2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 父の日(ドラマで)☆大河ドラマ『龍馬伝』第7回 | トップページ | 母の日(ドラマで)☆『コード・ブルー 2nd season』第6話 »

・・・ガンバレ、としか言えず。。。

五輪始まったのに、サッカーの話で申し訳ないです。
(五輪の記事もアップします)



日本で開催された東アジアサッカー選手権と、その直前に行われたキリンチャレンジカップ2010。サッカー日本代表の4連戦の中継タイトルとしてフジテレビが掲げたのが『日本代表 踊る大4連戦』だったぞ、と。



なんだか強さも賢さも感じられないタイトルだわ~。。。「踊る」なんてキリキリ舞いする岡田ジャパンの暗示みたいで不吉〜。。。



と、思っていたら。案の定、さんざんな試合内容だったらしい岡田ジャパン。



「らしい」というのは――ナラリーノ、ほぼ観ていないのだ。



急いで帰宅して「踊る初戦」のベネズエラ戦、残り10分を観たのだが。このときすでに「これはマズイ」という内容だった。



それでも試合終了間近でバテてるだけなのかもしれないと思い(ポジティブシンキング)、家にいたのを幸い「踊る3戦目」の香港戦はチャンネル合わせたのだが――前半でテレビを消しました。



びっくりしたのだ。



弱くて。



それは「東アジアサッカー選手権で優勝できそうにない」とか「得点のにおいがしない」とかそういう話ではなくて(まあ、実際そうだったんだけれどもそれ以上に)――なんかこう、ボールの軌道で



何書いてんだ!
↑こんなふうに書いて宣言してるみたいだった。



あまりにびっくりして自分のブログの過去記事読み返してしまいました。嗚呼!ナラリーノはかつてこんなにもサッカーに盛り上がっていたのに!と。



ちなみになでしこジャパンはよかったですよ!(優勝しましたし。おめでと〜う!)
韓国戦だけですがテレビで通して観ました。パスもドリブルの突破も早いし、なによりあの寒さの中で生き生きとしていたのがよかった!
佐々木則夫監督の試合後の第一声が「(サポーターに)寒い中、ありがとうございました」だったのもよかった。出来なかったプレイに関する説明も的確で。



なでしことともにガンバレよ、サムライ。。。



と、踊り損でテンションがた落ちのサッカーサポーターの皆様にオススメしたいのが映画『インビクタス−負けざる者たち−』。クリント・イーストウッド監督の作品ですね、実話をベースにした。



1994年。南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、人種差別や経済格差の残る国をまとめるためにラグビーナショナルチームの再建を図る。そんな彼が注目したのはチームのキャプテン、ピナール (マット・デイモン)。
翌年に自国開催するラグビーW杯を控え、チームが、国が、一丸となって前進していく。目指すは南アメリカ代表の優勝――



こんなことも、あるんですね。。。



「サッカー日本代表(男子)再建を祈ろう。そしてW杯が始まったとき『インビクタス』みたいに国の代表を応援したい。思いっきり」そんなふうに思えました。。。



それにしても東アジアサッカー選手権。こんなに寒い時期にやらなくちゃいけないものなの?



。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚

『インビクタス−負けざる者たち−』公式サイト

映画100本ノック☆ランキングでは何位かな?

。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚

« 父の日(ドラマで)☆大河ドラマ『龍馬伝』第7回 | トップページ | 母の日(ドラマで)☆『コード・ブルー 2nd season』第6話 »

sports(サッカー)」カテゴリの記事

コメント

本当に弱かったですね…4年間何をしてきたのかという内容に驚愕でした。
そもそも暖かいというより熱い南アでやる訳だし、やはり強豪国へ乗りこんで鍛えないと駄目でしょうね、何でいつもいつもホーム、しかも惨敗では…(もう言葉が…)。

海外組が出場していたら どんなだったろう、、、

そんなことばかり考えちゃう大会でした。
いけない、いけない、ネガティブシンキング。

負け試合からも なにか得るものがあったはず!
次に生かしてもらうことを期待して、、、

こんばんは
私、すごくサッカーファンと言うわけではないのでこういうこと言うのはおこがましいのですが、
ウチの母が好きで見てて、ドリブルもしないしセットプレーもないし、動きがなくて面白くないと嘆いています。
先日見ていたら、アナウンサーも「セットプレーのチャンスは再三再四ありました…」「連戦、ポイントレスの試合が続き…」というような辛口がところどころに混ざってて、私的にはその表現が面白かったのですが、ファンには物足りないみたいですdespair
雨風寒さにもめげず応援に行ってるファンをワクワクさせるようなプレーをして欲しいですね。

サッカーは軽くスルーさせていただいて、『インビクタス』は興味ありありです。
正直イーストウッド監督作品ってすごくいいんだが、好きかと聞かれると悩むものもあり...家族が異常に殺伐としていたり、辛い結末だったりで。
『インビクタス』、あらすじからは楽しめる予感がします。
あ、でもイーストウッドだからやっぱり違うのかなぁ。

皆様、コメントありがとうございました☆


soccerヤスさま

>驚愕でした。

驚愕って言葉はぴったりだな〜。

私は個々の試合結果って一喜一憂しないタチなのですが
(照準となる大会に向けての一歩と思うようにしているので)
今回はその「一歩」になりそうにないってことが驚愕でした。。。

オシムさんのときは
大きな試合で負けても、結果を世間が叩いても
前進のあとが見えたから
期待する気持ちがまったくぶれなかったのですが。。。


soccerがあるちゃま

>負け試合からも なにか得るものがあったはず!

本当にそう思いたいよね。
あいかわらず監督は強気だし(><)
どこが日本らしい試合ができてる、って
とこなのかわからないけどさ。。。

最終的にはW杯でいかしてくれればいいんだもんね!


soccer涼月さま

いや〜お母様の言う通りだと思います!
ちょっとしか見なかった私が言うのもなんですが

>ドリブルもしないし
>動きがなくて面白くない

↑これはその「ちょっと」でも同じことを思いました!

なんでも解説の風間さんの怒りっぷりが
ヨカッタらしいですね(><)

あの寒さで応援していたファンが
一番気の毒だな〜。。。


soccerぽおるさま

>正直イーストウッド監督作品ってすごくいいんだが、好きかと聞かれると悩むものもあり...

実はまったく同感!

私の場合は「敷居が高い監督」って感じなの。
どの作品も民族の話が背後にあるからそれ理解してない私が
気軽に「サイコー、感動〜」って言っていいのかわからなくて。

『インビクタス』はその辺はかなりさらっとだった。
彼の作品にしてはとっつきやすいと思う!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/47577351

この記事へのトラックバック一覧です: ・・・ガンバレ、としか言えず。。。:

» 【五輪】 「リュージュのグルジア選手死亡、原因は選手の過失」 コースの問題ではないとして、競技実施を発表【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 [http://worldnavigation.biz/]
【五輪】 「リュージュのグルジア選手死亡、原因は選手の過失」 コースの問題ではないとして、競技実施を発表【ネットを使って中学生でも稼ぐ】 [続きを読む]

« 父の日(ドラマで)☆大河ドラマ『龍馬伝』第7回 | トップページ | 母の日(ドラマで)☆『コード・ブルー 2nd season』第6話 »

Amazon商品検索