2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014紅白歌合戦とCDTV年越しスペシャル | トップページ | この縁起の良さを皆様にも!(箱根駅伝・青学大が初の総合優勝) »

小説『その女アレックス』

話題作です。ミステリー小説『その女アレックス』

日本の各ミステリーランキング(「このミステリーがすごい!」とか「週刊文春ミステリーベスト10」ほか)を続々と制したんだよね。イギリス・フランスでも権威ある賞を受賞したみたい。

私は何の書評で読んだんだっけな…たしかプロ(編集者とか翻訳家とか)はそんなに褒めていなかったんだけど、一般投票では ぶっちぎりの支持を得てて。で、私も遅ればせながら12月半ばに手に取ったのでした。

本のオビに「読み終えた方へ:101ページ以降の展開は誰にも話さないでください。」って書いてあるので、あらすじ書くのが難しいわ。

舞台はフランス。
綺麗なお姉ちゃんが街なかで誘拐されて。彼女が本当に、もう読むのも痛ましい状況下で監禁されるわけなんだけど…で、大体このあたりまでが「101ページ」なので、もう説明を止めるしかない。

で、もちろん警察も黙ってないわけだけど、もう「101ページ」

(物語は449ページまであります。)

ト。そこまで煽ったわりに、正直たいした意外さはないんだけれども−−それよりも読後感がね。。。

「人が強くなる(なってしまう)ということは、本当に哀しいことだ」

と辛かったな…。「つつがない人生」って、何てありがたいものなんだろう、と。

でも久々に「一気に読みたい」「ああ、でもページをめくるのが惜しい!(←「意外な結末」とやらを期待していたので)」「ああ、でも早く先を!」みたいなマゾ的面白さがあった『その女アレックス』でございました。

« 2014紅白歌合戦とCDTV年越しスペシャル | トップページ | この縁起の良さを皆様にも!(箱根駅伝・青学大が初の総合優勝) »

ナ国☆図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014紅白歌合戦とCDTV年越しスペシャル | トップページ | この縁起の良さを皆様にも!(箱根駅伝・青学大が初の総合優勝) »

Amazon商品検索