2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« くすぐったくて嬉くなったペンギンの話 | トップページ | 田園ぽてと〜〜〜☆ »

2012年大河ドラマ『平清盛』レポ、の序章もしくは第1話分(不確定)


※追記:カテゴリーに『平清盛』を追加しました。


始まりましたね!『平清盛』!
まだ録画をチェックしていないのでレポれないのですが、すでに


・『龍馬伝』以来、久々にコンスターチ株価上昇を狙ったその使い方の妙


とか


・清盛の少年時代を演じている少年、松ケンの幼少期というより澤穂希選手の幼少期って感じだった


とか


・聖子ちゃん(祇園女御)と中井貴一(平忠盛)の対面シーン。映画『プルメリアの伝説』を思い出したのは私だけではあるまい


とか


・聖子ちゃんの浮き世離れした存在感と、たどたどしい言い回しが逆に宮中っぽくて良かったと思ったのは私だけではあるまい


とか


岡田将生くんのナレーションおよびヒゲが繊細過ぎ


とか。
もう単純にイジれる場面てんこ盛りでありつつ、やはり"若者"を演じきった中井貴一と、ぶっちぎりの法皇ぶりだった伊東四朗が凄過ぎた、というところが印象的な第1話でした。


しかも小日向文世に中村梅雀に国村隼もソロリソロリと出てきました!
彼らだけでも見た甲斐があったわ、と。でも、中村敦夫さん…もうお出にならないの?ここはきちんと再確認せねば…。


ただ、第1話を見ながら


「今年の大河、今後いい話を作っても盛り上がらないんじゃ。」
「これ、初回の視聴率がよくても、あとは下がるんじゃ。」


という危惧も。

※ちなみに『平清盛』、すでに初回視聴率が過去作品と比べてダントツに低かった模様。


それは中井貴一演じる平忠盛が義理の息子・平太(のちの清盛)に対して言う台詞を聞いた時に感じたんですけれども。


私はその台詞、今の時代にはウケない物言いだけど、ドラマの舞台となっている時代らしい言葉が来たと受け取ったのです。これを芯にしたなら見応えのある大河になる♪と。


でも、ファンタジーな大河に慣れた人にはNGワードだな、と。


なんだか熱くなっちゃいますが、これはもう大河ドラマだけでなく「対・自分以外の世界」と向き合う時の心づもりにも通じる話だと思うので熱くなっちゃいますが!


「時代時代の価値観は本当にさまざまだから、自分の枠を取っ払って違いを楽しもう」とか「いい・悪いじゃなく、違っている世界って存在して当たり前なんだ」ってところを、1年かけて、受信料使って作るドラマが見せつけてくれなくてどうするよ!!!


と。


ファンタジーにしなくていいんだよ!


と。


だから(『篤姫』と『江』の脚本を担当した)田渕由美子は嫌いなんだよ!


と。


でもまあ『天地人』だって超ファンタジーだったね。


と。


で、『平清盛』。
圧倒されるような内容とイジり(※)が共存するような——ようは国ドゥーでレポる価値があるような、そんな大河ドラマであることを期待いたします。


※イジり=愛あるがゆえにイジりたくなる、そんな要素

(´・ω・`) ノ****************************

第1回 「ふたりの父」

1185年。檀ノ浦の戦いで平家一門は滅亡。源頼朝(岡田将生)はその知らせを北条政子(杏)から聞いた。頼朝は武士の世を初めて作った男・平清盛の偉大さを改めて思い返していた。

1118年。300年の平安を誇った貴族の世も乱れ、平氏の嫡男・平忠盛(中井貴一)は、朝廷の命令のまま汚れ仕事を行っていた。そんなある日、忠盛はひとりの女と出会う。

その女・舞子(吹石一恵)は時の最高権力者・白河法皇(伊東四朗)の子を身ごもっていた。不吉な子として殺されることを恐れた舞子は、源為義(小日向文世)たちの追及から必死に逃げていた。そんな舞子を忠盛がかくまった矢先、赤子は生まれた。その赤子こそが、のちの平清盛であった。

舞子と心を通い合わせるようになった忠盛は舞子の歌から今を夢中で生きることの大切さを教わる。しかし、舞子は捕まり、白河法皇のもとに引き出され、無惨にも殺される。残された赤子に忠盛は「平太」と名づけ、育てる決心をする。

時は流れ、平太はひょんなことから実の父親が白河法皇であることを知らされる。

(´・ω・`) ノ****************************


« くすぐったくて嬉くなったペンギンの話 | トップページ | 田園ぽてと〜〜〜☆ »

ドラマ:'12大河『平清盛』」カテゴリの記事

コメント

1年ぶりのコーンスターチ登場デスね~(笑)

おもしろい大河になりそうデス。(色んな意味で)

特にビジュアルの面では、がっつり心を捕まれまシタ。
開始早々馬で颯爽と駆けつける眉無し杏に・・・。
そして、ほっぺに何かつめてるような聖子ちゃんに・・・。

ナラリーノさんのレポ楽しみに待ってマス!

shineお嫁さま〜〜〜

コメントありがとうございました☆

コーンスターチ、すんごい大活躍でしたね!
『龍馬伝』の余りではないですよね、
あの豪勢な使いっぷりは!

>特にビジュアルの面では、がっつり心を捕まれまシタ

私もなんデス!
美人だと眉がなくてもいけてるなあ、と思いました。。。
聖子ちゃんは余白の多いオデコと
食べてる途中風なホッペがいい味を醸し出していました。。。

レポれそうです、頑張りマス!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/53706972

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年大河ドラマ『平清盛』レポ、の序章もしくは第1話分(不確定):

« くすぐったくて嬉くなったペンギンの話 | トップページ | 田園ぽてと〜〜〜☆ »

Amazon商品検索