2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« さくらさくら(花も甘味もふみこえて) | トップページ | ナラリーノ地方の桜(2010年☆その1) »

【本の話】『暗号解読』(上・下巻)

いやあ、久々にツッコミどころがないくらい面白い本を読んでしまった!サイモン・シンの『暗号解読』(上・下巻)。わくわくしているうちに終わってしまった。


暗号が生まれた背景やその発達の歴史を紐解きながら、未知なる暗号を作る人々とその解読に取り組む人々の壮絶すぎる闘いが盛りこまれたノンフィクション。傑作です!


そう。「暗号」ってこういうふうなんだ〜っていうエピソードも愉快だけれど、「こういうふう」の裏でうごめく人間ドラマも抜群に面白いのだ!結局のところ、人間の情熱が住まうところにドラマが生まれるんだわ。その情熱が生まれる理由は人それぞれ。そこが本当に感動的だったり、ときに本当に哀しかったりで胸を打つ。


ややこしい内容をスルスルと説明してくれる、そのわかりやすい文章も魅力だ。訳者(青木薫)は「『暗号解読』を読めば自力でエニグマ機(ナチスドイツが用いていた最強の暗号機)を組み立てられるのではないか」とまで思ったようだ。残念。ナラリーノは組み立てられるとは思わなかったけど、それは青木氏とナラリーノのおつむの差っつうことで!シン氏は悪くない。


堅固なようで実は緩さの残る暗号技術が、歴史上の人物の生死を分けることもある――そんな話も紹介されていて興味は尽きない。また、その例として挙げられているのがエリザベス1世の時代だったってのもよい!国ドゥーでたびたび語ってるマンガ『7つの黄金郷』の時代ですよ!


ウォルシンガム卿とかオレンジ公とか懐かしい名前がいっぱい出て来ちゃってさああああ♪さすがにマンガでぶしぶしと暗号を解読してた天才軍師、マリオット・ローランは架空の人物だから出てこなかったけど!あああ、なんで未完なんだよ~~~う『7つの黄金郷』!


閑話休題。


下巻になるとネット社会における情報の暗号化といったお話に進んでくる。そうよね、実は身近なんだよ暗号って。国家に暗号は必要らしい。ナ国も暗号作らなくちゃいけないね(そうなんだ)。


暗号を解読しようぜ!といった練習問題もあるのでパズル好きは必読か。歴史を愛する人にもオススメ。暗号作成者VS解読者のくだりはサスペンス好きにもたまらない。ナラリーノはとりあえず著者の前作「フェルマーの最終定理」も絶対に読みたいと思フ。

« さくらさくら(花も甘味もふみこえて) | トップページ | ナラリーノ地方の桜(2010年☆その1) »

ナ国☆図書館」カテゴリの記事

コメント

わくわくしてるうちに 終わってしまった〜、と聞いて、借りずにおれないよ〜♪

幸い、予約しないでもいけそうなので、早速 図書館にGOよ!

歴史物に弱いワタシでもOKかしらん?

早速、図書館で予約しよう。
ナ国の暗号、キュートな感じで一見B'zネタみたいのが希望。
たぶん私も暗号機が組み立てられるようにならないと思いますが。

ナラリーノ様おすすめの『八日目の蝉』もよかったです。
花見中に一気読みしちゃいましたよ。

bookがあるちゃま

コメントありがとうございました☆

この本は面白いからオススメよよよ〜。
そうよね、新しい本ではないので
予約が入ってて読めない!ってことはないはず!

>歴史物に弱いワタシでもOKかしらん?

大丈夫。
むしろ知らないこと、わからないことを
そのまま受け止めて「へ〜」って楽しめる本です。
後半は数学的な話に突入するけど
それすら私は「あっそー」って流してた!
稲葉さんならわかるんだろな〜と思いながら★


bookぽおるさま

コメントありがとうございました☆

この本はきっとぽおるは好きだと思うよ!

>ナ国の暗号、キュートな感じで一見B'zネタみたいのが希望。

いいねえ。。。シャーロックホームズに
踊る人形とかっていう暗号があったと思うけど
ナ国は「歌う稲葉さん暗号」で!
キュートでエロエロな暗号にするよ!

やっぱり『八日目の蝉』、よかった!?
だよね。あれはいいよね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/47986886

この記事へのトラックバック一覧です: 【本の話】『暗号解読』(上・下巻):

« さくらさくら(花も甘味もふみこえて) | トップページ | ナラリーノ地方の桜(2010年☆その1) »

Amazon商品検索