2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ドラマ『八日目の蝉』感想&全話あらすじ | トップページ | 本日、お休みを頂戴します。 »

美と芸術の上海アニメーション

上海で国際万国博覧会が開催中ですね。
これを記念して上映中の「美と芸術の上海アニメーション」を観てきました(もちろん上海に行ってきたわけではなく。新宿のK's cinemaで上映しているのです)。で、上海アニメーションというのは…


手塚治虫、鈴木伸一、宮崎駿、高畑勲をうならせた珠玉のアニメーションが中国・上海美術映画製作所で作られていた。水墨画アニメーションあり、切り紙、セルアニメ、人形アニメあり、その芸術性の高さ、美の完成度は今も他の映像作品の追随を許さない。世界に冠たるアニメーションを作り出している日本。唯一世界に誇れる文化であるジャパン・アニメ。しかし、これを観てほしい。CGでは作りえない、そして今では製作不可能な美の世界、そこはかとない詩情が“上海アニメーション”の中にある。その映像の宝物が、映画館に蘇える。

K's cinemaホームページより)


ナラリーノのお目当ては『おたまじゃくしが母さんを探す』という1962年の作品。チラシが可愛かったので「これは観たい」と思って。水墨画のアニメなんですよ!
「美と芸術の上海アニメーション」チラシ


物語は――おたまじゃくしたちが卵から孵る、でもたまたまお母さんガエルがそばにいなかったので泳ぎだしてしまう。途中、ヒヨコがママニワトリと戯れてるのを見て「あれー、ボクらの母ちゃんはどこなんだー」って探す、その先々でいろんな動物と出会う、という話で。


15分くらいの尺の絵本のような作品です。観ている間中、頬がゆるみっぱなしでした。で、ナラリーノもたくさんうなった!「すごいな〜」って。


まずデザインが優れてるんです。
水墨画のスッとしたフォルムや濃淡を活かしつつ、たとえばお母さんガエルは愛嬌と品のある顔立ちをしてる。でもアニメキャラというほどデフォルメされてはおらず…って、このさじ加減の妙ったら!
色も綺麗。金魚だったり花だったりがパッと現れるのですが、淡いのに華やかなのよ〜。


あとは生き物たちの動きがすごい!
特におたまじゃくし。なにぶんオタマゆえ表情はないんだけど、最初勢いよく泳ぎだしていく様はいかにも生まれたてって感じだし、ママと一緒のヒヨコたちを見つめてるところなど、ふよふよ泳いでるだけなのに「あ、羨ましがってる!」「自分たちのお母さんは?って思ってる!」ってわかってしまうの。あれはすごかったな~。


ほわ~っと軽そうな毛並みのヒヨコたちもよかった!全身でママニワトリに甘えているのが伝わってきて、萌えた。手長エビは水中で粋に揺れてるし。もう「観に来てよかったわ~」って嬉しくなるようなお話。


すごいわ、上海美術映画製作所。これはたしかに、日本アニメ界の巨匠もうなるでしょう。


当日料金(一般は1500円)で数本の作品が見れます。「おたまじゃくし〜」は他4本と一緒の組。おなじく水墨画アニメの「鴫(しぎ)と烏貝」は「おたまじゃくし〜」より洗練されていました。「三人の和尚」はちびまるこちゃん系(^^)、「火童」は少数民族の伝説風な冒険譚で「鹿を救った少年」はなんとなく懐かしい絵柄。どれも20〜30分程度の作品です。


○°。○°。○°。○°。○°。○°。○°。○°。

美と芸術の上海アニメーション
→K's cinemaホームページTOPに飛びます。日程、料金等はこちらでご確認ください。

映画100ノック★ランキングではこの順位

○°。○°。○°。○°。○°。○°。○°。○°。

« ドラマ『八日目の蝉』感想&全話あらすじ | トップページ | 本日、お休みを頂戴します。 »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

本当に綺麗な絵ですね。これが動くのか。

ストーリーも絵本のようなお話ですね。

ほ〜(^.^)
水墨画のアニメ
それは面白いですね
ストーリーとしてはほのぼの系なのかな?
興味ありますね〜heart04

heartヤスさま

コメントありがとうございました!
(お返事が遅れてすみません)

>これが動くのか。

そうなんです、しかもすごく滑らかに。
古い作品なので、ぎこちない動きの
アニメを想像していたのですが
そんなことはなく。まさに動く絵本のような
ステキな作品でした!


heartみゅうみゅうさま

コメントありがとうございました!
(お返事が遅れてすみません)

>それは面白いですね

水墨画アニメって観たことなくて…
珍しいですよね。
もう、すんごい「ほのぼの系」です。
安心して観ていられます。
最近ハードな作品ばかり観ていたので(苦笑)
カエルちゃん好きのみゅうみゅうさんには
オススメです!

水墨画アニメ、見たい〜!
仕事をしていた時は、こういう作品をあまり集中して観ていないことがありました。何かに応用出来ないかと考えてしまうのです。今なら素直に楽しめそう。いいなぁ。

heartぽおるさま

コメントありがとうございました☆

この作品、DVDが出てるみたいだよ。
上海美術映画製作所の作品集って感じで
数本の作品が収録されてるみたい。

>こういう作品をあまり集中して観ていないことがありました。

うん、わかるよ。
勉強はしたいけど、あんまり影響されちゃうと…ね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/48289887

この記事へのトラックバック一覧です: 美と芸術の上海アニメーション:

« ドラマ『八日目の蝉』感想&全話あらすじ | トップページ | 本日、お休みを頂戴します。 »

Amazon商品検索