2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「この世界の片隅に」ドラマ化! | トップページ | あけましておめでとうございます(梅雨が) »

夏越の大祓(なごしのおおはらい)


神社仏閣参り、大好きダアアアア!


通っている病院のそばにある氷川さまにもついつい遊びに行ってしまうわ。といいつつ、最近まで知りませんでした。6月30日が夏越の大祓(なごしのおおはらい)であることを。


夏越の大祓/夏越の祓とは

陰暦6月晦日に、罪やけがれを除き去るため宮中および諸社で行われる祓の行事。茅(ち)の輪をくぐったり、人形(ひとがた)を作って身体をなでて清め、それを水に流したりした。輪越しの祭り。みなづきばらえ。なごしのみそぎ。なつばらえ。
(大辞泉より)


「夏越の祓」。言葉も清らかで綺麗。
ようは、この半年の間の心身の穢れ、犯した罪を祓い清める行事なんですね。ああ、日本万歳。


神社に行けなかった方たちのために…


茅の輪
こちらが茅の輪。
神社に掲示されていたお作法通りお参りしてきました(※)
一礼して左足からまたいで左回り、一礼して右足からまたいで右回り、一礼して左足からまたいで左回り、一礼して左足からまたいで…って、順番覚えるのに必死で心がお参りモードにならない(汗)ダアアアア!

※茅の輪をくぐること自体にお祓いの意味があるので、正式なくぐり方じゃなくていいそうです。


境内


境内


鳥のさえずり、木漏れ日。いるだけで気持ちが落ち着く!なんだかいい夏が迎えられそう。やっぱり神社仏閣参りは大好きダアアアア!


笑顔だよう
こんな可愛い子ちゃんにも逢えたしさ(萌)


「ちはやふる」の最新刊(13巻)でパンチ効かせてたこの一首、思えば夏越の祓のころの歌ですね。新暦のいまとは時期が違うけど。


風そよぐ ならの小川の 夕暮れは
みそぎぞ夏の しるしなりける

(従二位家隆)
風そよぐナ国の夕暮れ



« 「この世界の片隅に」ドラマ化! | トップページ | あけましておめでとうございます(梅雨が) »

ナ国☆トラベル」カテゴリの記事

コメント

これまたかわいい七福神ですね。
夕焼け空も綺麗です。

なんだか涼しげな感じが伝わってきますね。
夏越の祓 行ってないや。
てか、すっかり忘れていました。
新年明けた時には茅の輪はくぐりましたが、半年経ってすっかり煩悩まみれなのでどっかにお清めに行かないと(笑)。

お邪魔します。

「茅の輪」……懐かしいです。
幼い頃、訳も分からずくぐっていたような。
母曰く
「これは、知恵の輪と言って、くぐれば賢くなる。」

嘘じゃないですか!「ちえのわ」じゃなく「ちのわ」じゃないですか!
道理で賢くはならなかった……。
ま、いいんですけどね。

こういう神事ってステキです。
日本の夏、万歳!
(でも、暑い)


皆様、コメントありがとうございました!
そしてそしてお返事が遅くなりまして
申し訳ありません。


shineヤスさま

可愛いですよね、パンダちゃん!
この子はこの神社の七福神の案内役で
笑顔で神様のもとに招いてくれてるんですよ〜〜〜(萌)
ちょっと番頭さんチック!!


shineナスさま

お参りできませんでしたか。
私はヒマにかこつけて行ってきましたよ!(苦笑)
大丈夫、ナスさんのぶんまで煩悩落としました。

そうそう、夏と年の瀬にお祓いなんですね。
私、恥ずかしながら知らなくて。。。
なんでも有名な神社では当日お作法通りに
くぐれないくらい参拝客が来るらしいですね。


shineお夕さま

お夕ママ〜知恵の輪か〜い!
でもお夕様、立派な物知りに成長されましたので
ママのおっしゃってることはあながち
間違ってはいなかったんですよ!

本当になんとも風流な神事だと思いました。
暑い季節ですが気持ちがすーっと落ち着くような。
寒い時期のお祓いだと心穏やかに暖かくなるんですかね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/52082666

この記事へのトラックバック一覧です: 夏越の大祓(なごしのおおはらい):

« 「この世界の片隅に」ドラマ化! | トップページ | あけましておめでとうございます(梅雨が) »

Amazon商品検索