2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 稲葉さん、お誕生日だ〜☆ | トップページ | スタジオ収録、終了★『天地人』番外編 »

優等生。映画『BALLAD 名もなき恋のうた』

SMAPクサナギくん主演の映画『BALLAD 名もなき恋のうた』を観てきました。



ご存知の通り、原案は『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』。随分以前から話題になっていた名作の誉れ高いアニメで、賞を獲っていたので一度観てみたいと思いつつ——結局そのままにしてしまい、先に”実写版”を見ることになりました。



『クレヨンしんちゃん』は——原作者の臼井儀人さん、本当に残念なことに。。。心よりご冥福をお祈りいたします。ナラリーノが『BALLAD〜』を観に行った時はまだ行方を探している最中だったので「危険な山なのかな、無事だといいね」なんて話をしていたのですが。。。



。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

『BALLAD 名もなき恋のうた』あらすじ

現代。
小学生の真一(武井証)はいじめられている同級生を助けることもできない気の弱い男の子。そんな真一がなぜか天正二年の小国・春日にタイムスリップしてしまう。

そこで真一は銃で撃たれそうになっていた侍・又兵衛(草なぎ剛)を助ける。それが縁で又兵衛のもとに身を寄せることになった真一は、又兵衛が勇猛な侍であること、春日の国の姫君・廉姫(新垣結衣)を幼い頃から守り続けていることを知る。

ある日、北関東の大名・大倉井(大沢たかお)が廉姫に婚儀を申し込むため春日を訪れる。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。



ということで名作アニメと比較することない目で見ることができた『BALLAD〜』だったのですが。



ちと物足りなかった。。。驚けなかった。。。



たぶん真面目過ぎたんだろう、話が。一生懸命すぎたんだろう、作ってる人が!真面目に少年の成長もの、真面目に人情もの、真面目に身分違いの恋、真面目に戦国の話。真面目に『クレヨンしんちゃん』リスペクト。



で、「時をかける話」にありがちな(でも、それこそが胸を打つ)「遊び」や「不思議」や「ときめき」が取っ払われてしまった、という。。。



監督・脚本が山崎貴でROBOTと白組が制作に関わってるからもっと凝ったものが飛び出てくるかと思ってまたも期待し過ぎたのかもしれない。目玉の合戦シーン、あれこそ真面目の象徴だった!



ものすごく正しい合戦シーンなんです、特に兵器の使い方に「THE・当時」な感じを出したかったのがすごくよくわかる。
最近の時代物って「この時代にこの火力はないだろう」とか「この破壊力(切れ味)はないだろう」とか「そもそもこの戦い方はないだろう」っていうのが多いじゃないですか。そういうのがない!だから「うわ、正しいな〜(笑)」とは思った、思ったけど「すごいな〜(震)」にはならなかった(わがままだ)。だから、あの合戦は正しさ重視だと知っておかないと「その槍の使い方は何?迫力ないなあ」で終わります、きっと。



真面目な優等生が輝けないみたいで、ちょっと寂しいですな。。。じゃあなぜ同じく時代物の『TAJOMARU』より映画100本ノック★ランキングが上なんだい?という質問にはこう答えましょう。『BALLAD〜』のほうが


・個人的に好みな内容だったから(パンチがなくてもやっぱり泣ける)
・映画らしかったから(『TAJOMARU』は舞台のほうがよさが際立ったんじゃないかと思う)


というあたりがよかったと思ったから。
現代の少年と戦国の人々の触れ合い、その奇跡のような時間。それにまつわる、真一が過去に飛ばされてしまった本当の理由——なんて話です。こういうところは所詮ツボ。



優等生輝けず、は出演者にも言えるかも。
意外や、クサナギくんはよくなかった!(熱演がコントに見えちゃう)そして意外や、新垣結衣はよかった!演技も所作もなっちゃいないけど、そんなもん超越して可愛かった。しょせん顔かよ!いや、そうじゃないのよ!「ああ、このお姫様ならこのラストのエピソードは絶対アリだな」と思わせる、あの凛とした顔立ちの説得力はスゴイ。



来週は『カムイ外伝』見に行きます。



。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

映画『BALLAD 名もなき恋のうた』公式サイト

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

ナ国の「オススメ・タイムスリップ本」コチラ(3冊)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

余談ですが、新垣結衣のお父さん役が中村敦夫だった。敦夫づいているナラリーノって何...

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。

« 稲葉さん、お誕生日だ〜☆ | トップページ | スタジオ収録、終了★『天地人』番外編 »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

わかる気がします〜。

なぜか3つも時代劇が並んだ映画界。
だけど、改めて見ると大河ドラマってなんだかんだ言いながらなかなかどうして!
そう思えてしまいなり。
見てないけど、カムイ、この3つの中では1番な気がします。
私も見ようと思ってまーす!
だって脚本が宮藤さん。間違いなく好みなんです。

作者の件で元ネタが『クレヨンしんちゃん』であることを知り、両方見てみたいと思っていました。でも今回は「オススメ・タイムスリップ本」の記事を読み直して笑った...。

movieウクレリアンさん

コメントありがとうございました♪

なんだか時期的に並びましたね、
でもそれぞれの特徴がある作品ていうのも
面白い。

そうだ、クドカン脚本だから
ウクレリ範疇の作品ですね、カムイ!
ご覧になったらまた語りましょー!


movieぽおるさん

コメントありがとうございました♪

>両方見てみたいと思っていました。

うんうん、両方見たいよね。
私もとにかくアニメを見てみたいよ。

そして私も久々にタイムスリップ本記事を
読んで笑ってしまった(我ながら)
「〜森鴎外」、読んだ友人たちが
「いい作品だったよ!」
って言ってたから未読だったら是非♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46294009

この記事へのトラックバック一覧です: 優等生。映画『BALLAD 名もなき恋のうた』:

« 稲葉さん、お誕生日だ〜☆ | トップページ | スタジオ収録、終了★『天地人』番外編 »

Amazon商品検索