2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 南アW杯☆日本の対戦国は!? | トップページ | 冬トマト、収穫☆ »

やっぱり嫁は——ドラマ『JIN-仁-』第9話


-------------------

(・ω・)ノナ国☆ドラマ「JIN-仁-」レポ

☆2011年度版

第1話と第2話第3話と第4話
第5話第6話と第7話第8話〜最終話

☆2009年度版

大河よりJIN!(序)
第5話から語ってます。
第6話第7話第8話第9話
第10話最終話番外編

-------------------

今週は、先にあらすじ行ってみよう。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 

第9話あらすじ

ある日、仁(大沢たかお)は江戸の町で火消しの親分・新門辰五郎(中村敦夫)と出会う。佐分利(桐谷健太)らが作った医療器具を鼻で嗤った辰五郎に対し、仁は次に火事があった時、火事場で治療することを約束してしまう。

一方、野風(中谷美紀)に身請け話が持ち上がる。女郎は身請け話を断れないのが掟。だが野風の仁に対する気持ちは日に日に強くなっていくばかりで——

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 



自分が幕末で医療の針を進めれば、現代に残してきた植物状態の恋人(中谷美紀の二役)を助けることがでいるかもしれない。それが過去にタイムスリップしてしまった仁先生のモチベーションでもある。自分の行動が吉と出るか、凶と出るか。それを確認するための手だてとなるのが現代から持って来た写真だ。



これまでの行動の結果、写真の中の恋人の姿は元気なものに変わっていた。が!今回!



しゃしゃしゃ写真が——×××!(いちおう伏せます)



なになになになに、なんでそうなったの——?



といった冒頭シーンを経て。タケテツ(武田鉄矢)が去り、すっぽり空いた『JIN』のベテラン枠に今回ひとりの俳優が鎮座した。にきにん!



中村敦夫
中村敦夫、登場。



大沢たかお。そして中村敦夫。この二人、映画『BALLAD 名もなき恋のうた』で共演している。『JIN』で再会した時に



「いやあ、クレヨンしんちゃんのときはどうもどうも」
「あのときは横恋慕で」



みたいな挨拶があったと信じたい。
『BALLAD〜』では“感じ悪い戦国大名”と“人のいいお殿様”、みたいな間柄だったが今回は“タイムスリップしたお医者さん”と“べらんめえの火消しの大親分”だ。ふたりとも演技の幅が広い。



ベテランの登場でぴりっと引き締まる『JIN』。親分の素性を知らなかった仁先生はここで親分と約束する。火事場で医者の度胸と心意気を見せる、と——
で、その約束が果たされる前に野風に呼び出され吉原に行く仁先生。一緒にいた内野龍馬が酔いつぶれている間に——


お色気シーン突入


もう布団が敷いてある。そして野風と現代に置いてきた恋人を重ねる仁先生の顔に——



お!


野風の手が伸びる。で。当然。



いいのか日曜劇場


こうなる。でも。






振り切った!


その先には、進まず。親分との約束のときが来たのだ。美しい花魁よりも親分との約束を選んだ男・仁先生。この寸止め感が、『JIN』がR18指定になりきれない理由だろう。(それでいいのでは?)



自分から離れた仁先生にむかって「あちきが穢れた体だからでありんすか!?」と鬼の形相で問いただす野風に——



ガンバレたかお


うろたえまくる仁先生。茶の間の男子が「やっぱり嫁にするなら綾瀬はるか」と思った瞬間だったろう。奥さんにしたら怖そうだ、野風。



そして来週は『JIN』、5分拡大らしい。脚本、詰められなかったでありんすか!?
→え、次回が最終回らしい!?
いや、新聞には書いてないが…真相は?
→すみません、情報が錯綜しましたが最終回は「12月20日」!



« 南アW杯☆日本の対戦国は!? | トップページ | 冬トマト、収穫☆ »

ドラマ:JIN−仁−1&2」カテゴリの記事

コメント

ナラリーノさま、敦夫様のアップを記事にしていただき、厚く御礼申し上げます。

さすがに貫禄がありました。
敦夫さんの月代姿をテレビで久しぶりに目に致しましたが、今まで月代が伸びた姿のイメージが強かったので、ちょっとビックリでした。
でもかっこよかったです。
仁先生と侠気を通わせるなんざ、さすがイイ役どころでござんすねえ。(イカン、癖が出た)
1回限りの出演なんでしょうか。もう一度会いたいです。

こんにちは。以前ブザビの記事にコメントさせていただいた者です。JIN、私も楽しんでいます。そしてナラリーノさんが記事を書いてくださるお陰で、楽しさ二倍、いや更に倍です。(結局どんだけ?)


にきにん!とあわわわわで大爆笑でした。
残すところ後一話みたいですが、ドラマと同様、記事も楽しみにしております。

急に十二月らしく寒くなりました。お体に気をつけてまた楽しいブログをアップしてくださいね。

前回のコメントは「かおり」とひらがなでした。統一できてなくてすみません。たくさんコメントがあるでしょうから混乱させては申し訳ないと慌てて追記です。コメントは承認制なのでしょうか?ならばこちらは承認されなくてもよろしいかと存じますよ。(咲風になってしまいました)

5分延長って珍しいですよね。15分とかあるけど(笑)。2時間でもよいのになぁ~ってもう終わってしまうのが残念。

それにしてもコメント面白すぎますよ~(笑)。

今回もよかったですねぇ。野風さんの涙が本当にキレイでせつなくて…(;_;)と…浸り気味なコメントにしようと思ったのですが、いきなりの仁先生の『あわわわわ』の顔アップに思わず吹き出してしまいましたよ(笑)
もうすぐ終わりなんて寂しいですね。。

私も「あわわわ」で爆笑!
今週は子供が騒ぎ、まともに見られず...ナラリーノ様の記事で満足できました。いや、テレビより楽しめたかも。
やっぱり結婚相手に野風は怖そうだよね〜。

皆様、コメントありがとうございました☆

見ていない方向けに念のため。。。
「あわわわわ」のシーンですが本当は

野風が声を振り絞って
「あちきが穢れた体だからでありんすか!?」
と叫ぶ。
仁先生が「約束があるから」
と気持ちを振り切るように告げる。

そんな切ないシーンです。。。


tvお夕さま

ホントに貫禄ありましたね、敦夫さん!
武田鉄矢さんの出演が終わって
ここ数回は若手中心だったから尚更!

>敦夫さんの月代姿をテレビで久しぶりに目に致しました

さすがお夕さま。ファンとしての年季が違うでござんす。。。
敦夫さん、映画版の『JIN』にも出て欲しいですね♪


tvカオリさん

もちろんブザビコメントのカオリさん、
覚えていますよ!(そうそう、かおりさんでした)
ご無沙汰しております。

楽しんでいただけてよかった♪
「あわわ」の表情、見つけた時は
「やった!」と思いました(なぜだ???)

カオリさんも風邪などひかれませんように。
あと咲ちゃん風のコメント、
面白過ぎたのでアップしちゃいました。
ごめんなさいまし。。。


tvヤスさん

ヤスさんのおかげで最終回だってわかりました。
ありがとうございます!

5分ってすんごい半端ですよね。。。
1回目と同じくらい長くてもいいな〜。
全10回なんて短過ぎる!

>それにしてもコメント面白すぎますよ~(笑)。

ホントはこんな回じゃなかったのに。。。笑


tvPinkymomocoさん

ご覧にならなかった皆さん!
Pinkymomocoさんの感想が一番正しいんですよ!
今回の主役は野風さんとそれに寄り添う龍馬!

あわわ、じゃないんですよね。ごめんなさい。。。

でも笑っていただけてよかった☆

>もうすぐ終わりなんて寂しいですね。。v

こっちが大河だったらなあ(苦笑)


tvぽおるさん

ここにも「あわわわ」党が(苦笑)

>テレビより楽しめたかも。

最初に書いた通り
野風さんの悲しい人生が浮き彫りになった
回だったんだけどね、身請け。。。

ある意味、たかお凄しということで。
そして咲ちゃんはね、野風に会いに行った
仁先生を思って医療道具のメンテをしてました。
これも泣き、です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46961883

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり嫁は——ドラマ『JIN-仁-』第9話:

« 南アW杯☆日本の対戦国は!? | トップページ | 冬トマト、収穫☆ »

Amazon商品検索