2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 一部カテゴリーのコメント欄閉鎖について | トップページ | 気のせいか?★「天地人」第36回 »

映画『TAJOMARU』〜崖っぷちのヒーロー〜?

映画『TAJOMARU』、さっそく観てきました!だって主題歌がB'zの『PRAY』なんだもーん♪



主役の小栗旬がカッコいいとか小栗旬の演技がよかったとか、そういったことはすでに多くのブロガーたちが書きまくっていると思うので、ナラリーノはあくまでもナラリーノ国の目線で『TAJOMARU』の見どころに迫りたいと思う。



ナラリーノ国に集う人ならば、『TAJOMARU』観てほしい。ランキングだとこんななんだけど。もちろん主題歌がB'zの『PRAY』だからってこともあるけれど(しつこい)。



だって『TAJOMARU』の小栗旬。
ナラリーノ国に集う人々ならば確実に「ある人」を想い出すであろう男だった。だからこそ『TAJOMARU』は不思議な親近感を感じさせる作品なのだ。



小栗旬が演じる多襄丸ってさ−−−



ヘタレなんだよう−−−(萌)



╋+・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・+╋
映画『TAJOMARU』あらすじ

室町時代末期。

身分高き家の子・直光(小栗旬)は、将軍・義政(萩原健一)の企みがもとで家を追われてしまう。
許嫁の阿古姫(柴本幸)とともに山中に逃げ込むが、二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われる。それが縁となり、直光は多襄丸から彼の名前を譲り受けることに−−−

╋+・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・+╋



正確には、ヘタレだったのは多襄丸の前身・直光の頃なんだけど。



この直光。いいとこの次男坊で何不自由なく育ったせいか精神的に脆いのよ。信じていたものがガラガラと崩れ去っていく様を見て



「オレはおかしくなりそうだあ〜!」って叫び、悶え、泣く。



さまざまなアクシデントに見舞われて、それにいちいち対応しなきゃいけないところとか



「君の方が、ヘタレピー以上に『〜崖っぷちのヒーロー〜』だ・・・」



って肩を叩いてあげたくなること必至。



そんな目線で見てたから、直光のうろたえっぷりが可愛くて可笑しくて。。。絶対そういう話じゃないと思うんだけど。申し訳ない。。。



芥川龍之介の『薮の中』をモチーフにしているけれど、エピソードを借りているのみ。薮の中で苦しんで、光を探して外へ出て行こうとする青年を描きたかったのではなかろうか。
小説のように結末を受け手に委ねる作品ではなく、「愛」とか「自由」といったメッセージが掲げられているからモヤモヤ感はないです。ラブストーリーが全面に出ている時代劇。だから思いのほか炸裂感がなくて、そこのところは残念。



どうせなら小栗旬には桜丸を演じて欲しかったなー。『TAJOMARU』に、直光と兄弟のように育った身分の低い青年が登場するんです。鬱屈してて複雑な性格で。崖っぷちのヒーローよりダークにヘタレた桜丸役の小栗旬を見たかったなー。



で、B'zの主題歌!『PRAY』!
ブザビといい『TAJOMARU』といい、どんだけヘタレのために歌を歌っているのだろう、我らが神は。。。



サビだけでもいいから、先に歌(歌詞)を知っているといいかと思う。そうするとね、作品を見てて「あ、きっとこの人のこの気持ちを歌いたかったんだろうな」って思える瞬間があるのだ。



♪今日もどこかで誰かが誰かのために祈る I will pray for you〜



いい歌だったなあ。。。もっとそこかしこで流してほしかったなあ。。。(しょせん、それだ)



╋+・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・+╋
映画『TAJOMARU』公式サイト
映画100本ノック★ランキングではこのくらい。

╋+・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・+╋

« 一部カテゴリーのコメント欄閉鎖について | トップページ | 気のせいか?★「天地人」第36回 »

B'z」カテゴリの記事

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

ナラリーノさんのレポを待ってました!!

ですよねーヘタレですよねー。
盗賊だけどがけっぷちなんて!
次男坊的な?お坊ちゃん的な??
でも最後の対決のところではぐっと堂々とした直光くんになってたので、
その差というか、成長具合を見せてたなーと。
自分のレポでも書きましたが、説明セリフが多すぎて違和感を覚えまして。
この違和感はなんだ??と考えたところ、映画っぽくない!舞台がどんぴしゃ!
というところにたどり着いたのです。
小栗桜丸説は確かに合うかも。
でもぉ、やっぱりぃ、主役をやって欲しいの♪(←小栗ファン目線)
なので屈折した男をやらせたらはまり役の森山未来くんを推薦します!(何に?)

B'zは最後だけでしたね…そこは素直に残念です。

movieウクレリアンさん

コメントありがとうございました!

ヘタレでしたよね〜(萌)
ウクレリアンさんも初日にご覧になるとのことだったので

「ヘタレだな、って想ってるかな。。。」

と思いながら見てました!

>映画っぽくない!舞台がどんぴしゃ!

私も思った!
映像の見せ方とかセリフが舞台っぽかった。
劇団☆新感線的な−−−?

>でもぉ、やっぱりぃ、主役をやって欲しいの♪

わかった、わかった(笑)
じゃあ桜丸は森山くん?
田中圭の立場はどうなる!?

B'zは−−−邪魔しないだけで御の字、ってことで!

ナラリーノさんも同じに感じてたんですね( ̄∇ ̄*)ゞ
でもいろいろ読んで回ってみたら、意外と好評なんでびっくり(←ホントに小栗ファン?)
もっと『舞台みたいな映画』とかで宣伝すればよかったんじゃないか?

>田中圭の立場はどうなる!?
今までは小栗旬は桜丸的な役が多かったんですよ。
だから新たな挑戦ということでがんばっていただき、
舞台化した暁には田中圭くんは盗賊の一味に加わっていただければ♪(ひどい?)

でも蜷川大先生がサブカルの小劇場系には小栗を出さない!と申されてるようなので
きっとやらないんだろうな(泣)
ああ、この際瑛太とか妻夫木くんとかでもいいから舞台化して欲しくなってきました…

movieウクレリアンさん

ウクレリアンさんのレポを読んで
「すんごい同じこと感じ取ってるよ〜」と
思わず感動してしまいましたよ!

>舞台化した暁には田中圭くんは盗賊の一味に加わっていただければ♪

田中くん、だんだんどんどん可哀想なことに。。。(^^)

一度小栗旬の舞台、見てみたいです。
チケット取るのは無理かなあ。。。

※「天地人」の件、ありがとうございました!
これまた同感でした!!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46195333

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『TAJOMARU』〜崖っぷちのヒーロー〜?:

» 「TAJOMARU」小栗旬のアップ結構多いです [soramove]
「TAJOMARU」★★★ 小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之主演 中野裕之監督、131分、2009年、2009-09-12公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「名家の次男に生まれた主人公が、兄や親友、 愛した女から裏切られた後、 失意の中偶然出会った盗賊の多襄丸を殺害し、 彼の名前を引き継ぎ再び彼らと対決する。」 たぶん小... [続きを読む]

» [映画『TAJOMARU』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆遅ればせながら観てきた。  ああ、確かに、公開時期が前だったこの作品の後に『カムイ外伝』を観たら、比較し、こちらに軍配を挙げざるを得ないわな。  『TAJOMARU』は、『カムイ外伝』の50倍は面白かった。  観て良かった。  私は、危うく、この傑作を見逃すところだったんだなあ、危ない、危ない^^;    ◇  原作は芥川龍之介の『藪の中』で、それは既に、黒澤が『羅生門』として名作を作っているが、『TAJOMARU』を作った中野裕之監督は、その奇妙な知的興奮そのままに、内容を現代的にパ... [続きを読む]

» 映画「TAJOMARU」 [ice-coffee]
9/12初日 観にいって参りました。雨降るなか (晴天続きだったのにこの日だけ雨でございました〜^^;) [続きを読む]

« 一部カテゴリーのコメント欄閉鎖について | トップページ | 気のせいか?★「天地人」第36回 »

Amazon商品検索