2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 乗っ取りの危機★「天地人」第44回 | トップページ | 【美術展めぐり】「速水御舟−日本画への挑戦−」展(山種美術館) »

マイケルがいた場所(『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』)

マイケル・ジャクソンが亡くなった後、「追悼」と称して元同僚たちと会う機会が増えた。ちなみに「元同僚」とはナラリーノがCDショップで働いていたときのお仲間たちのこと。みなジャンルは違えど「三度のメシより音楽が好き」といった風(あくまでも“風”)な面々だ。



そんなひとりひとりの記憶の中にマイケルがいる。ちなみに洋楽洗礼の時期が遅く、しかもロックばかり聴いていたナラリーノの中には「超有名なマイケルの歌」くらいしかないのだが——それでもやっぱり観にいってしまった。ドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』。公開翌日のことです。



マイケル、いいわ〜(いまさら過ぎ。。。)



今夏、ロンドンで開催される予定だったマイケルのコンサート。そのリハーサルと舞台裏をあくまでも記録用に撮影していたようなので、構成が凝ったドキュメンタリーとは言いがたく「撮り溜め感」は否めない。歌もダンスもすべてがガチかといえばそうではないはずだし(それでも充分レベル高)、マイケルのインタビューが挟まれコンサートへの意気込みがビシビシ語られ、なんてこともない。



でも、この飾り気のなさがいいのではなかろうか。マイケルの歌、動き、人となりの素晴らしさだけが際立って。



リズミカルの域を飛び越えて、細胞に音楽が住み着いているような歌いっぷり、そしてダンス。すらりと長い手足で見応え大。なんてスタイルがいいんでしょう。これで、ごじゅっさい...?



妥協なくステージを作っていこうとするマイケル。肉声は周囲への指示出しが主だけれど常に謙虚だ。常にこそっとした柔らかいトーンで語るマイケル。そして自らの意見を



「怒って言ってるんじゃないよ」



だなんて、どこまでもラブ&ピースなマイケル。



マイケルが本当に住まう場所は、いったいどこだったんだろ?



今回のコンサートで披露する曲はファンが聴きたいと思うものを、という考えだったようだ。だからナラリーノですら知っている曲ばかりをこれでもか!これでもか!と歌い魅せてくれるマイケル。はあ〜、いいもの聴けた&観れた♪しかも大画面、大音量で♪



座っているだけなんて苦痛...だってコンサート(のリハーサル)なんだもの...ナラリーノですらそんななのだ!ファンの心中やいかに?



満席の映画館。ここがコンサート会場化することを予想して、ナラリーノはスニーカーを履いていったのですが——杞憂でした。みなさん座って静かに観てました(当たり前?)。それでも最後は拍手喝采だった。みんな静かにマイケルを思っていたのだろうね。。。ホロリ。



元同僚たちとの「マイケル追悼」の締めくくりの言葉はいつも「マイケルみたいな人は、もう現れないだろう」そして「いてくれてよかったよね」というものだ。こういうときフト、誰かと何かを共有できることの重みを思う。



ひとりひとりが持っている記憶の円。それらが重なり合うところにマイケルがいる。今も。



+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公式サイト

映画100本ノック★ランキングではこの順位

+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚



« 乗っ取りの危機★「天地人」第44回 | トップページ | 【美術展めぐり】「速水御舟−日本画への挑戦−」展(山種美術館) »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

私はさらにマイケルに疎いのですが、きっと今さらながら『マイケルいいわぁ~』と思うんだろうなぁ。

movieヤスさん

コメントありがとうございました!

きっとヤスさんも「いいわ〜」と思って
私のようにいまさらCD買ったりするかも!

でも今凄くファンになっちゃうと
もう会えないってことですよね〜。。。

昨日見てきました。
失ってしまったものの大きさに呆然とするばかりです。
ちょうど高校生の頃、実家のCATVでMTVを見まくっていて、マイケルのビデオクリップのかっちょよさにしびれておりました。
バトン部だったので、「踊りうまい人=尊敬」でした。
映画でロンドン公演の計り知れないスケールの大きさを見せつけれられ、この公演を成功させるために尽力してきたすべての人のために、ぜひとも公演を実現させてほしかったな・・・と思います。

すーっっかりご無沙汰しております。 もうお忘れかと思いますが…
ナラリーノ様がご公務に戻られたのは存じていたのですが、何となくコメントしそびれたまま、時間が経ってしまいました。
お元気そうでなによりです。
さて、マイケル。わたくし、筋金入りのロック少女でしたので、King of "ポップ"な彼は守備範囲外でした。
急逝後、やはり一家に一枚は…と購入したCDで、下の娘(小2)がハマってしまいました。
付き添いで観た"This is It"…私がウルウルでした。
「マイコー、何で死んじゃったんだー!」と叫ぶ娘。母も同感です。

moviesaariさん

コメントありがとうございました!

>失ってしまったものの大きさに呆然とするばかりです。

本当にこの映画を見ると
そういう気持ちが湧いてきますよね。。。

マイケルって歌やダンスだけでなく
プロモを使って強烈な世界観を
見せつけてくれましたよね〜
公演のバックダンサーたちがあまりに
嬉しそうだったので、今どうしてるだろうと
気になります。


moviesoniaさん

ご無沙汰しております、御元気でしたか?
まだ一輝ファンですか???

そうですか、お嬢さん
小学2年生でハマりましたか。
今好きになっちゃうのって
ちょっと辛いですよね。。。
でもそんなにも小さいお子さんにも
愛されるマイケル、さすが!!!

お久し振り~!
ねぇさんは 『This is it.』を2度もいっちゃいましたぁ!!

感動だぁ・・・・、『ビリージーン』ではウルウルしちゃいました。
特別 MJ が好きなわけじゃないけど。
やっぱり 彼は特別だねぇ。

2週間、延長になったんだよねぇ・・・・。
もう1回、行っても良いわぁ。

でも・・・・終わり方には納得がいかないわぁ・・・・。
『Heal the world 』で湯川れいこだもの・・・しらけたわぁ。


でもheart02

movieねえさん

お久しぶりです〜
コメントありがとうございました!

もう二度見たんだ?

>やっぱり 彼は特別だねぇ。

ホントだね。私も特別思い入れのある人じゃなかったのに
映画観て「特別だ...」って思ったなあ。

しらけちゃったんだ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46645175

この記事へのトラックバック一覧です: マイケルがいた場所(『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』):

« 乗っ取りの危機★「天地人」第44回 | トップページ | 【美術展めぐり】「速水御舟−日本画への挑戦−」展(山種美術館) »

Amazon商品検索