2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マイケルがいた場所(『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』) | トップページ | 六本木ヒルズのイルミネーション »

【美術展めぐり】「速水御舟−日本画への挑戦−」展(山種美術館)

文化の日。母に誘われ、山種美術館(東京・恵比寿)の「速水御舟−日本画への挑戦−」展に行ってきた。



速水御舟(1894〜1935)は次々と新しい画法に挑み続けた日本画家。今回の特別展は、山種美術館所蔵の120点の御舟作品と本邦初公開の個人蔵資料から御舟が目指していた絵画の方向性を探ってみよう——というものだった。



日本画に思い入れはなかったのだが、この展覧会は魅せられる作品が多々。お近くでご都合のつく方は是非。オススメです。ただし、テレビで紹介された影響なのかナラリーノ親子が帰る頃(午後12時くらい)には激混みでした。



気に入った作品をミュージアムグッズでご紹介。高いリトグラフじゃない貧しさを、許せ。



『炎舞』グッズ
まずは『炎舞』(1925年制作。重要文化財)。



炎とそれに吸い寄せられるように集まった蛾の群れが描かれている。下の方は抽象的、上に行くにつれて火の粉を散らして燃え上がる写実的な炎に変わっていく。
朱を含んだ黒い背景といい、ぼんやりした蛾の輪郭といい、なんとも幻想的でこういう絵は大好き。身を焼かれるところに飛び込んでいく虫、というイメージもいいじゃないですか。。。



いや〜、この世でもっとも嫌いな虫=蛾をこんなにガン見する日が来ようとは!まさか部屋に飾ろうと額絵(後ろのグッズ)を買っちゃうとは!手前のクリアファイルはプライベート鞄に入れてチラシやメモ書き、切り抜きなんかを挟もう。今使っている『レッドクリフ』ファイルはボロッボロになったから。



持ち歩くのか〜蛾が描かれたクリアファイルを!



『翠苔緑芝』グッズ
次に『翠苔緑芝』のミニサイズのクリアファイル。またファイル(苦笑)



『翠苔緑芝』は1928年制作の屏風絵で、ナラリーノ購入のファイルの絵はその右隻にあたる。ちなみに左隻は「紫陽花にウサギ」だった。



なんだかイラストチックな黒猫が可愛く目立っているが、実物は苔むした地表と見事な琵琶の木の質感に見とれてしまう1枚だった。



このファイルには映画やイベントのチケットを入れて持ち歩こ〜っと(『炎舞』ファイル同様、フタ付きなんです)。こういうことしてるから、ナラリーノの荷物はいつもシャレにならないほど重い。



ポストカード
ポストカードは左から1934年制作の『牡丹花(墨牡丹)』と1929年制作『名樹散椿』を。これはさすがに持ち歩かないで飾るか友人に送ろう。



『牡丹花〜』は通常の日本画とは違って縁取りのない画法。墨がにじむにまかせた花びら、黄金の花弁、浅い緑の葉のコントラストが綺麗すぎた。



『名樹散椿』は重要文化財の屏風絵で圧倒的な美しさ。実はこの絵にも、『炎舞』同様ナラリーノの嫌いなモチーフが描かれている。



それは椿——椿自体が嫌いなわけではなくて、何色か描かれているうちの「白地に紅斑の椿」が苦手なのだ〜我が家にも咲いているのだが、実物はけっこう気持ち悪い(と、思っている)。



しかも我が家の「気持ち悪い椿」は——最初は赤い椿だったのに次第に斑入りに化けてしまったという曰く付きで「勝手に変わるなよ!」という怒りも混ざっている。



そんな負の私情が絡んだ斑入りの椿が鮮やかに、生き生きと描かれていてステキだったことに驚いた。う〜ん、うちの椿ちゃんがちょっくら不気味だっただけなのかしらね。



とまあ、芸術に触れた秋の日。館内のカフェでは「食欲の秋」も楽しめましたとさ。



お抹茶セット
お抹茶セット1100円なり♪甘さ控えめの練りきりと薄目に点てた抹茶。どちらもナラリーノ好みでした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

山種美術館公式ホームページはコチラ

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« マイケルがいた場所(『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』) | トップページ | 六本木ヒルズのイルミネーション »

ナ国☆美術館」カテゴリの記事

コメント

ナラリーノさんは芸術の秋ですね!
日本画かぁ
とても遠い存在に感じますが
この炎舞は私も好きです〜

素晴らしい作品ですね。ホント心が落ち着く作品ばかり。

抹茶が美味しそう~。

日頃、あまり馴染みのない分野に触れるのも、いいものですね~。まだまだ出会っていない素敵なものが、いっぱいあるんだろうな~っていうワクワク感を呼び覚ましますもん。
『翠苔緑芝』、渋い色がすごく綺麗。

>この世でもっとも嫌いな虫=蛾
ちなみに、私は百足です。うぎや~ぁ。
それにしても、練りきりが、可愛くて美味しそうです(´∀`*)←結局は、食い気な私…。


皆様、コメントありがとうございました☆


mapleみゅうみゅうさん

はい、芸術&食欲の秋を楽しめました!

>この炎舞は私も好きです〜

やっぱりそうですか?
これ、ホントによかったです。
展示を全て見終わってから
またこれ見直しちゃった。。。
凄みのある美しさでした。


mapleヤスさん

いい作品がたくさん展示されていました。
ほかにも未完の大作もあったりして
切なかったです。
(若くして亡くなった人ということで)

抹茶、薄めにたっぷり点ててあって
おいしかったです♪


mapleはなさん

>日頃、あまり馴染みのない分野に触れるのも、いいものですね~。

ホントに!
行く前は「どうかな〜」と思っていたんですが
やはり食わず嫌いはダメですね!
まだまだ知らない世界があり過ぎる

練りきり、ちょっと見づらいのですが
美術館の10周年だかを記念した
お祝い風=鈴の形でした☆

はなさん、百足ですか(^^)

なんか椿嫌いってわかります。
きちんと考えたことがないけど、幼い時分からイヤなところがあった。
散り方とか質感とか。
茶道部で花が開き過ぎとかイチャモン(?)つけられたせいもあるのかもしれない...。

mapleぽおるさん

コメントありがと!

うん、椿自体は嫌いじゃないんだけど
どうしても斑入りが...(こだわる)
首から落ちて、イヤだよね。
私は椿、慣れてるからさ。。。
そもそも家の椿はK先生の庭のだよ〜

茶道部でイチャモン。
それはシ×××先生ですか!?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46663409

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展めぐり】「速水御舟−日本画への挑戦−」展(山種美術館):

« マイケルがいた場所(『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』) | トップページ | 六本木ヒルズのイルミネーション »

Amazon商品検索