2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 的場浩司プロデュース☆プリンとシュークリームのお味は? | トップページ | ドラマ『JIN-仁-』からもらうもの(第6話) »

原作アリ対決☆『ゼロの焦点』VS『沈まぬ太陽』

原作が有名な映画を2本観てきた。『ゼロの焦点』と『沈まぬ太陽』。で、今回は早くもランキング結果から。



・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

ナ国☆映画100本ランキング

・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・



『ゼロの焦点』のランク、低——



だって〜ナラリーノ的にはかなりガッカリな内容だったんだもの〜



・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

映画『ゼロの焦点』あらすじ

結婚後すぐに仕事先の金沢に向かった憲一(西島秀俊)は帰ってこなかった。夫の消息を追った妻の禎子(広末涼子)は、憲一のかつての得意先の社長夫人・佐知子(中谷美紀)と受付嬢の久子(木村多江)に出会う。一方、憲一の失踪と時を同じくして連続殺人事件が起きて——

・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・



まあ...『ゼロの焦点』てサスペンスとして面白いかというとそうでもないし。



登場人物の内面が繊細に描かれているような作品でもないし。



でもなんだか何度も読みたくなる。時代や人が抱えているものの重さが小説に登場する土地や季節のイメージに合っていて雰囲気があり、哀しい。陰気万歳。で、その中でもナラリーノが一番好きなあのシーン、いったいどういう映像になるのかな〜♪と楽しみにしていたのだが。あの言葉が、見えるものになったところを見てみたかったのだが。



イメージが違うと感じていたキャストも「監督はこのシーンを撮りたいがために、こういうキャストにしたんだろう」と勝手に思っていたのだが



ない!そのシーンが、なかった!(震)



あのシーンを切るっていったい——どういう——ガッカリ。。。



まあ、原作通りにする必要はないしね〜ほかの人にとってはさして印象的でもないんだよ〜フッ、フフフ。。。ちなみにこの映画、全体を通して原作と同じところもある、違うところもある。同じところはなんとなくピンとこない。違うところはなんでその設定にしたのかよくわからない。



なんだか原作とは似て非なるもののように思えてきた映画『ゼロの焦点』。じゃあ、原作読んでいなければどうか、っつーと。



一緒に映画を観に行った原作未読な友に感想を訊いてみた。



ナラリーノ「面白かった?」



友「面白くはない——練れてない火サスのようだ」



だよねー。。。



ただ、原作よりも新しい時代への渇望なんかが強調されているあたり、映画版は人間ドラマにしたかったに違いない。そうなんだろう?広末涼子の演技がつたな過ぎたのは、新妻らしさを表現したかったのだろう?いきなり挿入された「オンリーユー」(洋楽)、あれは観客を混乱させたかったんだろう???ちなみに中谷美紀と木村多江の良さはいまさら言うに及ばずでした。



と、いうことで原作知っている人にも知らない人にもイマイチ勧めどころを考えてしまう1本だった。予告の映像が一番よかったです。とりあえず古い映画版(素晴らしいらしい)を観たくなりました『ゼロの焦点』。



・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・



で、『沈まぬ太陽』。こちらは友もナラリーノも原作未読の作品だった。



・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

映画『沈まぬ太陽』あらすじ

国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善要求が仇となり、海外勤務を命じられてしまう。やっとのことで恩地が本社復帰を果たした矢先、ジャンボ機墜落事故が起きる。組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うことに——。

・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・



とりあえず、あの長さ(3時間22分。途中休憩アリ)で飽きなかったというのはやっぱりすごいことだ!社会派映画、万歳。と思いつつ後ろの観客の



「これ、前後編で違う日の公開だったら後編は見なかったよね〜。。。」



なる感想に大きくうなづいてしまった友とナラリーノ。



主人公の不屈の魂と壮大なスケールに感動するより先に人間の汚さにめった打ちにされてしまい(すんごいリアルなんですよ)、すっかり「沈んだナラリーノ」だった。チマチマした根性なしな魂であることだ。ちなみに原作ファンの同僚によると



「肝心なところはまったく抜けていないのに、すごくはしょった感じがする不思議な映画」



とのこと。



原作は何気ないエピソードが積み重なって物語の説得力に一役も二役も買ってるのでしょうね。そこがなくなってるから「すごくはしょった感じ」がするのだろうか。やっぱり原作を読みたくなりました『沈まぬ太陽』。



・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

映画『ゼロの焦点』公式サイト
映画『沈まぬ太陽』公式サイト

・:*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・

« 的場浩司プロデュース☆プリンとシュークリームのお味は? | トップページ | ドラマ『JIN-仁-』からもらうもの(第6話) »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

ナラリーノさんこんばんは☆

「ゼロの焦点」は、見ようかどうか悩み中デスが、「沈まぬ太陽」は見に行こうかと思ってマス。

しかし、「沈まぬ太陽」3時間22分デスかぁ・・・休憩があるとはいえ、お尻痛くならないか心配デス(^_^;)

movieお嫁さま

こんばんは〜コメントありがとうございました☆

『沈まぬ太陽』、元気をもらえるのかと思いつつ
ヘコんで帰ってきました(苦笑)

>「沈まぬ太陽」3時間22分デスかぁ・・・

そうなんですよう。ただ長さを感じないのは
すごいんですよね。
でも椅子のいい映画館じゃないと
お尻が痛くてモゾモゾしそう。

あと水分は控えめに、デス!

両方とも原作の評判はいいですね。
両方読んでいないけど。
『沈まぬ太陽』は母親が原作を絶賛していたのですが、あらすじ聞いて「疲れそうだから、読まなくていいや」と思っていました。
映画でもヘコむんだ....。3時間22分もかけて!

movieぽおるさん

コメントありがと☆

『沈まぬ太陽』、マミーが読まれたのね。

>あらすじ聞いて「疲れそうだから、読まなくていいや」と思っていました。

やっぱり原作も不屈感より疲労感なんだろうか。
そうよ〜映画は長時間じわじわと辛さが...(苦笑)

ゼロの焦点は広末涼子押しなので見ないなぁと思ってましたが、沈まぬ太陽も3時間越えでへこむなら要検討ですね〜。

渡辺謙は嫌いではないのですが、
あの力の入りっぷりが私を萎えさせるんです(泣)

あ、予告は素晴らしいなんて、まるで天地JINではないですか!やばい?

movieウクレリアンさん

コメントありがとうございました☆

そうなんです、私もイヤだったの、広末涼子!
でも目立っているのは他の女優さんでした。。。

渡辺謙は、不屈すぎました。。。
これじゃあ余計ウクレリアンさん好みじゃない!?

>予告は素晴らしいなんて、まるで天地JINではないですか!

もうすっかり落としどころになっている
『天地JIN』!最終回は上がるかしら!?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46769730

この記事へのトラックバック一覧です: 原作アリ対決☆『ゼロの焦点』VS『沈まぬ太陽』:

« 的場浩司プロデュース☆プリンとシュークリームのお味は? | トップページ | ドラマ『JIN-仁-』からもらうもの(第6話) »

Amazon商品検索