2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 実ってます、育ってます!(トマトとキュウリとブラックベリー) | トップページ | さすがのヒガシヤマさん(ドラマ『GM〜踊れドクター』) »

髪型にも歴史あり☆大河ドラマ『龍馬伝』第28回&第29回


『篤姫』以前。大河ドラマでは幕末ものは当たらないと言われていた、というのは有名な話。


ナラリーノは「歴史上の篤姫」が好きなので大河の『篤姫』は大嫌いなのだが、やはりあれくらいファンタジーじゃないと幕末ものを1年通して見るのはツライのかも…とも思っていた。


だってツライじゃないですか。


拷問とか。(たしかにね。)


どこの藩の誰がどの段階まで尊王派だったんだっけ〜そもそもそうじゃなかったんだっけ〜あれ開国派だと攘夷じゃないんだっけ〜違うっけ〜あはははは〜とか。(あれ?)


この人なにをやった人だったっけ〜とか。(あれれ?)


混乱するんだもの。(残念な理由。)


その複雑さもまた面白いけど。登場する人も多いしねえ。


で、消えていくしねえ。。。


『龍馬伝』でも先週、武市さんと以蔵たんが死んでしまいました。またしても『龍馬伝』からいいキャラが消えた〜…寂しいぃぃぃ~…


武市さんは最後まで純粋だった。
アル中街道驀進中の容堂公から「武市はワシの家臣じゃ~腹を切りや~」などと言われ、なんか喜んじゃうんだよね。。。殿様が牢に来てくれた、同じ地べたに座ってくれた、こんな日が来るなんて奇跡じゃ~俺は切腹する!って。


で、自分の志をフクヤマ龍馬に託す、と。で、龍馬はいよいよ「幕末の坂本龍馬」になるんだぞ、と。


ここまでが長かったわ〜。


龍馬を主人公にドラマで1年、って作る側からすればツライよね。でもいろいろなエピソードありで今までも楽しめました。


そして、去るキャラがいれば来るキャラあり。7月18日からは第3部もスタートし、高杉晋作役の伊勢谷友介も登場。


伊勢谷さん。髪型が——高杉晋作風のザンギリ頭というよりも——


前髪が
まことちゃん風だった。


それでも超かっこいいのだから俳優ってスゴイ。


そういえば先週、回想シーンで第1話のフクヤマ龍馬が登場しましたが。パーマくりっくりだった。だいぶ落ち着いてきたのねー。
パーマあてたばかりの頃?


(´・ω・`) ノ****************************

第28回「武市の夢」あらすじ(7/11放送)

龍馬(福山雅治)は武市(大森南朋)を助けるために「吉田東洋を殺したのは自分」と後藤象二郎(青木崇高)に嘘をついて逃げ去る。一方、龍馬が東洋殺しの罪を認めたと聞いた山内容堂(近藤正臣)は武市の牢を訪れ、武市の心情を慮る。容堂の予期せぬ優しい言葉に感激した武市は、事件の真相を明かすのだった。

その夜、龍馬と岩崎弥太郎(香川照之)は武市の牢に忍び込む。龍馬は自分が罪をかぶると告げるが、武市は自ら罪を認め切腹する決意を語る。以蔵(佐藤健)は斬首、武市は切腹と刑が決まる。

大坂に戻った龍馬は近藤長次郎(大泉洋)や沢村惣之丞(要潤)たちに、自分たちが海軍操練所で身につけた航海術を使って日本を変えていくという決意を語る。

(´・ω・`) ノ****************************

第29回「新天地、長崎」あらすじ(7/18放送)

元・海軍操練所訓練生のうち、龍馬(福山雅治)をはじめとする脱藩浪士は薩摩藩に身を預けることに。西郷吉之助(高橋克実)と小松帯刀(滝藤賢一)は、蒸気船を操る技術を持つ龍馬たちに薩摩の船の操船をさせようと考えていたが、龍馬は近藤長次郎(大泉洋)や沢村惣之丞(要潤)らとともに、藩の世話にならずに生きていく道を探そうとする。

大坂から薩摩へ航行中、長崎に立ち寄った龍馬たちは蒸気船を手に入れるためにイギリス商人・グラバー(ティム・ウェラード)を訪ねて交渉を始めるが、船を借りることは出来ない。そこで龍馬たちは花街である丸山の料亭・引田屋に乗り込み、そこに集まる諸藩に船を借りようとする。

その引田屋では、外国から最新の銃を買うためにひそかに長崎に潜り込んでいた長州藩の高杉晋作(伊勢谷友介)や井上聞多(加藤虎ノ介)、伊藤俊輔(尾上寛之)らが酒を飲んでいた。

(´・ω・`) ノ****************************



« 実ってます、育ってます!(トマトとキュウリとブラックベリー) | トップページ | さすがのヒガシヤマさん(ドラマ『GM〜踊れドクター』) »

ドラマ:'10大河『龍馬伝』」カテゴリの記事

コメント

今回は本当に登場キャラが短くいっぱい出てくる感じですね。高杉は確かにカッコよかった。

ヤスさま

コメントありがとうございました☆

>登場キャラが短くいっぱい出てくる感じ

本当にそうですよね。
なのにいい俳優さんが使われているので
ずいぶん豪華だと思います。

高杉、カッコ良かったですよね!

ナラリーノさま、こんばんは。

高杉晋作役の伊勢谷さん、「白洲次郎」役から注目していたんですが、凄い経歴の持ち主なんですね。
才色兼備……これは女性だけに使う褒め言葉でしょうけど、他に言葉が思いつきません。

ホント、インパクトありますよね、あの髪型。
実物の高杉さんの写真を見ると、伊勢谷さんと似ているのは髪型だけかと……いや、失礼。

伊勢谷さん、あの髪型だとすごく耳が強調されて、まるで「ロード・オブ・ザ・リング」の「エルフ族」のようでした。容姿端麗だからですけどね。(エルフ族の短髪系はいなかったか!?)

今回は男くささ、満載でしたね。画面から匂い立つようでした。
みんなそれぞれ以前より、個性と貫禄と凄みが出てきています。
ますます展開が楽しみです!

お夕さま

コメントありがとうございました☆

>凄い経歴の持ち主なんですね。

あ、ホントだ。。。
今調べてみました。才色兼備。。。

インパクトのある髪型ですよね、でも負けてないのがスゴイ!
「画面から匂い立つ」、その通りだと思います!
たしかに実物とは似てませんね。
顔も、あと本人は小柄なイメージがありました。

それにしてもエルフ族!
独特の雰囲気がなおさらピッタリ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 髪型にも歴史あり☆大河ドラマ『龍馬伝』第28回&第29回:

« 実ってます、育ってます!(トマトとキュウリとブラックベリー) | トップページ | さすがのヒガシヤマさん(ドラマ『GM〜踊れドクター』) »

Amazon商品検索