2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「ドラマ:女帝」の記事

あの人の今後『女帝』第10話(最終回)

なんてタイムリーなんでしょう。。。ドラマ『女帝』の最終回。


世間は安倍首相突然の辞任で大騒ぎ。体調問題のほか、お金絡みのスキャンダルが
暴かれる直前だった——との説があるが


ドラマ『女帝』でも、首相の尾上さん(伊原剛志)がスキャンダルの矢面に立っていた。内容は「水商売の女に不正融資していた」とのこと。


実の娘に、援助しただけなのにね。。。


でも、尾上さんは偉かった。
マスコミを前に真実を話すのだ。彩香との親子関係、昔、様々ないきさつで彩香のお母さんと別れることになった話を。


尾上さん、実のある男・その2だ。。。(その1は『ホタルノヒカリ』の高野部長。)


実のある男・その3は直人(松田翔太)だった。


直人、余命いくばくもない病気を抱えてた。彩香に冷たい態度を取っていたのは、彩香を思ってのことだったのね(TT)


直人は亡くなってしまったけど、彩香は残された子供とともに生きていく、と。


ドラマが始まった頃は、ローサちゃんの役柄にまるっきり共感できなかったけど


なんだか励ましたくなるようなラストだった!


(´・ω・`)ノ最終回あらすじ

梨奈(酒井彩名)と手を組んだ議員の袴田(長谷川初範)が尾上首相(伊原剛志)の「金銭スキャンダル」を国会で追求する。クラブ「佐和」の前にも多くのマスコミが押し寄せ、お客も近寄れない。
そんな状況下でも、ママの佐和(かたせ梨乃)は彩香(加藤ローサ)を心配する。

事実、不正融資の噂を信じた内装業者の志気が落ち、彩香の新店はなかなか完成しない。焦る彩香に、梨奈は「あなたに近寄った男はみんなダメになる」と誇らしげに言い放つ。

そんな折、彩香には告げずに彩香の店のホステスをスカウトしていた直人(松田翔太)が頭を抱えてその場に倒れ込む。直人の体は、ある病に蝕まれていた。

佐和の助言を受けた尾上が、記者会見を開いた。
その席で、尾上は彩香と自分の関係を公表、父親らしいことをしてこなかったことへの罪滅ぼしに彩香の保証人になった事実を打ち明けた。

尾上の真摯な態度に打たれた議員たちは、一斉に尾上支持を表明する。自分の敗北を痛感した梨奈は、謙一(斉藤祥太)とともに「佐和」を訪れ、彩香と尾上に土下座する。

謙一と離婚して罪を償いたいと言う梨奈を彩香は殴りつけ、もう一度夫婦としてやり直すように励ました。

彩香に病名を告げぬまま、直人が「佐和」を去る。佐和から直人が脳腫瘍で余命わずかであること、彩香の今後に負担をかけないよう秘密にしていたことを聞かされた彩香は、直人を探し出したい気持ちを抑えて新店オープンに全力を注ぐ。

混乱を乗り越えて、クラブ「彩香」がオープン。大盛況の中、店を訪れた尾上と佐和は彩香に直人の居場所を教える。

(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の女ぶり『女帝』第9話

あーーー、やっちゃったシリーズ第2弾。9月7日放送のドラマ『女帝』。(第1弾は、『牛に願いを』の第8話


録画予約を忘れました。。。


第8話で、腹を刺された直人(松田翔太)はどうなったんだろう。その容態を心配していたのに録画予約を忘れてしまった。


だから、公式サイトのあらすじ読んでみた。


ほーーー。


直人、命に別状はなかった模様。え?でも美濃村(泉谷しげる)が亡くなったの?


梨奈(酒井彩名)が彩香(加藤ローサ)に謝ったらしいがどうせ嘘だろう。まだドラマは続いているし。


と、思っていたらやっぱり。クラブ「佐和」の立ち退き問題、影で糸引いてたのは梨奈らしい、と。


立ち退き回避の条件は、彩香をクビにすること。梨奈の考えそうなことだが、かたせ梨乃演じるママの佐和はタンカ切る、と。


さすが『極妻』と。オンナを上げた、と。


で、尾上(伊原剛志)は彩香が娘だと知っていた、と。で、彩香の店の保証人になる、と。


でも梨奈がそれをかぎつけて邪魔する、と。


すごいねえ、梨奈。。。


オンナだねえ。。。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の腹具合『女帝』第8話

ドラマ『女帝』第8話。何せサブタイトルは「NO.1ホスト 女帝VS夜王」だからして。


そんなタイトルつけられちゃったら北村一輝の影を探してしまうナラリーノがいる。


一輝。


ドラマ『夜王』では高っい酒を飲んでいた一輝。


時が経ち、ビールのCMに出るようになったのはめでたいことだ。


かたや。
ドラマ『女帝』第8話の夜王役は速水もこみちだった。加藤ローサちゃんとシャンパン対決する夜王・もこみち。


シャンパンタワーのグラスを次々あけていく二人。ローサちゃんが勝てばもこみちが握っている秘密を、もこみちが勝てばローサちゃんのハートをいただく約束。


北村一輝と違って——水分取りすぎると腹壊しそうな夜王・もこみちがいた。


そして松田翔太。またも殺されかかっていた。腹をナイフで刺されとる。大丈夫???


(´・ω・`)ノ『女帝』第8話あらすじ

自分を暴行しようとする写真をネタに北條(森本レオ)を政界から抹殺しようとする彩香(加藤ローサ)。

怒りに震える北條を見て、彩香の元ボーイフレンドで今は北條の娘婿となった謙一(斉藤祥太)は「卑怯な手を使って大臣になることはない。このまま政界を引退しろ」と告げる。

謙一は、首相の尾上(伊原剛志)と彩香が一緒にいるところを隠し撮りした写真と元データを彩香に渡していた。

清廉潔白な政治家を目指そうと心を入れ替えた謙一から彩香の影を感じ取った北條の娘・梨奈(酒井彩名)は、彩香への憎しみを募らせる。北條は政界から身を引き、大臣職を辞任した。

全ては直人(松田翔太)が北條と彩香の「密会現場」に駆けつけてくれたおかげ。
彩香は直人に礼を言うが直人から「お前が仕事をおろそかにしている間に『佐和』に異変が起きた」と告げられる。

店のNO.1ホステスの座が彩香のライバル・薫(金子さやか)に移っていたのだが、
なぜか薫目当ての客たちは薫の顔色を伺っている様子だ。

そんな薫が入れ込んでいる歌舞伎町のNO.1ホスト・タクヤ(速水もこみち)が『佐和』にやってくる。「銀座の女帝」である佐和がどんな女性か見たかったと言う。
彩香はタクヤが夜の世界でのし上がろうとしていることを見抜く。

ある晩、薫の客に泣きつかれた彩香は、急に増え始めた薫の客たちが薫に弱みを握られ、脅迫されている事実を知る。

彩香は薫を諌めるが、証拠を見せろと凄まれる。薫を直接責めることが無理だと察した彩香はタクヤに近づいた。

薫が握っている秘密を知りたい彩香は、タクヤにシャンパンの飲み比べを挑むも
負けてしまう。それでも『佐和』や銀座の品位を貶めたくない彩香は、しつこくタクヤに食い下がる。

その熱意にほだされたタクヤは——

(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の力『女帝』第7話

ちょっと恐かった、『女帝』第7話。
嗚呼、これが権力ってものなのね。。。人が人をねじ伏せるってことなのね…って
なんだか実感させられるようなお話でした。


森本レオ扮する代議士の北條を陥れようと加藤ローサちゃん演じる彩香は、北條に暴行されたフリをするのだが。その場にやって来たホテルマン、北條の言いなりになって彩香を無視して出て行っちゃった。。。


恐いわね、力を持ってる人って。。。


嫉妬に狂って、焼肉をムギュ〜〜〜〜〜〜っと網に押し付けてたエリさん(滝沢沙織)の腕力も恐かったが−−−


嫉妬に狂って、トマトをブシュ〜〜〜〜〜〜っと握りつぶしてた梨奈さん(酒井彩名)の腕力も恐かったが——


やはり一番恐いのは、エロジジイ・森本レオ——


それにしても。加藤ローサちゃんに迫ってた森本レオ。


下世話ながら、いろいろ思い出してしまったのは——石原真理子のこととか水沢アキのこととか思い出してしまったのは私だけではないはずだ。


(´・ω・`)ノ 第7話あらすじ

代議士の北條(森本レオ)から尾上(伊原剛志)の夜の相手をするように頼まれた彩香は素直に応じる。関係を持った後に、自分が実の娘だと告げて父親である尾上に復讐しようと考えたからだ。

しかし、尾上は彩香に手を出さないばかりか、彩香を娘と気づかぬまま、彩香の母(かとうかず子)との過去を打ち明ける。尾上の思わぬ誠実さに打たれた彩香は、父へのわだかまりを捨てる。

父娘のやり取りから数日後。総理大臣に就任した尾上の内閣人事が発表される。その中には、なぜか北條の姿があった。

重要なブレーンを差し置いて北條が抜擢されたことに驚きの声が上がるが、全ては北條の差し金。北條が、彩香と尾上の「密会現場」写真をネタに尾上をゆすったのだ。

怒った彩香は尾上と自分を撮った写真を返さなければ暴行されたフリをする、と北條を脅すが、北條はひるまない。その上、彩香に殴り掛かる北條。

——その決定的場面を、直人がデジカメで激写する。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の服『女帝』第6話

先週、セクシーダイナマイトなドレスを纏って伊原剛志の横に座っていた加藤ローサちゃん。今週は——


ゴージャスドレスを着こなすホステス軍団の中、落ち着いたスーツばかりを身につけていた。


不評だったのだろうか。セクシーダイナマイト。


いや、それにしてはあまりにもタームが短かった。セクシーダイナマイトなドレス時代。


でもやっぱり、木綿の夏ワンピのほうが似合いそうだ、加藤ローサちゃん。そして。


ヤクザにぶん殴られた松田翔太の横顔を見てフト思った。


もしも松田翔太があと一歩、横方向にしっかりしたガタイだったら——


ドラマ『花ざかりの君たちへ』の佐野泉役。


小栗旬より松田翔太のほうがそれらしいのでは——


と、思った。


マンガの佐野泉は小顔でスッキリした顔だちの上に、首周りがスッキリしているのだ。ゴメンね小栗旬。


桜咲学園のブレザーも、松田翔太なら似合いそうだ。


あ、いや。小栗旬だって似合ってる。


(´・ω・`)ノ 第6話あらすじ

母と自分を捨てた尾上(伊原剛志)に母から教わった料理をあえて差し入れる彩香(加藤ローサ)。だが、その味に気づかない尾上に彩香は改めて憎しみを募らせる。

直人(松田翔太)はそんな彩香の振る舞いを諌めるが、溝が深まったままの彩香は
素直に聞き入れられない。

ある日、彩香は直人の忠告を無視して大物ヤクザ・大翔(西村和彦)の接待ゴルフにつきあうが、ヒットマンに狙われた大翔をかばって狙撃される。

彩香の入院中、「彩香は大翔の情婦」という噂が広まっていた。噂の出所は、自分の店をたたんでクラブ「佐和」のホステスとなったライバル・薫だった。

彩香とはうらはらに親友の美樹は恋人にプロポーズされ幸せな毎日を過ごしていたが、実はその恋人は大翔の手下で結婚詐欺師だった。

恋人の本性に気づいた美樹は自殺を図る。一命は取り留めたものの、怒りが収まらない彩香は単身、大翔の事務所に乗り込む。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の過去『女帝』第5話

ドラマ『ライアーゲーム』の好演をキッカケにナラリーノ国の話題の主に躍り出た松田翔太。


大きくなったねえ——


って、今回は存在の話じゃなくて。


体、が。


彼を最初に見たのはきっと——それは多くの方が同じだと思うが——


以前、ワイドショーで放映された松田優作さんのお葬式。その遺児たちは、まだとても幼かった。


あのおチビちゃんたちのひとりが松田翔太であるはずだ。お父さんの死をイマイチ実感してなくて泣いているお母さんのそばで不思議そうにしていたおチビちゃんたち。


大きくなって——月日って流れるんだねえ。


しかし。


年齢を重ね、背も大きくなった——いやどちらかというと「背が長くなった」松田翔太だが


「体重は、おチビちゃんの頃のままなんじゃないの?」


と問いたくなるような細さだ。TVで見ても細いのだ。実物はどんなに細いのだろう。本当に、枝を落とした杉の木に見える。そして。


JR原宿駅には以前から加藤ローサちゃんの写真が貼ってある。ティーンズ雑誌の広告なのだが。


清楚だわ——


可愛いわ——


そんなローサちゃんが今回、杉本彩ばりの、ヒモみたいなドレス着てた。


ローサちゃんは木綿のドレスの方が似合う、と思フ。


(´・ω・`)ノ*****『女帝』第5話あらすじ*****

銀座の女帝と呼ばれる佐和(かたせ梨乃)を訪ねた彩香(加藤ローサ)は、佐和の店で黒服として働く直人(松田翔太)と対面する。

直人は、何者かに殺されたはず——彩香は驚きを隠せない。しかも、直人の態度は別人のように冷たい。ショックを受けた彩香の心は乱れるばかりだ。

そんな折、佐和の店の経営がピンチに陥った。心配した弘美(東ちづる)に連れられてクラブ「佐和」にやって来た彩香に直人は土下座して「店のために彩香の力を借りたい。彩香の力がうちの店には必要だ」と訴える。

佐和は直人を諌めるが、弘美は、彩香のためを思ってあえて直人の願いを聞き入れる。

自分のもとで働き始めた彩香に佐和は、直人が「佐和」て働くことになった経緯を語る。

所属する暴力団に追われる身となった直人は、死ぬ前に「女帝」とはどんなものかを見るために「佐和」を訪れたという。佐和の取り持ちで、暴力団とも折り合いがついた直人はそのまま「佐和」の黒服に。以来、直人は銀座の帝王をめざして必死に修行を積んでいるという。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の顔『女帝』第4話

ドラマ『女帝』。舞台は大阪から銀座へ。めまぐるしいのう。そんなめまぐるしさの中、なんだかあか抜けた感のある加藤ローサちゃん。

着ているドレスはもちろんのこと、顔もモッサリ度が消えてスッキリしたような。

お化粧の仕方なのだろうか。ジックリ見てみたがわからない。そしてジックリ見れば見る程

「演技は——あいかわらずだな——」

と気づいてしまう訳だが。

注目の松田翔太は、殺されたっぽかった。

しかし、あっという間に生き返ったっぽかった。

(日本語が変だ。)

松田翔太って——

誰に似てるんだろう?顔。

お父さん似?お母さん似?

松田優作!とも言いきれないし、松田美由紀!とも言いきれないし

気になる——



(´・ω・`)ノ*****『女帝』第4話あらすじ*****

母親と自分を苦しめた「権力」に立ち向かうため女帝になる——そんな決意を抱いてホステスになった彩香(加藤ローサ)は、上客・美濃村(泉谷しげる)のすすめで東京に居を移す。

新たな勤め先は銀座のクラブ「アマン」。勤務する女の子たちの雰囲気もよく、働きやすそうな雰囲気だが、NO.1ホステスの薫(金子さやか)だけが彩香に敵対心を抱く。大物作家の大沢(豊原功補)が彩香を訪ねて来たのが面白くなかったのだ。

ある日、「アマン」のママ・弘美(東ちづる)は銀座一のホステス・佐和(かたせ梨乃)の誕生日会に彩香を誘う。その存在感に圧倒された彩香は「女帝」の凄さを実感する。

薫の嫌がらせに屈せず働く彩香だったが直人(松田翔太)らしい男性の刺殺体が見つかったと言うニュースを見て衝撃を受ける。

(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の恋『女帝』第3話

小沢真珠。ライバル=加藤ローサちゃんに硫酸かけようとする始末。誤って自分がかぶっちゃってたが硫酸かけようとする女の恨みより小沢真珠の顔が恐かった。


(´・ω・`)ノ『女帝』第3話「あらすじ」

彩香(加藤ローサ)の客足がだんだんとニブくなる。店のNO.1ホステス・麗子(小沢真珠)が体を使って彩香の客に言いよっているらしい。

店のママ(中島知子)は、同僚の客を寝取る麗子に注意。腹を立てた麗子は店を辞め、ヤクザの香田(吹越満)に彩香がホステスの世界で生きていけないようにしほしいと頼む。

そんなある日。
彩香は公園で具合が悪くて座り込んでいた老女を背負って病院に連れて行く。

夜、その老女の息子・篠原(古谷一行)が礼を言いに店に訪れる。篠原の接客中、彩香は香田の部下に絡まれるがすかさず篠原が助け舟を出す。篠原は、とある暴力団の若頭だったのだ。

彩香のバッグに大物ヤクザがついていることを知った香田は怒り爆発。その矛先は弟分の直人(松田翔太)に向く。

彩香を売り飛ばすよう命じられた直人から大阪から身を隠せと告げられる彩香。
同じ頃、彩香の今後を案じた美濃村(泉谷しげる)は彩香に「銀座に行って勝負しろ」と激励する。

(´・ω・`)ノ***********************


加藤ローサちゃん、KAT-TUNの赤西くんと写真撮られちゃったんだよね?
と、いうことでローサちゃん演じる彩香を心配して立ち回る心の恋人・松田翔太が赤西くんに見えて仕方なかった。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の頭ん中『女帝』第2話

遅くなりましたがドラマ『女帝』第2話について。
どちらかといえば『山おんな 壁おんな』に出てくれた方がイメージ合っていると思われる加藤ローサちゃんが主役のこのドラマのあらすじはコチラ↓


(´・ω・`)ノ***********************

母の死をキッカケに権力を持つ男たちへの復習を誓った彩香(加藤ローサ)は、大阪でのホステス職を足がかりにいずれ銀座の女帝になることを目指す。

そんな彩香が目をつけたのは「ミナミの妖怪」と噂される美濃村(泉谷しげる)美濃村に「3回、チャンスをくれ。それで心を掴めなかったら二度と社長の席につかないから」と宣言。

その言葉に興味を持った美濃村は了承するが、同じ席でそのやり取りを聞いていた麗子(小沢真珠)は控え室で怒り爆発。店のママ・美奈(中島知子)にもしも彩香の目論みが失敗したら店を辞めさせるようまくしたてる。

ママは返事をしないが、彩香はチャンスをモノに出来なければ辞めると告げる。

(´・ω・`)ノ***********************

♪ちなみに第1話「あの人の影『女帝』第1話」はコチラ。

(´・ω・`)ノ***********************


ホステス役の加藤ローサちゃん。
のし上がるためのチャンスが欲しくて妖怪に近づく新米ホステスをドヘタに熱演中。


こんな可愛い相手とベッドシーンなんて、よほどチャンス到来な泉谷しげる。


そんな泉谷の楽屋を、ナラリーノ絶賛妄想中。


★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★


「ローサとやる役だよ!?」
「もう触れるだけ触っちゃうよ!?」


その言葉の勢いとは裏腹に内心照れまくりの泉谷がいる。


★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★


夜の女たちの世界には「新調日」なるシステムがあるようだ。その日、ホステスたちは新しい洋服を来て出勤しなければいけないらしい。もし、新しいドレスが用意できなかったらペナルティとして1日分の給料を引かれてしまうという。


まだお金がない彩香にとっては辛い掟だ。しかたがないのでルームメイトである
同僚ホステス・美樹ちゃんの古着をリフォームする始末。


彩香をイビるやり手ホステス・麗子がそのドレスをズタズタにするもなおもリフォーム!


この展開にふと「劇的!ビフォーアフター」を思い出すナラリーノ。そんな感じ。『女帝』第2話。で、次回。


彩香の関心が自分の財産ではないことを知った美濃村は「お前の心意気に惚れた。 わしがお前をミナミ一のホステスにしてやる」と宣言。約束を守り、常に彩香を指名してくれるように。


その勢いに乗るように新たな上客も得た彩香。どうやら東京に進出する様子!?彩香の理解者・直人がヤクザと知った麗子のイジメが加速しそうだけど!?


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

あの人の影『女帝』第1話

ドラマ『ライヤーゲーム』で煌めいた松田翔太も出演するドラマ『女帝』。加藤ローサちゃんがホステス役かあ…ピンと来ないけど…


<『女帝』第1話あらすじ>

彩香(加藤ローサ)は熊本で暮らす女子高生。
スナックを営みながら女手ひとつで育ててくれた母(かとうかず子)が病に倒れたことで彼女の人生が暗転する。

ボーイフレンドであり、町の権力者の息子である謙一に暴行されそうになった彩香は、口止め料に金を渡そうとする謙一の父に「貧乏でも心は売らない」と言い放つ。

亡くなった母が残した手紙で父親が生きていることを知った彩香は、自分と母を苦しめた人々に復讐するために権力を得ようと大阪へ。
歓楽街のミナミにあるクラブに出向き店のママに「ナンバーワンホステスになって
天下を取りたい」と訴える。

その言葉を聞いた店の看板ホステス麗子(小沢真珠)は、ママに素質を見抜かれ店で働くことになった彩香を虐め抜く。

そんな辛い毎日の救いとなったのは、ふとした縁で親しくなった直人(松田翔太)。

直人を見たママは交際を止めるが彩香はそれを突っぱねる。常に優しい直人を信頼する彩香だったが——

*******************


可愛いローサちゃんをいびりまくる小沢真珠。なんかもう、「小憎らしい」という言葉の象徴人間みたいな小沢真珠であることだ。


イヤミもねちっこく蛇のよう。


イヤな役やってる時の北村一輝に似ているような。


褒め言葉なんだろうか。「北村一輝に似ている」って。


「あー、ねえねえアナタなんか北村一輝に雰囲気似てない?」


それは——不気味に妖しいってこと?


「ねえねえアナタのその格好、北村一輝みたい」


それは——ヘンな服着てるってこと?


「ねえ!アナタ北村一輝と顔そっくり!」


悪口!?


あ、いや。閑話休題。
『女帝』。松田翔太。相変わらず、背が長かった。


色男な役柄だ。ローサちゃんと出逢ったと思ったらあっという間にふたりでビリヤードやっている。食事もしてる。海にも行ってる。


セリフといい雰囲気といいなんだかヤクザな役だなあと思っていたらホントにヤクザ、チンピラ役だった。


「オレ、コックの見習いやってるんだ」


いや、絶対やっていない。その顔、その頭。その態度。コックの見習いではない、けっして。


が、しかしバッカナーレ@『バンビ〜ノ!』みたいにヤクザな見かけのシェフたちが集うレストランもあるからして——


って、ここでも一輝を思い出す始末。あああ、そこかしこに北村一輝。。。なにせ、『女帝』。迷作『わるいやつら』と同じドラマ枠ゆえ。


ローサちゃん演じる彩香。ミナミの妖怪と呼ばれる実力者に近づいて権力を得ようとする。


ミナミの妖怪役は泉谷しげるだった。


ミナミの妖怪——


一輝っぽいネーミング——


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

その他のカテゴリー

aiue-お触れ | B'z | Johnny's | Kとは… | sports(サッカー) | sports(フィギュアスケート) | sports(etc.) | おいしいもの(cafe&restaurant) | おいしいもの(etc.) | ゲイノウ | ドラマ | ドラマ:'09大河『天地人』 | ドラマ:'10大河『龍馬伝』 | ドラマ:'12大河『平清盛』 | ドラマ:'14大河『軍師官兵衛』 | ドラマ:JIN−仁−1&2 | ドラマ:ROOKIES | ドラマ:ごくせん | ドラマ:のだめ | ドラマ:わるいやつら | ドラマ:ガリレオ | ドラマ:コドブ1&2 | ドラマ:スシ王子! | ドラマ:ハチワンダイバー | ドラマ:バンビ〜ノ! | ドラマ:パパとムスメの7日間 | ドラマ:ファースト・キス | ドラマ:ブザビ | ドラマ:ホカベン | ドラマ:ホタルノヒカリ1&2 | ドラマ:ライアーゲーム1&2 | ドラマ:ライフ | ドラマ:ラスフレ | ドラマ:医龍1&2 | ドラマ:夜王 | ドラマ:大奥 | ドラマ:女帝 | ドラマ:山おんな壁おんな | ドラマ:山田太郎ものがたり | ドラマ:牛に願いを | ドラマ:絶対彼氏 | ドラマ:花君2007 | ドラマ:野ブタ。 | ナ国☆トラベル | ナ国☆ネイチャー | ナ国☆プラネタリウム | ナ国☆ヘルス&ビューティ | ナ国☆ミュージック | ナ国☆博物館 | ナ国☆占いの館 | ナ国☆図書館 | ナ国☆映画館 | ナ国☆映画館(100本ノック) | ナ国☆産業 | ナ国☆美術館 | 国ドゥー事件簿 | 実録☆ナラリーノ国 | 愛犬モモと仲間たち | 気になる××

Amazon商品検索