2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『鈍獣』カフェ、行ってきました! | トップページ | 記事数、1000件達成しました☆ »

こんな視線で。映画『鈍獣』

さて。『鈍獣』カフェを堪能したそのあとで映画『鈍獣』を観てきました!




作品に否定的な意見が多いように思ったのですが、私はおおいに楽しんできました!この作品に染みてる私はズレてるんでしょうか。でもね、「彼」がよかったんですよ。その彼とは−−−?




※オチを連想させることが書いてあるかも−−−鑑賞前に1mmたりとも知りたくない方はここでSTOP!









よいですか?書きますよ?










では書きます、映画『鈍獣』感想、ヒアウィーゴー!(馬鹿っぽい)



(´・ω・`)******START******(´・ω・`)



◆『鈍獣』あらすじ−−−−−−−−

週刊誌編集者の静(真木よう子)は失踪した作家・凸川(浅野忠信)の行方を探すため、彼の故郷で相撲が中心の街・ときわにやってきた。

凸川の最新作『鈍獣』の中には、凸川の元同級生の不名誉な過去が記されていた。静はネタとなっている江田(北村一輝)と岡本(ユースケ・サンタマリア)のもとに出向いて調査を開始する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−




鈍獣イメージ1
で、江田や岡本、彼らの周辺の人たちが語る「俺たちが凸川にしたこと」が挿入される、と。その語りってのが「俺たちがあの手この手で凸川を殺そうとしたのに、なぜか凸川が死んでくれなくて〜」って内容なんだけど。




鈍獣イメージ2
突き抜けるようなエピソードやスッキリしたオチがあるわけでなく。なのにブラック、みたいなところが人気のない原因なのか。どんな人にオススメなんだろ。たぶん『天地人』に怒ってる人には向いていないんじゃないかなあ。




鈍獣イメージ3
でも生き生きしてましたよ、スクリーンの中の北村一輝は!ガキ大将が歪みっぱなしで大きくなった、みたいな饐えた役を「ヘンな設定、上等!」くらいの勢いで。




オデコの「肉」!目の下のクマ!三白眼!ヘイユー、サッカリン・マン!ナチュラルテイストに慣れた現代人に喝を入れる痺れるような顔面合成物質!




でも、さすが刺激物。見ているうちにだんだん慣れてしまうの、江田っちの顔に。




鈍獣イメージ4
まわし姿や腰タオルを披露してますが、今回の一輝はお色気担当ではなく。むしろデブキャラ、ハゲキャラも請け負っていた。なにせ一輝、お腹の肉がデップリしてたから!あの腹のたるみは役作りでしょうかね。万が一、自然肉でも披露してくれるというのが嬉しいじゃないですか!




一緒に見た友人とふたり




「役者だわ〜〜〜♪」




って何しても一輝・全肯定。




一輝に限らず登場人物、内容ともにムチャクチャなのだが。しかし。この不気味にドタバタした話をまとめあげた人物がいた。それが「彼」、ユースケ・サンタマリアだったりする!私の中でマスク株くらい急上昇ですよ!ユースケ。「ぷっすま」だけじゃなかったのね〜。




鈍獣イメージ5
ユースケ演じる岡本は、江田の腰巾着でヘタレなおまわりさん役なんだけど、ムダなテンションはもちろん、つらっと言う本音が照れも気負いもなくてウマイの!ユースケいてこそのリアリティ・オブ・ザ『鈍獣』!「人間てのは鈍い獣なんだね」ってところに落ち着けるんです。




鈍獣イメージ6
「チン×」とか「チ×ビ」といったセリフ連発で、小学生のばか騒ぎみたいなこの映画。そんなハチャメチャな内容は子供たちの終わらない 遊びみたい。だからおしまいにならなくてよかったなって思えれば、この映画を好きになれるのではないかと。クドカンが浅野忠信に言わせ続けたセリフの意味 を、ナラリーノはそう受け取りました。




鈍獣イメージ7
「ゆずグレン」が歌う主題歌『two 友』も最高だし!「ゆず」全否定派の友人と私がいうんだから間違いないよ!ラストにかかった『two 友』はナラリーノ国の花マル評価「スーパー・グッジョブ・ブラボー」をあげたい!イエス、SGB!!
コッテリした料理の最後に出てきたミントシャーベットのような。エンドロール、浅野忠信のすっとんきょうな行動にかぶせて『two 友』が流れるんだけど、それがまた夏の締めくくりみたいな爽やかさなのよ!




なんかいい映画みたいな気がしてきたなあ、『鈍獣』。

※記事中の画像は、ナラリーノが別の機会に撮影したイメージ画像です。映画とは関係ありません。


moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie

ナ国の『鈍獣』情報

どの『鈍獣』が好きですか???
『鈍獣』カフェ、行ってきました!
『鈍獣』公式サイト

映画100本ノック★ランキングでは何位かな!?
 

moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie


« 『鈍獣』カフェ、行ってきました! | トップページ | 記事数、1000件達成しました☆ »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

いまさらながらコメントしちゃってごめんなさい。

鈍獣は元々舞台作品で、映画にするとどうなるかなあと思ってました。
思ってましたが見てないや、映画_(^^;)ゞ

舞台の江田っちは古田新太さんだからでっぷりだったのかなあ?
あ、岡本は生瀬さん、凸やんは池田成志さんでした。
今度またこの3人でクドカン脚本の舞台『印獣』をやります。
観に行きますとも!2回!

映画の鈍獣はDVDになったら見ようと思います!

heartウクレリアンさん

コメントありがとうございました!

>いまさらながらコメントしちゃって

いえいえとんでもない!大歓迎ですよ!

そうか江田っちって古田さんだったの!
舞台をご存知だときっと物足りないだろうなあ。
きっと映画向けに薄めてますよね。。。

>観に行きますとも!2回!

いいですねえ!さすがファン!
やっぱり複数回は基本ですよね♪
ブログで報告してくれますよね!?
楽しみにしてますよ〜

それにしても「印獣」。シリーズもの...?

複数回は基本です♪
本当はもっと行きたいんですが懐とスケジュールがいっぱいいっぱいなんです(泣)

そしてもちのろんでレポ書いちゃいますよ~
誰も読んでなくても書いちゃいますよ~
舞台レポとか反応薄いんですよね、うちのブログ(泣)
でもいいもんっ!
シリーズなんでしょうかね?
古田・生瀬・池田は『ねずみの三銃士』っていうユニットなんですよ(笑)
だからそれのシリーズって事なのかも。

heartウクレリアンさん

うんうん。全部制覇くらいが夢ですよね。
好きだから何度も見たいし
舞台やライブってなまものだから
その都度違う感動があるし。。。

レポ楽しみ!
私はバリバリに反応させていただきます。

それにしても「ねずみの三銃士」って。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/45065702

この記事へのトラックバック一覧です: こんな視線で。映画『鈍獣』:

« 『鈍獣』カフェ、行ってきました! | トップページ | 記事数、1000件達成しました☆ »

Amazon商品検索