2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 生教授、あらわる!(映画『レイトン教授と永遠の歌姫』) | トップページ | 可愛くて♪日本の地図柄バッグ「トートマップ」 »

また会えるんだよね?ドラマ『JIN-仁-』最終話


-------------------

(・ω・)ノナ国☆ドラマ「JIN-仁-」レポ

☆2011年度版

第1話と第2話第3話と第4話
第5話第6話と第7話第8話〜最終話

☆2009年度版

大河よりJIN!(序)
第5話から語ってます。
第6話第7話第8話第9話
第10話最終話番外編

-------------------

はああああ。終わってしまったわ『JIN−仁−』。こんなに終わるのが寂しいドラマ観たの、『ブザー・ビート』以来よ...(だからこないだじゃん)。



あらすじ。。。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
『JIN−仁−』最終回(第11話)あらすじ

刺客に襲われた龍馬(内野聖陽)を助けようとした仁(大沢たかお)は、龍馬とともに崖から落下。そのとき、龍馬の姿が消えてしまう。勝海舟(小日向文世)らも捜索に奔走するが、龍馬の居場所はわからない。

佐分利(桐谷健太)の熱意に動かされた仁はふたたび野風(中谷美紀)を診察するが、野風の身請け話の行方が恋人(中谷美紀・二役)の存在に関わると考える仁は明らかに乳がんの兆候が見える野風に対し手術に踏み切ることができない。

一方、咲(綾瀬はるか)も縁談の話が着々と進み、ついに結納の日を迎えるのだが——

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



こういうドラマは辛いわ。いじりようがない。ナラリーノには細やかなエピソードをただなぞることしか出来ぬ。



咲ちゃ〜ん
仁先生のためならば、ならず者とて怖くない咲(綾瀬はるか)の姿。



野風さ〜ん
仁先生への信頼がみじんも揺らぐことない野風(中谷美紀)の姿。



龍馬〜
友を思う坂本龍馬(内野聖陽)。



兄ちゃ〜ん
妹を思う恭太郎(小池恵介)。
※はるかちゃんを縁側から突き飛ばすシーンはすごかった。



オヤブ〜ン
苦しい過去が今を作った辰五郎親分(中村敦夫)。そして。




Jin11_6
勝海舟(小日向文世)の質素さも、このケバだった衣装で表現しきった。細やか。さすが『JIN−仁−』。



大沢たかおの「信頼するに足る仁先生」役は当たり役だった。揺れながら、ジタバタしながら、周囲の協力を得つつ問題を乗り越えていく様子は感動的だった。
そして——野風も、未来の恋人も、自分への治療が医術の礎になるのならばこれほどの喜びはないと仁に命を預ける。



医の道を進むのが医師である以上、その尊い道には間違いなく患者も立っているのだろう。で、あるならば、誰もが医の道に関わることになる。生きている以上。



ドラマ『JIN−仁−』。原作がどういったものかわからないが、タイムスリップものに必ず息づく「人生の美しさ」を医療というアプローチも絡めて描いたことはとても大きかったと思う。そして。



デカ!
大沢たかおってやっぱり体が大きかった。さすがは元モデル。時に雲つくような大男に見えたもんなあ。。。



タイムスリップの謎はさっぱり解けなかったが、『JIN−仁−』が終わって寂しいな——まあ、仁先生の恋人も言ってたじゃない。「きっとまたいつか会えるから」。映画で会えるんだよね?そしたらそこで謎も解けるのであろうよ。



この魅力的なお話にまた会える日まで、ほんの束の間、おさらばえ♪映画情報が出てくるの、楽しみでありんす。



« 生教授、あらわる!(映画『レイトン教授と永遠の歌姫』) | トップページ | 可愛くて♪日本の地図柄バッグ「トートマップ」 »

ドラマ:JIN−仁−1&2」カテゴリの記事

コメント

実は私にはあまり響かなかったこのドラマですが、ラスト3回くらいは引き込まれた〜。
最終回は野風が去っていくシーンは泣けた、さきちゃんもよかった。
大沢たかおは声がよいですね。
確かに映画化しそうなにおいがしたでありんすね。

お久しぶりです!
なるほど、そういうことか~。
私はあまり観ていなかったのですが、最終回を見終えたダンナが暴れてました。

うーん。。おっさんが映画をわざわざ観に行くとは思えないな~。

来年は、ついに国定俳優、北村一輝初の連ドラ主演!
…まぁ期待薄ではありますが…盛り上げてくださーい!!

えーん、見られなかったよ〜(泣)!!

ナラリーノさま、お邪魔いたします。
最終回ということで、正座をする勢いで観ておりました。(実際、ストーブにあたりながら椅子に座ってたんですが)
1回限りかと思っていた敦夫さんが、出演されていて、「このまま映画にも出演か!」という期待に胸を膨らませておりました。(Aカップですが)
謎は謎のままでしたが、それだけに続編の可能性大であります。
やはり過去でも未来でもなく、「今」を大事にすることが重要なんですねえ。今できる最善を尽くすことが、自ずから未来をよきものにするんですねえ。勉強になります。
ラストの野風さんの別れのシーンは、歳のせいかウルウルしてしまいました。
みんなカッコよかったです!

皆様、コメントありがとうございました☆

『JIN』最終回、視聴率もよかったみたいですね。
よかったよかった(?)

ちなみに映画に関する補足です。
ネットのニュースや週刊誌等では映画化の話が出ていますが
公式の発表はまだないようです。


tvウクレリアンさん

女性たちが悲しく切ない中で
輝いてましたよね。
最初、中谷美紀が花魁ぽくなかったけど
回を重ねるごとに粋になっていって素敵でした!


tvsoniaさん

お久しぶりです!

あの終わり方(謎が解けてない)だと
確実に続編はありそうですよね。
それが映画みたいなんですが。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20091123/Cyzo_200911_post_3245.html

一輝の連ドラ。
どうなんでしょうね。。。


tvぽおるさん

あら、残念!
すごくいい最終回だったのに!
たぶん私、DVD買うと思うから
今度お貸ししますわ♪


tvお夕さま

敦夫さん、出てくれましたね!
同じく特別出演のはずの武田鉄矢氏が
わりと長く出ていたので
1回じゃ終わらないよね!?と思いつつ見ていたら。

お夕さまがGカップになりよかった。。。
(え?)

>「今」を大事にすることが重要なんですねえ。
>今できる最善を尽くすことが、
>自ずから未来をよきものにするんですねえ。

ホントに・・・
最近言葉は違えど、自分の周りに
「今を大事に」というニュアンスのテーマが
集まってるような気がします。
だからその言葉をかみしめなさいよ、って
神様に言われてる気がします(私は無宗教ですが)

この日も夕方に特番やっててそこからすでに涙涙って何回観てるやら(笑)。映画だったら久々3回観る大作です。
そうそう含みのある終わり方…野風さんは旅立ちましたが、咲との関係はこれからなのか???そして映画あるのかな???最後の告知期待してたんですけどね。

tvヤスさん

コメントありがとうございました!

>何回観てるやら(笑)。

いやいや、わかりますわかります。
いいドラマでしたもん。
ハイライトも見たいですよね!

>そして映画あるのかな???

あるでしょう!
だから私は怒りませんでした、ラスト。

私も告知を期待していたのですが
まだ「映画やる/やらない」って情報が迷走してますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/47072928

この記事へのトラックバック一覧です: また会えるんだよね?ドラマ『JIN-仁-』最終話:

« 生教授、あらわる!(映画『レイトン教授と永遠の歌姫』) | トップページ | 可愛くて♪日本の地図柄バッグ「トートマップ」 »

Amazon商品検索