2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 夕暮れ便り(「Homebound」的な) | トップページ | 夕暮れ便り(「半熟卵」的な) »

疑惑★ドラマ「JIN-仁-」・2011年版☆第6話(第7話ネタも少し)


-------------------

(・ω・)ノナ国☆ドラマ「JIN-仁-」レポ

☆2011年度版

第1話と第2話第3話と第4話
第5話第6話と第7話第8話〜最終話

☆2009年度版

大河よりJIN!(序)
第5話から語ってます。
第6話第7話第8話第9話
第10話最終話番外編

-------------------

第4〜5話にかけて勃発した「JIN先生のロリ疑惑」は無事疑惑のまま終わったが、いまだ先生に対して様々な疑いの目が向けられた第6話であった。


まずは「コイツ、何者だ」疑惑。


いやまあこれは以前から向けられていた疑惑だが——なにせ21世紀の医療知識で江戸時代の人々を治療しちゃうのだから、素直な人なら「先生、すごすぎる」と思う程度だが、まあ普通は「コイツ、何者だ」と感じてしまう。


ましては幕末ニッポンに立ち寄った異人さんたちからすればJIN先生の存在は脅威。だって自分たちだって知らないようなトンデモ技術を持ったお医者さんなのだからして。


でも異人さんたちはわりかし素直だった。
あんなにJIN先生のこと怪しんでいたのに、JIN先生の「僕は記憶をなくしてしまったので(どうしてこんなにスゴ腕なのかは)覚えていない」なる言葉を疑ってたのに!


とりあえず一緒に手術をすれば、もうオレらトモダチさ!って、本当に素直だった。


だが、もうひとつの疑惑についてはなかなか払拭されないままだった。その疑惑とは——。


「JIN先生、女性よりも…疑惑」。


なんだかもう、最近のJIN先生は坂本龍馬のことしか気にしてない。以下、JIN先生のつぶやきより(ツイッターじゃないよ)。


恋煩いか?
「あれから龍馬さんに手紙を出したものの一向に返事がない」


「松本先生の依頼を受けて長崎に来たのは、もしかしたら龍馬さんに会えるかもしれないと望みがあったから…」


「龍馬さんに会えたら、オレは今度こそ告げようと決めていた


何をよ!?


「龍馬さんは暗殺される運命にあるのだ、と」


ア、そっちでしたか。
いやあ、視聴者は間違いなく「JIN先生は龍馬にフォーリンラブheart01」だと思ってた。だって。


ばったり再会できた龍馬に対し、JIN先生ったら——


恋なのか?
「龍馬さん、会いたかった!!!」


そうなのか!?
「あ、龍馬さん。いたheart01


って——実に、実にいい顔してたから、大沢たかおが。
これじゃあ視聴者が疑っても不思議あるまいよ。


本当は、混沌とした時代の中で武器商人として敵を力で従わせようとしていた龍馬と、そんな彼の姿を見て悩む友人・JIN先生の関係が描かれた回でしたけれどもね。すみません、常に汚れたレポで。
JIN先生の「暴力は暴力を生むだけ」という言葉が、幕末の奇跡を生みそうね。


7話はワタクシ、野風さんの心意気が泣けてしかたなかったので、割愛。


(´・ω・`) ノ****************************

第6話(5月22日放送)

各地で起こる打ち壊し。江戸に不穏な空気が流れ始めた時代。

ペニシリンの普及のため長崎で講義をする南方仁(大沢たかお)は坂本龍馬(内野聖陽)に会い暗殺の事を伝えようと決心していた。

龍馬に会えず半ば諦めかけていたその時、突然仁の前に龍馬が現れる。仁は再会を喜ぶが、そこで目にした龍馬は仁の知っている龍馬ではなかった。龍馬はトーマス・グラバー(ウィル・ゲラック)から武器を手に入れ、幕府と戦争をする長州に武器を売って金儲けをしていたのだ。

複雑な気持ちのまま龍馬と共に長州を訪れた仁は、龍馬が売ったと思われる銃に撃たれた幕府軍の大量の死傷者の姿を目の当たりにする。その戦場を冷ややかに見ている龍馬と仁は言い争いになる。


(´・ω・`) ノ****************************

第7話(5月29日放送)

龍馬と気持ちがすれ違ったまま長崎から江戸・仁友堂に戻った仁。
あらためて「龍馬暗殺」がいつだったか思い出そうとするが、正確に思い出せない上にまたしても強烈な頭痛に襲われる。

その頃、龍馬に関する事を探るように上役から命じられた橘恭太郎(小出恵介)は、探りを入れるため度々『仁友堂』を訪れるように。

そんなところへ、野風(中谷美紀)から仁と橘咲(綾瀬はるか)宛ての文が届く。そこにはフランス人・ルロン(ジャン・ルイ・バージュ)と正式に国際結婚できることが決まり、2人に婚礼に来て欲しいという旨が記されていた。

横浜の野風の元へ向かった2人だが、そこで仁は野風から乳ガンの再診を依頼される。野風は病が再発している上、ルロンの子供を身ごもっていた。

何が何でも子を産もうとする野風の決意が「未来から来たらしい仁とのつながりを残すため」にあると気づいた咲は——。



(´・ω・`) ノ****************************



« 夕暮れ便り(「Homebound」的な) | トップページ | 夕暮れ便り(「半熟卵」的な) »

ドラマ:JIN−仁−1&2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/51847725

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑★ドラマ「JIN-仁-」・2011年版☆第6話(第7話ネタも少し):

« 夕暮れ便り(「Homebound」的な) | トップページ | 夕暮れ便り(「半熟卵」的な) »

Amazon商品検索