2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

ドラマ『花燃ゆ』☆第1話と第2話


どうですか?NHKの新しい大河ドラマ『花燃ゆ』。
私はわりと好きよ。ちょっと『シャーロック』ぽくて。


『花燃ゆ』
↑ここだけ。


『シャーロック』
↑『シャーロック』っぽい。


違う。私はわりと好きよ『花燃ゆ』。朝ドラっぽくて。
重厚な大河ドラマを期待していたのに お花畑だった、というのなら腹立たしいけど、朝ドラ大河と思っていたドラマが 朝ドラ大河で何が悪い。


放送前から


「幕末☆イケメン・パラダイス」


とか言われていたんだもの。青春ドラマよね。これでいいのよ。
本当にキャストがイケメンか。パラダイスかは疑問だが。むしろね、キャストについては。


「つまらん」。
ここよ。ウィークポイントは。


井上真央ちゃんはいいのよ。吉田松陰の妹役・フミさん。略して真央フミ。
真央フミはいいんだけど他の人がさ、「よく見る人たち」ってのがつまらなくて。


過去の大河にもよく出てる人とか、最近やたらとテレビに出てる人とか、東大出とか(=東出昌大の名前を見ると、ついこう読んでしまいませんか?)うーん。つまらない。
なんかこう「さすが大河!」つう滅多に見ないベテランとか「この大河出演を足がかりにしてね!」つう新人さんたちを観たいのに。そしてそしてキャストといえば。


いい体だ。

幕末☆ゴールド・ジム所属の大沢たかおは、ナラリーノ的には久々だったんだけど…うーん、やっぱり。
たかお演じる「小田村伊之助」を観て仁センセーを思い出さなかった人は、名作ドラマ『JIN −仁−』を観ていなかった人だけなはずだわ(当たり前)。


JINJIN
↑ちなみにこれは仁センセーよ。そして他にも既視感が、と思い『JIN −仁−』のドラマレポを読む。すると。


小田村っち
小田村っち
ちなみにこれは小田村さん。
若き日の松蔭さん(=寅次郎。真央フミの兄貴。伊勢谷友介)と戯れている。あとあと。
自分の姉貴を嫁にもろうてくれろ、と姉貴の良さを一生懸命訴える真央フミに対し…


小田村っち
「寅次郎と兄弟になるのか〜。切っても切れん家族になるっちゅうわけか〜」
「俺は乗ったんじゃ、お前に兄の人生に」


とウットリすることろとか。


JIN「龍馬さん!」
「龍馬さん、会いたかった!!!」


JIN「あ」
「あ、龍馬さん。いたheart01


仁センセーと龍馬さんを彷彿。


と、わりとイジれそうな『花燃ゆ』。大沢たかおを中心に。


ドラマっ子。

『オリエント急行殺人事件』観てます。
ドラマっ子です。

『ダウントン・アビー』は録画です。
ドラマっ子です。

今の楽しみのひとつはCSで今週末に放送される『シャーロック』1と2。
シーズン3は正月に観ました。

ドラマっ子として…書かねばならない。
『ダウントン・アビー』も。『シャーロック』も。『花燃ゆ』も。
昨年面白かったドラマのことも。

…ブログ更新しなさ過ぎて、文章がうまく書けないのでした。はぁ。どうにかせねば。

知らなかったよ。「Yakiimo」。


何が好きって芋が好きよ。歩いていて


♪ 石焼き〜芋っ 芋っ ♪


とか聞こえてきちゃったら、私は走る!買う!食う!そんな衝動感 石焼き〜


そんな私ですが、この歌は知りませんでした。
アメリカのシンガーソングライター、シモーン・ホワイト(Simone White)の「Yakiimo」。さっきテレビで流れたの。


何、この美し過ぎる旋律。そしてささやくような柔らかい歌声にのった 心洗われる ishi yakiimo〜。焦げは少なめ。でもホコホコ・ミツミツ(蜜々) 。冷えた手にやさしいishi yakiimo〜。頬にあてたら嗚呼あたたかい、あたたかいよ ishi yakiimo 〜♪


みたいな 石焼き〜


ツアーで日本に来ている時に♪ 石焼き〜芋っ 芋っ ♪を耳にして作ったらしい。で、召し上がったのかしら。石焼き芋。ああ、それにしても いい歌だなぁ。。。


世界遺産検定☆3級合格しました(2014年)


旧正月までに「2014年にやったこと」をアップしておかねば。
世界遺産検定の3級に合格したYO!
100点満点中96点。イェイ!


セカケン
↑ 認定証。イェイ!


なんで突然受験したかというとですね。理由は2つあって。
わたくし、もともと歴史が好きなもので興味があった、と。


もうひとつの理由は--。
英語学校の授業でですね。
仮定法で何か文章を作れというミッション(ミッション?)が出たので


「もし私が大金持ちだったら、世界遺産を見てまわるのに」


みたいな文章を作ったところ、先生に


「たとえば どこ?」


と訊かれ(当然の問い)。


と訊かれ…。


どこ?


そういや、ぱっと頭に浮かぶのが「モンサンミシェル」と「キジ島」くらいという体たらく。
私の子どものころの夢は「旅人になる」ことだったのに。
旅人がどこを旅していいかわからないというのはいかがなものか。


ということで、知識を得るためセカ検3級を受験。合格。


このまま2級も受けようと思っていたのですが、試験が終わった瞬間に3級の知識が頭から消え失せたので止しました。やっぱテストで覚えたことってダメねー。


結果・世界のAKIBA 東京カリーどら焼(福神漬入り)


知人からいただきました。
世界のAKIBA 東京カリーどら焼(福神漬入り)。
東京カリーどら焼


昨日お約束した通り、食べてみた。


赤いのは福神漬け?
妖しく赤いのは福神漬け…?いただきます。


…。


甘く、しょっぱく、カレー…。
(甘口カレーではなくて。)


…。


ひとくち いただきました。ごちそうさまでした。


序章・世界のAKIBA 東京カリーどら焼(福神漬入り)


知人からいただきました。
世界のAKIBA 東京カリーどら焼(福神漬入り)

東京カリーどら焼

今日は帰宅したのが遅かったので食べず。
明日いただきまして、お味をご報告いたします。

ちなみに友人の東京カリーどら焼き評。

…書かずにおきます。


美術館めぐり☆覚書(2014年)


チケット
去年どの美術展に行ったか、覚書をアップ。
「Kawaii 日本美術展」のことしか書いていなかったので。


こういう「2014年、あんなことした・こんなことあった」という話は、その年のうちにアップしておくのが正しいと思う。でもこういう時--本来年末にすべきことをしなかった時は--


「旧正月までにやれば良い」


と考えるようにしている。毎年。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

★特別展 富士山世界文化遺産登録記念「富士と桜と春の花」
2014年3月11日~5月11日
山種美術館

年をとると脂っこいものが食べられなくなる。
それは美術を見る目も同じらしく、あんなに好きだった西洋油絵よりも あっさりした日本画がいいと感じる年齢になってしまった。


若い頃の私なら奥村土牛の桜の作品だとか


「なに。この薄らボンヤリした絵」


と素通りしていたはず。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

★ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション
2014年4月4日~5月25日
Bunkamura ザ・ミュージアム

旦那さんの遺灰を自分の涙に混ぜて飲もうとする貞女・アルテミジアさんの姿を描いた「アルテミジア」(作者不明)。この展覧会で一番好きだった作品なので、部屋に飾るつもりでポストカードを購入。が。


アルテミジアさん
カードになると、すんごい天井低いところに押し込められてる感じ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

★ヴァロットン展 ―冷たい炎の画家
2014年6月14日~9月23日
三菱一号館美術館

去年、最も良かった展覧会!作品集まで買っちゃった~。(部屋にモノが増えるのが嫌で、ここのところずっと買ってなかった)。
ヴァロットン版画集


エロくて怪しい油彩も好みだったけど、版画がよかった~♡


「警戒」
超・好み♡(これはポストカード「警戒」)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

★開館一周年記念展―大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち
2014年10月4日~2015年3月31日
岡田美術館

横山大観、速水御舟ほか明治から昭和にかけて日本画の近代化を先導した画家たちの作品を集めた展覧会。


速水御舟。彼の「炎舞」を見て「日本画っていいなー」と思うようになった。岡田美術館では墨絵の木蓮(「木蓮(春園麗華)」)を観てきたよ。


「作品から離れて眺めても、絵が浮き立って見えるような存在感」


というのが感想なのだが。
これは比喩ではなく、作品から離れて眺めると本当に「騙し絵」みたいに絵が浮き上がって見えたんだよな。。。あれはなんだったんだろう。私の目がおかしいのか。


岡田美術館は喜多川歌麿の幻の大作「深川の雪」を所蔵している美術館。でも常時展にしていなくって普段は見られない(涙) 私が行った時も見れず。


今年の4月からまた特別展で見られるらしい。行かねば。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

覚書のつもりがけっこう書いてしまった。


今年もアナハチ&ヒトツブカンロの「ピュレショコラティエ」

毎年恒例。
商売繁盛、出世、開運、金銭融通の神様「穴八幡」にお参りに行ってきました。
穴八幡☆2015


1年間お財布に入れておく「一陽来復」のお守りを購入。
そして「今年も一年、頑張って働いて稼ぎます」と神様に決意表明。


地味に がんばりま〜ふ…


で、友人から とてもキュートなお年賀をいただきました。いぇい!

ピュレショコラティエ
ヒトツブカンロの「ピュレショコラティエ」。
(箱の上面から撮った写真です)


ピュレショコラティエ

グミがベルギー産チョコレートでコーティングされているの うっとり

ピュレショコラティエ
甘酸っぱ〜い!美味し!


私がいただいたのは「グレープ&ホワイト」と「グリーンアップル&ビター」。
ほかにも種類があるそう。
やー、これはいい。お味だけじゃなくパッケージも洒落てるし贈り物にいい。
JR東京駅構内のグランスタで買える模様。行かねば!


ちなみに私から友人へのお年賀は「海苔」。地味。


-------------------
(・ω・)ノ 過去にアップした「穴八幡宮」の記事

お馬さ〜ん(2014年)
アナハチった後、B'zの…(2012年)
一陽来復御守しか買わない、と言いつつ(2008年)
一陽来復御守しか買わない、と言いつつ(2006年)

-------------------

この縁起の良さを皆様にも!(箱根駅伝・青学大が初の総合優勝)

<箱根駅伝>青学大が初の総合優勝
毎日新聞 1月3日(土)14時3分配信

第91回東京箱根間往復大学駅伝は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの復路5区間109.6キロが行われ、前日の往路を制した青学大が復路も7~9区で連続区間賞を獲得する安定した走りを見せ、初の総合優勝を果たした。往路と合わせた10区間217.1キロのタイムは10時間49分27秒で、大会史上初めて10時間50分を切った。


青山学院大学、おめでとうございます!万歳!


何を喜んでいるかというとですね。
わたくし、12月に箱根の温泉に行きましたの。
時期柄、町は駅伝盛り上げムード一色なのかしら…と思っておったら、少なくとも我らの移動範囲は駅伝の「エ」の字もなく。


困った。


何が困ったかというと…長年ブログを通じて親交を深めてきたVictoria様が箱根駅伝マスター(マスター?)なので、何かこう「駅伝前の箱根だYO!」といった風景画像を差し上げたかったの。なのに。


ない。


かろうじてあったのが、こちら。


ホテルじゃなさそうね
垂れ幕。


神奈川大と青山学院大学の。2校だけ。
これを見た時の正直な気持ちは−−


「もっと強そうな大学の幕はないの?」


だったのですがコレしかなかった。でも


「…贈り物は気持ち、ってことで…」


と、かなり消極的な気持ちでハイ、チーズ。
そしたらよ!


青山学院大学、ぶっちぎりで優勝ですよ!
往路復路制して完全優勝!
で、記録も打ち立てて!


そんな青学大の箱根画像(垂れ幕)を持っていた!
消極的な気持ちから始まって!たまたま!
なんだか春から凄まじく縁起がいいわ!


と、いうことで皆様にも縁起の良さをお裾分けいたしたく、ブログにアップした次第。


皆の者!
今年、何か心折れそうな時は この縁起の良さと「創部96年目のぶっちぎり」を思い出し、心臓破りの丘を越えようではないか!


と、すんごく久しぶりに「ナラリーノ国・国家元首」的な宣言ができたわ。
(自分がブログ上で国家元首とかいう位置づけだったことも忘れてたくらい久しぶり。)


ちなみに神奈川大も去年より順位を上げたみたいです。
おめでとうございます!そして全校・関係者の皆々様お疲れ様でした。
はぁ、三が日も終わったなぁ。。。


小説『その女アレックス』

話題作です。ミステリー小説『その女アレックス』

日本の各ミステリーランキング(「このミステリーがすごい!」とか「週刊文春ミステリーベスト10」ほか)を続々と制したんだよね。イギリス・フランスでも権威ある賞を受賞したみたい。

私は何の書評で読んだんだっけな…たしかプロ(編集者とか翻訳家とか)はそんなに褒めていなかったんだけど、一般投票では ぶっちぎりの支持を得てて。で、私も遅ればせながら12月半ばに手に取ったのでした。

本のオビに「読み終えた方へ:101ページ以降の展開は誰にも話さないでください。」って書いてあるので、あらすじ書くのが難しいわ。

舞台はフランス。
綺麗なお姉ちゃんが街なかで誘拐されて。彼女が本当に、もう読むのも痛ましい状況下で監禁されるわけなんだけど…で、大体このあたりまでが「101ページ」なので、もう説明を止めるしかない。

で、もちろん警察も黙ってないわけだけど、もう「101ページ」

(物語は449ページまであります。)

ト。そこまで煽ったわりに、正直たいした意外さはないんだけれども−−それよりも読後感がね。。。

「人が強くなる(なってしまう)ということは、本当に哀しいことだ」

と辛かったな…。「つつがない人生」って、何てありがたいものなんだろう、と。

でも久々に「一気に読みたい」「ああ、でもページをめくるのが惜しい!(←「意外な結末」とやらを期待していたので)」「ああ、でも早く先を!」みたいなマゾ的面白さがあった『その女アレックス』でございました。

2014紅白歌合戦とCDTV年越しスペシャル


皆様はご覧になった?
年末の「紅白歌合戦」。そして「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2014→2015」を。


何十年ぶりに紅白を見た理由。
それはV6(←好きだった)が祝☆紅白初出場 万歳! だったから。そして!


明菜ちゃ〜〜〜〜〜ん!←これよ!


この2組と、その前後は見た。
明菜ちゃんの登場は22時45分くらいって何かに書いてあったし、それを逆算するとV6の出演時間帯(おおよそ)がわかったから。


明菜ちゃ~~~~~ん!


といいたいけどV6が先よ。曲は『WAになっておどろう』


当時のように、剛くんがセンターだったわ(嬉)。
私は昔から岡田くんファンなんだけど、やっぱりV6の中央は剛くんだと思うの!そのほうが絶対に「並び」がいい!岡田くんが端っこの方が しっくりくる。


以上。 (早いな、オイ)


で、明菜ちゃ~~~~~ん!


ひょ、表情を見る限り、まっっったく本調子じゃなさそうで焦ったけど。
コメントも消え入りそうな声で…でも、昔から明菜ちゃんはあんな話し方でしたよね?
歌声も…力強さは戻ってなかったけど、しっかり歌いきれてよかった!


って 年末ドキドキ納め。


明菜ちゃん、好きだったなあ。
聖子ちゃんも好きだったけど、明菜ちゃんの曲の方がよく口ずさんでいた。


聖子ちゃんの歌は砂糖菓子のような甘やかな世界だったけれども。
明菜ちゃんは ほろ苦さやビターな世界−−でもカカオなヘルシー感はなく、哀しく痛く生きづらい世界。


何の歌が好きだったっけ。



ああでも『北ウイング』も『サザン・ウインド』も『DESIRE』『LAIR』も、みな捨てがたい!


『難破船』って22歳くらいで歌ってたんか…。


22歳。私、「B’zに会いたいからビッグになりたい」って言って「女・吉田栄作」とか呼ばれていた頃だよ。


で、CDTVのB'z。
ファンクラブからのメールをよく読んでなくて。VTR出演でしたね。


「『年越しライブ』に出る?B'zが!?」


「稲葉さん、お眠じゃないの?」


「眠くなるから放送時間は早い方だろう」


とか思いながら待ってましたよ。新年・初ドキドキ。


謹賀新年☆2015


皆様!


あけましておめでとうございます!


今年は日の出を拝まずグースカ寝ておりました(風邪をこじらせ寝正月)。
寒い元旦でしたが…でも起きた時はギリギリchopで晴れていたので、ギラギラの太陽に出逢えましたよ!


2015年の太陽
まーぶーしー(眩しい)。


2015年、目標はまだ無い。
そんなワタクシでありますが、本年も宜しくお願いいたします。


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

Amazon商品検索