2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 夕暮れ便り(「半熟卵」的な) | トップページ | 上野精養軒でランチ☆ »

【美術展めぐり】「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展


先日のこと。国立西洋美術館で開催中の「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展に行ってきました!ヒー、会期ギリギリchop.


高校生のころ好きだったレンブラントの油彩。
今にして思えば昔から、陰影があって黒が効いてる絵が好きだったのだ、私は。
いまさら気がついた。


とはいえ、今回の展覧会は絵画よりも版画がメイン。
そしてテーマは「レンブラント作品の象徴"光と影"の意味を再検討しようぜ!」というものらしい。


見る前にちゃんと版画の技法の違い(※)を勉強しておくべきだった(汗)。
※会場にも説明パネルあり。公式ホームページにも載ってます。


風景や室内がモチーフの版画もよかったが、やはり気持ちを持っていかれるのは有名どころの作品。


版画
右から時計周りに「エッケ・ホモ(民衆に晒されるキリスト)」「病人たちを癒すキリスト」「3本の十字架」。


これ、版画?版画なの?銅板を引っ掻くらしいんだけど(いろんな技法があるようですが)、なのにこんなに細かいの?質感も柔らかいというか。


版画って一度印刷したあと版に手を加えることがあるそうだ。
つまり、ひとつの版から複数段階の刷りが生まれる、と。この段階を「ステート」と呼ぶらしい。


レンブラントはステートの多い版画家だったらしい。だから構図は同じなんだけど版が違う作品がいくつも展示されていました。


奥が深いなあ…。


とはいえ、やっぱり油彩のほうが好きだった(そうなんだ)。


油彩
右から「書斎のミネルヴァ」「羊飼いの礼拝」「音楽を奏でる人々」。


「好きだったわ〜」とぬかしつつ「まったく詳しくなかった」私は、このホワ〜っと発光する感じがイケてる!と思っていた「羊飼いの礼拝」がレンブラントの弟子の作品であることをこの日知ったのだった。

(しかも本名がわからないような弟子なわけ!?)


布、木製品、紙、肌。質感がぜんぜん違う!


光と影が絶妙!


と、単にコーフンしているだけでゲージュツにまったく詳しくないナラリーノ、という事実を再検討すべきとわかったレンブラント展であることだ、フッ(涙)。


「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展
開催期間
2011/3/12(土)ー 6/12(日)
開催場所
国立西洋美術館(東京・上野公園)



« 夕暮れ便り(「半熟卵」的な) | トップページ | 上野精養軒でランチ☆ »

ナ国☆美術館」カテゴリの記事

コメント

レンブラント、良かったみたいですね。
もうすぐ愛知県にもくるみたいだから、行ってみようかなぁと思いました。
フェルメールの作品も同じ時期くらいにくるみたいなので、6月は芸術の月はしたいと思います(って、本当に行けるのか?)。

shineナスさま

コメントありがとうございました!

ナスさん地方にも巡回するのですね。
版画メインで色味の少ない展覧会でしたが
なかなか興味深かったです。
お時間がおありでしたら是非!

フェルメール展は行きそびれました〜(号泣)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/51853999

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展めぐり】「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」展:

« 夕暮れ便り(「半熟卵」的な) | トップページ | 上野精養軒でランチ☆ »

Amazon商品検索