2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 【動画覚書】B'z CM情報&報道ステーション 松本さん特集☆ | トップページ | B'z☆ペプシネックスポスター(地下鉄丸の内編) »

えなり系ジェシー・アイゼンバーグ☆(『ソーシャル・ネットワーク』と『ゾンビランド』のお話)


アカデミー賞、いろいろ決まりましたね。詳細はいずれ別記事で。


『ヒアアフター』の感想をアップしたところ、みゆきさんから「この映画を先に記事に?」というコメントをいただきました(おそらく"観たのは『ソーシャル・ネットワーク』"が先なのに、まだなの?ということだと思います)。


みゆきさん、すみません。『ソーシャル・ネットワーク』の感想、行きます!


——心温まらないお話でした――。


——しかも愛すべきキャラクターがいないお話で——。


みゆきさん、すみません。。。


だって、一緒に観に行った友人は最初「映画を観てイイ感じだったらフェイスブック始めちゃおうかな〜」って言ってたんですよ。けど見終わった後


「やっぱりフェイスブック登録するの、よすわ…」


って。それくらい、ヒリヒリした映画だった。天才の孤独、成功者の悲哀、みたいな。


・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆

『ソーシャル・ネットワーク』あらすじ

2003年。
ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。

サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが——。

・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆


アイゼンバーグがとにかくハイスピードで大量の台詞をまくしたてるのですよ、常に。


「『渡る世間は鬼ばかり』みたい…」


と思ってしまったので、以下、アイゼンバーグを「キレイえなり」と呼ばせていただきたいと思います。


理詰めで一般人を撃破するキレイえなりは、頭も良く、コンピューターをガシガシ駆使する。で、最初は腹いせから始めたサイトが新しいアイデアやら他人の欲望やらとくっつき、増大して、例の巨大サイトに育っていく訳ですが——。


人が集まってくる、お金はもっと集まってくる。でもどんどん孤独になっていくキレイえなり。


「実はボクだって寂しいんだよう」的なベタな設定じゃないのが余計に観ててツライ。キレイえなりは頭がいいから自分が置かれている状況——あ、自分はメチャクチャひとり、っていう——を、ものすごく冷静に、客観的につかみ取ってる。それがどうにもこうにも、観ててツライの。


エドゥアルドを主役にした話を観てみたかったな。


キレイえなりはね、『ゾンビランド』でもオタクの役でした。こっちのキレイえなりはキュートだった。


『ゾンビランド』というのは——ウイルスのせいで世界中人喰いゾンビだらけ、人類はほぼ絶滅状態になった世界のお話。キレイえなり扮するコロンバス君は、引きこもり&ネットゲームおたく生活が幸いして生き延びていた、と。「ゾンビの世界で生き残るための32のルール」を作り、それを慎重に実践しながら。


ホラー映画なんて観たことないナラリーノがなぜ『ゾンビランド』を観に行ったのか——それは『ゾンビランド』は画期的なゾンビ映画で、本国(アメリカ)では高い評価を得ている、と聞いたから!


で『ゾンビランド』、どこが画期的だったかっつうと——。


すみません、わかりませんでした。
ゾンビ映画を観たことがないので「今まで」と『ゾンビランド』を比べることができなかった(汗)


でも観客の皆様は超〜〜〜盛り上がってましたよ!もう観るからに「皆さん、人類よりゾンビがお好きですね?」っていう殿方たちで満ちあふれていた映画館。映画観ながら大笑いしたり拍手したり。あの反応っぷりはまさに「画期的だよ!」の意思表示だと思います。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ナ国☆(・ω・)ノ映画100本ノック

☆2011年はコチラ
☆『ゾンビランド』は2010年にあるよ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



« 【動画覚書】B'z CM情報&報道ステーション 松本さん特集☆ | トップページ | B'z☆ペプシネックスポスター(地下鉄丸の内編) »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

本日は映画の日
仕事を早く片付けて今月こそ行くぞシネマ(o・ω・)ノ))

ガーン…不幸な通達(。>0<。) 
えっ!!急な仕事が( ̄Д ̄;;
はぁ~日付が変わってしまいました┐( ̄ヘ ̄)┌ ~

ネガティブ思考で気分も悪くなってきた…

ナラリーノ様から元気を頂くために王国の扉をノック(。・ω・)ノ゙ ♪
女王様の記事に涙してしまいましたm(_ _)m

私もナラリーノ様へ情報提供
私の2本目は『SP野望篇』になりそうですが周囲から『英国王のスピーチ』にすれば
と誘惑してきます。( ̄ー+ ̄)
ご参考までに(=´Д`=)ゞ

>「『渡る世間は鬼ばかり』みたい…」
確かに(笑)
最初、いつものペースで字幕を読んでたら、ついていけなくてアセリました。
キレイえなり君、翻訳者泣かせだわー。

天才って大変ね…。
1個の情報から、あれよあれよと言う間に、色んなアイデアを生み出し、形にしていくスピードには、ただただ驚嘆。

周りの人を置き去りにして、どんどん孤立していっているのを、冷静に感じながらも、それを悲しいとは思っていないカンジがなんとも…。

でも、ラスト、一人で部屋に残った彼が少し寂しさを感じ始めたように見えたのは、キレイえなり君の演技によるものなのか、私の願望のせいで、そう見えたのか…。

shineお名前のなかったコメント、
きっとみゆきさんですよね?

コメントありがとうございました!
お返事が遅くなってしまい
申し訳ありません。

お仕事、本当にお疲れ様でした(涙)
『英国王〜』よかったですよ!
私は大好きなジャンルです。
近々記事としてアップします〜☆


shineはなさま

コメントありがとうございました!
お返事が遅くなってしまい
申し訳ありません。

ものっすごく喋ってましたよね(笑)
「正論過ぎて嫌われるタイプだな。。。」って
一発でわかるキャラ設定でしたね。
たしかに翻訳者泣かせだ!

でもキレイえなりだけあって
ラストで「幸せになってね」と思えてしまいました。
美しいって、得。。。

わちゃあ~~(°°;)))(((;°°)~
又やってしまいました…私のコメントです…m(. ̄  ̄.)m
そして、ナラリーノ様のお心遣いに感謝します、ありがとうございます。m(_ _)m
変化する事への不安が吹き飛びました、前を向いて挑戦していきます。(*^ー゚)b


『英国王のスピーチ』
やはりナラリーノ様好みでしたかぁ
(女王と感覚が同じで嬉しいですo(*^▽^*)o)
木曜女性サービスディに見に行ってきますネ
(どうかそれまで記事にしないでください…m(_ _)m)

明日、仕事帰りに予告どおり『SP野望篇』見に行ってきますネ(*´v゚*)ゞ
2ヶ月ぶりの岡田くんだぁヽ(*≧ε≦*)φ
(3月4日、5日放送のSP革命篇スペシャル番組は録画しまだ見ないのでした)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/51000061

この記事へのトラックバック一覧です: えなり系ジェシー・アイゼンバーグ☆(『ソーシャル・ネットワーク』と『ゾンビランド』のお話):

« 【動画覚書】B'z CM情報&報道ステーション 松本さん特集☆ | トップページ | B'z☆ペプシネックスポスター(地下鉄丸の内編) »

Amazon商品検索