2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 早くも覚書程度に。『軍師官兵衛』第2〜3話 | トップページ | ふなっしー、いいよね(遅!) »

「Kawaii 日本美術展 −若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで−」展(山種美術館)


恵比寿にある山種美術館(日本画専門の美術館ざます)の「Kawaii 日本美術展 −若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで−」展(2014年1月3日~3月2日)に行ってきました!


チケット


日常でもよく耳にする「かわいい」という言葉。今や海外にまで広がり、日本から発信される「Kawaii」文化に注目が集まっています。(中略)
本展では、文学の世界だけでなく美術の世界でも、時代を超えて人々の心を捉えてきた「かわいさ」に注目します。とりわけ、無邪気な仕草や表情が微笑ましい子ども、身近な存在として馴染み深い犬や猫をはじめとする動物、鳥、虫などの生きものを対象とした作品には、「かわいい!」と思わず声を上げたくなるような表現が多く見出せます。(山種美術館HPより)


いやあ、動物の絵については全て可愛かった!
牛に仔犬、雀、鹿——けっこうな数のウサギの絵は、なんとなく好みじゃなかったけど。


前編通して「Kawaii」ものに対する絵描きさん達の温かい目線がイイネキャ!


一番好きだったのは作者不詳の「藤袋草子絵巻」
室町時代の作品らしいのですが


「仕事が忙しかったおじいさんが『手伝ってくれた人、オレの娘と結婚していいよ』みたいなこと言っちゃったら、助けてくれたのがお猿さんだった」


というようなステキに可笑しいお話の絵巻物なのでした。


もうここに出て来るお猿さんたち——擬人化されていて、お料理したり宴を盛り上げたりしているモンキーズが巻物いっぱいに描かれている——が可愛いんだよう…。


この絵がモチーフになってるグッズがあったら間違いなく買おう!と思っていたのですが、なかった…残念無念。


この展覧会、前期(~2/2)と後期(2/4~3/2)で「藤袋草子絵巻」の巻替があるそうなので、そっちも見に行こーっと。


あ、チケットに描かれている伊藤若冲《樹花鳥獣図屏風》も後期のみの展示だそうで。なおさら行かなきゃ…どんな作品なのか知らなかったんだけど、チケットやチラシのデザインに使われてるくらいなんだから、催し物のメインなのだろう。


-------------------

 

(・ω・)ノナ国☆山種美術館の記事

 

「速水御舟−日本画への挑戦−」展
「ボストン美術館 浮世絵名品展 錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽―」展
記事は書いてないけど「特別展 百花繚乱―花言葉・花図鑑―」にも言った(関連記事

 

-------------------


« 早くも覚書程度に。『軍師官兵衛』第2〜3話 | トップページ | ふなっしー、いいよね(遅!) »

ナ国☆美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 早くも覚書程度に。『軍師官兵衛』第2〜3話 | トップページ | ふなっしー、いいよね(遅!) »

Amazon商品検索