2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« やっぱり面白い!『ライアーゲーム シーズン2』第1話 | トップページ | キラキラペンギン&桜色クリスマス(SHINJUKUサザンライツ) »

ドドンと感動!オススメ映画『パイレーツ・ロック』

ナ国の映画ランキングで久々に上位につけた作品あり。それが『パイレーツ・ロック』。



舞台はブリティッシュ・ロックが世界中を席巻していた1966年のイギリス。1日に45分しかポピュラーミュージックを流せないBBSラジオを尻目に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局があった——彼らと放送を規制しようとする政府の攻防を描いたロックンロールな作品です。



なんだかすでに可愛くて面白そうでしょ?面白いんだから!



°°°°°°° 

映画『パイレーツ・ロック』あらすじ

素行不良がもとで高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は母親の提案で母の旧友・クエンティン(ビル・ナイ)のいる船で暮すことに。

その船とはDJたちが24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局だった。政府は不道徳な放送に怒り心頭だったが多くの国民がラジオから流れる音楽やトークを楽しんでいた。

政府が法律で放送を規制しようとする中、世界で一番クールな船の上で風変わりな仲間たちと音楽に囲まれながらカールは青春を謳歌していく。

°°°°°°° 



始まりから2/3くらいは、懐かしくも生きのいい音楽と「イレブンPM」もしくは「毎度お騒がせします」的なお色気に彩られた愉快でほろ苦いコメディ調だった『パイレーツ・ロック』。海賊ラジオ局をどうにかしようとプリプリしている政府も、その対策もまだまだ手ぬるい。



このまま飲んで吸って踊って騒いで気持ちよくロックンロールして終わるの?



終わるわけないの!



やんちゃだった物語、終盤に差しかかると海賊ラジオ局にとんでもない事件が勃発します。ここで政府は信じられないような冷酷さを見せつける。この危機を救うものは、いったい何——?



そのエピソードに突入するや、もう見る者の胸をドン!と叩くような熱い感動のオンパレード。なにぶんそれまでが「クスクス、ププー」なノリだったから揺り戻しがスゴくて!



音楽の力、人が生み出すものの力を間違いなく信じられる映画です。こういうお話は大好き!ナラリーノはもう一度観に行こうと思います。



°°°°°°°
 
映画『パイレーツ・ロック』公式サイト

映画100本ノック★ランキングではこの順位
(この記事を書いた時点で85本観てます)

°°°°°°° 



★余談ですが
ラジオといえばナ国席巻中の大沢たかお(@『JIN−仁−』)の「JET STREAM」を聴き始めました。毎週月~金曜日24:00からTOKYO FMでオンエア中。



大沢たかお。ものすごく初々しい機長ぶりで、清らかな気持ちのまま眠りにつけます...海賊ラジオ局とは、対極。



« やっぱり面白い!『ライアーゲーム シーズン2』第1話 | トップページ | キラキラペンギン&桜色クリスマス(SHINJUKUサザンライツ) »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

この順位、要チェックですね。
大沢たかおのラジオにも興味あり。
「清らかな気持ちで眠りに」って、最後に清らかな気持ちになったのはいつだったかしら〜?というレベルなもので...。

movieぽおるさん

コメントありがと!

大沢たかおのラジオ。
歴代機長と比べてウブな感じ(?)で
なんとなくくすぐったい&面白いんだよね。
心地よい音楽メインの番組だから
時間があれば是非♪

映画も是非♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46745388

この記事へのトラックバック一覧です: ドドンと感動!オススメ映画『パイレーツ・ロック』:

« やっぱり面白い!『ライアーゲーム シーズン2』第1話 | トップページ | キラキラペンギン&桜色クリスマス(SHINJUKUサザンライツ) »

Amazon商品検索