2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「GACKT、オマエもか」 | トップページ | 家にバクダン »

時空対決!『バタフライ・エフェクト3』VS『きみがぼくを見つけた日』

思うにナラリーノはタイムトラベルものが好きらしい。『夏への扉』、『漂流教室』、『タイムスリップ森鴎外』。あ、『時をかける少女』も?


『ターミネーター』だって登場人物が時間を飛んでいるではないか——『サラ・コナー・クロニクルズ』で自分を未来に連れて行くためのタイムマシーンアイソトープ・ガン(※)の部品を見たサラが「それは何?」と問うたとき


「希望」


と答えたキャメロン。理由はなんにせよ、あの言葉には胸が熱くなった。ともあれ。本当はそばにいるはずのない人がそばにいてくれる。「時」に阻まれた人のことを離れたところで想っている。そんな温かさが“時空もの”にはつきものだ。そして何より時間を前に後ろに飛んでく話のドキドキ感の妙。

※コメント欄にて「タイムマシーン」ではなく「アイソトープ・ガン」の部品とご指摘をいただきました。御詫びして訂正いたします。ターミネーター サラ コナー クロニクルズさん、ありがとうございました。


今回ご紹介する映画『バタフライ・エフェクト3』もまた“時空もの”。ちなみに温かさはなくてドキドキ担当でした——しかもそのドキドキっつうのも「ドキドキ♪」の音符つかないバージョンです。どうなるの!?ドキドキハラハラバクバク、キャアアア!のほう。


主人公のサム(クリス・カーマック)は過去と現在を行き来できる能力を持つ青年で、警察に協力して殺人事件があった時間帯に戻って犯人を目撃する、なんて仕事をしている。


ある日、10年前に殺された恋人の姉が事件の真犯人を探してくれろとサムを訪ねてくる。サムの良き理解者である妹や大学教授らは反対するが過去に飛んでしまうサム。


犯人の顔を見るだけで戻ってくるから——


と、サムが約束通り「見るだけ」だったら当然事件など起こらないわけで。


愛する人を助けようとしたことで未来が変わっただけでなく、なんと!余計に被害者が増えてしまった!過去が少々変わっただけなのに未来が大きく変わってしまう。まさにバタフライ効果ってやつですね。


焦ったサムがどうにかしようと過去に戻るたびに自体は超悪化。彼女を助けたかっただけなのに!そんな苦悩を抱えながらもサムは飛ぶ。いったい彼はどの時点の過去に戻ればいいのか——


「じっとして、過去に戻らないのが一番」


と、思ってしまったら当然話は進展しないわけで。


と、まあこれがコメディタッチなら「ププー!」って笑っちゃうだけなのだが、スプラッタ含みのサスペンスなので、いやあ怖いのなんの!


やっぱり過去っていうのは、ああしておけばよかった、なんて後悔しないほうがいいのよ〜


という人生訓を得られる作品でありました。
オチはちょっと——でも人物やその能力、力を使うときのルールといったバックボーンをポポポポポン!とテンポよく分かりやすく説明してくれるのがありがたい。しかも、説明含めて1時間30分の上映時間。なんてコンパクト!見事!


最後の瞬間まで怖かったです。俄然パート1を見たくなった〜


映画『きみがぼくを見つけた日』もまた“時空もの”。かつ、こちらは「温かさ」担当で安心して観れるお話。


過去と現在を行き来してしまう主人公・ヘンリー(エリック・バナ)と彼とともに生きようとするクレア(レイチェル・マクアダムス)のラブストーリーで、なんとなく懐かしさを感じてしまうのは『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家、ブルース・ジョエル・ルービンが書いてる話であるせいか。ちなみにヘンリーはサムと違って自分の意志で過去に飛べる訳ではないのですごく大変。


——正直、納得いかないエピソード多々あり、の話ではあるのだが——それでもそこは“時空もの”。移ろう時間の中で恋するヘンリーとクレアの物語は時に愉快で、でもだんだんと増す哀しさに泣かされる。特殊能力を持つゆえのヘンリーの孤独、能力ゆえの触れ合いに心揺さぶられる。で、最後に残るのは「希望」?それとも?


“時空もの”対決、ナ国的軍配は「映画100本ノック★ランキング」で。


そういえば、『JIN−仁−』も“時空もの”だった。


+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

『バタフライ・エフェクト3』公式サイト
『きみがぼくを見つけた日』公式サイト

+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

« 「GACKT、オマエもか」 | トップページ | 家にバクダン »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

タイムトラベルものって結構あるんですね。
『サラ・コナー・クロニクルズ』の「希望」というセリフに、ジーンとしました(観てないけど...)。
映画100本ノックのランキングを見て思いましたが、最近下の方は変化がないのに気付きました。後半、大きいハズレがないという意味で良かったですね。

私は、『バタフライ・エフェクト』のパート1&2を観ました。
パート3は、そんなに痛そうな内容なのですね(>ε<*)でも、是非観たいです。
パート1、おすすめです。
かなりセツナくて、大好きです。

「希望」と答えたのは、「タイムマシーンの部品」ではなく、「アイソトープ・ガンの部品」のほうをいじってるときですね。「タイムマシーンの部品」は金庫に収納されたままで金庫外に出てきてません。でもいずれにしてもいいセリフです...(^o^)

皆様、コメントありがとうございました☆


diamondぽおるさん

>最近下の方は変化がないのに気付きました。

たしかにそうよね。
劇的に「!?」っていうのが
後半戦はないような気がする。
で、どうしても中間辺りが増えていってしまって
「いやあ、この順位でいいのかな...」って
悩むことも。。。

>タイムトラベルものって結構あるんですね。

ちょうど今日、新聞で1冊
傑作タイムトラベル小説ってのが
紹介されていたので
読んで面白かったらオススメしますね。


diamondはなさん

パート1と2、ご覧になっていましたか、
さすが☆でもでもやっぱり
1はいいんですね。
切ないのか〜好きそうだ〜
絶対に見てみます!

>パート3は、そんなに痛そうな内容なのですね(>ε<*)

正直、かなり。。。(苦笑)
私、薄目で見てました。


diamondターミネーター サラ コナー クロニクルズさん

ご指摘いただきありがとうございました!
記事の方にもご指摘いただいた件、
書いておきました。
ご自身のサイトにコメント欄がないようでしたので
当ブログでのお礼のみとなりましたが...申し訳ありません。

>でもいずれにしてもいいセリフです...(^o^)

すごくいいセリフですよね。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46692145

この記事へのトラックバック一覧です: 時空対決!『バタフライ・エフェクト3』VS『きみがぼくを見つけた日』:

« 「GACKT、オマエもか」 | トップページ | 家にバクダン »

Amazon商品検索