2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

『台湾人生』。大きなものへの躙り口(にじりぐち)

台湾、大好きです。二度遊びにいきました。
街の活気、建造物の面白さ、買い物や夜市も最高!ご飯もお茶もすごく美味しいし、とても魅力的な国。ついでに金城武も魅力的♪



なにより、日本人に優しいのがありがたいじゃないですか!ナラリーノは黙っていても日本人だとわかるらしく、話しかけられるわ、手を振られるわ、いきなり頭なでられるわ(実話)。



日本にイヤな思いを抱いてないの?お茶屋のおじさんに



「日本が統治していた時代の台湾はよかったよ〜」



って言われて、友人とふたり(いつもコメント書いてくれるぽおるさんです)仰天したのを覚えています。



『台湾人生』は、台湾が日本の統治下にあった時代に生まれ育った5人の台湾人の今を追うドキュメンタリーフィルムです。彼らの日々の暮らしと言動から「かつて日本人だった人たち」の人生が浮かびあがります。



一瞬、わけがわからなくなる映画です。インタビュー形式でやさしく作られているはずなのに。



登場する5人の心情に大混乱してしまったのです。ナラリーノは台湾を知らな過ぎました。みんな、なんでそこまで「日本人」なの?


5人に共通する「日本人としてのアイデンティティ」は絶句するほど強烈です。こんなにも、国とは心に馴染むものなのか。植え付けられたはずのもの、「本来の祖国(台湾や中国)」とは違う国のものなのに。



でも確実に「民族の血」は流れていて−−−時おり見せる「それ、絶対に日本のものじゃないよね」という風習や感覚!教えられて染みついたものと、生まれながらに手にしたものの混在。でもみんなそれぞれ「本来の祖国」に対して抱く想いが違ったり。そして「日本」への感情。ほんとに一本道じゃないんです。。。



「そこく」「みんぞく」「あいでんてぃてぃ」プラス「れきし」。日本人、苦手でしょ?客席でまごまごしているナラリーノをご想像ください。あ、そういえば作品に出てくる台湾のお爺ちゃんが「孫がこんなに大きくなって、まごまごしてるよー」とか言ってましたよ。日本語でオヤジギャグ。染みついている・・・



そんな複雑な感覚を淡々と撮影してるので余計に迫ってくるのです。とにもかくにも、台湾を訪れた時に感じた何ともいえない懐かしい雰囲気と温かさ。それを形作るものの真相に触れた気がして複雑でした。うん、やっぱり複雑。。。



答えが用意されている話ではないのでどういう答えにしようか迷ったのですが、見続けていると最後の最後で「あ、私が混乱するのは当たり前なんだ!」というエピソードが出てきました。混乱していいのだ!だから、ナラリーノはこんなふうに考えてみました。


日本は台湾の人たちに対して「何をした」か。「何をしなかった」か。

今ではそれに「そのまま何もしていない」「おまけに何も知らない」がプラスされてしまった。

でも「何も知らない」だけは今からでもクリアできる。勉強すればいい。理解できなくてもわかって歩み寄ろうとすることはできる。



『台湾人生』は「くに」とか「れきし」といった得体の知れない大きな世界に入っていくための「にじりぐち」みたいな、まさに日本の佇まい的作品でした。にじりぐち。お茶室の出入り口です。小さく目立たせない作りだけれど、自分で戸を開け、頭を垂れて入らなければなりません。



なにぶん上映館が限られていますが、観る機会があった時は観賞後にパンフレットを購入することをお勧めします。作品を見ながら、おそらく多くの観客が気にするであろうある登場人物の「その後」が記されています。その後日談にもう一度感じ入るはずです。こんなにも、国とは心に馴染むものなのか、と。



とにかく、強烈に台湾に行きたくなりました。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°

◆『台湾人生』公式サイト
2009年6月現在、東京・ポレポレ東中野にて公開中。ナラリーノは初日は混雑のため入れず。翌日、上映1時間前に出向いたところギリギリで席をゲットできました。ご参考まで。

映画100本ノック★ランキングでは●位です

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°

カルシウムとりなさい★「天地人」第26回(feat. DANONE BODY-ism Calcium Works)

「天地人」、今回のお題は「関白を叱る」。「兼続が男気を出して人でなしの関白を叱りました。バンザ〜イ」みたいな話ってことか。兼続には申し訳ないがつまらなそう。ということで。今回もネタを用意してみました。



ボディイズム
『DANONE BODY-ism Calcium Works』どの。宜しくお願いいたします。



先日、キリンMCダノンウォーターズの新商品『DANONE BODY-ism Calcium Works(ダノン ボディイズム カルシウムワークス。以下、ボディイズム)』のモニターキャンペーンに応募してみた。普段の食生活では1日に必要なカルシウムを摂取しきれない、というのはよく聞く話。「ボディイズム」はこれ1本で1日目安量のカルシウムの50%を摂取できるという清涼飲料水だ。



ちょうどカルシウムに関する記事を読んだ直後で試飲したいと思っていたら当たった♪ででんと2本。カゲカっつぁんと兼続みたいに並んで送られてきた。



本日は「天地人」をレポしつつ−−−



  • 食事もせずに「天地人」見てるアナタのために!
  • イライラしながら「天地人」見てるアナタのために!


カルシウム配合の「ボディイズム」をご紹介していきたいと思う。「ボディイズム」と「天地人」の壮大なコラボ。我ながら、これは新しい。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。


兼続の才気に魅せられた秀吉は、アメとムチを駆使して兼続を家臣にしようとするが兼続は断固として拒否。ここにきて、視聴者にオススメしようと思っていた「ボディイズム」を飲ませてあげたい登場人物がわんさか出てきた。



秀吉
兼続をゲットできずカッカする秀吉に「ボディイズム」




おね
秀吉の態度にカッカするおねさんに「ボディイズム」




三成
イヤミな三成さんにも「ボディイズム」。ほら、みんな必要な栄養素を食事で摂りきれてないから情緒が不安定になるんだよ・・・(※)

「ボディイズム」公式サイトには情緒とカルシウムに関する記述はありません(6/28現在)。



登場人物のカルシウム不足を心配してるうちに、どうやら諦めたらしい秀吉のもとから兼続が宿所に戻ってきた。相変わらず、あっさりと。そこで兼続は、別の家臣が燃やそうとしていたカゲカっつぁんの遺言状を見つける。



読んでみる。どうやら家臣たちに当てた遺言状らしい。



「自分と兼続に何かあったら越後に戻り、立て直して秀吉を討て。秀吉は主従の仲を引き裂くような男。義を貫くべし」



みたいなことが書いてある。誘いを断った兼続に秀吉が何かしたら、カゲカっつぁんは秀吉と刺し違えるつもりだったのだ!



どんだけ深いんだ、カゲカツ愛−−−カゲカっつぁんこそ、「愛」の兜をかぶってほしい。ついでに着物にも「愛」の刺繍をほどこして(演歌かよ)。



なのに!兼続ってば遺言状燃やしちゃったよ!カゲカっつぁんのアツイ想いがしたためられたラブレターみたいな遺言状!思い出にとっとけよ!
燃えた



キーーーーーッ!今回の(も?)「天地人」はダメだ!



ドラちゃん?
朝日姫がデカすぎるし!




コブが
徳川家康の頭の形がヘンすぎるし!




ぱらっぱらっぱー
ぱらっぱらっぱーっていうBGMがイヤすぎるし!


そもそも、いったいいつタイトル通り「関白を叱」ったんだーーーー?
(注:ナラリーノ、本気でわかりませんでした。。。)



わからなすぎてイライラが募ってきたのでナラリーノこそ「ボディイズム」を飲んでみる。グビッとな。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。


「ボディイズム」。ナラリーノが大好きなレモンの味です。でね、こういう清涼飲料にありがちな“飲んでくうちに増す甘味”がないかな。スッキリしてる。だから口の中がさっぱりしたまま。ナラリーノは甘い飲み物を口にしないのだが、これなら大丈夫だと思う。

「ボディイズム」のおかげで落ち着いた心持ちで、「天地人」を見る。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。


場面は変わり、一緒にいたいのにカゲカっつぁんの母ちゃんが邪魔しにきたのでしかたなく解散する主従カップルが映る−−−



「私語今宵別無事 共修河誓又山盟」←これは兼続が作った愛の歌−−−ドラマでは奥さんを想って詠んだ歌だと説明していたが−−−



Tenchi26_9
(歌の訳:互いに愛を語り、今夜、何もなかったように別れた)




(しかしふたりは−−−)




shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

Tenchi26_10

Tenchi26_11
(山河に永久の愛を誓い合ったのだ−−−)

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

って、こっちのほうがしっくりくるのはナゼ?妄想できるまで回復しました。ありがとう「ボディイズム」♪てことで皆様も「ボディイズム」ぜひ♪



(´・ω・`)ノ第26回「関白を叱る」あらすじ

兼続(妻夫木聡)と景勝(北村一輝)は秀吉(笹野高史)の茶会に出席。その場で秀吉は兼続を家臣にすべく砂金の山を積むが、兼続は自らの主は景勝以外にいないと誘いを突っぱねる。

茶会のいきさつを知った家康(松方弘樹)は天下のすう勢を読んで上洛を決意。秀吉は徳川が上杉と牽制し合うよう、上杉に託したばかりの東国の守りを家康にも託す。

(´・ω・`)ノ********************************


コネタマ参加中: 『DANONE BODY-ism Calcium Works』モニターキャンペーンスタート

戦争の・・・(映画『真夏のオリオン』)

『真夏のオリオン』、観てきました。



−−−ちょっと困ってしまったので、一緒に見に行った玉木宏ファンの友人にこの作品のよさを訊いてみました。



友人「玉木宏の声がよかったよ」

(そうなんだ)



友人「玉木宏が元気にカレーを食べているところがよかったよ」

(なるほど)



−−−ほかは?



友人「・・・なんで日本の戦争映画って、ああいう流れになるんだろうね・・・」



ごもっとも!!!



.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.
『真夏のオリオン』あらすじ

2009年の日本。
倉本いずみ(北川景子)のもとにアメリカから手紙が届く。差出人の祖父の遺品に、いずみの祖母(北川の二役)のサインが入った楽譜があったという。いずみは過去を紐解くために、日本海軍で潜水艦長を務めた祖父(玉木宏)の部下・鈴木を訪ねる。

鈴木が語ってくれたのは、1945年8月、紺碧の海原で起きた出来事だった。

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.



特段、アラはないのよ。いや、あるけど−−−演技がヘタな人もいるけれど致命的ではないし、疑問(兵隊さんや海軍とは本当〜にこんな見かけでこんな人たちだったのだろうか、とか)もスルーすればいいだけで(いいのか?)。



ただ、サラサラしてるの。。。



「戦争中の日本にも、こういう人がいました」「命は、粗末にしてはいけません」という話をセリフやエピソードで綺麗に束ねて、で−−−?ナ国でいうところの「守備重視、攻めないから負けない作品」ってやつです。一般的にはこのサラサラ感がいいのかなあ。



最近のナラリーノは−−−戦って戦ってその果ての景色を見ちゃってこの先どうやって生きていけばいいのだろう、という人たちの話とか(ex.「戦場のレクイエム」「ウォーロード」)、なんかもう、うかつに語れない域に登り詰めたこうの史代の作品に慣れてしまったので−−−残念、物足りなかったです!



とはいえ、戦時の人々の心の寄り添いが描かれた美しいストーリーです。肉体的な打撃を伴うシーンはほぼないので、痛いのが苦手だから戦争ものはなかなか見れなくて...という方もご心配なく。
ただし、閉所や空気が薄まることに対して恐怖感がある方にはキビシイ。なにぶん潜水艦の話なのでね。



.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.
『真夏のオリオン』公式サイト
映画100本ノック★ランキングでは●位でした

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

そしていまでも『K-20 怪人二十面相・伝』応援中

わああああい♪



6/24に『K-20 怪人二十面相・伝』のDVDが発売されました。ナラリーノは特典映像付きの豪華版を購入。本編もいいけど特典も胸が躍る!お茶目でカッコいいヒーローが作られていく過程とか金城武が一生懸命プロモーションしてる姿も見れたりします。そうだよ!こんなに金城武が頑張っちゃうほど力が入る映画なんだよーーーー!ナラリーノも頑張ってプロモーションだよーーーい!



あ、でも本編だって何度見てもいいよ。。。いまもまた、見てます。ちなみに公開当時どんだけ盛り上がってたかはコチラコチラで。



『K-20』。最初は内容も出演者もろくに知らないまま見に行ったのですが——チケット買う時「けーにじゅう(K-20)、ください」って言っちゃって売り子さんに「ケートゥエンティですね!?」って直されたくらいだったのに。面白かったからその後も続けて観に行って観るたび違う発見があって。それが誕生日直後だったので、なんとなく



「自分から気づこうとすればいろんなことを見つけられるんだよって、年とったばかりの私に何かが言っている気がする!」



って盛り上がって。とりあえず誕生日からの1年はなんでも物事の中心をしっかり見ようって決めて。これがあったればこその映画100本ノック開始だったという。



あ!いま本編ラストに差しかかったの…金城武の笑顔、あのセリフ!これからも何度見ても感動するだろう。。。涙が気持ちの隙間から割って出るみたいに滲むだろう。。。これがあったればこその、映画館で5回鑑賞だったという。



そんな感動に行き着くまでに、ドキドキしたりワクワクしたり笑ったり。すごく映画らしい映画です。アクションを俯瞰で撮ってるシーンが多いので、そのへんは大きな画面で見た方がより一層の迫力だと思うけど…話の面白さはおうちで見ても同じだから、見逃した方はぜひDVDで!ナラリーノ、5回とも違う人と観に行ったのですが皆さんに好評でした。自信ありです。



◆余談

金城武は、環境問題について興味があるらしい。

と、いうことで。



勝手に任命中

マイケルの死。そして彼女は

「朝から驚いた!」と、いう方が大勢おられると思う。マイケル・ジャクソンが亡くなった。



元同僚で、マイケルの大ファン・・・ファンを通り越して信奉者がいた。人生を賭けてマイケルを愛していた彼女は今、大丈夫なのだろうか。



マイケルのことが好きで好きで好きで、キング・オブ・ポップの彼を追いかけて世界行脚するような女性だった。マイケルを出待ち、入り待ちするときの心得も教えてもらったなあ(教わってどうするんだ・・・?)。



あの会社で働いていた何人の人が、「マイケル死去」の報を聞いて彼女を思い出しただろう。



××ちゃーん。大丈夫かー!?(友人一同より)



元CDバイヤーだったナ国・国家元首から亡き人に心からの哀悼を。同様に、彼を愛してやまない方達にも。。。

命日。

先週、ふと気がつきました。去年の今頃は板の間でゴロ寝していたんだと。


今日6月25日はナラリーノ家の愛犬・モモちゃんがお星様になった日です。


一週間ほど危篤状態だったモモは、なぜか台所を出たところのフローリングで寝たがりました。いつもは母の足下で眠っていたのに、最後の時はそこで迎えるのだ!と言わんばかりに。


しかたないのでモモ用のお布団を台所の前に敷いて横にならせ、母と交代で添い寝して過ごしました。もうこれ以上我慢しなくていいから、苦しくない場所へ行っていいからという気持ちと、ずっとずっとそばにいてほしい気持ちが混じって、私はずっと泣いていました。


モモが死んでしまったあと、なぜモモはあんなところで寝たがったんだろうと考えました。そしてふと、こういうことかもしれないと気づいて死ぬほど泣きました。


我が家はモモが家族の一員になってから、一度内装しています。モモが最後に寝たがった場所。そこは内装以前は玄関から続く短い廊下でした。


モモが我が家にやってきた頃、短い間でしたが寝起きしていた場所です。当初、私たち家族はモモは廊下から先の部屋にはいれず、ある程度育ったら外犬にするつもりでした。


でも、甘えん坊のモモが家族の顔が見えない廊下で落ち着けるはずはなく。みんなのいるほうに来たがってキューキュー泣いていました。そのたびにそばに行き、遊び、抱いてあやして寝かしつけるのですが起きればまた泣く。しまいには仕切り板に体当たりして部屋に入ってくる。その根性に家族が折れて、とうとうモモは「部屋住まい犬」の地位を獲得したのでした。


モモが最後に寝たがった、もとは廊下だった場所。あそこはモモにとって、甘えて泣けば私たちがかならず駆け寄ってくれる場所。助けにきてくれる場所だったのではないでしょうか。


それをモモが覚えていたんじゃないか、やっぱりモモは死にそうな自分を助けてほしかったんじゃないか。その罪悪感に、私は長いこと押しつぶされそうでした。いまでもモモとの楽しい思い出よりも、死ぬ間際のモモのことばかり思い出してしまいます。


命あるものと向き合うのは、本当に難しいですね。でもなるべく、生きようとしていたころのモモの姿を思い出すようにしています。


年老いてヨロヨロと歩くようになったモモの姿は、きっと命あるものの姿そのもの。命あるものは何があっても立ち上がって歩くことを願うんだよと、小さなモモが教えてくれたような気がします。


親戚の家からモモを連れてきたときと同じ電車に、今でも母と一緒に乗ることがあります。この間、席に座ってボンヤリしていたら、ふと母が言いました。


あの日のモモは小さなカゴに入って寝てたねえ。あの日はなんでだか席が空いてなくて、カゴを抱えたまま家族みんなで扉の横に立ってたねえ。
16年もモモと一緒にいたけど、扉からこの席に移動するくらいの、あっという間の時間だった気がするよ。


自分にとってかけがえのない存在と自分の人生が重なり合う時間なんて、過ぎてみればきっとそんな短さ。
だからこそ皆さんも、大事なものと向き合える時間やその中の気づきを大切に大切にしてください。そんなことも、モモが教えてくれたんだと思います。


そしてモモたん。1日たりとも忘れた日なんてないからね。いまでも皆とモモの話をしているんだよ。


モモたん

いつでもどこでも応援団だ!

本日6月24日はサッカー日本代表の中村俊輔選手のお誕生日♪



birthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthday

俊輔、お誕生日おめでとーーー!

birthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthday



それにしても急展開でしたな。移籍問題は。。。



俊輔、エスパニョール決定「一片の悔いもない」
(6月23日8時0分配信 スポーツ報知)

日本代表MF中村俊輔(30)が、スペイン1部10位のエスパニョールに移籍することが正式決定した。22日、横浜Mに断りを入れ、仮契約を済んでいた新天地とサインという運びになった。10年W杯南アフリカ大会までの進化に世界最強リーグを選んだ俊輔が勇躍、念願の夢舞台に突き進む。一方、横浜Mの斎藤正治社長らクラブ役員は交渉決裂の責任を問われ、進退問題に発展する可能性が出てきた。
ついに「エスパニョール俊輔」が誕生した。



セルティックとの契約が切れた時は日本に帰ってくるとばかり思っていた。実際、横浜Mのことを「オレの就職先」みたいに呼んでる時もあったから。



横浜Mが出したどうにもこうにもヒドイ条件が俊輔側の態度を硬化させて、一度は断ったエスパニョールに...なんて報道されてたけれど。



でも俊輔、よかったね。ずっとずっとスペインでプレイしたがってたもんね。。。



だからやっぱりここは、おめでとう!ってことで!



soccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccer

拝啓、中村俊輔選手

リーガ・エスパニョーラ(スペインリーグ)が始まるまでの約1ヶ月、できればゆっくり休んで今抱えている故障を治してください。そしてセルティックの頃みたいに試合に出続けられる選手でいてください。監督からもチームメイトからも何よりファンから信頼される選手でいてください。

夢のリーグで思う存分、自分の夢を描いてください。

〜ナラリーノ国・国民一同〜

soccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccer



これからも変わらずに、ナ国は俊輔の応援団!!!そして絶対に絶対に、怪我だけは絶対に勘弁ですよ!



ガンバレ、俊輔!



それにしてもスペインか。奇遇だわ、ホンットに奇遇だわ。



わたし、ちょうどスペイン語の勉強を再開しようと思って準備していたところなのよ。俊輔のエスパニョール移籍の話が出る前から−−−学生の頃、カルチャースクールで3ヶ月だけ勉強したスペイン語を−−−だからビックリしちゃった。



エスパニョールは中村獲得に伴い、公式サイトの言語を現行のカタラン語(カタルーニャ地方の公用語)、スペイン語、英語に日本語を加える計画があるという。
(6月20日7時10分配信 スポニチアネックス)



勉強にはうってつけじゃん−−−これぞ神の思し召し。「ナラリーノ、もいちどスペイン語やっちゃいなYO!」って。え、神ってジャニーさん・・・?で、ナラリーノ。セルビアクロアチア語の調子は、最近どうよ・・・?



それにしても、そこかしこで書かれている「エスパニョール俊輔」つう言葉がどうにも怪しくて可笑しい。

世界で一番愉快な勉強(MAMEWメイクレッスン−骨格診断の巻)

毎日をマヌケに生きているナラリーノとて今年で38歳だ。来るべき40代を充実したものにすべく、そろそろいろんな準備をせねばなるまい。


たとえば見かけ。とくに顔。


ちょっとは化粧をしよう。ふだんは日焼け止め塗る→眉描く→マスカラ塗る→終わり(口紅は唇が割れるのでめったに塗らない)。うーん、だらしない。このままではいかん。


ということで通ってみることにした。いきなりメイクレッスンに。以前雑誌で読んでからずっと行ってみたいと思っていたメイクアップスタジオ「MAMEW」のレッスンに!!!


——なぜそんなに「気持ちがMAMEW」だったか、というと。


MAMEWでは、メイクレッスンの初回に骨格診断をしてくれると雑誌に書いてあったから。その結果に基づいて「その人の顔だちに似合うメイク」を教えてくれるらしいのだが。その体験レポートに載ってた写真が素敵過ぎたのだ!


骨格診断された顔——スパイダーマンになっておる——(実物をご覧になりたい方はMAMEWのホームページをチェックしてね)。


ナラリーノもスパイダーマンになりたい。メイクが上手になるよりも。つうことでMAMEWの「Nベーシックマスターコース(全5回)」をお願いしたのだった(※)
※正確には、当初申し込んだのは全2回の「Nベーシックコース」だったのですが、初回のレッスンが勉強になったのでコースを変更してもらったのだ。


教わるぞ!骨格を、そしてそれに似合うメイクを!正しいメイクの方法を!


つうことで、まずは初回の骨格診断。顔の骨のへこみや出っ張り、それから眉頭や目のキワといったパーツの位置を基準にして顔にがんがん線をひいてもらいます。ちなみに診断やメイクを教えてくれるのはMAMEWの店員さん(以下、「きれいなお姉さん」)。


数分後。顔中にラインを引かれまくったナラリーノが鏡に写る。イメージ的にはこんな。
元首なれどスパイダーマン


したらばきれいなお姉さんが、スパイダーマン化したナラリーノに言ってくれたの。


「ナラリーノさま〜、骨格のバランスがとれてますね〜」


え♪


「横幅は綺麗に等分ですし、縦の長さもオデコ以外は等分です〜」


デコ
オデコ。。。(イメージ画像のピンクの高さ)


いま、私の顔を知ってる人が笑った気がした。


そう、ナラリーノ。ものすごくデコッパチなんです。額が広い上にまるまるとカーブしてるので、太陽の光や照明が写りこんでピカッ!っと輝くオデコ。よく笑われます。。。


たしかにスパイダーマン・ナラリーノのオデコは——線で囲んだスペースから皮膚がはみ出し放題だった。。。


でもまあね〜オデコ以外は等分なんでしょ?バランスがとれてるってことでしょ?それは美人の条件では?お姉さんはナラリーノが麗人だと言っているのでは?ナラリーノ国の皆さん、ナラリーノってば実は美人なんですよ♪すいませんねー、今まで隠してて。


と、ここまでナラリーノが大きく出たということは——ナラリーノ国の皆さん、おわかりですね?この「等分」なる言葉にとんでもない落とし穴が潜んでいたってことですよ。人の心を思い切り上げてから落とすような——(悔泣)


ナラリーノ「(イメージ画像の黄と青の高さが)等分ですか?私、下1/3(青)は長いと思っていたのですが」


お姉さん「いいえ、縦は上1/3(ピンク)が長いだけで、真ん中と下は等分です」


そうですか——なんだか下1/3が間延びして見えるような気がしていたのだが。ようは自分では「アゴが長い顔」だと思っていたのだが。目の錯覚だったのだろうか。


そう、それは目の錯覚だったのだ。。。お姉さんが、悲しい事実を告白した。


お姉さん「むしろアゴは人より短いですよ。ナラリーノ様の場合、人より長いのは鼻の下(鼻の下から唇の上)ですね〜」


——(震)


つまり、黄と青の長さはイコールでバランスがとれているけれど、その中にあるパーツの配分が激しく間違っている、と——?
(注:お姉さんは「間違っている」とは言いませんでした。)


「ナラリーノは鼻の下が長い」。なんか「象は鼻が長い」っていう文法構文があったけど、「ナラリーノは鼻の下が長い」。ナラリーノは鼻の下が長い。鼻の下が——


それって——顔立ちとしても人格としてもかなりガッカリなんじゃないですか——?
(注:お姉さんは人格については一切触れていません。)


長さが等分という言葉に、騙されてはいけません——


その中の、パーツが等分に配置されていなければ、美人ではないのです——


横幅については眉間の幅が目の長さと一緒だといいとかいろいろあったんだけど、なにぶん鼻の下が長かったので忘れちゃった。。。


ふふっ。。。


骨格にすらオチが潜んでいた自分に気づいた。約38年ぶりに。


ちなみにナラリーノがお邪魔してるのはビル地下にあるオープンスペース気味なお店。通りすがりの人に背中を見せて座るのでスパイダーマンメイクも見られないと思いきや。


なにぶん鏡に写ってるので。


店の外を通ったおっさんが、スパイダーマンなナラリーノのことを鏡越しにガン見してた。もうバツゲームみたい!死ぬほど可笑しかったけど、勉強中だから必死にこらえました。



映画『築城せよ!』応援中

劇場が沸いてた『インスタント沼』より笑い、『いけちゃんとぼく』より涙ぐんできました。ズレてるんだろうか、私は。



Chikujo1
映画『築城せよ!』の話です。もう、タイトルからして好き♪



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*
映画『築城せよ!』あらすじ

町おこしの一環として、古城跡地に工場を建設したい一派と城を復元したい一派が対立する町・猿投(さなげ)。

そこに突然現れたのは400年前、落城の憂き目にあい無念の死を遂げた侍の霊!彼らは調査にやってきた役場の職員らに乗り移り、住民たちに
「築城せよ!」と号令する。城の素材はなんと段ボール。。。

工場建設派の町長は段ボール城の取り壊し作戦を計画する。それは、近隣の名古屋城祭りにやってきた城好き、戦国好きたちに「段ボール城の取り壊しゲーム」参加を呼びかけるというもの。

はたして段ボール城は完成するのか。それともゲームの参加者たちによって壊れてしまうのか!?
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*



はっきり言って話は荒いです。流れは想像のまんま。



でも、なんか可笑しくてどこか悲しい。過疎化が進んで活気を失った町の人たちと戦国時代の殿様たちとのバタバタした交流。ゼロから生まれるものと消えゆくもの。そういうファンタジーさがツボでした。



段ボールが城の素材になったいきさつは、殿様がホームレスの段ボールの家を見たから。軽いからとか簡単に作れそうだからとかいう理由じゃなくて、ホームレスの家って作っても折り畳んでその場からすぐ無くせる。で、中はなにもなくて。そういうところが



「諸行無常じゃの〜」



って殿様が感じ入っちゃうという。で、「段ボールで築城せよ!」って。



そういう「機微」みたいなものにいちいち反応する殿様役の片岡愛之助がすんごいいいの!亡霊に乗り移られた役場の職員と乗り移った後の殿様役、二役なんだけど。
役場職員の時はろくに仕事もできない、存在感も髪の分け目も薄いトッちゃん坊やみたいな男なんだけど。アダナは「フラボン」(フラフラしたボンボンの略)だし。でもお殿様のときはホントにカッコいい!



猿投町の特産のお手玉ってのが殿様が生きてた時代からあるもので−−−それ見て想い出を語ったり。私はこういうシーンにやられがちなので、涙。『GOEMON』の中村橋之助といい、やっぱ「歌舞伎役者に時代もの」っていいね〜!橋之助以上に舞ってましたよ!最初、町の人たちは笑うの。「フラボンのくせにけっこう上手じゃーん」みたいに。でも一緒にお城を作っていくうちに「どうも、ホントに殿様らしい」って思い始めて、殿様の踊りを見るたびにそれが一致団結の術みたいになるという。片岡愛之助、ホントによかった。ぐしぐし縫われた着物の中のワンポイント刺繍みたいで。



限られた短い期間で急いで段ボール城を建てたいって話だったから、気がつくと結構出来上がっちゃってて。細かい作り方、知りたかったなー。作り方わかったら私もミニチュアでいいから作りたいよ。。。っていう、ものづくりの心をぶしぶしと刺激するのもこの映画のポイントね!



この作品、もうちょっと遅い時期に公開したらよかったのに。それこそ夏の終わりか秋口に。文化祭みたいなテイストです。ラストのシーンなんて感覚も映像も祭りのあとそのもの。大騒ぎして、そのあとしんみり。図らずも見たのが舞台挨拶付きの回だったので、古波津陽監督の思い入れを聞いちゃったから余計に応援したくなっちゃいました。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

『築城せよ!』公式サイト
映画100本ノック★ランキングでは●位です

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

視聴者の勧誘★「天地人」第25回

『天地人』。今回のお題は「天下人の誘惑」。気さくな人柄に見えた秀吉が、実は人の心のほころびを突いて主従関係を引き裂くような男だった、という話。優秀な兼続に目をつけた秀吉は、あの手この手で兼続を引き抜こうとする。



おわり。



困ったな、どうしよう−−−前回倒れたカゲカっつぁんは重病ではないらしく。ならば活躍せいよ!と怒鳴りたいところではあるが、療養中に影が薄くなったカゲカっつぁんはお偉方の集まりに呼ばれなくなり画面に出て来ない。



頭痛ネタも消えたので、バファリスちゃんに助けを請うこともできず。ナラリーノ、四面楚歌。ただの視聴者なのに。



仕方ないから今回は、カゲカの代わりに忙し過ぎた兼続のスケジュールをまとめてみた。



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо
兼続がこなした殺人的スケジュール
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо

◆1日目

×時×分。
歌会に出席。同席した前田利家(宇津井健)に認められる。

×時×分。
宇津井健に「おかくら」婿入りを勧められるかと思いきや、カゲカっつぁんを見舞う。



◆2日目

×時×分。
カゲカっつぁんのそばから離れないかと思いきや、秀吉のお召しで大阪城へ。上杉を裏切って秀吉側についた真田家の息子・幸村と再会。

×時×分。
幸村、ムカツク!ってなるかと思いきや、優しい兼続は怒らない。この件をカゲカっつぁんに報告。

×時×分。
いいかげん休むと思いきや、上杉の宿所に逃げこんできた初音を助ける。

×時×分。
召使いに頼むと思いきや、自ら初音を看病する。

×時×分。
そのまま終わると思いきや、初音を追ってきた真田の忍びに襲われる。

×時×分。
戦いか?と思いきや、幸村がやってきてそのまま会談(忍びはどうした?)。

×時×分。
いいかげん寝ると思いきや、初音を守るために寝ずの番。



◆3日目

×時×分。
朝くらいノンビリするかと思いきや、初音の今後をお涼(木村佳乃)に頼む。

×時×分。
いいかげんノンビリするかと思いきや、そのまま加藤清正宅の朝餉の会へ。

×時×分。
ちょっとでもノンビリするかと思いきや、初音が消えた。

×時×分。
どうするのかと思いきや、やっぱり初音を探そうとする。

×時×分。
じゃあそのまま探しとけ、と思いきや、三成が来て会談。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо



忙しい。よほど倒れてよさそうな兼続の働きであることだ。しかし倒れぬ。『感染列島』を思い出す。妻夫木くんには激務と健康しか似合わない。



この間、カゲカっつぁんは何してたかというと。やってきた千利休と茶を飲んでいたくらい?



激やせ風
激しく肩の肉が削げているカゲカっつぁん。



この衰えた筋肉!「カゲカっつぁん、ずっと臥せっていたんだわ・・・」とわからせる見事なシーンであった。(そうなんだ?)



やせ衰えたカゲカっつぁんと激務な兼続。そんなふたりの心のよりどころは−−−



お約束
やはり、互いの存在−−−



shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

Tenchi25_3

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

ふたりでいれば、この笑顔−−−(震)



それにしても妻夫木聡は美しかった。脚本が支離滅裂なので兼続の良さに説得力がないだけで、妻夫木くん自身は立派な若武者ぶり。堂々としてるし、声にもキレがあるし。
上杉の宿所を去って行く時の長澤まさみもよかった。廊下に手をついてうつむくだけの短いシーンですが、哀しく綺麗で。忍びの役なんかじゃなく、時代に翻弄される深窓のお姫様・・・なんて役のほうが合っていたかも。石田三成役の小栗旬が兼続を訪ねる場面、「(心の駆け引きという)戦を、ここでは政という」って説くシーンはよかったです。



北村一輝同様、みんな惜しい使われ方だなあ。。。私が偉い人だったらば別のドラマに鞍替えするよう勧誘したい、と思う。



(´・ω・`)ノ第25回「天下人の誘惑」あらすじ

病に倒れた景勝(北村一輝)に代わって挨拶回りに奔走する兼続(妻夫木聡)。その堂々とした振る舞いに前田利家(宇津井健)すら感心する。ある日、兼続は秀吉(笹野高史)の城で真田幸村(城田優)と再会。真田家が秀吉になびいたため、幸村は秀吉の人質になったという。秀吉は兼続も家臣になるよう迫るが、兼続ははぐらかす。

そんな折、兼続のもとに北条家の人質となったはずの初音(長澤まさみ)が逃げてくる。姉を追ってきた幸村は兼続に「初音を救うには兼続が秀吉の家臣になり、その褒美として助けてもらうしかない」と言うが−−−

(´・ω・`)ノ********************************

読み解くポイント。映画『愛を読むひと』

ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した映画『愛を読むひと』が朗読の日(6/19)に全国公開。ナラリーノは月初め、試写会を見て参りました。
原作は1995年のドイツ本国刊行後、世界中を席巻した大ベストセラー『朗読者』です。



・*:.。. .『愛を読むひと』あらすじ・*:.。. .。.

1958年、ドイツ。
帰宅途中に体調を崩した15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、介抱してくれた年上の女性・ハンナ(ケイト・ウィンスレット)と激しい恋に落ちる。
ハンナの求めに応じて彼女に本を朗読して聞かせるようになったマイケル。しかしある日突然、何も告げずにハンナが失踪してしまう。

8年後、法学生となったマイケルは傍聴した裁判で被告人席に座るハンナと衝撃の再会を果たす。ハンナには、たとえ罪をかぶろうとも打ち明けられない秘密があった。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚



物語は、その後何年も交流を続けるふたりの姿が描かれています。



原作の邦訳版が出版されたのが2000年のことらしい。私はその時に作品を読んだのですが、まっっったく好きになれなかったんだよな。。。今ならピンと来るかしら、と思いながら映画を観たのですがやっぱりダメだった。



で、この映画をどうやってブログで紹介しようかと考えて考えて−−−それでやっと、私が犯した失敗に気づいたわけです。



私は「ハンナの気持ち=なぜそこまで頑なに秘密を守りたかったか」を理解できるか/できないかというところに固執して観てしまったから失敗したんじゃないかと。もちろんその見方もアリだと思うし、理解できる人ならなおさらいいのだけれど、この作品はマイケルとハンナのラブストーリーなのだ!ラブストーリーなのだ!と唱えながら観たほうが感動が深まると思います。



そうじゃないと私のように「今も昔もハンナの行動が理解できないよーーーう」ってところでひっかかったまま止まってしまい、作品から脱落します。。。



理解なんてできなくてよかったのです。そもそもマイケルもハンナも理解できていないんじゃなかろうか、自分の中に渦巻く繊細な気持ちを。その繊細さを掬いとっている映画であり、表現したからこそのアカデミー賞最優秀主演女優賞なのではないかと。



相手のことを想いながらも絶望し。でも、年をとって罪も生きる恥も重ね続けたからこそ、再会した相手とわかりあえそうな。でもやっぱりわかりあえないような。でも理解してあげたいような。この割り切れないモヤモヤ感。そんなラブストーリーの妙に染まれば、この上なく切なく素晴らしい物語だと思います。



そこに絡んでくるのが本を読むことで人生を得たハンナの後半生。原作よりもハンナの心情が細やかに描かれているぶん、感動的でした。うん、ここは感動した!映画オリジナルのエピソードも話の内容を劇的に違えない程度に上手に挟み込まれていました。



ってことが自分でもわかったので、もう1回見直そうかなあ...



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚

★『愛を読むひと』公式サイト
映画100本ノック★ランキングでは●位なんです。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚

熱視線、その先に。

帰宅途中。可愛いニャンコ発見。

ニャンコ発見
ナラリーノをじっと見ているニャンコ。キミ、たまに会うよね。おいでおいで♪かがんで手を差し出すと。




隠れてるつもりらしい
なんだよ、逃げるなよ――先に誘ったのはそっちのくせに。こっちが本気になったらその態度かよ。
微妙な距離感だ。もしもこちらが耐えきれずあと一歩踏み出してしまったら、その場から去ってしまいそうだ。
そんなら、その目はやめてくれ。私に気がないならそんなにじっと見ないでくれ。ちょっと仲良くしたかっただけなんだ――それ以上のことは望んじゃいないんだ――だからもう行くよ。バイバイ――




で、振り向けば。




見られてる
気になってるらしい。ガン見されていた(笑)

まさかの豪州戦

日本、ケーヒルに2点を奪われて逆転負け オーストラリア戦=サッカー日本代表
(6月17日21時13分配信 スポーツナビ)

サッカー日本代表は17日、2010年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終戦、アウエーのオーストラリア戦に臨み、闘莉王のゴールで先制するも後半に2失点を喫し、オーストラリアに逆転負けした。



すごいショック——




結果じゃなくて。




試合があるのを忘れてた——どんだけボケてるんだ(震)




いや、最初から試合を見る予定はなかったのです。その時間は外にいて、見れないはずだった。でも急遽家に帰ったので——だから見ようと思えば試合を見れたんです。




なのに——




テレビつけるの、忘れた(震)




夜寝る時になって、別の部屋で試合を見ていたらしい母が「すごく、ダメな試合でガッカリだったね」と声をかけてきて思い出したという。。。




ナラリーノよ、サッカー日本代表以上にしっかり!

週の初めのサプリのような(B'zが初の「月9」主題歌)

おおおおお!


B'zが初の“月9"ドラマ主題歌
(6月17日7時32分配信 オリコン)

ロックユニット、B'zが、俳優・山下智久主演の新“月9"ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(7月13日スタートフジ系)の主題歌として新曲「イチブトゼンブ」(8月5日発売)を提供することが16日、同局より発表された。4年ぶりとなるドラマ主題歌を書き下ろした B'zだが、“月9"主題歌はこれが初。


おおおおお!
B'zの主題歌が初月9!なんだか「初節句」っぽくて縁起がいい。じゃあ、お祝いしなくっちゃ。B'zだって男の子だものー♪


祝☆初月9!乾杯〜〜〜beer


ナラリーノの中では「B'zが主題歌を担当するドラマは当たらない(ことが多い)」——内容に自信ないからB'zに頼ってるのかい?」と感じることが多いのだが。むしろB'zの歌は映画向き。パワフルなので映像のスケールが大きい方がいいと思っているのだが。


そんなこと言いつつ毎週観ることになりそうな月9。キャストと内容が発表された時「これは絶対観ないだろう」と思っていたのに。いやん、毎週レポらなくちゃ『ブザー・ビート」。前日は『天地人』だし、相変わらず地味に忙しい毎日となるであろう。


それにしても曲名の「イチブトゼンブ」。素直に「一部と全部」と読めばよろしいのだろうか。斬新なタイトルだ。一瞬、変換に戸惑うような。どこで区切っていいか迷うような。


タイトルが発するこの揺らぎこそ、ドラマの若き主役たちの青春を表していると言えよう(そうなんだ?)


稲葉さんが歌詞を書いた「イチブトゼンブ」。


「エジプト全部」的な。(けっこう広い)


「イーハトーブ全種」的な。(HONDAかよ)


「イ!恥部と前部」的な。(さすが短パンマン)


Inagosapli
「イナゴペプチド・ZEN」的な。
(偶然見つけたサプリメント)


わーい、早く効きたいねえ「ZEN」。違った、聴きたいねえ「イチブトゼンブ」!うーん、この夏は週始めから元気が出そうだ!


basketballbasketballbasketballbasketballbasketballbasketballbasketball

ナ国の『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』レポ

第1話の記事★ シュートが光ってる
第2話の記事★ 股間が光ってる
第3話の記事★ 光を背負ってる
第4話の記事★ 後光が差している
第5話の記事★ いよいよカメハメ波
第6話の記事★ 他人も光り出す
第7話の記事★ 猛烈のキスシーン
第8話の記事★ 光で縁取りだ
第9話になるはずだった記事★録画し忘れた
第9話の記事★字幕が中国語
第10話の記事★顔以外もいいぞ
最終回★脱力だ〜

番外編★B'zが初の月9主題歌!
番外編★ 人物紹介
番外編★ 踊ろよLADY
番外編★ みんなのヘタレピー占い
番外編★ヘタレピー、お大事に!
番外編★
皆様、本当にありがとう!

basketballbasketballbasketballbasketballbasketballbasketballbasketball

ナ国☆景気対策(アンパンマンの限定Tシャツ)

不景気だ不景気だと人はいう。ならば。市場の活性化を狙うべく、お金を持っている人間はたくさん買い物せねばなるまい。


という強い信念を持って、おとな買いしてしまった。お金ないのに。


ライブ中


やっぱライブ中


限定Tシャツ
ANPANMAN kids collectionの夏期限定Tシャツを――(1枚目の画像は背中のプリント♪)


だって、可愛過ぎるでしょ!?バイキンマン・ライブバージョンだYO!?限定だけに「2009」って書いてある。これ見た瞬間に


「ナラリーノ、このTシャツをサマソニに着ていきな!」


って神様のお告げが聞こえたの。神様ってこの場合、B'z?


で、ライブバージョンだけでなく、あと2枚――
まだ買っとる


ピンクはアンパンマンの工場の図っぽい。黒はチビTで背中にインベーダー風のアンパンマンたちが並んでるの♪


やー、可愛いなあ♪ビバ☆おとな買い。おとなバンザーーーーイ♪


この限定Tシャツのコンセプトは「親子ペアで着れるおしゃれなTシャツ」のようですが、まあナラリーノがひとりで着ても――なにぶん景気対策ですから。えーと、1枚5,145円(税込)なり。


『洗練の4』★映画『ターミネーター4』

<ターミネーター4>5日で興収10億円突破 初登場1位の好スタート
(6月15日18時33分配信 毎日新聞)

13日公開された米映画「ターミネーター4」(マックG監督)が、公開5日間(6月5〜7日の先行公開含む)で興行収入10億円を突破したことが明らかになった。13、14日の映画興行成績(興行通信社調べ)でも、初登場1位を獲得、好スタートを切った。



おう!ナラリーノも先週観てきましたよ『ターミネーター4』!



「斬新なPart1」、「感動のPart2」、「余計なPart3」を経て生み出された『ターミネーター』シリーズ最新作。さしずめ「洗練のPart4」と言えばよいだろうか。



movie『ターミネーター4』あらすじ

人類滅亡を狙う機械軍・スカイネットが起こした核戦争(=審判の日)から10年が経った西暦2018年。

ジョン・コナー(クリスチャン・ベール)は、生き残った人間たちによる抵抗軍のひとりとして機械軍と戦っていた。ある時ジョンは将来自分の父親となるカイル・リース(アントン・イェルチン)が機械軍の暗殺ターゲットになっていることを知らされる。

当のカイルは、ターミネーターに襲われそうになっていた謎の男・マーカス(サム・ワーシントン)と出会い行動をともにしていた。ある晩ラジオを聞いていたカイルは、「救世主伝説」の張本人・ジョンの決起声明を耳にする。カイルはマーカスらとともにジョンのもとに駆けつけようとするが、ターミネーターに囚われてしまう。


moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie



当たり前ながら製作方法が進化してるので自然と映像が洗練されている。ゆえに『ターミネーター』シリーズらしき



「ぷぷぷぷぷー」



みたいなわざとらしさや可笑しさは皆無。なんかもう、ガンコ職人が作った飾り気なしの作品的な。無駄な要素や茶化しどころを全て削ぎ落としたゆえの洗練、みたいな。真面目な映画だったなー。



でも真面目にならざるをえなかったんでしょうね。いままでの話とは違って−−−いままでは「現代に、未来からターミネーターが来ました」って話だったけど、今回は「ターミネーターのいる現代で、その時代の人が機械と戦う」話だから。相手が機械というだけで、ガチな戦争映画だもん。



そんな話の中心にいるのがジョン・コナー役のクリスチャン・ベール♪カッコよかった〜〜〜、すんごいカッコよかった!顔は端正だし、ガタイはいいし!いやあ、私も彼が人類の救世主なら生き抜きたいよ(浅はか)。Part2のジョン(エドワード・ファーロング)の美しさと繋がってよかった!「3」で崩れまくってたもんねえ、ジョン。。。



このジョンの変貌こそが、Part4までの時間の流れの象徴。Part2でシュワちゃんと交流を持って、機械に対してどこか暖かい気持ちを持っていたジョンだったのに、今回は機械なんて全然信じてない。憎しみの目を向けていて。



ああ、彼は戦い続けて気持ちが変わっちゃったんだ!ひどい時代を生き抜いたんだと思わせる。セリフがなくてもわかるのはシリーズものの強み。だから過去作品の予習復習は必須。感動と感慨を増幅させたいならば。



だって!カイルを逃がそうとしたジョンが彼にかけたセリフが!短いんだけど、もう染みて染みて胸がチリチリしました。それはやっぱり、Part1を見たからこそだと思うの。あとは戦いに行くジョンが奥さんにかけた言葉。あれらのシーンはもう一回観たい。



アクションは戦隊もの風。驚きの展開はないので「洗練」という名の無個性かもしれないPart4。
でも、人類の救世主となるべく幼いころから重荷を背負ったジョンと、もう一度だけ生をまっとうしようとするマーカスの心情は胸を打ちます。
Part1の「いやあ、斬新だわー」から始まって、とうとう「人が人として生き抜くこと」を語るにまで昇華したところを評価させてください。泣きました。


movie念のために『ターミネーター』軽くおさらい

「斬新なPart1」

舞台は1984年のロサンゼルス。
未来で世界を牛耳る機械軍が邪魔者のジョンを抹殺すべく「だったら生まれる前に母ちゃん=サラを殺しちゃえ」と考え刺客=シュワちゃん型ターミネーターを送り込んだ、と。

で、このサラを救ったのがカイル−−−Part4で暗殺リスト入りしてた男の子の成長した姿だったよ、と。で、サラとめでたく結ばれましたよ、と。(カイルは戦死しちゃうけど)

「感動のPart2」

Part1から10年後のロサンゼルス。
未来世界の有様を語るサラは異常者として病院に監禁、息子のジョンは養父母に育てられていた。
あるとき、二人の前にふたたび2体のターミネーターが現れる。一人は警官姿の刺客。一人は10年前サラを殺そうとした再プログラム済みの善型シュワちゃん−−−

シュワちゃんの頑張りのおかげで、未来の救世主は救われたのでした。


「余計な(と、思っていた)Part3」

Part2から10年後。
「ちょっとー、日付はズレましたがー、やっぱー、審判の日は来ましたー。おわり」みたいな話だった。馬鹿な子の日記みたいな。
でもこの回あったればこその「4」?(「4」に出てくるジョンの奥さんが「3」で出てくる)

movie映画100本ノック★ランキングでは●位です


頭痛なら★「天地人」第24回

『天地人』、今回のお題は「戸惑いの上洛」。前回、故郷に戻って英気を養ったかに見えたカゲカっつぁんだったが、もともと気の進まぬ上洛だった上に気疲れやら鬱憤やらが溜まり、どうにも体調がすぐれない。





ひどい耳鳴り。そしてこめかみを押さえる仕草から察するに、ストレス性の偏頭痛か。




なのに!こんな調子で周囲と交流を続けるカゲカっつぁんをほったらかして兼続は!今回初登場の美人さん・お涼とイチャついて楽しそうだ。浮気者!おまけに諸大名や京の民たちの関心は、愛の兜をかぶった兼続にあるようだし!




もう兼続は当てにならん。ナラリーノがカゲカっつぁんの苦労に寄り添って、頭痛を治してあげなくちゃ♪この方の力を借りて。でで〜〜ん!




バファリスちゃん
バファリスちゃん、なにとぞ宜しくお願いします。




この可愛いリスちゃん、ご存知ですか?頭痛薬・バファリンの特設サイトで活躍中。皆さんの頭痛のタネを食べるために生まれてきたリスちゃんです。




できるリス
って、バファリスちゃん。可愛い♪癒し系のアナタなら、こめかみ押さえて苦しむカゲカっつぁんを助けてくれるハズ−−−すがるような気持ちでサイトへイン。バファリスちゃんの質問に答えてみた。




あなたのことを
バファリス「まずはあなたのことを教えてください!」

はい。調べてみると上洛当時のカゲカっつぁんは30歳だったようだ。で、職業は「殿」だから「その他」で。性別は「男性」と。次へ。バファリスちゃんの質問は続く。




バファリス「あなたの“頭痛のタネ”はどんなタイプ?」




「恋愛」「仕事・勉強」「友人・家族」「美容・健康」から選ぶ模様。どれかな?カゲカっつぁん。




・・・
あー、はいはい。いいよ、「仕事・勉強」だよね。次へ。




バファリス「質問を読んで、一番当てはまるなぁと思う答えを選んでね。問1:あなたの仕事や勉強、一番の問題点は何?」
うーん。どれかな?カゲカっつぁん。




・・・
はいはい。じゃあ「まるで自信がない。」があるからこれ選ぼう−−−次へ。




バファリス「問2。その“頭痛のタネ”、実は誰が原因だと思う?」




・・・
今回の場合、まずは秀吉かな?てことで答え。「上司や同僚」を選択してみた。次へ。




バファリス「問3。解決のめどは見えている?」




・・・
あー、はいはい。わかんないよね。でもなにぶんドラマだし、今月中にはカタがつくんじゃないの?それに近い答え、あるかな?バファリスちゃん。




さすが、できる。
やるなあ、バファリスちゃん−−−次へ。





バファリス「問4。その仕事や勉強に、やりがいは感じてる?」




・・・


平気?カゲカっつぁん。ちょうどいい答え、あるかな−−−あ!「まったく感じない。」があった!選択して次へ。次は思ってることを入力するみたい。




バファリス「言いたいことを吐き出して、スッキリしちゃってください!」だってよ!カゲカっつぁん。代わりに入力してあげるね。




リアル。。。
「上杉の『義』が、わしを縛りつけておる...」。これでいい?あ、とうとう頭痛の結果が出ましたよ!




バファリス「あなたの頭痛のタネは『仕事とプライベート分裂フタコブ型』。うまくいかないことがあると自分をせめたり大切な人にあたったりしちゃうよね。でも、がんばってきた今までのことを否定しちゃったら、がんばり損だよ。また明日から頑張ればいいんだから、今日はめいっぱい自分をほめてあげよう!」




だって!泣かすね〜〜バファリス!ニクイよ、このやろ!




泣くなって
いや、リスのセリフに泣くなって−−−(震)




励まし
ほら。バファリスちゃんがまだ励ましてくれてるよ。カゲカっつぁん、よかったね。また来ようね。。。





いやあ、今回の「天地人」。最高殊勲選手はバファリスちゃんだな!ドラマに登場してないけど。でも兼続以上の頼もしさだったでしょ?しかもね、バファリスちゃんたらマウスでナデると寝ちゃうし〜〜〜♪





shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

おねむ

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

可愛いなあ−−−(萌)





なんて思っているうちに、とうとうドラマのカゲカっつぁんが倒れてしまった!ゴメン、l結局誰もカゲカっつぁんの苦労に寄り添っていない−−−(涙)



(´・ω・`)ノ第24回「戸惑いの上洛」あらすじ

景勝(北村一輝)率いる上杉軍がいよいよ京入り。宿所には千利休の娘・お涼(木村佳乃)が世話役として控えていた。お涼の助言で兼続は秀吉への献上品の太刀を金襴の袋に入れる。狙い通り、秀吉は太刀袋に大喜び。が、刀より金をとる秀吉に景勝は幻滅する。

夜、疲れきった景勝を、秀吉の重臣・福島正則(石原良純)が酒宴に誘う。翌日も秀吉の重臣たちからの招待を受けるが、自分のしていることに疑問を持った景勝は拒否する。兼続が必死に説得しているそのとき、ついに景勝が倒れてしまう。

(´・ω・`)ノ***********************

実れ、実れ☆(おうちインゲン、トマト、カボチャ)

その急激過ぎる成長ぶりが、ナラリーノおよびブログ読者を驚愕させたインゲンくん



インゲン成長中



モリモリ
相変わらずモリモリ成長中。モリモリしすぎたので、2つの鉢に分けてみたのですが、それでもモリモリ。



インゲンの花
花もつき始めました。マメ科だけあってスイートピー様の、薄ピンク。



このまま花の時期が終わったら、実るかな?と思っていたら−−−



赤ん坊インゲン
インゲン、実りはじめた−−−?



収穫も近いかな!?ちなみに画面に写りこんでいる白いものは「インゲンだったらつるが伸びるだろうから」と母が用意してくれたビニール紐。オシャレ感、なし。しかも種が入っていた袋を確認してみたら「つるなしインゲン」でした。



トマト
こちらはインゲンと同じ時期に種を蒔いたトマト。実りはまだ先。でも、さわさわと風に揺れるとトマトの香りが漂います。
ホントは株間をとらないといけないので植え替えが必要ですが、インゲンと違ってそれが出来ないわけがあるのだ。それは。



バジル
トマトの根元にバジルを植えたから。トマトとバジルはコンパニオンプランツ−−−近くに植えることで互いに良い影響を及ぼしあう植物だと聞いたので。具体的には病害虫の発生を防いだり、生育が良くなったり、風味が増したり。



料理でもナイスな相性なのに、こんなところでも共存してるのが麗しい。ちなみにナラリーノ国の農業は無農薬、化学肥料なしを目指しています。



最後にコチラ。カボチャです!

カボチャ

料理に使ったカボチャ。その種を母が蒔いてみたそうです。気づいたらこんなになっていた!カボチャ大好きなので、実るといいなあ♪



−−−発泡スチロールで育ててるってのが、オシャレブログになれない原因ですかね−−−

ボーカル!サユリ・イシカワ!

なんと・・・
YAHOO!の、このトピックスを見て−−−



一瞬、「まさか、さゆり!サマソニ参戦か!?」と思ったのは私だけなのでしょうか。



石川さゆり、初ロックフェス出演…主催くるりのラブコールで実現
(6月11日8時0分配信 スポーツ報知)

歌手の石川さゆり(51)が、9月22日に京都で開催されるロックバンド「くるり」主催の野外フェスティバルに出演することが10日、分かった。ロックフェス出演は36年のキャリアで初めて。

石川が出演するのは、くるりが地元・京都の梅小路公園芝生広場で開催する「京都音楽博覧会」。



残念。フェス違いだった。でもSUMMER SONIC 09にも出て欲しい、と思ったのは私だけなのでしょうか。






B'z松本さんのギターにあわせて「天城越え」歌って!




B'z稲葉さんと「津軽海峡・冬景色」シャウトして!




と、思ったのは私だけなのでしょうか。すごくすごくカッコいいと思うのですが−−−てか、いつの間にかコラボって妄想になってる、B'zと。



拝啓・石川さゆり様。
もしもB'zと共演する機会があったら、是非短パン姿でご登場ください!もちろん、上半身はTシャツとかで構いません、素肌に革ジャンでなく。華麗な着物姿で登場→着物を脱ぎ捨てたら、ホットパンツなさゆり様で






♪AH−AH!津軽海峡ウォ〜H・U・Y・U・G・E・S・H・I・K・I!






みたいな。そんなことされたらナラリーノ、阿久悠への思いを抱きしめながら、上野発の夜行列車に飛び乗ると思います。もちろん、ステージが終わったあとで。




NHKテレマップにハイライト★『天地人』番外編

さきほど、当ブログに遊びに来てくださるキーコさんから「NHKテレマップに『天地人』後半戦のハイライトが流れるそうです!」との情報をいただきました(詳細はコチラの記事のコメント欄をご参照下さい)。
キーコさん、ありがとうございました!



下記、NHK質問箱からの回答をベースにした情報とのことなので、変更がありましたら何卒お許し下さい。なにぶんNHKということで放映時間帯に地域差がある可能性も書き添えさせていただきます。



tv 「NHKテレマップ」で「天地人」ハイライト★2分バージョンが流れる予定です

11日 AM1:37 (NHK総合)
12日 AM4:05  (NHK総合)
13日 PM0:40  (NHK総合)
20日 PM4:50 (教育テレビ)

tv  ハイライト★3分バージョンが流れる予定です

14日 AM0:40/PM17:55(NHK総合)
17日 AM1:35   (NHK総合)



***************

増えてきました★「天地人」番外編

ロクガツのカゲカツ
サブリミったらしい。。。
またもぬかってしまった
ドラマ以上にぬかった
理論る
懐かしい人★菊姫
おかえり、与六&喜平次
こんなとこでも見つめ合っている
大河ドラマをテーマにしたランチ
ライバル登場、なんということでしょう

***************

ナ国、グローバル化の予感(だったらいいのに)

当ブログは「ココログ」のサービスを利用しているのだが、ココログにもアクセス解析機能がついている。



自分のブログにどれくらいの人数の方が、どんな記事にアクセスしてくださっているのかは気になるところ。なのでマメに確認しているのだが、最近ちょっと気になる状況に陥っている。



アクセス解析で「ページ別アクセス数」というのを見てみると−−−ようは、当ブログの訪問者が期間内にどの記事をお読みになったかがランキング形式でわかる機能なのだが−−−




これ、なんだろう−−−




Kankoku1


なぜにハングルの記事がランクインしとるのだ−−−?もちろん韓国語で書いた記事はないのだが−−−





最近、毎日毎日、これが表示されるのだが−−−





ウイルスにでも冒されて文字化けしているんだろうか−−−





そして。アクセス解析には、訪問者が利用しているブラウザの言語設定がわかる機能もついている。



ここ数ヶ月、「ブラウザの言語設定、ハンガリー語」が増え始めているのです。先月にいたっては中国語、韓国語を抜いて日本語、英語につづいての多さ。これはいったい−−−?



これ、あくまでも「ブラウザの言語設定」であってハンガリーからのアクセス数が表示されてるわけではないと思うのだが。言語設定=ハンガリー語。ココログって自動翻訳されるんだろうか。それとも文字化けしまくってる国ドゥーをハンガリーの方たちはお楽しみなのだろうか。それともちゃんと日本語で読むことが出来ているのだろうか。うーん、ちょっとわからない。



いっそ、ココログに問い合わせるべきなのだろうか。言語設定の意味を。そしてハングルで記事名が表示される理由を。



ちなみに。もしもハングルおわかりの方がいらっしゃいましたら訳していただけるとありがたいです、画像のハングル。「★」のあとにカッコで括られた3文字があるあたり、「天地人」に関する記事じゃないかと思うのですが−−−

稲葉さんの「Wonderland」思い出しつつ(映画『路上のソリスト』)

映画『路上のソリスト』。公開してすぐ観に行ったのですが、どう書いていいかわからなかった。実話をもとにしたお話らしいのですが、難しい話なんですよ。

 

:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

『路上のソリスト』あらすじ

ロサンゼルス・タイムズの記者、スティーブ(ロバート・ダウニー・Jr)は、ある日路上で2弦しかないバイオリンを弾くホームレス、ナサニエル(ジェイミー・フォックス)と出逢う。ナサニエルはかつて将来を嘱望された天才チェロ奏者。その才能に気づいたスティーブはナサニエルに手を差し伸べようとするが、ナサニエルはあることが原因で自分の世界から動き出せなくなっていた。

:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



宣伝を見て、勝手に二人の男性の友情物語だと思いこんでいたのですが、さにあらず。“友情”と見ていいかもしれないけれど、たとえば『ROOKIES』で描かれるような土砂降り後の晴れ間みたいな友情ではないです。そんなにストレートな話ではなく。



なにぶんチェロ奏者が出てくる話なので、美しいクラシック音楽が多用されています。でも、私の頭の中ではB'z稲葉さんのソロ曲『Wonderland』が流れっぱなしな映画だった♪そのわけを語りたい。



この作品を観て、稲葉さんが『Wonderland』を作ったときのことを語ったインタビューを思い出した。
『Wonderland』の歌詞が出来る過程で、稲葉さんに影響を与えたものがあるようだ。それは、稲葉さんがかつて見たドキュメンタリー番組で、引きこもりの人を助けてあげる−−−ようは、ある人が引きこもった人の家に毎日通い、声をかけ、外に出してあげようとする話だったらしいのだが。以下、稲葉さんの言葉を引用します。


「やっているうちに、外に出してあげようと思って行っていた人が、その人にとって外が本当に幸せなのかなっていう風にだんだん思い始めるの。その彼を出してあげようとしているんだけど、本当にいいのかっていう疑問が沸いてきて(以下、略)」

「僕たちが普通の生活をしている尺度からすると、こっちに出てきた方がいいって言うけど、もしかしたらそうじゃないこともがあるかもよっていう。」

(ファンクラブ会報誌「be with!」vol.62より)



まさにそんなお話です、『路上のソリスト』。惹きつけられるのに、わかりあいたいのに、ある事実が原因で気持ちも人生も重なっていかない人間同士のドラマでした。その横たわっている事実を見つめるスティーブの視線が、稲葉さんの言葉の中の「引きこもりを外に出してあげようとする人」と同じ。観ていて重く、哀しいものがあります。でも誰でも似たような経験はあるんじゃないかな。そういうすれ違いって。



『路上のソリスト』はジョー・ライト監督の作品です。監督!『つぐない』ホントに好きでした−−−この人の作品(脚本は別の人みたいだが)て観てると傷つくんだよ。。。聞いてると胸に刺さるような、人を傷つけるためのセリフが出てくるんですよ!今回もスティーブがある女性に言ったセリフに私は驚いた!



「うわ、私、この立場の人にこんなこと言われたら一生立ち直れないよ!」



って思って無駄に震えてしまいました。



と、名作の資格充分な『路上のソリスト』ですが、勝手に爽やかな内容を期待しちゃってたので、ランキングはちょっと低めで。



:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

映画『路上のソリスト』公式サイト
映画100本ノック★ランキングでは何位か?
『Wonderland』の歌詞の検索はコチラから

:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

新しい景勝像、か?★「天地人」第23回

「天地人」、今回のお題は「愛の兜(かぶと)」。いよいよ兼続が兜の前立てに「愛」を用いるのだが、まあ、そんなのどうでもいい。




ナラリーノ国でお伝えせねばならぬのはカゲカっつぁんの動向なのだ。今回は『天地人』開始時に人気を博した子役たちがふたたび登場、カゲカっつぁんと兼続の過去を見せつけてくれる模様。




今回、カゲカっつぁんの引きこもり人生の発端が明らかに?




てことは、カゲカっつぁんの真の人となりが明らかに?




と、いう期待を保ちながら『天地人』を見る。




しょっぱな。「やっぱり俺、上洛したくない」とか言い出す大人時代のカゲカっつぁん。上洛と上杉の義の間で想いは揺れっぱなしらしい。ドラマ開始早々、ふさぎ込んでしまった。




今回わかった真のカゲカっつぁん:ふさぎがち。




いや、これは今回初めてわかったことではないので。次へ。




困った兼続はカゲカっつぁんを誘って上田庄へ向かう。上田庄。それはアベック主従の故郷であり、ふたりがともに幼い頃を過ごした場所。懐かしい景色を見たカゲカっつぁんは過ぎし日のことを思い出したようだ。




喜平次(カゲカ幼少期)「(幼少の兼続に)何があっても、そなたとわしは一緒じゃな」




愛おしげ
懐かしげに、愛おしげに、自分の言葉を思い出すカゲカっつぁん。ああ、ここは幼い主従アベックが愛を語り合った場所だったのね−−−




今回わかった真のカゲカっつぁん:ずっと兼続が好きでした。




いや、それも今わかったことではないから−−−




場面はふたりが勉強していた雲洞庵に移る。昔、カゲカっつぁんがひきこもっていた納戸の前でハシャぐ兼続。入ってみたいが戸が開かなくて、そのまま人を探しにいってしまう。




気まずい
取り残されたカゲカっつぁんとお船。したらば−−−




二人きりになりたくなかったのだろうか。お船までその場を離れてしまった!




今回わかった真のカゲカっつぁん:モテない。




や、それも前からわかっていたのでannoy




も〜、1話つぶしてカゲカっつぁんの過去や人物形成を語ってくれるなら、もうちょっと新しい切り口で攻めて欲しい。したらば!あったあった!これは新しいカゲカっつぁんだ。




兼続が開けることが出来なかった納戸の引き戸−−−カゲカっつぁんが引いてみたら、難なく開いてしまった。




今回わかった真のカゲカっつぁん:引き戸を開けるのが得意。




特技「引き戸開け」。これは新しいカゲカ像であり殿様像だ。しかも!そのまま納戸に入ったカゲカっつぁんを追っていると彼の新たな才「過去の映像が見れること」に気づかされる視聴者。なんとカゲカっつぁんは納戸の中で子供時代の自分と幼い兼続=与六に遭遇してしまったのだ!納戸でふさぎこむ喜平次に握り飯を持って来る与六。




今回わかった真のカゲカっつぁん:子供のころから好物は握り飯。




そうか、握り飯を喰らうカゲカっつぁんを新妻のように見つめてた兼続。あの笑顔は幼い頃を思い出していたのね−−−深い−−−




喜平次がふさいでいる理由。それは人見知りな自分が阿部ジェロニモ謙信のあとを継ぐ器と思えないこと。そんな喜平次を「大丈夫じゃ。わしがついておる」「喜平路さまのそばにはわしがおると申したではないか」と励ます与六。




ともに笑い
幼い頃から微笑み合い−−−




ともに見つめ
見つめ合い−−−




ときに覗き−−−
覗き見−−−?むしろこっちのほうが幻みたいな−−−(震)




今回わかった真のカゲカっつぁん:今も昔も不安。
今回わかった真のカゲカっつぁん:
今も昔も兼続に支えられっぱなし。




・・・それも知ってマス−−−




それにしても今回、カゲカっつぁんはよく泣いていた。夢の中で謙信と語り合っては泣き、その夢を見ながら泣き。




今回わかった真のカゲカっつぁん:けっこう泣き虫。




兼続とは似た者主従って話ですよ−−−




綺麗。。。
それにしても美しかったですね!泣きながら眠る北村一輝−−−もはやカゲカっつぁんの話なんて、どーでもいい。もう今回はこのシーンがあっただけで良しといたしたい。




と、目新しい過去、人物像はほぼなし。まあ昔からの結びつきを思い出して主従の結束は強くなりました、で、すっきりしたカゲカは上洛を決意しました、と。よかったよかった。そして−−−お約束。すべてを吹っ切った半裸のカゲカを見つめる兼続。そのアツイ視線。




shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

熱視線

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine




shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

半裸で
ヤアッ!

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine




shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

半裸で
ハッ!

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine




あ−−−




半裸で。。。

一時停止ボタン、押し間違えたら変な映像が撮れちゃった。何やってんの?カゲカっつぁん。なかなか新しい。



(´・ω・`)ノ第23回「愛の兜」あらすじ

秀吉(笹野高史)に上洛の約束をした景勝(北村一輝)だったが、突然上洛を取りやめると言い出す。兼続(妻夫木聡)は景勝を故郷の上田庄に誘い、幼い日々を過ごした雲洞庵を訪れる。

北高全祝(加藤武)は、上洛を迷っている景勝に一枚の書を渡す。それは景勝が幼いころに書いた「第一義」の言葉。「迷いは信念を心にすえる礎」という全祝の言葉に景勝は上洛を決意する。

上洛の日が迫るころ、兼続は自分の義にふさわしい言葉を探していた。お船(常盤貴子)の助言から仁愛の愛、越後の民を愛する思いが自らの力の源であると気づいた兼続は「愛」の文字を兜の前立てにあしらう。

(´・ω・`)ノ***********************

B'z新曲『DIVE』こんなんじゃ♪(1コーラスプロモ公開!)

こんな歌なんですね・・・♪YouTube → Beingのコンテンツにアップされていました。

「♪こんなんじゃ、いやだ、もう」って歌ってる?こっちこそ、こんな短いお披露目はイヤだ!早く、早くフルで聴きたいよう!!!

おめでとう、サッカー日本代表☆2010年南アフリカW杯出場決定!

いやー、あっという間に先制してホッとしたのもつかの間、敵に押され続けてドキドキしましたが——


サッカー日本代表、2010年南アフリカW杯出場決定!


 

おめでとーーーーー!


 

しかし。「ギャー!うれぴー」という感慨は、ない。だってW杯に出るのは当たり前、目指してほしいのはもっと大きい結果ですもの。


 

と、冷静さを装いつつ、やはり嬉しい。ホントによかった。オシムは見ていてくれただろうか。。。


 

サッカー日本代表。いろんな人の夢を背負って頑張って欲しい。もちろん、個々の夢も叶えて欲しい。ドイツで叶えられなかった夢を南アで見せて欲しい。まずは故障は勘弁ですよ!


ガンバレ!!!


で、W杯出場を決めた試合ですが。やはり親善試合と真剣勝負は違った。キリンカップのようにはいきませんでした。


ウズベキスタンのガツガツした当たりに吹っ飛ばされる日本代表。中村憲剛はとくに狙われて、日本の縦方向の芽は摘まれ続けるのだった。そして憲剛は交代してピッチの外へ。おう。。。


ウズベキスタンの猛攻は続く。「俊輔がどーしてそんなとこまで守ってんのよ!!!」てブリブリ怒りたくなるくらい、いろんなところに走り込んで守備してた俊輔・・・俊輔の気合いは伝わってきたよ!!!


それでもなんとか持ちこたえる日本代表。したらば!後半そろそろ終わりって時にゲームが止まったと思ったら長谷部がレッドカード!一発退場をくらった!なんで?どうして?と思っているうちに俊輔は交代になっちゃった!試合時間もあともうちょっとだし、日本は守備だあ!と岡田監督が判断したもよう。


でも俊輔の代わりにアベちゃんがちょっとでも出れたからいいや。。。と思っているうちに岡田監督がロッカールームのほうに歩いていっちゃったから


「長谷部の退場に怒っちゃって、試合も見てないよ」


と思ったら監督も退席処分だった。


監督。今日は変な審判にカリカリしてたから「退席になるんじゃないないの」って言ってたらやっぱりそうだった。ファンの予想を、自ら当ててくれた岡田監督。


おまけにアベちゃんが豪快にシュートを放ったのに(外れたけど)


「本田」


って選手紹介がでちゃって!たしかに本田もアベちゃんも金髪だが間違うなテレ朝あ!と怒り狂う茶の間のナラリーノannoy
それにしてもテレ朝!前半の段階で「ではもう一度このプレイを見てみましょう」が多過ぎ!そうやって映像をリプレイしてる間に、実際の試合のチャンスとかその後のピンチが映らず!何してんのよテレ朝!って、たしか以前は−−−ドイツW杯の時は「普段通り、テレ朝で放送してたら勝てたのに」とか言ってた気がするナラリーノ。時は流れた。


と、いうドタバタ劇ののちに日本W杯出場が決まったのだった。


そして監督が戻るのを待たずに円陣組んで大喜びのサッカー日本代表。うーん、みんな、お侍の国の人なのだから、上に立つ人を尊重せねばなりませんよ。。。南アW杯では一人残らず一緒に喜んでね!


それにしても、もう4年経つのか−−−ドイツW杯を決めた試合から——


それにしても俊輔。またしてもW杯を決めるべき試合にピッチにいなかった。。。(ドイツW杯出場を決めた北朝鮮戦、俊輔はイエローカード累積で試合に出れなかった)


soccersoccersoccersoccersoccersoccersoccersoccer


南アフリカW杯アジア最終予選(対ウズベキスタン戦)
1-0で日本代表の勝利、結果W杯出場を世界最速で決めました(※)

※開催国の南アの出場はすでに決まっています。

スターティングメンバー

GK:楢崎正剛
DF:中澤佑二、 駒野友一、 田中マルクス闘莉王、長友佑都

MF:遠藤保仁、中村俊輔(後半46分、阿部勇樹と交代)、中村憲剛(呼応半21分、本田圭佑と交代、長谷部誠

FW:岡崎慎司、大久保嘉人(後半24分、矢野貴章と交代)

8月。われらのB'z詣(びーずもうで)

ぐはっ!


2009.06.04 UPDATED

■SUMMER SONIC 09出演決定!!
SUMMER SONIC 09へのB'z出演が決定しました!!

●8/8(土)東京:
千葉マリンスタジアム/MARINE STAGE
●8/9(日)大阪:
舞洲サマーソニック特設会場/OCEAN STAGE

(B'z公式サイトより)


どうやら6/4朝の芸能ニュースでも紹介されたそうですが、わたくし朝早く家を出るものでB'zサマソニ参戦の報を知ったのはvictoria姫からいただいたメールという次第。姫、サンキュッ!!!(←ライブの稲葉さん調)


と、いうことで。わたくしもサマソニ東京公演(千葉マリンスタジアム)に馳せ参じることが決まりました。


ナラリーノ国、夏の陣!


がんばるぞ−−−−!


で、何に頑張らねばならぬのかというと。


まずは、音楽を聴かねばなるまい。


SUMMER SONIC 09、東京公演のラインナップ。久しく洋楽聴いてないから——知らない人やら曲を忘れてる人やらばかりだ——


予習が必要であろう。すべてを楽しみたい。


そして。体力をつけねばなるまい。なにせ真夏の野外コンサートだ。


ブログをお読みの方は


「ナラリーノって、いっつもフラフラしてて元気ねー」


くらいに思われているかもしれませんが


リアル・ナラリーノはまったく体力がなく(趣味:横になること)、体調も常に低空飛行で(持病が多く低血圧)、とにかく生っ白い肌をしてるので(初対面の人によく「雪国のご出身ですか?」と訊かれる)


体が夏向きにできていないのです。


きっと新曲の「DIVE」は歌うだろう?歌詞の「せーのでDIVE!」のところでみんな叫んで飛び上がるだろう?


そこでナラリーノがアキレス腱でも切ったら!「せーの!」でブチリといったら!でも誰も助けてはくれまい!?(みなさんステージに夢中)


まあそれは冗談として。元気いっぱいで参加しなくちゃ。だって!ライブは楽しむだけじゃないもの!応援だけじゃないもの!ライブを観に行くって決まった時点で、観に行く人はひとりじゃないのだ!行けない人の気持ちも背負って参加しなくてはならないから!!!


だからいまからホットヨガでもやるか——以前、挫折したけれど。暑くって。


映画を観なきゃ。


本を読まなきゃ。


「天地人」観なきゃ。


家のこともやらなきゃ。


手芸、部屋の模様替え、園芸。


来年に向けて、サッカー、フィギュアスケートのネタ集め。


夏に向けて音楽、体力、あ、ブログも毎日更新中。はうう——


アツイぜ、今年のナラリーノは——


でも列挙してみると、やるべきことがかなり地味。

目指せ、満腹?ベランダの野菜たち

やや不思議の国であるところのナラリーノ国。最近すっかり農業国家になりつつある、いきなり。




シソ
気がつけば、モサモサのシソ。




実るかな!?
気がつけば、なにげに種を蒔いたシークワーサーも成長中。




つるし上げ
ハンギングバスケットには−−−




あおあお
サラダ菜。




サラダ菜は収穫率高しと聞いたので、ザルやカゴでガバッと育ててテーブルの上において好きな時に採るか〜と思ってバスケットに種まきしました。最近、ナラリーノのお弁当にはいつも参加してます、サラダ菜。




広い庭があったら果樹を植えられるのにと思っていましたが−−−




ウメ大好き!
植木鉢の梅に、実がなっちゃいました・・・♪デカイ。




まあ、これじゃあいくらナラリーノでも満腹にはならないか。でも植物が育つ過程は楽しくて心は満腹状態。満たされます♪




インゲンくんも、引き続きもりもりと育ってます。エライことになってるので画像は後日。



※今週は各記事へのコメントのお返事が遅れるかもしれませんが、何卒お許し下さいませ!

ロクガツのカゲカツ★「天地人」番外編

ナラリーノはケーブルテレビを視聴しているゆえ、月末に翌月の番組ガイドが送られてくる。ここに、『天地人』1か月分の短いあらすじが載っているのがありがたい。




6月の『天地人』。内容はこんなだった。以下すべてガイドのあらすじからの抜粋ではありますが、そのまま抜き出しています。




6/7のあらすじ
秀吉から上洛を催促されていた景勝だが、突然行かないと言い出す。




カゲカっつぁん、殿様っていうより駄々っ子だ。




6/14のあらすじ
(結局、上洛したが)あいさつ回りを続けた景勝は、夜になって倒れてしまう。




カゲカっつぁん、弱・・・




6/21のあらすじ
兼続は気疲れで倒れた景勝に代わり、諸大名との付き合いを深める。やがて、招かれるのは兼続のみになり、体調が回復した景勝の存在は希薄に。




いまでも充分希薄なのに、拍車がかかる模様。




6/28のあらすじ
秀吉は、大阪城の茶会で兼続に家臣になれと砂金の山を積む。兼続は、主は景勝以外いないと誘いを辞退。




上がるは兼続の株ばかり。。。




−−−ふうううう−−−彡(-ω-;)彡




絶望的−−−(震)




6月もまた、カゲカっつぁんの活躍に期待できないようだ。




ガンバレ、ナラリーノ・・・




※今週は各記事へのコメントのお返事が遅れるかもしれませんが、何卒お許し下さいませ!



***************

増えてきました★「天地人」番外編

サブリミったらしい。。。
またもぬかってしまった
ドラマ以上にぬかった
理論る
懐かしい人★菊姫
おかえり、与六&喜平次
こんなとこでも見つめ合っている
大河ドラマをテーマにしたランチ
ライバル登場、なんということでしょう

***************

野球好き、号泣★映画『ROOKIES−卒業−』

baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball

ドラマ『ROOKIES』のレポはコチラ!

baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball


公開初日に観に行ってきた映画『ROOKIES−卒業−』。2日前に席を取っておいて正解だった、混み混みでした!


今回のレポートは趣向を変えて。一緒に観に行った友人Aに『ROOKIES−卒業−』の素晴らしさを語ってもらいました。ちなみにAさんは野球が大好き。ドラマ『ROOKIES』も大好き。


ちなみにナラリーノは映画館で左隣に座った太ったおっさん(以下、フトシ)が気になり映画に集中できず。上映中喰いっぱなし、飲みっぱなしのフトシ。次々とリュックサックから新しいおやつ&ペットボトルが出てくるフトシ。


とどめに泣きながら「ブビー」と鼻をかむフトシ。うるさかった。


では、フトシも感涙の『ROOKIES−卒業−』、内容はこんな!


baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball
『ROOKIES−卒業−』あらすじ

「夢にときめけ、明日にきらめけ。目指せ甲子園」——

新任教師・川藤が掲げたその言葉を胸に、荒れた生活を脱して厳しい練習を重ねてきたニコガク野球部員たちも3年生に進級。あいかわらず少人数の野球部に、新入生がふたり入部する。

そのうちのひとり、赤星は中学時代から名を馳せた有望選手。だが、メジャーリーグを目指している赤星はニコガクの練習に参加しないばかりか部員たちをバカにした態度を取る。

そんな彼を気にかけていたキャプテンの御子柴は、不良にからまれた赤星を庇って大怪我を負う。夏の甲子園予選大会への出場が微妙になった御子柴を前に、活躍を誓う部員たち。

果たして彼らは甲子園に行くことができるのか。そしてその夢の先に待っているものは——

baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball


——(以下、青字は質問者のナラリーノ)いかがでしたか!?映画『ROOKIES−卒業−』は。


Aさん「ホントによかったです。ドラマよりよかった!こんなに泣いた映画は初めて。野球に対するアツイ気持ちが伝わってきて『ああ、野球をやってる人たちってこんなふうなんだろうな』って思うところがたくさんあった」


——具体的には?


Aさん「ケガした御子柴(小出恵介)がみんなの前では笑顔なのに、ひとりになると悔しさを爆発させるところとか。あと試合中にアクシデントが起きた若菜(高岡 蒼甫)の態度とか。

で、そういう気持ちを仲間が受け止めるシーンがすごく感動的だった」


——仲間が受け止めるシーン。特に新庄(城田優)が!


Aさん「そう!あ、でもやっぱり個々のシーンだけじゃなく全部よかった!」


——わかりました。かなり高評価ですね!?
ほかにもよかった生徒がたくさん出てくるよね〜安仁屋(市原隼人)は当たり前にいいとして。私、映画から登場した赤星役の山本裕典がなかなか印象に残ってるの。投げる、打つ、捕るの動作がほかの部員に比べて洗練されてて。「飛び抜けた選手」って役でしょ?やっぱり『ROOKIES』って俳優の起用がウマイ。


Aさん「あと!加えて、『ROOKIES』の赤星って本物の赤星っぽいところがあったのもよかった!」


——と、いうと。


Aさん「ニコガク野球部員の名前って阪神タイガースの選手名がつけられてるでしょ?実際の赤星選手って新庄剛志が阪神から移籍したあとに入団した選手なんだけど『新庄の穴を埋められるように頑張る』みたいな発言をしたの。

『ROOKIES』の赤星も、誰かが抜けたところをきっちり守るっていうキャラクターだったでしょ?そういうニュアンスが本物の赤星に近かった。名前やキャラクターが実際の選手とリンクしていているところが、野球好きにはたまらない!!」


——そういう楽しみ方もあるのね、『ROOKIES』ったら。ほかに印象的だった映画のシーンは?


Aさん「やっぱり円陣組むところはいいね(うっとり)。ドラマのときからすごく好きなシーンだね。。。『GO、ニコガクGO!』って、観てると胸が熱くなる」


——たしかに!ナラリーノも好きです。


Aさん「あとは選手たちとマネージャーの信頼関係ね!あんなことされたらマネージャー冥利に尽きるでしょう!!!

あ、そういえばもうひとりの新入部員の濱中くん役の子(石田卓也)って、(映画の)『死神の精度』で阿久津をやった子だよね?」


——すみません、私、『死神の精度』は原作が大好きすぎて、映画は主役の金城武しか見てなかったもので、まったく覚えておりません。ところで。『ROOKIES』の主役・先生役の佐藤隆太って映画では影が薄かったよね。


友人A「薄かった!でもだからこそよかったのかも。生徒の話、チームワークの話が中心の話になって」


——なるほど。


友人A「ああ、でもやっぱり全部よかったな〜。野球好き、野球やってた人はぜひ観て欲しい映画です。あ、でも野球興味ない人もみんなも見て!」


——相当、評価高かった友人Aさんでした。ありがとうございました。


※ホントはもっと詳しく映画を語ってくれたのですが、まだ観てない方のために一部ボカした表現に変えました。


baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball

以下、ナラリーノの感想でっす。


野球を通して夢を描く高校生の姿、って話がやっぱり感動的な『ROOKIES−卒業−』。逼迫した場面がいきなりギャグに転ぶところも面白かった!全編通して、俳優たちの表情は芝居じゃなかった気がする。もう内面から溢れ出ちゃってる感じですごく自然なの。


同じく先生と生徒が一緒に夢を追う『おっぱいバレー』と比べた時、生徒に重点が置かれているぶん感動の度合いが深かった。『おっぱいバレー』はすごく面白くて笑えるんだけど、最後に救われちゃうのが先生なのよ。オチがそっちにスライドしてしまったのが、ちと残念。。。


でも『ROOKIES』にしても『おっぱいバレー』にしても、先生が生徒を全力で支えるという内容がいいですね。
血のつながりもない、同世代の友人でもない、限られた時間の中でたまたま触れ合うことになった「先生」という大人が自分たちを思ってくれる。「夢は大切なんだ」って言ってくれる。道から外れても待っててくれる、という。たとえ予定調和でも、こういう話は廃れないでほしいです。


夢を持つことの素晴らしさはもちろんのこと、人との絆や縁が人生の重要ポイントだってことを教えてくれる映画でした。


「絆」、「縁」——


フトシとも、ある意味、縁が——?


※今週は各記事へのコメントのお返事が遅れるかもしれませんが、何卒お許し下さいませ!


baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball

映画『ROOKIES−卒業−』公式サイト

映画100本ノック★ランキングでは何位かな?

baseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseballbaseball

タカノフルーツパーラーの「さくらんぼのパフェ」♪

見て見て〜おいしそうでしょ〜〜〜♪



さくらんぼのパフェ
タカノフルーツパーラーの季節限定「さくらんぼのパフェ」(税込¥1,680)です!広告で見てずっと食べたかったの〜〜〜♪





さくらんぼいっぱい
モリモリに盛られたフレッシュなさくらんぼに、ダークチェリーのコンポート。




さくらんぼのムース
四角いピンクはさくらんぼのムース、だと思う。




葉っぱ型ビスケットはこんもり盛られたさくらんぼのシャーベットに刺さっとります。このシャーベットがまた!クランベリーとか赤桃を感じさせる酸味が利いているのですよ!




さくらんぼのソース
白と赤い層。一番下はさくらんぼのソース♪




その上の白いのは生クリームかと思ったんだけど、もっと濃厚。フレッシュチーズクリームのような味わいで、舌触りももったり。ホントのところは、なんだかわからん。




その上の赤はね!さくらんぼのソースをジャリジャリに凍らせたもの!これまた酸味がイカしてました。。。うまい。。。で、その上に生クリーム。その上にまたまたさくらんぼのソース♪そのまま食べても美味しい!混ぜると味が変わって美味しい!なにしても美味しい!幸せ!!!




ただ1点、残念なのはバニラアイスが入ってなかったこと。。。同じく季節限定の「国産苺のパフェ」の層にあるアイスがすごく美味しいんです。シャーベットとジェラードの中間みたいなサラリした溶け具合と、さっぱりした味が絶妙なアイスが!




このアイスが「さくらんぼのパフェ」にも入ってたらパーフェクト。。。でも美味しかった〜(まだ言ってる)、甘酸っぱくてクリーム以外は軽いので、するするとお腹に入っていきました。




赤いパフェなんて見てるだけで元気が出そう。ということで、ここぞとばかりに画像でクローズアップしてみた「さくらんぼのパフェ」。「国産苺のパフェ」とともに6月下旬までのメニューだそうです。



cakecakecakecakecakecakecakecake

新宿高野のホームページはコチラ

cakecakecakecakecakecakecakecake



※今週は各記事へのコメントのお返事が遅れるかもしれませんが、何卒お許し下さいませ!

南アW杯、前年の××

いったい、いつぶりなんだろう。俊輔の記事書くの――(震)




俊輔、久しぶり〜〜〜heart02




けっして忘れてたわけじゃないの。いつでも気にしてたの。書く機会を失っていただけで――ゴメンね、映画鑑賞と「天地人」が私の生活を脅かしているの!って誰に謝罪してるんだ、ナラリーノよ――?




セルティック、4連勝逃して残念だった――やはり私が映画と「天地人」にうつつを抜かしていたから!!最終戦、俊輔は故障を押して出場して頑張っていたというのに。




でも3連覇の立役者は俊輔だもん(あと、応援してたナラリーノ)!だから胸を張って、胸を張って――




日本に帰って、くるの――?




俊輔移籍、横浜Mに復帰!と言われて久しいけれど。南アW杯の前年である今年を納得のいく形にしてください。なにより故障を直して欲しい、故障はしないでほしい――



それなのに、キリンカップなんて出ちゃってannoy寝てなさいよ!annoy




いったい、いつぶりなんだろう。最初っから日本代表の試合見るの――(怒りつつ、俊輔スタメンってことで見た)




しばらく見ないうちにスッキリしてた気がする、日本代表の試合運びが。以前の岡田ジャパンの「一昔前のサッカー」てな形じゃなくなっていた。




俊輔と中村憲剛が右側で敵をひきつけておいて、そのまま中央にいた遠藤にパス、シュート!早い!




残念ながら遠藤のシュートは決まらなかったけど、あれは綺麗な形だった。。。きっと俊輔が好きな形、目指してた形だと思う。




よかったね――




でも――




俊輔は前半で交代して退いてしまった。




でもよかった、とにかくとにかく体を休めて――それにしても、このまま日本に帰ってくるとしたらそのままJリーグの試合に出るんでしょ?丸一年、スコットランドリーグの試合をこなしたその後に。大丈夫なの?とにかくとにかく体を休めて――




それにしても、憲剛がよかった。いきいきしてた――やっぱり憲剛のプレイは好きだ――




って。俊輔の話しながら憲剛を褒める話に移るスタイルも、いったい、いつぶりなんだろう――(震)いつぶり、いつぶり?って。すっかりサッカーから取り残されているナラリーノであることだ。南アW杯の前年である今年を納得のいく形に――勉強しなくちゃいけないのはオマエだ、ナラリーノ――



soccer・・soccer・・soccer・・soccer・・soccer・・soccer
キリンカップ2009・対ベルギー戦
(4-0で日本快勝!)

GK:楢崎正剛
DF:中澤佑二、田中マルクス闘莉王(後半29分、山口智と交代)、長友佑都、内田篤人

MF:中村俊輔(後半0分、本田圭佑と交代)、遠藤保仁(後半17分、阿部勇樹と交代)、中村憲剛(後半22分、興梠慎三と交代)、長谷部誠(後半0分、橋本英郎と交代)

FW:大久保嘉人、岡崎慎司(後半25分、矢野貴章)

soccer・・soccer・・soccer・・soccer・・soccer・・soccer




« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

Amazon商品検索