2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 覚書☆大河ドラマ『龍馬伝』第42回&第43回 | トップページ | 映画『悪人』を観てきました☆ »

う!は!とっ!NHK杯☆


↑タイトルは、大ちゃんのマンボをマネてみました。掛け声がツボです。


録画を忘れた上にハイビジョン放送でチェックするのを忘れました。ふっふふふ…最近こんなんばっかりねー。


と、しょっぱなから乗り遅れましたが。
ジャパンオープンやフィンランディア杯(鈴木明子選手優勝heart01、近畿選手権(織田信成選手優勝heart01といった大会は行われていたものの、ここからが本格的なフィギュアスケートシーズンの幕開けですね。Grand Prix NHK Trophy 2010が開催されました(10/22〜10/24 愛知県名古屋市・日本ガイシアリーナ)。


切れ切れでテレビ放送&飛び飛びでネット動画を確認してるのみなので、いきなり結果から。


◆Men

1位(SP=1位:FS=1位):Daisuke TAKAHASHI(JPN)
2位(SP=2位:FS=3位):Jeremy ABBOTT(USA)
3位(SP=4位:FS=2位):Florent AMODIO(FRA)

4位(SP=5位:FS=4位):Yuzuru HANYU(JPN)
6位(SP=9位:FS=6位):Takahito MURA(JPN)

◆Ladies

1位(SP=1位:FS=2位):Carolina KOSTNER(ITA)
2位(SP=3位:FS=1位):Rachael FLATT(USA)

3位(SP=2位:FS=5位):Kanako MURAKAMI(JPN)

8位(SP=8位:FS=8位):Mao ASADA(JPN)

◆Pairs

1位(SP=1位:FS=1位):Qing PANG / Jian TONG(CHN)
2位(SP=2位:FS=2位):Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(RUS)

3位(SP=3位:FS=4位):Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN(JPN)

◆Ice Dance

1位(SD=1位:FD=1位):Meryl DAVIS / Charlie WHITE(USA)
2位(SD=2位:FD=3位):Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(CAN)
3位(SD=5位:FD=2位):Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(USA)

7位(SD=7位:FD=7位):Cathy REED / Chris REED(JPN)


男子は高橋大輔選手が優勝〜crownshineフリーの演技は見ました!冒頭の4回転ジャンプに震えた。後半ミスってたけど、なんだかもう出来上がってる感じ(酔っぱらいみたいな表現で申し訳ない)。


母アイコがアモディオ選手ガン見だったのが気になる。アボット選手の品の良さを置き去りにして。ほかの選手の映像はこれから探します。


女子は村上佳菜子選手が3位ですよ〜crownshine佳菜子ちゃん、ハツラツとしててすごくよかったね!


他のお姉さん選手たちに比べれば荒削りなんでしょうけれど、そういうところ含め、見ていて楽しかったです。西日本選手権→GPアメリカと連戦らしい。前者は調整を兼ねて出場するそうですが、佳菜子ちゃん、ガンバレ☆☆☆
男子の羽生結弦選手、ペアの高橋成美&マービン・トラン組も佳菜子ちゃん同様シニアGPシリーズ初参戦ながら好成績でした。


浅田真央選手は結果が出なかったけど…しかたないよ、ジャンプ矯正中なんだもん。ショートプログラム後のインタビューでアップになると吹き出物がちらほら。体調も本調子ではなかったのでは。



ジャンプ修正の大変さについてはコチラを。解説の樋口豊先生、真央ちゃんの代わりに泣いちゃってます!
(YouTubeからお借りしました。モバイル版はコチラのページの「Mao Asada 浅田真央『豊の部屋』樋口豊さん号泣」をクリック)


いいシーンだ…(ホロリ)。太田由希奈さんが真央ちゃんに


「ジャンプの修正は時間が凄くかかる。川上先生って覚えてる?野辺山の」


って語りかけるところもホロリ。野辺山ってフィギュアスケートの有望な新人を発掘する野辺山合宿のことですね。みんな子供のころから一緒に頑張ってるから成長してもこういう触れ合いのシーンが見れるってのがいいわ…(ホロリ)。


他のジャンプとは踏切り方が違うアクセルジャンプは跳ぶのが怖いんだそうです。
フィギュアスケートの神様が浅田選手に授けてくれたのはトリプルアクセルを跳べる能力ってわけじゃないと思うの。ジャンプを直そうとする勇気、翼をもがれても前を向ける勇気。これだと思うわ。


だから焦りは禁物よ!
まだ初戦で調子が上がっていないのはどの選手も一緒。でも女子シングルの衣装、色味がみんなステキでしたね〜virgoeyeheart04


あ、会場にいた安藤美姫選手がテレビに映ってました☆正直、中国杯が一番心配。反日の煽りをうけて嫌な想いをしませんように。。。



« 覚書☆大河ドラマ『龍馬伝』第42回&第43回 | トップページ | 映画『悪人』を観てきました☆ »

sports(フィギュアスケート)」カテゴリの記事

コメント

いつの間にか…NHK杯終わってました~。

真央ちゃん、少しでも立て直して欲しいですね。ミキティも同い年の頃、どん底になったし、そういうこともあるんでしょうね。

高橋選手はもう今年オリンピックが欲しいくらい、これからさらに良くなりそうですね。

やはり中野選手が引退したのは私には淋しく感じてます。

エキシビションの真央ちゃんは美しかった!
ジャンプ以外は昨シーズンより滑らかですてきだと思いましたhappy01

ああ、まるで愛のアランフェスで矯正されている最中に
ジャンプの踏み切りがおかしくなった
森山あきみ状態だわ!!
きっと次のステージにいくんだわ(←妄想か)

ココは気持ちのイイ国ですo(*^▽^*)o
コメントにお返事がいただけるとは夢にも思いませんでした。
(今回は、タイトルでこっちにコメントさせていただきました。(笑))

高橋選手の楽しそうな演技は、観ている方も元気になります。
(今までの色々な経験から、自分だけでなく周りの人々も幸せに包み込む!空気が好きです)

安藤選手がテレビに映ってビックリしましたが、ファンとしてはお顔が拝見でき嬉しかったです。
中国杯とロシア杯に出場するのは、ソチオリンピックを見据えてなんでしょうか?(フィギュアは人間の感覚で採点される競技だから、自分の演技が中国やロシアではどのように評価されるんだろうかと調査研究のため?)

とにかく、スポーツに各国の政治や歴史や思想…を持ち出さないでほしいです。
選手も観客をはじめ全ての周囲の人々もイイ気持ちになれる!
そんなフィギュアスケートの世界であってほしいです。

ジャンプの修正って時間がかかるんですよね。
自分と比べちゃいけないんですけと、長年身に付いた癖ってなかなかなおらないですからね。

でも、真央ちゃんはそれを乗り越える力と信念があるので乗り越えてくれることを願っています。

中国杯 ほんと心配です。どうか無事に終わりますように。

皆様、コメントありがとうございました☆


shineヤスさま

>ミキティも同い年の頃、どん底になったし

本当に。それでも彼女は見事に立て直して
彼女ならではの世界を確立していますもんね。
きっと真央ちゃんも大丈夫!

ゆかりんがいないのは本当に寂しいです。
日本には素晴らしい選手がたくさんいますが
みんな個性があるので一人でも欠けてしまうのは本当に寂しい。


shineウクレリアンさま

真央ちゃんのエキシビジョン、すんごい美しいですよね。
私がショーで観た時はまだお披露目段階でしたが
それでも美オーラ出まくりでした!

>ジャンプ以外は昨シーズンより滑らかですてきだと思いました

そうそう。ジャンプが決まらないと点数が出ないのはイタイですが
他の要素はばっちりですもんね。

愛のアランフェス〜日本の選手はみんなマンガの主人公みたい〜



shineみゆきさま

高橋選手は本当にいきいきしてましたね!
彼も美姫ちゃん同様乗り越えましたね。
ケガもあったし、コーチの問題もあったし
そういうことを越えたから観る人を幸せに出来るのでしょうね。

なぜ中国&ロシアだったのかわからないのですが
(抽選ともそうじゃないともいろんな説が?)
是非是非ロシアのお客様の目を惹いて欲しい〜☆

>スポーツに各国の政治や歴史や思想…を持ち出さないでほしいです。

おっしゃる通りだと思います。
スポーツはスポーツ、切り離すことが精神的に成熟した世界ですよね。


shineナスさま

>長年身に付いた癖ってなかなかなおらないですからね。

そうですよね!だって体に染み付いてますものね。
他のスポーツで言えば、得点源の手や足の癖を
修正するようなものでしょうし
私でいうとお箸や鉛筆の持ち方変えろ!ってことかな?
ナスさんだと注射を利き手じゃない方で打つ、とか。。。

でもたしかに真央ちゃんなら信念を貫いてくれそうです。
矯正の先にあるものを信じて待ちたいです。

でもやっぱり一番心配なのは中国杯ですねsweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/49841478

この記事へのトラックバック一覧です: う!は!とっ!NHK杯☆:

« 覚書☆大河ドラマ『龍馬伝』第42回&第43回 | トップページ | 映画『悪人』を観てきました☆ »

Amazon商品検索