2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ホントはこれからが旬(ですよね?)☆びわのパフェ | トップページ | 「あしたのジョー占い」で、私は・・・ »

エビちゃん…★映画『第9地区』

映画『第9地区』を観てきました。
上映前、一緒に行った友と『アバター』談義。友は映画っ子ながら『アバター』を観なかったらしいのだが、その理由は


「映画に出てくる青い生物の外見が、ど~~~しても好きになれそうになかったから」


というものだった。


そうよね、ナラリーノも最初はあの青い生物がイヤで『アバター』は観ないつもりだったの。でも不思議と慣れちゃうんだよ、あの子たちに。最初は気味が悪かったけど慣れてきて、おまけに性格のいい生物だったので可愛いって思うようになっちゃったよ。


なんて話をしていたのだが。
そう、きっと人間は見かけに関しては慣れてゆく生き物なのだ。『第9地区』を観て、そう確信した…


ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ

映画『第9地区』あらすじ

南アフリカ、ヨハネスブルグ。
ある日、エイリアンを乗せた謎の宇宙船が上空に姿を現す。物資も体力も失い、攻撃すらしてこない彼らと人間は、この地で共存することになる。

彼らが最初に出現してから28年後。共同居住地区である「第9地区」のスラム化により、超国家機関MNUはエイリアンの強制収容所移住計画を立てる。エイリアンとの交渉責任者としてヴィカス(シャルト・コプリー)に白羽の矢が立つが——

ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ


この作品に出てくるエイリアンたちってのがまあ…「観にきて失敗だったな」と思わせるには十分な気持ちの悪さで。凶暴だし、その見かけと意地汚さから人から「エビ」って呼ばれてるんだけれども。


それでも、観ているうちに慣れて「エビというより痩せこけた仮面ライダーぽいよなー」くらいに思えてきた自分にビックリした。


主人公と関わりをもつ知的なエビちゃんに至っては、ところどころ感情移入してしまった。羽織ってる赤いちゃんちゃんこ(?)もよく似合っててナイスだし、そういや逆三角形の体つきもセクシーだわ。猫背もアンニュイ。


同じ異形の種とはいえウルフマンに比べたらよほど怖くないしね——って、すごいわ…人は見かけに関しては慣れてゆく生き物なのよ。


でもこれ、自分が蚊帳の外、観ているだけだから慣れることができるのよね。。。


『第9地区』に出てくる人間は、エイリアンたちとまったく慣れあうことなく抗争、虐待を続けていく。そういう過程で人の内面がボロボロと暴かれていく。おまけに舞台がヨハネスブルグというのが重い。いろんなものを見せつけられた感じが辛い『第9地区』。


野心的な作りは好きだし、同じ社会派作品でも『ハートロッカー』に比べて嫌らしさがないんだけど、なにぶんグロいし話は楽しめなかったというのが友とナラリーノの感想。エンドロールが流れた瞬間、映画を観ていたお客さんがいっせいに席を立って帰っちゃったあたり、みんな同じようなことを思ってたかも…(友とナラリーノは場内が明るくなるまで残ってましたが)。


去りゆくお客さんたち。まだ座ってる人のことを気にしてか、みんな猫背でコソコソ歩いてて、それがもう作中のエビちゃんそっくりでナラリーノのツボ。
任侠映画を見終わった後に誰もが高倉健になったという時代の話を思い出した。目の前に、誰もがエビちゃん。


そういやエビちゃんが主人公のヴィカスとある約束をするというエピソードがあるのですが、その期限を聞いてヴィカスが


「それ、人間時間の話!?」


みたいに念を押すところも友とナラリーノにはツボでした。でも誰も笑っていなかった。「SF」「社会派」「迫力の映像」そして「私的なツボ」。どれかに感じ入らないと観ていて厳しいかも(いや、あっても厳しいかも)。そろそろ心温まる作品を観たくなってきました。


ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ

映画『第9地区』公式サイト

映画100本ノック★ランキングではこの順位

ФФФФФФФФФФФФФФФФФФФ

« ホントはこれからが旬(ですよね?)☆びわのパフェ | トップページ | 「あしたのジョー占い」で、私は・・・ »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

私も「クリスマスキャロル」を
見に行ったときに
アバターの予告をガッツリ見て
青い顔ムリムリ…。と。
「第9…」の「エビちゃん」も
前評判を聞いて
ムリムリ…って思うんです。
でも慣れるんですか…。

movieきんぎょさま

コメントありがとうございました!

>慣れるんですか…。

慣れるんですよ、驚きですが…
『アバター』はそういう人に何人か会いました!

正直、エビちゃんは超えるには
かなりハードルが高いですが
私は超えてしまいました。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/48180351

この記事へのトラックバック一覧です: エビちゃん…★映画『第9地区』:

« ホントはこれからが旬(ですよね?)☆びわのパフェ | トップページ | 「あしたのジョー占い」で、私は・・・ »

Amazon商品検索