2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「ドラマ:パパとムスメの7日間」の記事

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

今回が最終回であるところの本ドラマ。そうか、世界陸上が始まるから…?


「パパとムスメの7日間」っていうタイトルだったから、ずっと「二人が入れ替わっちゃってるのが7日間」だと思っていたんだけど、オチは違ったのね〜〜〜。


女子高生だった舘ひろし、お疲れ様でした。。。


(´・ω・`)ノあらすじ**********

互いの体が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)親子はその原因が「伝説の桃」にあったことを知る。

「伝説の桃」を求めて恭一郎の田舎に向かった親子だったが、一足早く到着した和香子(佐田真由美)に最後の桃を奪われてしまう。恭一郎に思いを寄せる和香子は
恭一郎の妻・理恵子(麻生祐未)と入れ替わりたかったのだ。

桃を持って走り去る和香子。それを追う親子。恭一郎姿の小梅の言葉で我に帰った和香子は桃を親子に返そうとするが、運悪く桃が手から転がり落ちる。

桃を拾おうとする親子は仲良く崖を転がり落ちて——

結果、目が覚めると二人は元に戻っていた。恭一郎は会社へ、小梅は学校へ。それぞれが本来いるべき場所へ戻っていく。

そして、二人の体を入れ替えた「桃の伝説」とは。
昔、病気の娘の健康を願ったある男が植えたという桃の木。その実を食べると、命をかけても守りたい相手と体が入れ替わってしまうらしい。

そして、入れ替わった体がもとに戻った後の7日間、当事者たちが仲良く過ごさないとまた体が入れ替わってしまうという。

だが、その7日間を仲良く過ごせれば、その二人は永遠に強い絆で結ばれるそうだ——

(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

最近、ドラマの中でストイックだったり思い込みが激しい人を見かけると


「ナラリーノ国へ、ようこそ!」


と誘ってしまいたい自分がいる。


たとえばドラマ『パパとムスメの7日間』の佐田真由美=和香子役。ものすごい思い込みだ。舘ひろし(が、演じる上司の恭一郎)が自分のことをを好きだと勝手に思い込んでいる。


おまけに——和香子が恭一郎を好きになった理由が——


出会いの場で、恭一郎が当時読んでいた本の受け売りを滔々と話す様に騙されちゃっただけ(もちろん、和香子はその事実に気づいていない)。


激しいね。。。


この思い込みの強さはナラリーノ国国民に必要な要素だ。ウェルカム・佐田真由美、いや和香子。そして彼女の思い込みと行動のせいでややホラー化してきた『パパとムスメの7日間』であることだ。


そして今週の舘ひろしったら。恭一郎が普通に恭一郎だった頃の回想シーン。


「配線が、グチャグチャになっちゃってさあ」


と、言いながらLANケーブルを弄ぶ舘ひろしが。


その様が。


もう絶対に、配線などいじったことのない人の手さばきだった。


そして。『パパとムスメの7日間』来週最終回らしい。ひ、ひとつノルマが終わる!!!


(´・ω・`)ノあらすじ**********

ある日。会社を休んだ和香子がいきなりが恭一郎宅へやってきた。試験休みでたまたま自宅にいた小梅(新垣結衣)であるところの恭一郎は、突然の来訪をいぶかしむ。どうやら和香子は恭一郎の妻・理恵子(麻生祐未)に話があるらしい。

気まずい雰囲気を救ったのは恭一郎の母(佐々木すみ江)だった。田舎から遊びに来ていた恭一郎の母は美味しそうな桃を持参。そして、その桃に隠された伝説を披露する。

伝説とは

「昔、とある桃を食べて、人と人が入れ替わったことがある」

というものだった。

恭一郎と小梅が入れ替わってしまったあの日も、二人は桃を食べていた。自分たちの入れ替わりの原因が桃にあると知って小梅姿の恭一郎は大喜び!しかし、その話を聞いていた和香子が「理恵子と入れ替わりたい」と言い出し焦る。

とにもかくにも、伝説の桃を手に入れたい恭一郎と小梅は、それぞれ会社と学校をサボって恭一郎の田舎へ。そして、理恵子と入れ替わりたい和香子もまた、桃を探しに恭一郎の田舎へ——

(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

おもしろきこともなき世におもしろく、すみなすものは心なりけり——


って話ですよ。。。


さ、頑張って見よう、ドラマ!いやあ!面白いなあ!『パパとムスメの7日間』!


えと。。。


8月5日放送だった第5回目。感想は——


新垣結衣ちゃん、お肌ツルツル——


可愛い——


くらいでした。ゴメン。


(´・ω・`)ノ あらすじ *****

社内では、恭一郎(舘ひろし)の姿をした小梅(新垣結衣)の「レインボー・ドリームは売れない」なる発言が波紋を呼ぶ。今までとは違う切り口で商品を売るように指示された小梅は大ピンチ。

家に帰れば、和香子(佐田真由美)が恭一郎のスーツに忍ばせておいたイヤリングを見つけた理恵子(麻生祐未)がおかんむり。帰宅した恭一郎姿の小梅を厳しく詰問するので小梅はホトホト困り果てる。

一方、小梅姿の恭一郎は高校の試験でさんざんの成績をとってしまい、担任の先生から呼び出しをくらうなどこちらもホトホト困った事態に。

二人が入れ替わって早7日。疲れることの多い毎日だがそれでも恭一郎のプロジェクトは波に乗り、小梅は健太先輩(加藤成亮)との仲がゆるやかながらも進展するなど励みになる出来事が続いていた。

だがいっこうに、二人の体が元に戻る気配は訪れず——


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

ではさっそくいってみよう!『パパとムスメの7日間』第4話のあらすじはコチラ!


◆第4話のあらすじ

互いの内面が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)の親子。元に戻る可能性もないまま姿は恭一郎であるところの小梅は社長以下社員全員が参加する「御前会議」に、姿は小梅であるところの恭一郎は高校の期末テストに挑むことに。

前日、小梅を心配した健太先輩(加藤成亮)が渡してくれた去年のテスト問題を暗記したおかげで調子良く試験が進む恭一郎だったが、化学のテストは散々。留年がかかった正念場のテストなので恭一郎はガックリ。

おまけに担任の両角先生(田口浩正)から成績不振を理由に呼び出されいろいろ問いつめられ始末。御前会議のなりゆきも気になるし、あいかわらず恭一郎は落ち着かない。

一方、御前会議に出席した「姿は恭一郎」であるところの小梅は、ソツないやりとりでその場を収めようと努力する。が、恭一郎が担当する新作の香水販売について
意見を求められた彼女は思わず「この製品は売れないと思う」と発言してしまい、場は騒然。

あとには引けない小梅は女子高生の立場から新たな販売ルートの確立と商品のプチ化を提案。意外にも、その意見が社長に取り入れられ——

(´・ω・`)ノ***********************


娘の小梅ちゃんと内面が入れ替わり、女子高生を演じなくてはならない舘ひろし。今回、中身はギャルな舘ひろしはお偉方の目前で意見を披露するのだが——


棒読みだった。


舘ひろしの中の女子高生とは、ああいったものなのだろう。


「ガキは感情がなくて困るぜ…」


「俺の知ってる女たちはオトナだから違うがな」


そう思いながら演じたのだろうか。


とにかく棒読みだった。


舘ひろしとは。結局演技がうまいのだろうか。ヘタなのだろうか。


混乱した第4回であった。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと〜』(第3話)

旅行だったので実は16日(月)に見てますシリーズ第2弾。ドラマ『パパとムスメの7日間』第3話。


◆あらすじ第3話

部下の西野(佐田真由美)から食事に誘われた川原恭一郎(舘ひろし)——の、姿であるところの娘・小梅(新垣結衣)は、西野セレクトのお店がお洒落なレストランと知り、万歳!

小梅姿の恭一郎は携帯電話で「噂になったらどうする、帰れ」となじるが食事をしたい小梅は取り合わない。

西野が恭一郎を誘った理由。
それは会社の人間関係の愚痴と恋の相談を恭一郎にブチまけたかったから。別れ際、西野が浦安に住んでいることを知った小梅はうっかり「西野さんの家に泊まらせてもらってディズニーランドに遊びに行こう!」と口走り、気まずい雰囲気に。

そのまま帰宅するつもりだった小梅は今度は恭一郎の部下・中嶋(八嶋智人)に
呼び出され、飲屋街へ。乗り気でないまま話を聞くが、ガンを患う父親を見舞わず
仕事に没頭しようとする中嶋に多忙で自分の父の死を看取れなかった恭一郎の姿を重ねる。

翌日。
「西野の好きな男性とはパパではないか」と疑っていた小梅は西野を観察。昨晩の愚痴の対象だった中嶋に対し、愛想良く振る舞う西野に悪感情を覚える。

案の定、社長以下全社員が出席する「御前会議」の準備と称して川原邸を訪れた西野は恭一郎の妻・理恵子(麻生祐未)に対し、自分と恭一郎の関係を思わせぶりに語る。

(´・ω・`)ノ***********************


ドラマが放映されていた時間は帰りの新幹線の中だった。台風無事通過。予定通り帰って来れてよかった。


出発日。
ナラリーノの父・Dさんはやかましかった。


ナラリーノが旅行することを知り


「どこに行くの?」


「台風が来るのに?」


「ホントは行って欲しくないんだが」


壊れたレコーダーのように繰り返していたがほっておいたら最終的には


「飛んでくるものに気をつけて〜〜〜〜〜」


と、ナラリーノの背に叫んでた。


そんなもんだ、チチとムスメの35年間。


で、今回の舘ひろし。


おいしい食事にウキウキの舘ひろし(中身は女子高生)。シャンプーの試供品もらってウキウキの舘ひろし。


家に友達が来ていることを知り、キャーキャー騒ぐ舘ひろし。ドン引きの女子高生たち。


小梅が試験全敗中であることを心配して訪ねて来た健太先輩に


「送ろうか?」


小首をかしげて問いかける舘ひろし。


状況のやるせなさに嗚咽する舘ひろし。が、可哀想に思えず笑ってしまうナラリーノ。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

※前回の復習をしたい方はコチラ


初回放送時は舘ひろしの意外な愛らしさに胸打たれた『パパとムスメの7日間』であったが。今回の注目はやはり新垣結衣ちゃん♪


見た目は娘なんだけど、現在中身は父であるところの小梅役である。


『パパとムスメの七日間』第2話あらすじ

電車の事故のせいで人格が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)親子は、元に戻れぬまま互いの日常を生きることに。

見かけは小梅であるところの恭一郎は、小梅の憧れ・健太先輩(加藤成亮)とのデートの待ち合わせ場所へ。

娘の恋を失敗に持ち込もうと目論む恭一郎だったが、父親の姿になった小梅も負けていない。デートする二人を尾行し、懸命に恭一郎の魂胆を阻止しようとする。

仏頂面でモリモリ食べ、「女の子らしくない小梅」の姿を健太に見せつける恭一郎。だが、その姿が逆に健太に好感を持たれてしまう。

一方、日曜出勤を控えていた恭一郎は自分の姿になっている娘を会社に送り込む。翌々日の会議を前にしながらもノンビリムードの父の部下の姿に小梅は驚くが、そんな中、大トラブルが発生し——

(´・ω・`)ノ***********************


可愛かった、新垣結衣ちゃん。
旬の輝きとでもいうのだろうか。いつもホッペタがホンノリ赤い。みずみずしいリンゴのようなお嬢さんだ。


そんなガッキーが「中身は父親=オッサン」であるところの女子高生として先輩とデートせねばならない。


なにぶん、中身はオッサンなので、映画のチケットを買いに行こうとする健太先輩に


「使いだてして、スマンね」


なんて声をかける始末。イナセなガッキーであった。


今回の舘ひろし。「姿は自分な父親を尾行する姿は父親であるところの娘」である。


サングラスをかけての尾行。「あぶ刑事」を髣髴とさせるも仏頂面な自分を叱りつける姿はギャルだった。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)

舘ひろしが女子高生を演じるということで興味津々だったドラマ『パパとムスメの7日間』が放送開始。


舘ひろしが、女子高生。


正直、もっと気持ち悪いものを想像していたのだが。いや〜意外だった。


何がって、舘ひろし。その愛らしさが…よほど、『ライフ』の高校1年生たちより若々しかったですよ…?


◆『パパとムスメの7日間』第1話あらすじ

川原恭一郎(舘ひろし)は老舗化粧品会社につとめるしがないサラリーマン。
出世街道から外れた彼は、いわくつきの新プロジェクトを任せられている。もっかの悩みは高校生の娘・小梅(新垣結衣)とのコミュニケーションが全く取れていないこと。

ある日、恭一郎は小梅とともに乗車した電車の中で事故に遭遇。大事には至らなかったが、これが元で二人の体が入れ替わってしまう。

姿は父親であるところの娘は会社へ。そして、姿は娘であるところの父親は高校へ。二人は、互いが知らなかった互いの日常を生きることに——

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★★*゚*☆*゚*★


と、まあ内容的にはとりたてて新鮮味はなく。父親を毛嫌いする娘と、そんな娘との距離感に悩む父親の話。


そんな中、舘ひろしの冴えなさが、冴えている。


「こんなパパ、いたらいいなあ♪」


そんな父親役ではなく。


バラの花、ガウンとソファーとシャム猫が似合いそうな男でもなく。


舘ひろしが——トイレの蛇口センサーにすら反応してもらえないような存在感、薄っっっい父親を絶賛好演中。ダンディズムなど、舘イズムなどかなぐり捨てている、舘ひろし。


ファンの皆様、泣かないで〜〜〜♪


関係発展中の先輩とウキウキメール中の娘(しかし外身は舘ひろし)。


デートを反対されて口をつぐむ娘(しかし外身は舘ひろし)。


クレープをほおばる娘(しかし外身は舘ひろし)。


全てがチマチマしていて、愛らしい。


そして、フト思う。この落ち着きの女子高生ぶり。


これぞ舘ひろしのダンディズム?


「俺は、女を知ってるぜ…」
「女役なんて、赤子の手をひねるようなもんさ…」
「女子高生を演じる、って言ってもな。ウケ狙ってワザとらしくしちゃダメなんだよ…」
「見せてやるよ百戦錬磨の俺が女子高生のリアルをよ…」


いや、まあリアルさはない、けど——きっとそんなところ?舘ひろしのダンディズム。


いや、逆か?


これぞ舘ひろし、伊達男の照れか。その照れが、女子高生の初々しさを醸し出しているのか?


「この俺が、女子高生かよ…」


「俺、ワニ顔なのに…」


「どうするんだよ、このクレープ(照)」


って、本当にそう思っているかわからないが舘ひろし。何はともあれ、そのそこはかとないギャルぶりが愛らし過ぎたのは確かだ。


新垣結衣ちゃんが事故で体が入れ替わる前の娘を元気一杯演じていた分、たとえ舘ひろしがバタバタ動いても違和感がなかった。


とりあえず、今後も舘ひろしをウキウキウォッチング、ってことで。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

その他のカテゴリー

aiue-お触れ | B'z | Johnny's | Kとは… | sports(サッカー) | sports(フィギュアスケート) | sports(etc.) | おいしいもの(cafe&restaurant) | おいしいもの(etc.) | ゲイノウ | ドラマ | ドラマ:'09大河『天地人』 | ドラマ:'10大河『龍馬伝』 | ドラマ:'12大河『平清盛』 | ドラマ:'14大河『軍師官兵衛』 | ドラマ:JIN−仁−1&2 | ドラマ:ROOKIES | ドラマ:ごくせん | ドラマ:のだめ | ドラマ:わるいやつら | ドラマ:ガリレオ | ドラマ:コドブ1&2 | ドラマ:スシ王子! | ドラマ:ハチワンダイバー | ドラマ:バンビ〜ノ! | ドラマ:パパとムスメの7日間 | ドラマ:ファースト・キス | ドラマ:ブザビ | ドラマ:ホカベン | ドラマ:ホタルノヒカリ1&2 | ドラマ:ライアーゲーム1&2 | ドラマ:ライフ | ドラマ:ラスフレ | ドラマ:医龍1&2 | ドラマ:夜王 | ドラマ:大奥 | ドラマ:女帝 | ドラマ:山おんな壁おんな | ドラマ:山田太郎ものがたり | ドラマ:牛に願いを | ドラマ:絶対彼氏 | ドラマ:花君2007 | ドラマ:野ブタ。 | ナ国☆トラベル | ナ国☆ネイチャー | ナ国☆プラネタリウム | ナ国☆ヘルス&ビューティ | ナ国☆ミュージック | ナ国☆博物館 | ナ国☆占いの館 | ナ国☆図書館 | ナ国☆映画館 | ナ国☆映画館(100本ノック) | ナ国☆産業 | ナ国☆美術館 | 国ドゥー事件簿 | 実録☆ナラリーノ国 | 愛犬モモと仲間たち | 気になる××

Amazon商品検索