2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 久々に一輝の過去記事@国ドゥー読んでみた。 | トップページ | 信念の一字・・・?★「天地人」第39回 »

秋の夕べのクラシック(NHKカジュアルクラシックコンサート)

ナラリーノ、NHKカジュアルクラシックコンサートを鑑賞してきました。区の公共ホールゆえか、残念、音響は良くなかったのですが、秋の夜に相応しいクラシックの名曲・童謡を楽しめる室内楽コンサートでした。このコンサート、ご招待だったのである、「ご招待」。国家元首らしい〜(相変わらず、応募は自分でしている寂しい国家元首)。


NHKカジュアルクラシックコンサート


ふだんクラシックに触れる機会が少ない人も楽しめるようにとトークが挟まれるところが嬉しい。奏者が曲や楽器の解説をしてくれるんです。
ナラリーノはクラシックまったく不案内なので、こういうレクチャーはとてもありがたい。興味の扉を開いてくれると思います。



オーボエ奏者の小林裕さんが言った。



「オーボエの起源は、実は日本なんですよ」





「大きく吠える、と書いてオーボエなわけです」



知らなかった!



ということでナラリーノ、忘れないようにメモ帳に大きく



「大吠。」



と書いたのだが、この話は小林さんの冗談だった(諸説あるようだがオーボエの起源はチャルメラ、という説が有力視されているようだ)。
小林さんは客席の「またまたそんなこと言って〜」といった反応を期待されていたようだが、観客が一律



「うそ!?」「そうなんだ」「トリビア!」



的な盛り上がりを見せてしまい、相当焦っている様子だった。こんな触れ合いもまた、クラシック通が集うコンサートとはまた違う様相だろう。



プログラム(この記事の末尾に)、特に前半は郷愁を誘うような、お家が恋しくなるような楽曲。秋らしい時間を過ごせたなあ。
買ったままで聴きこんでいなかったクラシックのCDをちゃんと聴こうと決意した夜でした。



ちなみに3年前に聴きこんでいた「のだめカンタービレ Selection CD BOOK」の記事はコチラ



◆◆NHKカジュアルクラシックコンサート(2009.09.24/東京:なかのZERO大ホール)

◆奏者
ピアノ:高橋希(ピアニスト)
オーボエ:小林裕(東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者)
バイオリン:松田拓之(NHK交響楽団第一バイオリン)
ビオラ:坂口弦太郎(NHK交響楽団ビオラ奏者)
チェロ:山内俊輔(NHK交響楽団チェロ奏者)

◆プログラム
チャイコフスキー「白鳥の湖」〜情景〜より<五重奏>
ラヴェル「ハバネラ」
(※)<オーボエ&ピアノ>
グラナドス「アンダルーサ」<ピアノ&チェロ>
ベートーベン「悲愴」<ピアノソロ>
変奏曲「サッパカリア」<バイオリン&ビオラ>
「浜辺の歌」<ビオラ&ピアノ>
「赤とんぼ」<五重奏>

モーツァルト「オーボエ四重奏曲」より第1楽章<オーボエ、バイオリン、ビオラ、チェロ>
ブラームス「ピアノ四重奏曲」第3番ハ短調<ピアノ、バイオリン、ビオラ、チェロ>

「ふるさと」<五重奏>

※予定変更楽曲のため、正式な名称がわからんです。

« 久々に一輝の過去記事@国ドゥー読んでみた。 | トップページ | 信念の一字・・・?★「天地人」第39回 »

ナ国☆ミュージック」カテゴリの記事

コメント

クラシックコンサート、いいですね!

実は幼少期から大学受験の前まで、15年ほどエレクトーンを習っていたり、部活でサックス吹いていたりした私です。

でも、今現在ほとんど弾けなくなっている上にクラシックはちょっと畑違いだったりするのですが。

佐渡裕さん(うろ覚え)とかっていう指揮者さんが好きです。一万人の第九の指揮をやってらっしゃる方です。

クラシックコンサートnoteいいですね~。
ジャンジャン応募しましょう(笑)

やっぱり生の音は、響きがいいですよね~。
耳だけじゃなくって、全身で音を感じることができて、
音の渦中に入りたい~私としてはコンサート、最高ですsign01

しかし…どんなに好きでも、必ず眠くなるクラシックって~
何でなのかな~、不思議。

私もまず間違いなく、小林さんを焦らす自信があります。
クラシック通が集うコンサートだと、いとも簡単に夢の国に誘われてしまうゆえ。
リラックスして安らかに眠れてしまうくらい素敵な演奏、ってことなのでしょう、きっと。

芸術の秋ですね~note
私は自分で弾くばかりで、最近聴きに行ってないですねぇsweat01
ぁ、でも、来週、行ってきます。
いい音楽を聴いたら、私の演奏も良くならないかしら(笑)

皆様、コメントありがとうございました!


noteケイさん

エレクトーンにサックスかあ、いいなあ♪
ピアノを早々に挫折して以来
楽器はまったくできない私なので
楽器を弾ける人って憧れ...♪

(ちなみにコメントしてくださったなこさんは、
今でも楽器の演奏を楽しんでいる方なんですよ)

>佐渡裕さん(うろ覚え)とかっていう指揮者さんが好きです。

ケイさん、タイムリー。。。
私が「買ったCD」って佐渡さんの指揮です。


noteP3さん

今回のコンサートは専用ホールじゃないから
音は悪かったけど楽器(特にピアノ)は
珍しいものを使っていたみたい。
(なおさらもったいない?)

クラシックが眠くなるのは
saariさんのご指摘の通り、
安らげる演奏だからこそでしょう!


notesaariさん

よかった、区民以外でも焦らし組が−−−
小林さん「すすす素直すぎますよ」みたいな
反応でしたから(苦笑)

今回は夢の国から追い返されたようで
最後までしっかり聴けました。

ところで最近の某大河、いかがですか?
ご覧になってます???


noteなこさん

>来週、行ってきます。

あ!いいな。
ブログでのご報告、楽しみにしています。
やっぱり実際楽器を弾いている人が聴くと
感想が違うだろうなあって思って。
だからなおさら楽器をやってみたいんですがね〜

チェロの低音がよくて
「チェロもいいかな」って思って−−−
あ、そういえばコンサート中に
チェロの弓が切れたように見えたのですが
弓って切れても演奏続行できるんでしょうか???


最近の某大河、ちゃんと見てますよぅ。
コメント欄が閉鎖中ゆえ、鳴りを潜めておりますが。
(ここに書くのが不適当でしたら、掲載しなくていいです。
陛下にお読みいただくだけでも。)
『信念の一字・・・?★「天地人」第39回 』
のペース配分に大賛成です。
今更こども店長の力にすがろうなんて、遅いよ!
再来年辺りの大河、石田三成が主役じゃん?というくらい、ここのところの小栗三成、いい仕事ですね。
脚本のおかげか演出のおかげか、やっと冷や冷やしないで見られるようになったなぁ、上杉家の出番少ないけど、と思っていたら、もうクランクアップですか。
残念無念・・・。

notesaariさん

ゴメン、掲載しちった。

>コメント欄が閉鎖中ゆえ、鳴りを潜めておりますが。

申し訳ございませぬ。。。
同じくマメに感想を寄せてくださる方と
アンダーグラウンドで意見交換したりしてるので
そういった方のコメントを皆さんにご披露する場を
設けようと思いつつ、もうクランクアップ−−−


地下意見交換会、参加いたしとうございました。
最近はドラマに苦言、よりも、毎日の通勤で「天地人」ポスターの前を通りかかる度に、「殿・・・どこ?」と哀しく視線をさまよわせるばかりですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/46318191

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夕べのクラシック(NHKカジュアルクラシックコンサート):

« 久々に一輝の過去記事@国ドゥー読んでみた。 | トップページ | 信念の一字・・・?★「天地人」第39回 »

Amazon商品検索