2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« またもぬかってしまった★「天地人」番外編 | トップページ | 事件と真実の間☆映画『消されたヘッドライン』 »

からむ視線の比較★「天地人」第17回

『天地人』、今回のお題は『直江兼続誕生』。いままで樋口さんだった兼続の名字が、直江に変わった謎が明らかに。謎でもなんでもないけども。




案外原作も面白くないことを知った今、誰にも気兼ねせず、ナラリーノなりに大河ドラマを楽しもう。このブログでしか読めない『天地人』レポートを書くのだ!それがナラリーノの!



Tenchi17_1




イエス、義!




そんなナラリーノの無駄な意気込みにマッチしていたアツイ男・山下真司(が演じる信綱)があっさり死去。兼続ら若手が重用されていることを怒った家臣にとばっちりで殺されてしまったのだ。




信綱は、上杉家の筆頭家老・直江家の娘、お船(常盤貴子)の旦那さん。その座が空いてもうた。




年若く身分も低い兼続が名門の直江家に婿入りすれば、もう誰も文句は言うまい?てことで、カゲカっつぁんは兼続にお船との結婚を命じるのだった。




Tenchi17_2
命じつつ、視線を落とすカゲカっつぁん。




この演技に、カゲカっつぁんの中に渦巻く嫉妬が隠されているのだった。(そうなの?)




周囲の思惑やお船の気持ちに気兼ねして結婚に乗り気でない兼続と、カゲカっつぁんの痴話げんかは続く。




カゲカ「わしとて気は進まぬ」




!!!!




カゲカ「夫婦(めおと)とは思わず、同志と思えばよい−−−」




!!!




それってナラリーノが先週書いた愛欲大河のセリフみたい。「愛してるのはそれがし、大事なのは奥方」ってやつ。やっぱりそう思ってるんじゃんカゲカっつぁん!




カゲカ「お船は並みのオナゴではない。家を守り、国を守ろうとする気概は男にひけをとらぬ。あのオナゴならば−−−」




ならば−−−




ならば、何ですか?




と問いたいナラリーノを置き去りに場面が変わってしまいました。いつものことだから、構いません。。。




亡き夫の喪に服すお船のシーンがちょろりと出た後、カゲカっつぁんが兼続に「直江を継げ」とダメだし。で、「景勝の命により兼続は直江家に婿入りすることとなり、ここに上杉家家老・直江兼続が誕生したのでございます−−−」のナレーション。




って、今日のお題が終わってしまった!放送開始後、たった12分で。




あっさりしてるぜ『天地人』。これが『天地人』のよさよね、白湯みたいで胃にやさしい。




もうね、物事は受け取りようなわけよ!屋敷うちのこじんまりした庭で銃をぶっぱなす兼続子飼いのカラス組だって!庭で銃の練習したっていいわけですよ!どうせ狭いスタジオパークで撮影してるんですもの。庭で銃、上等!『天地人』のおかげで「寛大」の2文字を知るナラリーノであることだ。




そんなことより主従愛ですよ。織田勢に攻めこまれて風前の灯な武田家をどうすっか。助けてあげたいけど、そんなゆとりはないよ−−−慎重な家臣たちに珍しくカゲカっつぁんは意見するシーン。このシーン、見ましたか!?


Tenchi17_3
「(武田に)援軍を差し向ける。何があろうと、救わねばならぬ。武田はわが盟友じゃ。ここで立たねば何とする」




Tenchi17_4
(スキ・・・)




イエス、主従愛!!!




決死の覚悟の安部政吉(葛山信吾)を見つめたときの、兼続の視線と比較してみましょう。ほれ。




Tenchi17_5
違い過ぎ−−−(震)




主従愛重視の『天地人』は武田軍の戦いも勝頼自刃もナレーションメインで駆け抜けていってしまった。潔いほどにあっさりしている『天地人』。場面は実家(武田家)が滅亡して寝込んでしまった妻・菊姫を、カゲカっつぁんが見舞うシーンへ。眉間にシワを寄せながらも一生懸命妻に気を使うカゲカっつぁん。愛してるのは、兼続のくせに。




Tenchi17_6
カゲカ「そなたは、わしのつまじゃ。おっととして、これからも、わしが、まもってまいる」




兼続を見つめる目とはエライ違いのカゲカっつぁん。たどたどしくも菊姫うれし泣き。直江兼続誕生より、武田家滅亡より、上杉の義より割いた時間が長かった気がする夫婦の絆。カゲカっつぁんの純朴な心が嬉しいじゃないですか!なのに−−−




Tenchi17_7
写るはカゲカっつぁんの袖ばかり−−−(悔泣)



(´・ω・`)ノ第17回「直江兼続誕生」

兼続(妻夫木聡)の出世を快く思わない毛利秀広が、信綱(山下真司)、山崎専柳斎と口論になり、二人を切り殺してしまう。責任を感じて悩む兼続に、景勝(北村一輝)は信綱に代わって直江家を継ぐよう命令する。兼続はお船の夫として直江家に婿入りし、直江兼続となる。

一方、着々と越後を包囲しつつある信長(吉川晃司)の軍を食い止めるため、吉江(山本圭)と安部(葛山信吾)が願い出て最前線となる魚津城へ入る。

その頃、信長は秀吉(笹野高史)の家臣、石田佐吉(小栗旬)と対面。佐吉の利発さを気に入った信長は、部下になるよう持ちかけるが、佐吉は言葉巧みに断る。信長軍は武田領に進攻。武田の危機に、景勝は援軍を送るが、勝頼は自害し、武田家は滅亡する。

(´・ω・`)ノ********************************

« またもぬかってしまった★「天地人」番外編 | トップページ | 事件と真実の間☆映画『消されたヘッドライン』 »

ドラマ:'09大河『天地人』」カテゴリの記事

コメント

お、おもしろいっ!
ナラリーノ様の解説で熱く盛り上がっておりますよ。
放送を見てなくても充分すぎるほど楽しい....。

眉間のしわ、深すぎです。
底なし?
先週、越後の夜明けはことのほか美しいと菊姫に言われたって、何やら色っぽいこと言ってたくせに。

こんにちは〜今回景勝×兼続の絡みが少ない回だ〜(T_T)と思いきや視線に注目なさるとはさすがナラリーノ様!
加えて前回今回と私の目について仕方ないのが家康殿の髪型。。前回の扇子サンバイザーに続いて今回の山伏風河童皿(@_@;)当時の髪型かスタイリストさんの趣味か。。?オレンジ裸電球を目一杯使用してるとしか思えない信長ルームに似合ってはいましたね。。(◎-◎;)

前回、兼続にプロポーズしたばかりなのに???、違うオナゴとの結婚話を勧めねばならぬカゲカっつあんの胸中やいかに…。
「あのオナゴならば???」
の後に続く言葉が、私も気になって仕方ありません…。
カゲカっつあ~ん、♪一体どんな言葉だった 本当に言いたかったのは♪

毎週、ドラマ本編よりも、ナラリーノさんの『天地人』レポートの方が断然楽しみです☆

皆様、コメントありがとうございました!
皆さんのコメントを拝見し、国ドゥープレゼンツ『天地人』を
楽しんでいただけてる様子が伝わりました。感謝!!!

ぽおるさん

よかった、あのアッサリしたドラマでも
盛り上がってくれる人がいる喜び−−−(涙)

って、ドラマをご覧になって
盛り上がってる訳ではないものね(汗)

>放送を見てなくても充分すぎるほど楽しい....。

だだだダメです!ぜぜぜ是非見てください!!!



saariさん

深かったですよねー、シワ!(眉間の)

月曜日に金城武の新作試写会に行ってきたのですが
彼も眉間のシワが深かったです。
顔立ちがはっきりした人って
眉間のシワもはっきりするのかしら???

>何やら色っぽいこと言ってたくせに。

言ってましたね〜〜〜カゲカっつぁんのくせに!!!



キーコさん

最近だんだんと主従の絡みが減ってますよね。。。
なんでなんでしょう。もっと書けってNHKに陳情しましょうか!?

私も家康殿の髪型に注目しているひとりです!
コブがあるっていう設定なんですかね???
オレンジ裸電球のシーン、写真に撮っちゃいましたよ。。。
いつか披露しますね♪



はなさん

>前回、兼続にプロポーズしたばかりなのに

ですよね!なのに結婚勧めちゃって〜〜〜
今回だって熱く見つめてるのは兼続で
カゲカは目をそらしっぱなしだったし。。。
どんな思いがその胸に渦巻いているのか。。。テルミー!!!(?)

はなさんも「ならば」の続きが気になりましたか。。。
あのシーン、かなりブツ切りでしたよね。。。
浮かばなかったんでしょうか、言わすセリフが。。。(不憫)

私も家康殿の髪形、気になってました。
というか、ほぼ全員髪形が変かなぁ・・・。
代表として、家康。
その前に、三成。

saariさん

三成=小栗旬の髪型もヘンですよね。
「あんまりカッコよくすると視聴者が顔しか観ないから」
というNHKの慮り?(どんな慮りだ)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からむ視線の比較★「天地人」第17回:

» 天地人 第17回「直江兼続誕生」 [あしたまにあーな]
前回からの伏線を見事に実現させる天地人ですが、今回も信綱の襲撃をちらつかせながら終わった前回からの続きとして冒頭から信綱が命を落とすこと頃から始まります。この事件に対... [続きを読む]

» 魚津城の戦い [天地人 愛こそすべて]
今日のテーマは次回放送するであろう「魚津城の戦い」についてです。前回の放送でありましたが、他方面から攻められる上杉軍にとって、最も過酷な戦地であることは間違いないようです。 自ら志願し、魚津城に入った吉江宗信(山本圭)や安部政吉(葛山信吾)は越後を守るた..... [続きを読む]

« またもぬかってしまった★「天地人」番外編 | トップページ | 事件と真実の間☆映画『消されたヘッドライン』 »

Amazon商品検索