2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« からむ視線の比較★「天地人」第17回 | トップページ | 「鈍獣Cafe」オープン!(の、予定) »

事件と真実の間☆映画『消されたヘッドライン』

『消されたヘッドライン』の試写会に行ってきました!イギリス・BBCテレビの人気ドラマを映画化したというこの作品。とにかく目を離せない127分。。。




舞台はアメリカ、ワシントンD.C。この街で同じ日に2つの事件が起こります。




国会議員・スティーヴン
ひとつは、ドラッグ中毒の黒人少年が射殺された事件。もうひとつは、国会議員・スティーヴン(ベン・アフレック)のアシスタント−−−実は愛人であるところの女性が地下鉄で転落死した事件。




ワシントン・グローブという新聞社ではそれぞれの事件を別々の記者が担当してたんだけど、敏腕記者のカル(ラッセル・クロウ)がひょんなことから2つの事件の繋がりに気づく。それを記事にしたい!って行動し出すのが物語のはじまりです。




取材すべき事件があって、その裏に隠された陰謀があって、新聞に載せたいネタがあって、探り当てたい真実があって。




新聞記者たち
一見、すべて同じ線の上にあるよう見えるでしょ?なのに!これが締め切りまでの限られた時間の中で、なかなか整列してくれない。あちらを立てればこちらが立たず。真相を追求しようと時間をかけるほどライバル紙に出し抜かれちゃったり、その間に警察との攻防があったり。二転三転する謎とこのもどかしさが、目を離せない理由!




そんな中で、新聞記者たちが必死を通り越して決死の活躍をするんだけど、この追い詰められ方たるや−−−




ちびりそうでした。。。




友情
謎解きのほか「侠気はあるのに人情に負けてる記者と、やってることは高尚なのに愛人に惚れちゃってる甘さの抜けない議員の友情」とか「新人記者の成長物語」とか「戦争の爪痕」とか−−−思い出して書いてもてんこ盛りな内容なわけです。なのに、こういうのが全くとっ散らかっていないのもすごかった。




そして。一見、おおげさに見える話をリアルにしたのは主演のラッセル・クロウのおかげでしょう。だって−−−(思い出し笑い)




不摂生してるブンヤ
あの、肉襦袢着たみたいな太り方が−−−見るからに「不規則な仕事で不摂生してるブンヤ」って感じなんだもん!あの姿あったればこそ、真実味を帯びた『消されたヘッドライン』−−−




余談ながら鑑賞の注意点。伏線ありの転覆ストーリーなので途中でトイレに立たないよう水分摂取は控えめに(心理的にちびりそうになるので、なおさら)。入り組んだ筋のおさらいのためにも、誰かと一緒に見に行った方が絶対楽しいはずです!



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

監督:ケヴィン・マクドナルド(『ラストキング・オブ・スコットランド』)
出演:ラッセル・クロウ/ベン・アフレック/レイチェル・マクアダムス/ヘレン・ミレン

◆5/22全国公開。公式サイトはコチラ

映画100本ノック★ランキングでは何位かな?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« からむ視線の比較★「天地人」第17回 | トップページ | 「鈍獣Cafe」オープン!(の、予定) »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

私もこれ観たいなーって思ってました。
やっぱり東京は試写会もすんごく早いですね(*´ω`*)

>ちびりそうでした。。。
ウケタ(・´ワ`・)アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

ナラリーノ様が好きそうな映画見つけました(σ*`ω´*)σ
鴨川ホルモーオススメですw

ナラリーノ、説明うまし!
誘ってくれてありがとね。
不覚ながら肉襦袢ラッセルにちょっと惚れました(照)

コメントありがとうございました!
いやあ、サスペンスってどこまで内容を書いていいか
ビクビクしますね。。。
所詮、ビビリな私です(だからこその、ちびり)

movievictoria姫

もうね、絶対観る前にトイレ行ってね!!!
(どんなオススメだ)
心理的にビクビクしちゃう映画なので−−−
(だからこその、ちびり)

鴨川ホルモー、あのポーズに惹かれました!
姫のレビューでも面白そう。100本ノックに加えようと思います。



movieP3ちゃん

久々のコメントで嬉しい♪

映画、面白かったよね。こちらこそ
ハンパな時間帯にありがと!
(おまけに強風でした)

>不覚ながら肉襦袢ラッセルにちょっと惚れました(照)

私も!あんなにムッチリしてたのにカッコよかった。。。
やはり仕事できる男っていいわ〜〜〜♪

ちびりそう...ってただでさえトイレが近くて映画はドッキドキの私は要上映前トイレ、要水分控えめですな。
肉襦袢着てカッコいい男の存在をこの目でみたいわ。

movieぽおるさん

そうなの、トイレ近い人は特に要注意!

この試写会、はじまる前に配給会社の人
(だと思うんだけど)の人の前説があったんだけど
やっぱり映画の前にトイレ行っといた方がいい、って
言われたもん。。。

ラッセル、カッコいいわよ〜〜〜

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/44807043

この記事へのトラックバック一覧です: 事件と真実の間☆映画『消されたヘッドライン』:

« からむ視線の比較★「天地人」第17回 | トップページ | 「鈍獣Cafe」オープン!(の、予定) »

Amazon商品検索