2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 六本木ヒルズ・金城武祭り | トップページ | 王家の紋章、できました?(綾鷹KAMONジェネレーター) »

哀しみの序章(か?)★「天地人」第18回

『天地人』、今回のお題は『義の戦士たち』。「義」。それは人が人であるための心得。兼続的にたとえれば、溺れている子供を見つけたら、損得など考えずに助けようと思う気持ち。(原作より)




と、いう話を頭に入れてしまうとちょっと困ってしまう回。それが今回の魚津城悲話だったりする。




北陸支配を目論む織田信長の大軍を少人数で迎え撃つことになったカゲカっつぁんの家臣たち。これを助けるためにカゲカっつぁんや兼続が春日山城(上杉家の居城)を空けてしまうと、手薄になった春日山めがけて別の織田勢が攻めて来る。




だから迂闊に魚津城を助けに行けない。どうすっか!?というのが『天地人』第18回のあらすじ(荒過ぎ)。「義」の戦士なら迷わず味方を助けにいけよー、とも言えない難しい状況。それがこの魚津城の話だったりする。




結局、カゲカっつぁん&兼続はどうしたかというのは記事最後のあらすじをご確認いただくとして。今回の内容と来週の予告を見た限り、魚津城の盛り上がりは次回で見せてくれる模様。映画『レッドクリフ』を例に出せば、今週は前編。来週が後編という名の本編になりそう。




でも、なりそうでならないのが『天地人』ゆえ−−−今週も−−−とりあえずレポを−−−(苦)




『天地人』、開始。
あいかわらず家臣が5人くらいしかいなさそうな、ガランとした春日山城が映し出される。




激戦の魚津城から春日山城に助けを求めにやってきた兵がひとり。春日山の家臣に両肩を支えられ息も絶え絶え。廊下には帯のごとき兵の血の痕。迫力あり。




が、途中で血のりがなくなってしまったらしい。進めば進むほど廊下に血痕がつかなくなっていく。止血完了。惜しい、最初っから惜しいぞ『天地人』。次へ。




戦続きで新妻・お船に会えない兼続が、月を見ながら彼女を思ってる。そんな場面にカゲカっつぁん登場。主従アベック、今週はどんな痴話げんかを見せてくれるかと思いきや。




お船の献身をノロける兼続に、カゲカっつぁんが言うのよ!!!




カゲカ「(お船の)あの笑顔を、また見たいものじゃ」




兼続「はい?」




カゲカ「(慌てて)おかしな意味ではない」




カゲカっつぁん、それは−−−




自分が好きだった女(お船)と自分が好きな男(兼続)がうまくいくのは幸せ−−−




これからは3人仲良く−−−




ってことですか!?そんなふうに、倒錯した愛に聞こえましたが!?ままままさかね、こここここはスルーしちゃったほうがいいわよね?大急ぎで、次へ!




味方を説得するために1万5千の敵兵に囲まれている魚津城に潜入する兼続。こんなにもダイ・ハードな状況なのに簡単に城に潜入できちゃう兼続に迷作『感染列島』を思い出しましたが、それ語ってるヒマはないので、次へ。。。




「少数の上杉軍」どころか、やっぱり10人くらいしか兵がいないような魚津城。兼続がきた、じゃあ殿も来るよね!?と大喜びの味方たち。嬉しそうだ。殿は来ないのに。見ていて辛い。辛いことはスルーしたいので、次へ。




織田勢に降伏して生き恥をさらすより、魚津城で死に花を飾ろうとする上杉の老臣・吉江(山本圭)。絞り出すようにつぶやくセリフが哀しい。さすがベテランが演じると違う!−−−しかし。




「兼続。そなたが居ればこの乱世、上杉はきっと生き残れる」




惜しい、その理由が全然、わからない。おまけにまたもあっさり自陣に辿り着けた兼続。こんなにあっさり出て来れるなんて、魚津城を包囲してる織田勢ってどんだけボンクラ−−−わからない、でもこんな些細なことを気にしてはいけない、次へ!次へ!次へ−−−




もう今回ばかりはナラリーノ国的な見どころなしかと思いきや−−−あ。




カゲカ「(自陣に戻り、ほうけている兼続に)大丈夫か?」




大丈夫か−−−?




大丈夫か−−−?




大丈夫か−−−?


18回でも見つめ合い




ありがとう、『天地人』−−−




【結論】惜しくても、人が少なくても、倒錯してても、主従の見つめ合いがあれば大丈夫な『天地人』。



(´・ω・`)ノ第18回「義の戦士たち」

信長(吉川晃司)の大軍に包囲された越中・魚津城を、吉江(山本圭)、安部(葛山信吾)らが必死に防戦。景勝(北村一輝)は魚津へ向かおうとするが、越後を手薄にできず、苦渋の思いで踏みとどまる。

目先の勝ち負けにとらわれていては信長には勝てないと考えた兼続(妻夫木聡)は奇襲作戦を考案。それは、一旦魚津に景勝らが援軍として向かいつつ、別の敵が越後領内に入ったところで急きょ引き返してそれを討つ、というもの。景勝もこれを了承し、出陣の命を出す。

魚津側の天神山に陣をかまえた上杉軍に、敵軍が越後領内に進軍したとの知らせが入る。兼続が打ち明けた作戦に上田衆は反発するが、景勝とともにこれを説得。続いて兼続は、織田勢に降伏するよう魚津の籠城組を説得するが−−−

(´・ω・`)ノ********************************

« 六本木ヒルズ・金城武祭り | トップページ | 王家の紋章、できました?(綾鷹KAMONジェネレーター) »

ドラマ:'09大河『天地人』」カテゴリの記事

コメント

スルー気味でも要所はしっかり抑えたレビューですね。
確かにお船の笑顔の会話は私も思いました(笑)。

戦国時代なのに戦がやっぱり盛り上がらないなぁ…関ケ原に期待かな。

ヤスさん

コメント、ありがとうございました♪

>確かにお船の笑顔の会話は私も思いました(笑)。

やはり、ひっかかったか−−−(笑)
ひっかかるところが、もっと素敵な場面だと
いいですね(苦笑)

>関ケ原に期待かな。

ホントに。荒々しい場面を見たいぜ!と
思っている訳ではないんですが
やはり大事な話はスルーして欲しくないなあ。


ナラリーノ様こんばんは〜。
殿の(大丈夫か?)ちらっと全身チェックなさってました。。(◎-◎;)確かに足ひきずってたし。。(つったの?)

安部殿上田の元リーダーだし殿より年上?兼続くん泉沢くんに対して嬉しい反面やっぱ複雑でもあったんですよね〜(T_T)

ところで明日のスッキリにいよいよ殿!北村一輝氏出演らしいですね、間違ってたらすみません(^o^;映画の宣伝でしょうか?ちょっとでも天地人を流してほしいものですp(^^)q

キーコさん

コメント、ありがとうございました♪

ツマブキ兼続、魚津城に入るなり
脚をひきずっていましたね。
入城するとき、ケガしたのかしら。
できることならカゲカっつぁんの御前に
出た途端、ひきずってほしかった(仮病みたいで素敵)

せっかく教えていただいたのに
寝坊して見逃しました、スッキリ。
出てたのかな?

>ちょっとでも天地人を流してほしいものですp(^^)q

兜をとったらさりげなくオデコに「肉」とか...

合戦のCGがゲームみたいだなぁと思いました。
という小学生レベルの感想以外は、特になしです・・・。

saariさん

コメント、ありがとうございました♪

合戦のCG。あの「鴨川ホルモー」の
妖精的なコマいものがウヨウヨウヨッ!と出てきた
あれですよね(笑)
CGの意味をなしてない、あの−−−

とうとうsaariさんも感想出なくなってきたかあ。。。
来週に期待しましょうね!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しみの序章(か?)★「天地人」第18回:

» 天地人 第18回「義の戦士たち」 [あしたまにあーな]
次回が大きな転換期であることが分かっているにも関わらず、今回の完成度の高さはすばらしいものがありました。希望と絆、そして絶望と勇気を一つの話の中でうまくまとめられてい... [続きを読む]

« 六本木ヒルズ・金城武祭り | トップページ | 王家の紋章、できました?(綾鷹KAMONジェネレーター) »

Amazon商品検索