2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 体のイチブ★「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」第10話 | トップページ | より自然に、よりリアルに(「木枯し紋次郎」ハイビジョン化) »

ナ国☆バケツ稲プロジェクト【そろそろ黄金色の巻】

ナ国のバケツ稲、復習するならコチラ

芽出しの章/土準備の巻/種まきの巻/成長の巻/中干し後の巻/実りの巻/頭を垂れるの巻

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


ナラリーノ国でも稲を育ててみようYO!という安易な決意から始まった「バケツ稲プロジェクト」。もともとはJAグループが考えたれっきとした稲の栽培方法です。くわしくは、コチラ



さて。ナラリーノ国のバケツ稲、通称「稲バ」もしくは「稲葉ケツ」ですが。



黄金色
朝日を浴びて輝いています。もうだいぶ日が短くなってきているから「夕焼けの中の稲」の姿はなかなか撮影できなくて。



ナ国の稲はちゃんとした田んぼと違って少ないけれど、でもその神々しさは伝わってきます。私たちは毎日、こんなにも美しいものをいただいているのですね。



稲を育てるにあたっての冊子をきちんと確認していなかったので、大切な観察を忘れた 花が咲いてから10日くらい経った後のもみを指でつぶすと「お米のもと」が見れるんだそうです。デンプンなんでしょうかね、もみの中には白くて甘いミルク状のものが入っているのだとか。



これが固まるにつれてお米ができるんだって。見たかったな。でも今年は1粒も無駄にせずに収穫することを目標にして、もみの中の「お米のもと」は来年観察したいと思います。



« 体のイチブ★「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」第10話 | トップページ | より自然に、よりリアルに(「木枯し紋次郎」ハイビジョン化) »

ナ国☆ネイチャー」カテゴリの記事

コメント

夜分に失礼します〜前回はミノルタの教え!有り難うございました♪ブリジストンに続く新たな知識になりましたm(__)m
お米のもとは成長早く残念でした(>_<)また来年のお楽しみとゆーことで!

そいえば先週の帰り道、大変でしたね〜(;_;)この時期暗くなるのが早いので人混みや帰り道(映画の帰りなんかも)気を付けて下さいませ。

稲は順調に育っているようですね。
力強さを感じます。

太陽の光を浴びた稲の姿は、本当に美しいです!
昨日の夕方、久しぶりに農道を通って帰宅しました。見渡す限り田んぼが広がっています。越後のこの時期の「夕日を浴びた黄金色の田園風景」は絶景です☆

個人的には、「ヨシヒカリ」バケツの生育具合が気になります。
 
収穫が楽しみですね♪

デンプンが見れたりするんですか~。へー。色々と勉強になります。いつの日かお茶碗にのってるのを見るのが楽しみです(*^▽^*)

おぉ~素晴らしいショットですね。
実りがわかります。収穫が楽しみですね。

もうすぐですね、稲刈り
雀とか、鳥に食べられたりしてませんか?

皆様、コメントありがとうございました!


キーコさん

お米のもと!この観察はかなり重要でしたよね!
失敗しました〜来年のレポまでお待ち下さい。。。。

企業の命名ネタってけっこう楽しいですよね。

※お見舞いもありがとうございました。
フッカツです!


ゆかりさん

>力強さを感じます。

そうなんです、なにぶんバケツっ子なので
ひよわに育つかとおもったらそんなことなくて!
立派に力強く育ってます。

「夕日を浴びた黄金色の田園風景」かあ。。。
日本人の原風景って感じ。。。
見ると心に沁みますよね。
ゆかりさん、贅沢な場所に住んでるなあ。。。

ヨシヒカリ、今では一番の成長株だったりします。


Pinkymomocoさん

私も知らなかったんですが
ちゃんと観察するとそういった過程まで
確認できるそうなんです。

こればかりはなかなか見れませんものね。。。
来年はかならずチェックしようと思ってます!


ヤスさん

なかなか美しいショットでしょ?
なにぶんベランダ稲なので
てすりにひっかけた洗濯バサミまで
そっと写りこんでおりますが。。。

個人的には収穫した後、葉っぱを乾かして
何か作れたらいいな〜と思い始めました。


なこさん

>雀とか、鳥に食べられたりしてませんか?

いまのところ無事です!

なんでも説明を読みますとね、
雀退治の準備はこれからのようなんです。
やっぱり若い実だと雀も寄って来ないのかな。
うちの近所はネコちゃんも多いので
このまま平気かな。。。と甘く見ているのですが。

順調に育っていますね。
私の実家では稲作をしているので(自分とこの分用に)小さい頃から、青々した稲や黄金色の稲を毎年見て育ちました(因みに実家の地域は何年か前に田園風景日本一に選ばれたらしい?)。
幼い頃は田植えや稲刈りなんかも手伝っていました。
食べ物を育てるのは本当に大変だな、と思いますがあと少し。頑張って育ててくださいね。
楽しみにしています。

ナスさん

コメントありがとうございました♪

>私の実家では稲作をしているので

そうでしたか...みなさんステキなところで
育ってるんだなあ。。。
田園風景日本一なんて!

小さな頃から田植えや稲刈りに触れられるなんて
ナラリーノからすると贅沢な経験だと思うのですが
毎年だと大変かあ。。。

大事に育てますので収穫祭まで
いましばらくお待ち下さい!

「毎日、こんなにも美しいものをいただいている」という言葉に心動かされました。感謝を込めて毎日いただこうと思います。

ぽおるさん

コメントありがとう!

うん、農家の皆さんのご苦労ももちろんだけど
田んぼの美しさを見ると「心して食べねば!」と
思えるようになりました!

それよりぽおる、ブログはいいから
早く寝なさい...
(ゆかりさんの早さも気になるところです)

なんと美しい黄金の稲バちゃん♪
神々しい…わかる、わかる☆うちの地元では お米一粒に 7人の神様が宿る、と言われてるんだけど まさにその神々しさ。

大切にかみしめねばね♪

があるちゃん

コメントありがと!

>お米一粒に 7人の神様が宿る、と言われてるんだけど

いい話だね。
でも神々しいものには
やっぱり神様が宿っているのかも。
一粒に7人もか〜なおさら大切に育てなくては!

があるちゃん、お疲れなのだから
ご飯はしっかり食べてね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナ国☆バケツ稲プロジェクト【そろそろ黄金色の巻】:

« 体のイチブ★「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」第10話 | トップページ | より自然に、よりリアルに(「木枯し紋次郎」ハイビジョン化) »

Amazon商品検索