2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ご報告☆B'zの生衣装を見てきたよう | トップページ | 頭文字K(イニシャル・ケー)の財布 »

評価はグレーゾーン。映画『オーストラリア』

映画『オーストラリア』を見てきました!

※都度のエピソードの結末に触れているので、これからご覧になる方はここでSTOP!





いいですか、書きますよ?








では映画『オーストラリア』、スタート♪


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


オーストラリアの光と影——壮大な自然と対峙して生き方を変えていく人々の輝きと、先住民族・アボリジニの悲劇——を描いたこの作品。


感想。牛と馬がヨカッタ。


時代は第二次世界大戦下。ロンドン在住の英国貴族・サラ(ニコール・キッドマン)は、国に全然帰ってこない旦那を追いかけオーストラリアに単身出向く、と。かの地には旦那の領地があるんですね。


港で高飛車にお迎えを待つサラ。当のお迎え、ドローヴァーと呼ばれる牛追い(ヒュー・ジャックマン)はケンカ中で、そこら中の荷物を引っ掴んで相手を殴ってる。荷物とは当然サラのもので、中に詰めてあったブラジャーやパンツがびらびら宙を舞う、と。


ドリフみたい——しかもサラカトちゃんみたいな眼鏡(ゴーグル)をかけ始めた。と思っているうちに夫の事件やらアボリジニへの差別やらが描かれ始め。サラは生活のため、夫の牛を売ることを決意。それには1500頭もの牛を連れ、遠く離れたダーウィンに行かねばならぬ。ドローヴァー、アボリジニの母を亡くしたばかりの混血児・ナラ(ブランドン・ウォルターズ)、アル中のおっさん、その他3人のアボリジニと中国人の料理人という頼りなげなお供たちと一緒に、サラの旅が始まった——邪魔者に阻まれつつも豪州大横断は成功するのか、牛は売れるのか!?って話に突入。で、大団円。


はれ、これで終わり?と思っていたらサラドローヴァーの恋愛話に突き進んでゆき、お、ナラを交えた家族3人の話になる?と思っていたら戦争がえらいことになってゆき、日本は敵国でゴメンね——と目まぐるしくも、長い。


乾いた大地を激走する牛と馬たちの姿は圧巻。豪州出身の主要登場人物たちは水を得た魚のよう。だからこそ——もったいないオバケが出そう。。。


そんなだったから——


アボリジニのまじない師で、ナラの実のおじいちゃんという設定の人が出てくるんだけど——


戦争が激化していく中、町を彷徨うおじいちゃん。褐色の肌を隠すためなのか、おまじないなのか、おじいちゃんが灰を体に塗りたくるんだけど。なにぶん灰なので、おじいちゃん灰色になっちゃって——


おまけにおじいちゃん、格好はアボリジニのままなので目立つ——『オーストラリア』の結末より気になる——


可愛すぎ——


そんなだったから、灰でゴアゴアなおじいちゃんのアップを見て隣にいた友は


「この映画の中で一番、ナラリーノが喰いついているであろう場面はここ」


と思ったそうだ(当り)。


おじいちゃんがビシュッと投げた鉄の棒が敵役の胸に刺さって一件落着。
おじいちゃんがもっと早くに本気出してたら映画『オーストラリア』はもっと早くに終わったかもしれん。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

movie 映画『オーストラリア』公式サイト

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

« ご報告☆B'zの生衣装を見てきたよう | トップページ | 頭文字K(イニシャル・ケー)の財布 »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

私も観て来ました(n*`ω´*n)
ニコールの美しさとヒューの水浴びのサービスショットが見所でしたw

movievictoria姫

ニコール、綺麗でしたね。。。
カトちゃんメガネでも損なわれない美しさが
凄かった(そこ?)

そしてヒューに見とれる自分に
「やっぱり私は濃い顔が好きなんだわ」って
再認識しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/44235019

この記事へのトラックバック一覧です: 評価はグレーゾーン。映画『オーストラリア』:

« ご報告☆B'zの生衣装を見てきたよう | トップページ | 頭文字K(イニシャル・ケー)の財布 »

Amazon商品検索