2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ナ国☆バケツ稲プロジェクト【収穫の巻】 | トップページ | 世界の行方でもある。(映画『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』) »

マンガ「ちはやふる」は、いつかドラマになったりするのだろうか

先週の土曜日のことだ。本屋で気がついた。


ぬかった!


最新刊
いつのまにか「ちはやふる」の最新刊(6巻)が発売されていた——(震)


購入。


そういえば、5巻について書くの忘れた。あらすじまとめると、こんな。

******************************
◆「ちはやふる」6巻までのあらすじ

転校生・新と出会い競技かるたの世界を知った千早は天性の聴力で才能を開花させていく。
小学校卒業後、故郷に帰った新との絆を胸に、千早は幼なじみの太一とともに高校でかるた部を立ち上げる。

新しい仲間たちとともに団体戦で東京都予選を制し、全国大会出場を果たす千早たち。だが千早は体調不良で途中棄権してしまう。
迎えた個人戦では史上最年少クイーンの若宮詩暢(しのぶ)と激突、クイーンの早さと守りの強さに手も足も出ない千早は大差で敗れ去る。

クイーンの影を追いかけ練習に打ち込む千早にかるた会の原田先生はクイーンになるためのかるたを教え出す。そして優勝をかけた10時間の試合を戦い抜ける体力を、部員全員が一丸となって身につけていく。

そして臨んだ初のA級試合で、千早は「同級」の選手たちのレベルの高さを思い知る。

千早以外の部員たちも、驚愕の個人決勝戦に立ち向かうことになり——

******************************

子供のころからなんとなく「みんな仲良く」って言葉に馴染めなかったんだけれど−−−そんなヒネたナラリーノとて千早と仲間たちの姿には熱いナミダを流さずにはいられない。ブビー(鼻かんだ音)。


改めて「ちはやふる」、どういうところが作品のよさかなあ。若人たちの青春にウキウキしているだけじゃないんだよな。


良さ。
基本的に個人戦(剣道と一緒で団体戦はある)であるところの競技かるたなのに、戦えば戦うほど(その戦う姿を読むほど)「人間ていうのは、やっぱりどうしたってひとりでは強くなれないんだ」ってことを思い知らせてくれるところが感動的だからだろうか。


その「ひとりじゃ強くなれない」というメッセージが、クドくなく描かれているところがいいのだろうか。


強くなればなるほど、夢を追えば追うほど孤独や苛立ちが生まれてくるところなんかがリアルなんだろうか。


子供たちに身を以て道を示す大人たちの姿がいいんだろうか。


登場人物のキャラクターが「キャラ立ち」とはまた違う深さで表現されているところがいいんだろうか。


作品に貫かれている、何があってもやっぱり攻めていくっていう姿勢が好みだからだろうか。


と、いろいろ浮かぶんだけど最後はやっぱり「まあ、それ全部だよ」「難しいこと考えずに、まあ楽しいってことで」ってところに落ち着くんだけれども。単純に。


大人になってから読む漫画っていいですよね、言い訳じゃなく。たぶん「ちはやふる」にしても高校生リアルタイムで読んでいたら、まあそれはそれで大ファンだったと思うけれど、今こうしてアラフォーになり、十代の頃は手探りだったいろんな観念がなんとなくわかるようになったから、コマに散りばめられている感性が余計に胸に沁みるのかもしれない。


大人マンガといえば子供のころ母がよく言ってましたよ「買ったマンガは売っちゃいけない」って。大人になって読み返すために売っちゃいけないって。その時々で感じ方が違うから、とっておいて読み返すものだって。昔はマン喫なかったのでね。


漫画にしても本にしても映画も音楽も、作品は動かず変わらずそこにあるけど、自分が変わるから内容が変わっていきますよね。


話が飛ぶのだが。


NHKの朝の連続テレビ小説?なんだかいっつもいっつも似たような内容のドラマをやるではないか。


だったらいっそ突き抜けるために「ちはやふる」、選んでみたらどう?


いや、「ちはやふる」普通の連ドラでもいいけど。長めのクールで主人公たちの成長をしっかり描くってのはどう?


で!その時は(もう放送される気でいる)スポーツみたいに迫力ある映像で撮ってくれなきゃイヤ!


音声も、かるたの読手の第一声が出る瞬間までを表現してくれなきゃイヤ!


青春ものが得意な脚本家を持ってきてさ!作品を面白がって書いてくれる人に任せてさ!


そしたら毎日見るんだけどなー。


——漫画がテレビ化されたらこんな風に!っていう妄想は、子供のころからしてました。結局変わらないねー。。。


******************************

「ちはやふる」、初めて読んだ時(1〜4巻)の感想はコチラ

******************************

« ナ国☆バケツ稲プロジェクト【収穫の巻】 | トップページ | 世界の行方でもある。(映画『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』) »

ナ国☆図書館」カテゴリの記事

コメント

噂はあちこちで聞いてた「ちはやふる」!
未読なんです…。
まずはまん喫で読んでみます。

大人になって読んだマンガは「おたんこナース」と「スラムダンク」と「20世紀少年」くらいかも。
子供のころはりぼん派、中学時代はガラスの仮面、生徒諸君、スケバン刑事!
まさにアラフォー!!


しかし先代元首の言葉には泣かされましたよ。
なんてすばらしい母上様。
うちのマミーなんかマンガを目の敵にしてましたから。転勤族を理由に捨てることこそ美徳!みたいな?
いやいや感服いたしましてござりまするー。

『ちはやふる』、面白いよね。
なんかの賞を獲って知られるようになる前、連載はじめのころから何故読んでいたのか....。
いい作品には匂い立つ何かがあるのかしら。

しかし、アイコ様のご発言は素晴らしい。
その発言を我が子にもしたいです。
が、スペースに限りがあるのでPCで読ませようかなぁ。

な・なんてタイムリー。
昨日、『生徒諸君 教師編』第18巻をやっと買いに行き←遅っ、ナラリーノさんの記事を読んで以来、気になっていた『ちはやふる』第1巻を購入しました。読むの楽しみ~。

>大人になって読み返すために売っちゃいけない
アイコ様、なんて素晴らしいお言葉!

本当に不思議な位、自分の感覚って変化してるんですよね。同じ作品でも、泣く場所が全然違ったり、昔は、ただひたすら、主人公に感情移入して読んでたのに、ライバルの子のいじわるチックなセリフにも、腹を立てるのではなく、こんな気持ちで、あんな心にもない事口走っちゃったのね~なんて考えたり…
おっしゃあ!
これからも、いっぱい漫画読むぞ~(^◇^)

皆様、コメントありがとうございました♪


bookウクレリアンさん

きゃー!機会があったら
是非マン喫で読んでみてください!!!
噂に違わぬ良い内容です。
私も新聞でオススメ記事が出ていて読んで
ハマってしまいました♪

そしてそして私も「りぼん」読んでました!
ときめきトゥナイト〜♪
「生徒諸君」はバイブル♪
ガラスの仮面と生徒諸君教師編は
いまでも買ってます。。。

われら世代の親たちは「マンガけしからん」ってタイプが主流でしたよね。
先代元首(母)は昔人のわりにマンガが好きで−−−
「続きがいっぱい出ているのを選べ」とか
いろいろ言われていました。。。


bookぽおるさん

>いい作品には匂い立つ何かがあるのかしら。

きゃー!!
きっとそれこそ「その札だけ赤く見える」ってヤツよ!
ぽおるには「ちはやふる」の良さが見えたんだと思うわ!

今は手元に残すことに縛られなくても
パソコンだったり図書館だったり
DVD借りたりってできていいよね。
私が子供の頃って少なくとも
そういうのが発達してなかったもんなあ。。。


bookはなさん

きゃー!!!タイムリー!
はなさん絶対「ちはやふる」好きだと思う〜〜〜
(勝手に・・・?)

>本当に不思議な位、自分の感覚って変化してるんですよね。

しますよね。わかるわかる!
子供の頃「生徒諸君」でマールが死んだ時
お母さんがおかしくなっちゃったのが
よくわからなかったんです。
わからないっていうかイヤだったの。
ナッキーがいるのに、って。

でもだんだんとお母さんの慟哭がわかるようになった。
どの子もかけがえのない我が子で
あんなに一生懸命育てたんだから、って。

ちなみに!「教師編」の19巻
10/13に出るみたいです!
(予定が変わっていなければ)
B'z買ってそのまま本屋へ−−−?

『生徒諸君』今読んでも、かなり難しいです。『沖田君の最後』と『ナッキーの二人への愛』。
そして、
『ちはやふる』、好き、好き。
楽しい!絵も好みです。
大人買い決定。
ナラリーノさんのおかげで、良い作品に出会えました。ありがとうございます。
>ちなみに!「教師編」の19巻10/13に出るみたいです!
明日は、楽しみがふたつもある。うれしいO(≧∇≦)

bookはなさん

きゃー、読みました?『ちはやふる』!

> 大人買い決定。

イェ〜〜〜イ!仲間が増えたぁ♪

感想ありがとうございました☆
ナ国で漫画部作った方がいいですかね。
いまのところ部員は、はなさんとぽおると
ウクレリアンさんと私かなあ(勝手に...)

『生徒諸君』とかほかの漫画とか読後感を
語り合う、みたいな。けっして描くほうではなく・・・♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46415495

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ「ちはやふる」は、いつかドラマになったりするのだろうか:

« ナ国☆バケツ稲プロジェクト【収穫の巻】 | トップページ | 世界の行方でもある。(映画『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』) »

Amazon商品検索