2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

人生初☆胃カメラ


朝イチで、胃カメラ飲んできました!


残念、つらかったです(キッパリ)。
ナラリーノはよく「喉元の反射が強いタイプ」と言われるので、やっぱりつらかった。盲腸騒動の苦しさに比べれば楽だったけど、やっぱり静脈注射で意識をボンヤリさせるとかいうタイプの検査がよかったな(涙)だって〜検査中はやっぱり気持ち悪くて、先生の腕をつかみたかったもん。「やめて〜!」って。


でも、ノドの麻酔のみで意識ハッキリだったわりに苦しまなかったみたい。
鼻と涙とヨ×レでグショグショ!ってふうにはなりませんでした。近所の評判通り、胃カメラ飲ますのが上手な先生なのでしょうね。やはり口コミというのは侮れない。


そして、看護師さんが検査中ずっと背中や腕をさすってくれていたのは心強く、かつ爽快でした。(おっさんか?)


初☆胃カメラの感想——先生の言葉に大きく頷いたナラリーノでした。


先生「たいしたことなくはないけれど思いのほか我慢できる、これで済むなら次もきちんと検査受けよう、と思えるレベルでしょ?」


その通りでした。先生、看護師さん、ありがとうございました♪


チェックの結果、女性に多いストレス性胃炎の症状がみられるとのことでした。それ以外に問題ナシだったので、お薬をかえて状況注視ということになりました。ご心配おかけしました。


…これでダメなら大腸カメラなのかな。。。



信じよう。


さりげなくも、すんごい更新が滞っておりますが、皆様おかわりなくお過ごしでしょうか。あああ、アジア杯の話すらアップしてない。。。(日韓戦、ちゃんと観ました。)


そんなナラリーノは——家のバタバタと体調不良を理由に読まないようにしてきたTOEICの問題集を、やっと開きだしました。テストは1月30日。「自分を信じよう」。これを合い言葉に常に準備は後手後手です。夏休みの宿題は最終日にやる子供でした。


皆様からの励まし、祈りを心よりお待ちしております。


そしてテスト前日に、胃カメラを飲むことになりました。


なんかねー、今回の胃痛はしつっこいのよ。
盲腸騒動のあと、かかりつけのお医者さんが処方してくれた薬を飲んでいましたよ、と。で、飲むとけっこういい感じなのですが、結局また痛くなる、と。


今までと違って「こうすると痛くなる」ってのがないの。
空腹だと痛い、とか、食べるともたれる、とかのルールがなくて。だから、いつ痛みがひどくなるかわからなくてビクビクだったんです。


そしたら先生が。。。「もう決まりだな、胃カメラだ!」って(涙)


先生は専門が胃腸科だから、胃腸の不調を訴えるとすぐにカメラを使いたがるの←なんか書き方が変態みたいですが。


今まではひたすら断ってきて、今回も


「イヤです、ホントにイヤです!」

「オエーってなるのはイヤ!」

「いっそ全身麻酔でお腹切って調べてください、それでいいです!」


と、猛烈に訴えたものの(どんな訴えだ)、


「今回ばかりはダメ!い!

「ノドに麻酔するんだから全然たいしたことないんだ、胃カメラなんて!」

「もう本当にイヤだ!って時は、言えば途中でやめてやるから!」


と、説得されて検査を承諾(どんな説得だ)。


こちらのコメント欄でナスさんに教えていただいた裏技使って頑張りマス。ナ国☆胃カメラ経験談、楽しみにお待ちください。ああ、辛いネタじゃないことを信じよう。。。


ちなみに「胃カメラなんて全然たいしたことない」と豪語した先生に問うてみた。


ナ「先生は、胃カメラ飲むんですか?」


先生「…」


ナ「飲むんでしょ?」


先生「…飲むよ。定期的にちゃんと友達に診てもらってるよ」


ナ「オエーってならないんですか?」


先生「…」


ナ「ならないんですよね?」


先生「なるよ」


!!!


先生「毎回大変だよ。もう、ゲッホゲホ。でも気が弱いから、検査したいの」


でも先生自身は「胃カメラ飲ますのが上手」という評判なので——腕前を信じよう。。。


ちなみにこの先生。ためしに自分で検査してみようとしたそうですが、さすがに飲めなかったそうです、胃カメラ。



病名・××


※今日の記事にはトイレの話が出てくるので、PC向けに本文を隠します~。



続きを読む "病名・××" »

アジアカップ2011☆シリア対日本


先日のこと。
夢に中澤選手が出てきたの、サッカーの。ナラリーノにこう言ったわ。


「最近、サッカー観てくれないの?」と。


「シュンスケが出ないから、つい…」とナラリーノ。すると中澤が


「アイツもスネてるだけで、でも相変わらず頑張ってるから。ナラリーノもたまにはサッカー観てね」


なんて言うのよ。重ねて言うけど、夢の中でね。


何このリアルな夢。。。
やはりサッカーアジア杯が始まったのに初戦を観なかったことがひっかかってたのかしら。せっかく中澤も誘ってくれたことだし(え?)、2戦のシリア戦は見ちゃおうかしら。


つうことで、夜更かしして途中まで見ました。だって〜、ナラリーノが観ると負けるじゃない。せっかくチーム一丸となって先制したんだから、験を担いでここでやめておこうと前半が終わった時点で寝ちゃった。


が、ナラリーノが眠ってから事件は起きていた。妙ちくりんな審判のせいで川島が退場、PKで相手に得点されちゃったんだって?


でも本田がPK決めてくれてヨカッタ——てか、日本が勝てたのは、ナラリーノが寝たからなんだろか。やっぱり。


それにしても久々にサッカーを見たからなのかな。アナウンサーの実況ってこんなにヤカマしかったんでしたっけ?試合中、気になって気になって。。。


日本がPKゲットして本田が蹴ろうとしてるシーン、ニュースのダイジェストで見たんだけどもさ。
やっぱりアナウンサーがうるさいの。ゆったりとボールをセットする本田の姿に「自信があると見てよいでしょうか!?」とかなんとか。


したら、解説の松木さんが


「…黙っていきましょう、このシーンは」


あ・の・松木さんに「黙って」って言われる解説者(驚)それくらいうるさかったんだぞ、と。


◆おまけ・その1


レッドカードで退場という憂き目を見たゴールキーパー川島。何度見ても、顔が石原軍団系。そして。


CNNでもアジア杯のニュースが放送されてたんですけど、ゴールキーパーって


goalie


って言うんですね。アナウンサーが「ゴリ・カワシマ」「ゴリ・カワシマ」って連呼してるから


「なぜにゴリ!?」


って思ってしまった。


◆おまけ・その2


相変わらず、愛される男・遠藤(左端)。


とろけそうな本田△

本田——何その愛ある視線。。。得点したのは君なのに(苦笑)


soccershinesoccershinesoccershinesoccershinesoccershinesoccershinesoccershine

アジアカップ2011☆シリア対日本

2-1で日本の勝利☆

1月13日(木) 25:15(日本時間) / 会場:ドーハ(カタール)

GK:
川島永嗣(後半27分退場)

DF:
今野泰幸/長友佑都/内田篤人/吉田麻也

MF:
遠藤保仁/長谷部誠/本田圭佑
松井大輔→細貝萌(後半47分)
香川真司→岡崎慎司(後半20分)

FW:
前田遼一→西川周作(後半29分)

soccershinesoccershinesoccershinesoccershinesoccershinesoccershinesoccershine



銀座・リプトンティーハウスでウサギになってきた(「贅沢サラダ・ランチ」の話)


銀座のリプトンティーハウスでお昼を食べました。
軽いものがいいなと思い、「贅沢サラダ・ランチ」(1,500 円)をオーダー。
スープにメインサラダ、パンのセットです。もちろんリプトンのブレンドティーもポットでサービスされます。


オシャレスープ
可愛いでしょ!?「西洋ごぼうのスープ」です。白いのはモリモリの泡だよよよよよ〜(萌)。牛乳ベースのスープをミルクフォーマーで泡立ててるんですかね。わかりません。でも美味しかった~♪


そして、メインのサラダに震えました。


どんだけ!?
量がハンパない(震)


お皿の大きさと比較できるものが写りこんでないのでわかりづらいかしら。ピザ(大)が乗りそうなお皿です。全然軽くない(震)。


運ばれてきた時、思わず「うは!?」と叫んでしまいました。
食べきれる自信が全くなかったので


「と、とりあえず『残したけど、ほとんど食べた感』を出したい。どうすればそれを表現できるだろうか」


と、いらぬプレッシャーを抱えながら「やはり葉ものをなくす=カサを減らすことが『食べた感』を演出…」ってことで、葉っぱ中心にいただきました。ウサギのように⌒(=・x・=)⌒


卯年にふさわしいメニューってことで。



そして清澄庭園へ。


さて。
門前仲町・罰当たりツアーのあとは、腹ごなしのつもりで清澄庭園へ。


清澄庭園


清澄庭園


清澄庭園
泉水、築山、枯山水を主体にした回遊式林泉庭園です。
江戸・享保年間には下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となっていたこの邸地を、明治に入ってからあの岩崎弥太郎が買い取って庭園造成を計画したのだそう。社員の慰安や貴賓を招待する場所としたかったそうですよ。ちなみに完成は彼の死後。


風雅。
美しく、優雅に水面を移動する水鳥たちは——


襲われた。
庭園を訪れた人々が与えるエサに狂喜乱舞。その姿はさながらヒッチコックの名作『鳥』(友人談)。


好きな花
水仙も咲きはじめていました。



門前仲町☆美味しいもの


正月早々、罰当たりなことをしてしまいました。


いや、深川の七福神巡りに行ったんですけどね。
喪中なのにいいのか!?という疑問はスルーして。お参りじゃなくてお寺を回りたかったんですよ。久々に街を歩きたかったし。


なのに…罰当たりなことを…。


門前仲町10時半到着!いざ七福神!
その前にまずは駅近の深川不動堂に寄って——で、そのすぐあとに「六衛門」で深川丼を食べました。


深川丼
うひょー!


深川丼
うひょひょー!!


味噌汁で煮たアサリとネギと厚揚げがこれでもか!というほどかかってました。
そのすぐあとに「お招き屋 ディデアン」で愛玉子入りの冷やしぜんざいを食べました。


冷やしぜんざい
うひょー!


オーギョーチィィィィ
愛玉子、ブルッブルーーー!!


食べ過ぎ飲み過ぎでは?
れんぎょう茶ーーー!ホルモン調整だああ!


友人と話しこむこと2時間以上。


七福神巡りは中止と相成りました。
腹いっぱいで動きたくなかったし、しゃべり疲れちゃったの。。。なんて罰当たりな。。。


◆おまけ

龍神様
深川不動堂の龍神様。
願い札に願い事を書いて水鉢に浮かべます。 お札が水に溶けると願いが龍神様に届いて叶えられるのだそうです。


叶いますように。


でも龍神様を「おまけ」って…やっぱり罰が…(震)


龍神様



ナ国のcrescent moon


おもちゃのような天体望遠鏡を買ってしまいました!だって〜これでお月様を見たかったんですもの〜moon3


品物が手元に届いたのは年末だったのですが、なにせピントを合わせるのが難しい。
最初、昼間のうちに合わせておくって知らなくて(知らんというか取扱説明書を読まない女なのです)


「アレ、全然見えない…ああ、昼の準備が必要なのね」→「ま、家にいるときやりましょうかね…(放置)」→「(思い出して)さあ、これでいいんじゃね!?見るゾー!」→「月がない…(新月突入)


みたいな。そうこうしているうちに月も太ってまいりました。
まだ慣れていないので倍率の高いレンズだと目標物を探せず。なので初心者は15倍程度のレンズから観測開始。見えるかしら、お月様。


ア、ア、ア…。


これはハマります!


クレーターまで見えてすんごいキレイです!感激〜 moon3 happy02 heart04


で、ですね。この望遠鏡をデジカメで覗いてパシャッとボタンを押せば、天体写真が撮れる!ということだったので撮ってみたのですが——


2011年1月10日の月
うーん…。


小さいのは仕方ないけど(レンズが変われば大きく見える、よね?)あの美しい月の表面がつぶれちゃうのは惜しい。
これじゃあこの間デジカメから直に撮影したお月様のほうが迫力あったよね?カメラの設定が悪いのかなあ。


懲りずにいろいろ研究します。皆さんに綺麗なお月様写真を見せてあげたいので。乞うご期待。



たぶんこうなる! 今年の自分を大胆予想(するとカニ缶もらえるかもなんです)


皆様、寒中お見舞い申し上げまする。


いいかげん、きちんとブログを更新せねば。
コメント欄も開けました。テンプレートも変えて…とブログの管理画面をいじっているうちに「今年のあなたはどんなふうになっていると思いますか?予想してください。入賞者には賞品としてカニ缶プレゼント♪」なるお知らせを見つけました(コチラで)。


そこで。
マルハのカニ缶4パックをいただきたいナラリーノとしては、真摯に今年の自分を大胆予想することとしました。え、ナラリーノさんカニ好きでしたっけ?という質問はスルーして。


今年の自分を。


大・胆・予・想。


ブログ書いてるんじゃないかな。(大胆感、ゼロ)


いやあ、ブログっていったん書かなくなると「えへへ、今日もいいや」「明日にしよう」ってなりますね。あんなに毎日更新してたのに。あ、じゃあさ。


【大胆予想】2011年は「明日にしよう」という考えを改め、今日行動する自分になる。


ってこれ予想?希望なんでないかい?希望ならいくらでも書けるけど。


B'zのコンサートにたっくさん行ってる自分希望!


松本さんと稲葉さんと仲良くなってる自分希望!


英語ベラベラしゃべってる自分希望!


国際結婚してドイツの城に住んでる自分希望!


【大胆予想】2011年も、妄想絶好調。


やっぱり大胆感、ゼロ。


***************


真面目な考えを申せば、最近「そういえば、ナラリーノにはこういういいところがあったはずなのに、すっかり忘れてたな〜」と感じた出来事があったので、それを思い出しながら、自分も幸せ、周りも幸せという日常を送ろうと思います。てか、そういう自分になってるはず、2011年は。(やっと大胆な予想が出てきた!)


あとあと、今年は30代最後の年なので、いい40代を迎えるためにいい準備をしたい、してるはず←これも大胆予想。ここにも書いたけど39歳=サンキューな1年ね!けっこう予想してるわねえ。


じゃ、いまだに冬休みの宿題やってないんで取りかかります。いまさら!?やっぱりまずは「今日もいいや」「明日にしよう」をやめにしたほうがよさそうねー。


デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】たぶんこうなる! 今年の自分を大胆予想参加数拍手



『龍馬伝』に教わったこと(すんごい今更ですが総評なわけです)


いやあ、終わりましたね『龍馬伝』!
って、気がつけば先々月の話ですが。それが何か!?


『龍馬伝』自体、お坊ちゃんでギャーギャーわめいてばかりだった龍馬が気がつけば海援隊の長となり、気がつけば歴史の表舞台に立ち、気がつけば最終回でした。


そう。思い返せば「眠れる坊ちゃん時代」は実に長かったけど、目覚めてからの龍馬は超速だった。そんな印象が強かった『龍馬伝』。


でも龍馬が表舞台で活躍した期間は短いのだから、これはこれで正しかったのだと言えないこともない。


でも、眠れる時代をそこまで膨らませることができるなら、いっそ肝心の「公の時代」を魅せに魅せて欲しかったと言えないこともない。


「いい結果を出すにはペース配分が必要だ」。


ということを思い知らされた。2011年年頭、この言葉を胸に刻んで生きていこう。

※ちなみに『天地人』でも似たようなこと言ってるナラリーノ。コチラです。長丁場の大河、最近欠けているものの一つはペース配分?


――いや、こ、これを『龍馬伝』の総評にするわけには――(焦)ほかに、ほかに気づいたことはないだろうか。


手間はかけてましたよね!
賛否両論ありそうだけど、映画っ子のナラリーノは黒っぽい映像って好きなので「賛」のほう。自毛を使いつつの自然なカツラもよかったしさ。


制作費もかけていたように思う。セットも作り込んでいたし、その人たちへの支払い大丈夫?ってくらい豪勢な出演陣だったじゃないですか。特に男優さんは誰もが印象的だったし。


ただ、最終的に伊勢谷友介の輝きに上書きされた感があり、なんかいまいちほかの人たちを覚えていない——って、あああ、総評にならない——(焦)


「大切なものには手間もお金もかけましょう」。
「大切なことは忘れずに覚えておきましょう」。


これらも2011年・自分への戒めとして覚えておこう。


脚本はどうだっただろう、『龍馬伝』。


歴史の重要な流れ以外に書きたいことがあり過ぎて最終的に失速した感じはしたけれど、上も下もない世の中を作ろうとした人たちの青春群像を書きたいんです、その中心にいたのが坂本龍馬!というテーマは消えなかったんではなかろうか。そんなんだからこそ、脇役や脇道、とくに土佐の描き方が細やかだったんでしょう。


「主人公の生き様を、福山雅治に託して視聴者に伝えたい」という素直な熱は、最後まで作り手にあったんじゃないかな。そのへんは、女性の壮絶な覚悟を唖然とするようなラブコメにすり替えて電波にのせた『篤姫』や、そういう「義」をドラマにしたいんだったら主役は石田三成にすべきだったんでないの?という『天地人』とは違っていた。


「モノを書く時は、本質を見逃さず、常に尊敬と熱を持て」。


これ、ブログを書く時の座右の銘としよう。


そして返す返す、最終回・暗殺シーンに表示された選挙速報のテロップは残念でした。あのテロップを見た瞬間「あ、『龍馬伝』の1年間が台無しになった」って思ったもん。


「終わりよければすべてよし」。


この言葉を2011年の最後につぶやきたい——いろいろ教わったよ、『龍馬伝』。本当にありがとう。。。



覚書☆大河ドラマ『龍馬伝』第44回~最終回


すんごい今更ですが、ハンパは好きではないし総評も書きたいしで溜め続けたあらすじをアップ。


てか、どんだけ溜めていたんだ…。このあたりの熱のなさに自分の中の『龍馬伝』への失速感を感じるナラリーノ。

続きを読む "覚書☆大河ドラマ『龍馬伝』第44回~最終回" »

"This spring"が待ち遠しい!(B'z☆リリース情報)


2日の夜、B'zの公式WebサイトをチェックしたらTOPのFlashにこんなん出てました。


「バネ」やもしれん。
ギャーーーーー!「ニューシングル、乞うご期待!!」!?


でぃでぃでぃ、でぃすすぷりんぐって今春のことよね、バネじゃなく(違うだろう)。ましてやタイトルが「このバネ」なんじゃないわよね!?(違うだろう)


待ち遠しい。。。早く、早く春よ来い。。。



朝日のODENなう


おでん
朝からおでんです。


2011年、ナラリーノ城ではお正月らしいことができないので「おせち」はナシ。代わって元旦からアイコ作のおでんを食べていました。


とはいえ、ナラリーノ城では毎年1月2日は必ずおでんを食べるのが習わし。その理由とは!?


——たんに正月準備に飽きた主婦アイコの「ドカッと簡単に作れるものがいいわ〜アンタたちもおでん食べたいでしょ?」という意見による。これが40年も続いている、と(ゆえに習わし化)。


とはいえ、今年は「おでんって何を入れれば良かったんだっけねえ…」とアイコが「正月前から正月ボケ」な様相を呈したため、おでん必須アイテム・じゃが芋は忘れられ、代わりになぜかゴボウ参戦という運びに。ゴボウ。煮しめと間違われたんじゃなかろうか???


ちなみにもう2日目なので選べる具が少ない状態です。お鍋の中は売れ残りのコンニャク、練り物で溢れております。


…新年早々「売れ残り」と向き合わねばいけないなんてイヤ…virgo


shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

年明け5日前後までコメント欄は閉じさせていただきます。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine



サンキュー☆2011


↑1月1日からなんでもう締めてる!?的なタイトルですが違うのよ。
先月39歳になったので、ナラリーノの今年の抱負は「サンキュー」なんですの。


以前、知人が39歳になったとき


「39歳だから、サンキューの年にする」


みたいなことを言ってて


「いい言葉だ、私もいずれマネしよう」


と思ったことがあり、で、めでたく39歳になったので


「さあ!感謝感謝感謝!いろんなことに感謝!」


みたいな熱いノリだったりするのです。「何歳でもつねに感謝すべきでは?」という意見はスルーして。


今年もたぶんいろんなことします。あんなこともこんなこともやりたいです。なにとぞお付き合いくださいませ。


shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

年明け5日前後までコメント欄は閉じさせていただきます。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine



« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

Amazon商品検索