2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« うわっ | トップページ | せっかちなインゲン »

変だけどいいの★「天地人」第19回

『天地人』、今日のお題は「本能寺の変」。通常、ドラマ冒頭に挿入されるガイドをすっ飛ばしたあたり「今回は本編オンリーね!気合い入ってるわ!」と思ったのだが。




うん、なかなかでした−−−(苦)




籠城中の魚津城を助けに行くと見せかけて、織田軍を討つために越後へ引き返した上杉軍。が、すでに討つべき相手は撤退していた−−−敵、おらず




残念。それにしても先週「火を見て絶叫する兼続」という予告シーンがあったのですが、この「相手は撤退していた」のシーンでしたね。落城する魚津城を見て絶叫するんだと思ってました。思わせぶり−−−『天地人』って、予告編作るの上手だわ。。。




なにせ、魚津城を置いてきたのに敵に逃げられちゃったので自分を責める兼続。




切なげに見つめるカゲカっつぁん
苦しむ兼続を、切なげに見つめるカゲカっつぁん。「やれることはやったのだ」と声をかけながら。切ない。一輝、ナイス演技。




話はそのまま、兼続が家に戻ってお船と逢うシーンに。戦続きで顔をあわせられなかった新婚の二人。侍女に「旦那さま」なんて呼ばれて気まずい兼続。悩む兼続を励ますお船。あなたは家のために私と夫婦になったのですか、私はずっとあなたが好きだったの〜的な話になだれこむ。この愛情溢れる場面に−−−




どうしよう。さっぱりドキドキしないわ〜〜〜。。。




きっと誰もがそうなのではないかしら。もう主従の熱視線に慣れてしまった視聴者には!




熱視線
これとか!




18回でも見つめ合い
これとか!




ここでも「見つめあい」
これとかに慣れてしまった視聴者には!兼続とお船のシーンなんて、どーでもいいエピソードさ〜〜〜(人でなし)。




そうこうしているうちに、本日のお題でもある本能寺の変に突入。大河ドラマで本能寺の変というと役所広司のを思い出すなあ。カッコよかったもんなあ。




吉川晃司も火の中で暑かったでしょうに、お疲れ様でした−−−ってもう終わりかよ!?あ、いや。長澤まさみが立ち回ってる間に、阿部ジェロニモ謙信の亡霊が出てきて信長に「天の時、地の利、人の和を3つ併せ持つ者が天下を収めるに値する者。(信長は)人の心をないがしろにした」なんて言ってる間に、「それはきれいごとだ」なんて信長が強がってる間に、本能寺がボフッと爆発して終わりました。吉川晃司、ホントにお疲れ様でした−−−




で、なにぶんケータイなどない時代ゆえ、信長が明智光秀に討たれたという話は各地の織田勢になかなか届かない。だから、魚津城を攻めまくる。早く伝わっていたら、この悲劇は起こらなかったろうに。。。




もはやこれまで、と思った山本圭演じる上杉家の重臣・吉江宗信が、亡き謙信の言葉を思い出しながら自害する。絶対的カリスマ・謙信とともに戦い続けた義の人・吉江。泣きたくなるようなシーンでした。なのに。同じく自害する安倍政吉(葛山信吾)は−−−






Tenchi19_3


Tenchi19_5

なぜ、兼続のことばかり思い出してるのだろう−−−(震)




さて−−−前回、魚津城の話ってちょっと困ってしまうと書いたのは、原作やドラマを素直に受け取っちゃうと「上杉の義」の意味がわからなくなるエピソードだから。




目の前に助けなければならない味方がいる。でもどうしても助けてあげられない。こういう場合「上杉の義」はどうなるのか。




「上杉の義を踏みにじってしまった」ともがき続けるのか、「これからは義の精神だけではダメだ」という方向に転ぶのか、なんらかの方法で「このやり方が義だったんだ」って思おうとするのか。




どういう形かはともかく、「上杉の義とは」を丁寧に描いてくれればいいんだけど−−−織田が攻めてくる、もうダメだと思ってたのに信長が死んじゃったので魚津の話はもう忘れて




「俺たちにはお屋形様がついておる!」
「天が味方しておる!」




ってなっちゃうので。。。




戦国に義。難しいねえ。難しいからこそ描ききってほしいのですが。このまま行くと最終回「天と地と人、俺らも併せ持てなかったね〜」みたいになりそうで怖いよ。





がっかり


なにぶん「本能寺の変」なのに兼続とお船の甘いシーンで終わる大河だからなあ−−−(悔泣)




でも「いい加減『天地人』にくじけそうだ」と思っていたら予告で−−−




予告のカゲカ「兼続、許せ−−−」




来週の見つめ合い


来週の見つめ合い

なになになになに、来週何が起こるの!?すんごい楽しみ!!!




って、やっぱり『天地人』。予告編作るのは、上手。。。



(´・ω・`)ノ第19回「本能寺の変」

織田軍を討つために越後へ引き返した上杉軍だったが、すでに敵は撤退。追い打ちをかけるが、すんでのところで逃げられてしまい、兼続(妻夫木聡)は悔やむ。

一方、京では、明智光秀(鶴見辰吾)が本能寺にいる信長(吉川晃司)を急襲。絶体絶命の信長のもとに謙信(阿部寛)の亡霊が現れ「人の心は力では動かせない」と諭す。反論しつつもその言葉を噛み締めながら、信長はその生涯を閉じる。

(´・ω・`)ノ********************************

« うわっ | トップページ | せっかちなインゲン »

ドラマ:'09大河『天地人』」カテゴリの記事

コメント

春日山に引き返してからの皆さんは、なんだかのんびり日々を過ごしているように見えて、今から魚津に引き返して加勢すれば?などと思ってしまいました。
吉江殿の最期は、胸に迫るものがありました。
大河ドラマには、吉江殿みたいな感じの人がいっぱい出てくる、というイメージを持っておったのですが・・・。
本能寺、なんで爆発したんでしょう。
なんだか唐突な感じでした。

ナラリーノ様
本能寺爆発しましたね。。地下に何か埋まってたのかとゆー感じの。。ダイナマイトに引火みたいな?

懐かしの親方さま(>_<)いっそ魚住の吉江さまの所に出てきてくれれば〜それでなくとも信長殿に一言言いたい武将はたくさんいるでしょ〜。。

saariさんの無念感がよくわかるコメントでした(涙)ありがとうございました。

私もsaariさん同様、
ああいうベテランの役者が出てくるというのが
大河のイメージなんです。
力のある若手俳優、それを補佐するベテランが脇を固めて、みたいな。

だから吉江殿の最期は見応えありつつ
「こういう人がまた『天地人』からいなくなるんだ〜〜〜」
って思ったシーンでもありました。。。

>本能寺、なんで爆発したんでしょう。

私も見た時は「???」だったのですが
会社の人(歴史好きの年寄り)によると
「本能寺爆発説」を持ち出したんじゃないかって。
信長の死を願う外国勢が爆弾しかけたっていう
説があるとかで。

でも、そうだとしても、なんの説明もなく挟まれてもねえ(汗)



キーコさん

コメントありがとうございました!

爆発してましたね。。。唐突に、ボフッと。。。
saariさんへのコメントにも書きましたが
私も爆発シーンはホント「???」でした。。。
今回、レッドクリフを意識したんですかねえ。。。(違うだろう)

>懐かしの親方さま(>_<)いっそ魚住の吉江さまの所に出てきてくれれば〜

ホントですよ!謙信を思いながらってところが
泣けました。
もしくは信長なんかのところに出て来ないで
御館の乱のときに出張ってくれればよかったのに!!!
「俺の跡取りは××だ」って!!

あー、山本圭はもう出ないのか〜〜〜。

でも、皆くじけず応援していきましょうね。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変だけどいいの★「天地人」第19回:

» 天地人 第19回「本能寺の変」 [あしたまにあーな]
今回、大きな時代の変革点に差し掛かりましたね。とうとう織田信長が明智光秀に襲われてしまう「本能寺の変」が起こります。これまで明智光秀の織田信長に対する恨みが描かれてき... [続きを読む]

« うわっ | トップページ | せっかちなインゲン »

Amazon商品検索