4」の話もしたいなあ。


なんとも衝撃的な…映画「ブリッジ・オブ・スパイ」


2016年最初に映画館で観た映画は「ブリッジ・オブ・スパイ」。
公開翌日に観に行ってきたYO!


衝撃的でした…(震)。


若干ネタバレがあるような気がするので、読みたい方だけ「続きを読む」をクリックしてねん。


続きを読む "なんとも衝撃的な…映画「ブリッジ・オブ・スパイ」" »

【映画】I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE


今年も2015年と変わらず、ナラリーノ国のミッションを遂行。


ミッション。それは。
「年末までにすべきことをしなかった時は、旧正月までにやればいい」。
つうことで。


「旧正月までに『2015年中にアップしなかった記事を形に』作戦」を発動。Let's start!ちなみに2016年の旧正月は2月8日とのこと。


2015年に見た映画の中で一番心打たれ感動したのは「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」。とてもシンプルなストーリーなんだけど。


ザ・ピーナッツ
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Peanuts (C) Peanuts Worldwide LLC.


【あらすじ】いつも空回りしては周囲にからかわれ、飼い犬のスヌーピーにもあきれられているチャーリー・ブラウン。転校してきた赤毛の女の子に一目ぼれしたが話しかける勇気がなく、ふだん以上に失敗を繰り返していた。そんなチャーリーを尻目に、スヌーピーは空想の世界でパイロットになりきって恋と大冒険を繰り広げる。


自分はイマイチで残念な子だってシュンとしてるチャーリー・ブラウン。
劇場にいた大人は誰もが思ったことでしょう。「チャーリー、そんなことないんだよ!」と。


優しくて正直で一生懸命で…。こんなに素敵な男の子なのに自分の良さに気づかない。でも一途に奮闘するその姿に、ついつい涙が…。


あなたはこんな男の子だったのね、チャーリー!


と、わたくし「THE PEANUTS」のことをあまりに知らなかったことに気付き、本を買ってみました。


スヌーピーの50年
「スヌーピーの50年〜世界中が愛したコミック『ピーナッツ』」。


まだ読んでる最中なんだけど、スヌーピーって空想好きのちょっとシニカルなワンコだったのね。チャーリーの名前も覚えていないような?チャーリーはスヌのことを親友と信じてるけど、スヌはチャーリーのことを「自分にエサをくれる丸顔(丸頭)の男の子」としか思っていないみたいで。


とても犬っぽいわ(犬だけど)。
我が家の愛犬・モモたんもきっと、私のことを「なんか知らないけど、いつもそばにいてワタシの体をサスサスしてる女の人」くらいにしか思っていなかったんだろうなあ。


そして映画に話を戻しますが。私が見たのは2D吹き替えだったんだけど。
チャーリー役の鈴木福くんが凄すぎた。。。天才。


覚書☆映画/美術館/本


お久しぶりです。
3月から5月初旬にかけて遊びに忙しかった!
アップしたいものを覚書。

******************************************
<美術展>

★「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」
2015/3/21〜6/28(Bunkamura ザ・ミュージアム)

★「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」
2015年2月7日~5月24日(三菱一号館美術館)

★「【特別展】上村松園 生誕140年記念 松園と華麗なる女性画家たち」
2015年4月18日~6月21日(山種美術館)

★「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」
2015年2月21日~6月1日(国立新美術館)

★「マグリット展」
2015年3月25日~6月29日(国立新美術館)

★「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
2015年3月18日~5月10日(サントリー美術館)

★「尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密」
2015年4月18日~5月17日(根津美術館)

******************************************
<映画>

★「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
★「シンデレラ」

******************************************
<本>
★『あすなろ三三七拍子』
★『僕は物覚えが悪い』
★『日本の色 世界の色』
★『白砂』

******************************************

ほかにもあった気がするけど、まあいいや。
旅行も待ってるし。ワクワク。


映画「ベイマックス」


超〜〜〜遅ればせながら、先日「ベイマックス」字幕版を観てきました。

ポスターの雰囲気から、終始心温まるホンワカしたお話かと思っていたら、戦隊アクション映画でした。原題は「BIG HERO 6」←うん、こちらのほうが内容とマッチング。

Baymax
(↑勘違いのもと)

物語の舞台は架空の都市・サンフランソウキョウ。
天才少年のヒロくんは、大好きな兄・タダシを事故で失ってしまう。

失意の彼の前に現れたのは、科学オタクの大学生だったタダシが作った「ケア・ロボット」ベイマックス。

ある日、兄の死の裏に潜んでいる巨悪の存在に気づいたヒロは、本来、人の心と体の健康を守るために開発されたはずのベイマックスと兄の友人たちとともに敵をやっつけることを決意する。

日本へのLOVEがそこかしこに現れる「ベイマックス」。
サンフランソウキョウはサンフランシスコの街並に日本の風情と裏通りがミックス。

テレビのインタビューでスタッフが言ってたけど、ベイマックスの顔は神社の鈴からイメージされたんだって。ヒロも日本人っぽい顔立ちだし。なんかいろんなところに親近感。

ベイマックスも不思議可愛かったわ。
ウォーターベッドの弾力を思い起こさせるボディ。
時にとろく、時に激しいその動き。おっとり感。ツボよ。

そんなヒロ&ベイマックスとともに戦う仲間たちもオタッキーでキャラ立ちしてて笑えた。皆それぞれ得意分野の武器を持ってて。

そんな変わり種の集団が悪に立ち向かう。面白カッコいい展開に友情や家族愛が絡み合い、泣くしかなかったわ。いい映画でした!

実は前座の「愛犬とごちそう」からもう涙腺決壊。
犬好きには「えーダメだよそれ」というシーンばかりなんだけど、何が泣けるって、ワンコの声がね…。

ワンコが甘えたり拗ねたりする時の声を映画館の大きな音で聞いて、涙が止まらなかった。やはり私の心はモモちゃんのものよ。


映画「ジョーカー・ゲーム」


KAT-TUN・亀梨くん主演映画「ジョーカー・ゲーム」を観てきたYO!

「ジョーカー・ゲーム」
タイトル、ポスターの雰囲気、「誰が敵で、誰が味方か?」「ジョーカーを見抜け」といったキャッチフレーズから「ライアーゲーム」みたいな頭脳戦を想像していたら、アクション映画でした。


ストーリーの舞台は第二次世界大戦前夜の日本と、とある国際都市。
上官をぶっ飛ばし、極刑を言い渡された美し過ぎる軍人が亀梨くん。
彼を諜報組織 “D機関”の一員にスカウトする美し過ぎる中佐が伊勢谷友介氏。


中佐から「世界中が狙うトンデモ設計図。貴様、奪ってこい」と命令された元・軍人は、色気あり過ぎる写真屋に扮し、同じミッションを担う各国スパイと争奪戦を繰り広げるのだった。


「亀梨くんを麗しく撮る。」という意思は「ジョーカー・ゲーム」にもドラマ「セカンド・ラブ」にも共通しているが、妖しさがうまく醸し出されていたのは当然「ジョーカー・ゲーム」であった。「セカンド・ラブ」。あれの亀梨くんは「怪しい」だ。大石静。なぜにあなたがあんな脚本を?


閑話休題。


<映画、残念だった点>

・意外性がほしかった(ここ、肝心)
・深キョン。ここでも深キョンだった(もう第2の桃井かおり)
・外国人俳優(再現ドラマに出てくるような人たちで、映像を世界仰天ニュースにしてた)


<映画、良かった点>

・後味さわやか(肝心)
・深キョン。ここでも深キョンだった(逃げるのにソレに着替えるかなど話題提供)
・D機関、かっこよかった(陸軍中野学校がモデルなのね)

・主題歌のイントロが映画のエンドロールとよく合っていた(「Dead or Alive」by KAT-TUN)

・原作も読みたいと思った(面白そう。映画は原作のいろんなエピソードを組み合わせたみたいね)


本屋さんに行こーっと♡


映画『鑑定士と顔のない依頼人』


やっと、やっと観に行ってきました!
映画『鑑定士と顔のない依頼人』★


『鑑定士と顔のない依頼人』

『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』のジュゼッペ・トルナトーレ監督作品!公開前から楽しみにしてたの、やっと観たよ…(去年の12月公開だったのに)。


やっと観たよ…。でも…。


私、NG (-ω-;)彡typhoon


無理、ホント無理!


とにかく美しい映画で「人生、是・耽美shineな私は も〜うウットリshine
主役のジェフリー・ラッシュ(これまた名作『英国王のスピーチ』で言語療法士を演じていたね)の台詞や演技のリズムが印象深くて、途中までは…とてもとても愛せそうな映画だったわ。


「ストーリーとしてのミステリー」は正直驚きがないんだけども(推理小説好きなら、すぐ予想できちゃう)、こう…雰囲気がミステリアスで官能的なのがイイネ Heart


でも、無理。


これからご覧になる方向けに書かずにおくけど。。。
あの雰囲気に、もう一度会いたいけれど。


無理だよ〜ぅ。。。ぐすん…(ノω・、)


(・ω・)ノ----------------

映画『鑑定士と顔のない依頼人』あらすじ

天才的な審美眼を誇る鑑定士・ヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が残したという絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、ある屋敷にやってくる。

しかし、依頼人の女性・クレア(シルヴィア・ホークス)は口実を重ねて姿を表さない。ヴァージルのいらだちは頂点に達するが、歴史的発見ともいえる美術品の一部を見つけ、任された仕事を続けることに。

やがて、クレアが屋敷の隠し部屋から決して出てこず暮らしていることを知ったヴァージルは、彼女と壁ごしのやり取りを重ねる。そしてその美しい姿を覗き見たヴァージルは、クレアに惹かれていく。

-------------------
映画『鑑定士と顔のない依頼人』公式サイトはコチラ
-------------------


映画『小さいおうち』

映画『小さいおうち』を観てきました☆
もう1回観たいです。好きなジャンル。


(´・ω・`) ノ****************************

映画『小さいおうち』あらすじ

健史(妻夫木聡)の大伯母にあたるタキ(倍賞千恵子)が亡くなった。
一人暮らしのタキを訪ねるたびに、
健史はタキが書く“自叙伝”を読むことを楽しみにしていた。

昭和初期。若き日のタキ(黒木華)は、赤い三角屋根が目印の、小さくモダンな家に住む平井家のお手伝いとなる。そこには玩具会社に勤める主人(片岡孝太郎)と妻の時子(松たか子)、幼い一人息子の恭一が暮らしていた。

若く美しくお洒落で優しい時子に、強い憧れを抱くタキ。
が、平穏で幸せな平井家の毎日を、主人の部下にあたる板倉(吉岡秀隆)の出現と、忍び寄る戦争の足音とが変えていく。

(´・ω・`) ノ****************************


ネタバレってほどじゃないけど匂わせているので。
これからご覧になる方向けに記事を隠すよ〜。

続きを読む "映画『小さいおうち』" »

今日は遅くなりました。

今日は映画を観てきました!
楽しみにしていた「小さいおうち」。

レポはまた…。コメント欄、閉じます。

映画100本ノック☆2014。ストレッチ。

◆最終更新:2014年2月26日(情報を随時追加)

君たちは覚えているだろうか、ナラリーノの「映画100本ノック」のことを。

「ブロガーたるもの、映画を観たら感想をモリモリ書くべし!」という気合いを入れるために、スポ根っぽく

「100本ノック」

と名付けただけなのに、いつの間にか「ノック」が消え失せ

「やはり100本というからには100本観ないと。」
「しかも映画館で。」
(※)

と、なってしまった不毛なあの計画を。

実際100本以上観ることが出来たのは2009年のみという不毛なあの計画を。

当時と違って最近の行動範囲内に映画館がほぼないので もう100本は無理ですが、今年観た作品名は残しておこうかな、と。

題して「映画100本ノック☆2014。ストレッチ」

いいかげん「100本ノック」の看板を下げい。「今年見た映画」でいいじゃん。というご意見は、スルー。
各作品、感想を書いた時にはリンクを貼りまーす。

※ワタクシ、映画は大好きですがDVD鑑賞はしないタチ。「やはり大画面で観たい」プラス「家で観ると気が散る」というのが理由。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

* 2014年1月

『武士の献立』『小さいおうち』

* 2014年2月

『鑑定士と顔のない依頼人』『大統領の執事の涙』

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

aiue-お触れ | B'z | Johnny's | Kとは… | sports(サッカー) | sports(フィギュアスケート) | sports(etc.) | おいしいもの(cafe&restaurant) | おいしいもの(etc.) | ゲイノウ | ドラマ | ドラマ:'09大河『天地人』 | ドラマ:'10大河『龍馬伝』 | ドラマ:'12大河『平清盛』 | ドラマ:'14大河『軍師官兵衛』 | ドラマ:JIN−仁−1&2 | ドラマ:ROOKIES | ドラマ:ごくせん | ドラマ:のだめ | ドラマ:わるいやつら | ドラマ:ガリレオ | ドラマ:コドブ1&2 | ドラマ:スシ王子! | ドラマ:ハチワンダイバー | ドラマ:バンビ〜ノ! | ドラマ:パパとムスメの7日間 | ドラマ:ファースト・キス | ドラマ:ブザビ | ドラマ:ホカベン | ドラマ:ホタルノヒカリ1&2 | ドラマ:ライアーゲーム1&2 | ドラマ:ライフ | ドラマ:ラスフレ | ドラマ:医龍1&2 | ドラマ:夜王 | ドラマ:大奥 | ドラマ:女帝 | ドラマ:山おんな壁おんな | ドラマ:山田太郎ものがたり | ドラマ:牛に願いを | ドラマ:絶対彼氏 | ドラマ:花君2007 | ドラマ:野ブタ。 | ナ国☆トラベル | ナ国☆ネイチャー | ナ国☆プラネタリウム | ナ国☆ヘルス&ビューティ | ナ国☆ミュージック | ナ国☆博物館 | ナ国☆占いの館 | ナ国☆図書館 | ナ国☆映画館 | ナ国☆映画館(100本ノック) | ナ国☆産業 | ナ国☆美術館 | 国ドゥー事件簿 | 実録☆ナラリーノ国 | 愛犬モモと仲間たち | 気になる××

Amazon商品検索