2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 試練も神の思し召し。『サラリーマン金太郎2』第1話 | トップページ | パソコン、購入☆ »

モテまくりのフクヤマ龍馬☆大河ドラマ『龍馬伝』第2回

最近、映画「かいじゅうたちのいるところ」の予告を観ると・・・
かいじゅう



暴言?
『龍馬伝』の弥太郎の顔を思い出してしまうのは、なぜ・・・?


。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+


今回の『龍馬伝』。お題は「大器晩成?」。
まだまだ幕末のヒーローらしいおもかげはなく「龍馬が堤防工事の指揮を執りましたとさ」というエピソードを中心に龍馬の人となり——人から愛されまくる龍馬の魅力的な姿だったり優しい性格だったり愛くるしい仕草だったりが満載な回となった。



本当に気持ちのいい大河だ。ふふふ…う、ううっ。『天地人』の出演者が不憫で泣けてくる。



そんな涙が滲んだ目で『龍馬伝』を観てみる。



龍馬ファンその1
龍馬の話題で盛り上がる家族。



龍馬ファンその2
武市さんにワシワシと肩をつかまれる龍馬。



ファン・・・?
父親にも触られまくりの龍馬。
誰もがみんな龍馬を心配し、彼のそばにいるときは笑顔になる。



なぜってそれは、こんなに可愛い龍馬だから。
キュート



こんなに愛されがちな設定でも納得させるオーラ。今回の龍馬には、フクヤマのこれが欲しかったんだろうなあとつくづく思う。プラス、フクヤマの軽やかなイメージと繊細さ。まだ線の細い偉人以前の龍馬がどんなふうに化けて混乱の幕末を生きていくのかとっても楽しみだ。



複雑な思い。
あ、でも弥太郎だけは龍馬がキライだぞ、と。



(´・ω・`)ノ*******************************

『龍馬伝』第2回「大器晩成?」あらすじ

嘉永5(1852)年、秋。
龍馬(福山雅治)は自分の生きる道を探すため、父の八平(児玉清)に江戸行きを願い出る。が、八平はそれを認めず、かわりに堤防工事の差配役を命じる。武市(大森南朋)も弥太郎(香川照之)も同じように江戸行きに思いを馳せるがそれぞれが自分を取り巻く事情がもとで土佐を離れられずにいた。

いがみあう二つの村の農民たちを指揮しなければならなくなった龍馬だが、作業はなかなか進まない上に「土佐に下士と犬の糞はいらん」「役立たずの侍もどき」と罵られてしまう。
そんな折、龍馬に恋心を抱く加尾(広末涼子)は龍馬に自分の縁談話を打ち明ける。突然のことに思わず話を受けるよう勧めてしまった龍馬は加尾に泣かれ「わしは人の気持ちがわかっちょらん」と落ちこむ。

(´・ω・`)ノ*******************************


« 試練も神の思し召し。『サラリーマン金太郎2』第1話 | トップページ | パソコン、購入☆ »

ドラマ:'10大河『龍馬伝』」カテゴリの記事

コメント

ハハハ・・・そういうショットで結び付けるとは…(笑)。
そうですよね、ギターひければ三味線も弾ける??
前回見逃しましたので今回、楽しみにしてました。映像が今までの大河と違って何か凄いですね。

かいじゅう=弥太郎(笑)(笑)

私は大河を見ていないのですが、二つの写真を見て似てる(笑)とツボにハマりました。いや、マジに似てますね。

しかし、話題の福山さん龍馬。目の保養なやはり見るべき!?

遅まきながら年末放送の『坂の上の雲』を見始めております。どちらも四国、幼少の頃からの成長物語、可哀相な香川照之、というところから『龍馬伝』とかぶったりして、母親が竹下惠子だったり倍賞美津子だったり、誰が誰?とたまに混乱してます(笑) 同時期に見ちゃいけない作品ですな~( ̄▽ ̄;)

ナラリーノさま、おはようございます。

福山龍馬、今回も良かったです。
日根野道場の師範が龍馬のことを
「強いけんど足りん、足りんけんど大きい、大きいけんどわからん。あんな弟子は今までに一人もおらん。」
と評しますね。
「えーっ!もう答え出しちゃっていいの?」
といった感じでした。
それはともかく、女子が男子に
「見合い話が来てるの」
と言われたら、必ず反対するように…
使い古されたパターンですが、みなさん学習してくださいね。

ようやく初回を観ることができました!
うーんわくわくします♪
久しぶりに1年間見られるかも?
福山も清々しくて好感が持てますが
やはり弥太郎です。
いまや向かうところ敵なしの香川照之。さすがです。
しかし昨日は悲しいことにパソコンの音が突然に出なくなる!
という不幸がまさに8時に起こり
龍馬伝を観ることができなかったのです…。
(うちはパソコンテレビなのです)
これってもしやカネ○グの呪い??

皆様、コメントありがとうございました☆


ヤスさん

ね、どうなんでしょうね。
やっぱりギターと三味線って同じなのかなあ。
でもさまになってましたね♪

>映像が今までの大河と違って何か凄いですね。

まったく違いますよね…(汗)
『天地人』がままごとに見えちゃって
ホントに気の毒に思えちゃって。。。
と、いいつつ私は『龍馬伝』が好きだなあ☆


ナスさん

似てるでしょう!?
映画館でもヤタちゃんに会えて
嬉しいような可笑しいような!?

>目の保養なやはり見るべき!?

もしお時間あるようだったら是非みてください♪

私、いままでさんざん
「フクヤマは固いもの食べてこなかった顔をしている」
とか言っていたのに(ブログで)
今や完全に味方ですね、フクヤマ龍馬の。。。
作り方も力こめてるのが感じられて
いい大河だと思います。


Pinkymomocoさん

私、香川さんが出るから
観るとかいいつつ
『坂の上の雲』、観なかったんですよ(汗)

時代からして、
ずいぶんかぶってるわけですね
香川さん。

>同時期に見ちゃいけない作品ですな~( ̄▽ ̄;)

「かいじゅうたちのいるところ」も観ない方がいいかな???


お夕さん

まだ視聴者的には『龍馬伝』の龍馬のすごさってわからないですよね。
ちょっと話が駆け足ですかね?
足りないけど愛くるしくて
気持ちが大きいのはわかるけどな〜

>女子が男子に
「見合い話が来てるの」
と言われたら、必ず反対するように…

可笑しい、お夕さまのアドバイスが
みんなに届きますように!!


ウクレリアンさん

パソコン、大変ですね。
私も最近調子が悪くなっていたので
とうとう買い替えてしまいました!

>これってもしやカネ○グの呪い??

その質問に「違いますよ」と
言ってあげられないくらい
思い当たることがありますよね、
比べちゃうと。。。

初回と第2話、週末に立て続けに観ました!
JINの印象が強かったので、福山大丈夫かな~と思っていたのですが、期待していた以上に脚本がしっかりしていて、すごく楽しめました!

う~んやはり、『天地人』不憫…。

香川さん、役者として本当に大好きなのですが、「ここまで汚くする必要はあったのだろうか…」とちょっと残念(笑)

『龍馬伝』も、『坂の上の雲』も、「作者(脚本家)が主人公をどう捉えていたか」っていう人物像が明確ですよね。

龍馬がどういう不満を抱えて、なぜ日本を動かすような人物になっていったのか、その辺の背景が視聴者にも伝わってきます。あ!そこが前回の大河との違いなのか…(悲)

私も放映前から『坂の上の雲』の香川照之とかぶるのでは?と心配していました。
私自身は両方きちんと見ていないので、そこまでに至らずですが...。ナラリーノ様のイジリっぷりから、面白さは伝わっています!

『龍馬伝』記事にコメントたくさん。
なんだか嬉しいなあ♪


ケイさん

コメントありがとうございました♪

>「ここまで汚くする必要はあったのだろうか…」

私の母も同じこと言ってました^^
きっと「裕福で家族に恵まれててキレイな龍馬」と
思いっっっっきり比較したかったんでしょうね。
でも気の毒なほどに、汚い(笑)

>『龍馬伝』も、『坂の上の雲』も、「作者(脚本家)が
主人公をどう捉えていたか」っていう人物像が明確ですよね。

ケイさんのおっしゃるとおりだと思います。
こういう世界を描きたい、
そのためにこういう風に人物を作ってみたいというのが
あるんじゃないかなと。
そういうのって見てて嬉しいですよね。

フクヤマさんにしても、もうよだれ垂らしながら
セリフ言ってたりしてるから
「『龍馬伝』、心底応援しよう!」って思ってしまいます。

「天地人」も作り手の熱い思いがあったはずですが
激しくズレちゃいましたもんね。。。(悔泣)


ぽおるさん

コメントありがとうございました♪

私も『坂の上〜』はうっかりしてた。。。
次回、すんごい先なんだよね。
3年がかりとかのドラマだから。。。

>ナラリーノ様のイジリっぷりから、面白さは伝わっています!

はい!フクヤマさんも香川さんも
大森さんもみんないじりがいあり!
こういうドラマは励ましがいがあって
本当にうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モテまくりのフクヤマ龍馬☆大河ドラマ『龍馬伝』第2回:

« 試練も神の思し召し。『サラリーマン金太郎2』第1話 | トップページ | パソコン、購入☆ »

Amazon商品検索