2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 御礼☆アクセス件数、50万突破しました | トップページ | 決定☆南アW杯・日本代表メンバー »

ガテンな現場力(映画『グリーン・ゾーン』)

先日、映画『グリーン・ゾーン』の試写会に行ってきました!


映画『グリーン・ゾーン』あらすじ

2003年、イラクの首都・バクダード。
米国陸軍上級准尉のミラー(マット・デイモン)率いる部隊は砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、どんなに探しても兵器の痕跡すら発見できずにいた。

情報の正確性に不信を抱いたミラーは作戦会議で情報源についての説明を求めるが、上官に「情報は精査されているので黙って従え」と一蹴されてしまう。その上、激しい銃撃戦の末に拘束した重要参考人も、国防総省のパウンドストーン(グレッグ・キニア)の手で力づくで奪われてしまう。

国防総省の動きを不審に思ったミラーは同じ疑念を抱いていたCIAのブラウン(ブレンダン・グリーソン)に協力、部隊を離れ単独で調査を開始する。飛び交う偽情報と激しい銃弾戦をすり抜けながら、ミラーはパウンドストーンに極秘情報を提供しているという正体不明のキーマン「マゼラン」を追う。


「グリーン・ゾーン」というのは、死と隣り合わせの危険地帯に囲まれた「安全地帯」。正確には「多国籍軍やその関係者の居住地として、いちおう保護されてる地帯」くらいのレベルで絶対安全というわけではないようですが、でも「え、そこイラクなんだ」という様相の嫌みな地帯。


で、そこにいるだけのお役人(パウンドストーンさん)に翻弄される現場長(ミラーさん)が怒り狂って行動を起こす、この現場長が「正体不明の情報提供者ってぇのは、大量破壊兵器ってぇのは、真実ってぇのはどこに隠してあんだよ!?」と探しまくる、というお話でした。だからもう、超〜〜〜ガテン。


「現場長、そこまでやっていいの!?」と思わないでもないのですが、まあ映画ですから。なにより、現場長役のマット・デイモンがアメリカの良心およびポール・グリーングラス監督の「俺ァ、イラク戦争についてはこう言いてぇんだ」的な想いをエイホと担いで激走する様はただただ応援したくなる!ガンバレ、負けるな現場長!


現場の皆様の動きを追うカメラが揺れるので、ナラリーノはちょっと酔いました。そうそう、撮影監督は『ハート・ロッカー』に携わった人らしい。『グリーン・ゾーン』と『ハート・ロッカー』。アメリカの“正義の戦争”を扱った2作品と比べると——


話のスキのなさや、いまのアメリカでの受け方で言ったら『ハート・ロッカー』に軍配なのでしょうけれども、ナラリーノは『グリーン・ゾーン』を推したい。現場長の精神も監督が伝えたいと思っていることも『グリーン・ゾーン』のほうが好きだな、と。キーマンの正体って話も皮肉が効いてたし、マゼランという名前が出てくるのもなんだか暗示的だし。うん、やっぱり『グリーン・ゾーン』で!


映画『グリーン・ゾーン』公式サイト

映画100本ノック★ランキング2010ではこの順位


« 御礼☆アクセス件数、50万突破しました | トップページ | 決定☆南アW杯・日本代表メンバー »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/48315283

この記事へのトラックバック一覧です: ガテンな現場力(映画『グリーン・ゾーン』):

« 御礼☆アクセス件数、50万突破しました | トップページ | 決定☆南アW杯・日本代表メンバー »

Amazon商品検索