2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 落ちたのはこっちだ・・・★「天地人」第15回 | トップページ | 稲葉さんオススメの映画だそうです »

映画『グラン・トリノ』

映画『グラン・トリノ』の試写会に行ってきました!
主演・監督・製作がクリント・イーストウッドと聞いて「それだけで名作っぽい」と思った方。正解good今回もホントに裏切られませんよ!




作品に描かれているのは「生きててよかった」という瞬間的なものじゃなくて、もっと緩やかに長いもの。「生きてきて、よかったね」と声をかけたくなるような主人公の生き様が感動的なお話でした。




イーストウッド演じるウォルトはガンコで偏屈なお爺さん。仕事は引退。奥さんは亡くなり、息子たちとは気持ちも生活圏も離れてる。軽口叩ける友人はほぼおらず、ウォルトを気にかけてくれる20代の神父への態度を見るに、若者は大嫌いで教会と距離を置いていることがわかる
。自宅の芝生を荒らした野郎どもにはライフル銃を向けるようなアラクレたところもあり。




そんなウォルトの人生に光が射すんです。キッカケは、東南アジア系のモン族の一家が隣家に引っ越してきたこと。その家の少年・タオ(ビー・ヴァン)が同族のチンピラに脅されてウォルトが大切にしているヴィンテージカー、グラン・トリノを盗もうとしたことから、ウォルトとタオ一家の交流がはじまります。




ウォルトは一見バリバリの人種差別主義者で、そんな彼とモン族のやり取りはすんごい可笑しい!このあたりは場内爆笑でコメディみたいだった。でも、モン族の義理堅さを理解したウォルトの心がほどけていって、父親のいない引っ込み思案なタオや彼の利発な姉・スー(アーニー・ハー)と友情が芽生えていって。あのラストも納得、と思えるような人間関係が築かれていくんです。




イーストウッドの話は深いから「これ、どういう意味を持ってるんだろう!?」って考えながら見れるのも面白かった!なんだか作品の底をさらうような、隠れキャラを探すような見方・・・?




朝鮮戦争に従軍したウォルトにとって、アジア人は辛い過去を思い出させる引き金。自動車産業で栄えた街で自動車工として働いてきたウォルトにとって、アジア人に取って代わられ寂れていく街は寂し過ぎる光景。だからきっと、ウォルトにとってのアジア人って理由ない軽蔑の対象ではないんじゃないかな。『ダウト』もそうだったけど、セリフやエピソードの積み重ねで主人公の人生が透けて見えてくるんですね。こういう作品は、やっぱりガツンと来ます。




ウォルトの好意も、実はタオに対してだけのものじゃない。タオを形作ったすべてのもの−−−家族や民族を含めて大切に思っている感じがにじみ出ているところも、この作品の凄さかも。タオが持ち出そうとしたグラン・トリノがウォルトに重なるのも凄い!タオがウォルトを別世界に連れ出そうとしてくれた訳でしょ?年若いタオに与えられたもの以上に、ウォルトは大きなものを得られたんだと感じられると思います。



∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵

「グラン・トリノ」公式サイト

映画100本ノック★ランキングでは何位かな?


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵


« 落ちたのはこっちだ・・・★「天地人」第15回 | トップページ | 稲葉さんオススメの映画だそうです »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

たしかにクリント・イーストウッドというだけで期待します。
...すごく良さそうですね!
またまた20年後に観るリスト入りだなぁ。

movieぽおるさん

ぽおるはこの映画、絶対好きだと思うよ!(確信)
どぎつい話じゃないのに、印象に残るってのが
凄かったです。

>またまた20年後に観るリスト入りだなぁ。

でも20年なんてあっという間よ!
一緒にイーストウッドの「マディソン郡の橋」観に行って
どれくらいたったと思いますか、あっという間よ!

観て参りました…また良い作品に巡り合いました。じんわり染みてきますね~ジ~ン(;∇;)
>セリフやエピソードの積み重ねで主人公の人生が透けて見えてくるんですね。こういう作品は、やっぱりガツンと来ます。
うんうん。
ただの偏屈で頑固なじじいじゃない事が、滲み出てますよね。受け継がれる命や物に対する敬意や愛がものすごく感じられます。
お歳を召しても、ライフルをかまえる姿は、すごい迫力!思わずホールドアップしそうになりました。
ワンコのデイジーも可愛いかったぁ。
映画に出演するのは最後かも?なんて言われてますが、これからも元気で長生きして、心に染みる作品を沢山生み出してもらたいです。

movieはなさん

コメントありがとうございました!

そうそう、劇的じゃない分
じんわり染みてくる作品ですよね。

最初は
「こんなに人種差別っぽいこと言っていいの?」
って心配だったのですが、
だんだんと人柄がわかってきて−−−
っていうのがよかったですよね。。。

>お歳を召しても、ライフルをかまえる姿は、すごい迫力!

ホントにすごい迫力だった!!!
硬軟取り混ぜててすごい作品。
うんうん、これからもどんどん見応えある作品を
作って欲しいです!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/44653903

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『グラン・トリノ』:

« 落ちたのはこっちだ・・・★「天地人」第15回 | トップページ | 稲葉さんオススメの映画だそうです »

Amazon商品検索