2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 映画『ウォッチメン』と不思議な仲間たち | トップページ | こっちだって使者★「天地人」第12回 »

どの『鈍獣』が好きですか???

以前、kajuさんがコメント欄で教えてくださった北村一輝の最新映画の件。5月からロードショーだそうです。タイトルは『鈍獣』
どんな話なんだろう。脚本が宮藤官九郎ってあたり、普通じゃなさそうだけれども。




ナラリーノ国の海軍総督・北村一輝を勝手に応援すべく、皆様に『鈍獣』鑑賞をオススメしたい。この記事を読まれた各人、お好きな映画ジャンルがあると思うので、それぞれのお好みにひっかかるようにあらすじをまとめてみた。




+‥‥‥+‥‥‥‥+

◆サスペンスが好きなアナタに捧ぐ『鈍獣』

週刊誌編集者の静(真木よう子)は、失踪した作家・凸川(浅野忠信)を探すため、凸川の故郷・ときわにやってきた。そこで静は、凸川の同級生だった江田(北村一輝)と岡本(ユースケ・サンタマリア)と出逢う。

凸川の行方が知れぬ中、静は凸川が江田たちの過去を小説のネタにした事実を知る。

江田たちが封印したい過去とは−−−そして凸川はどこに−−−江田の愛人・順子(南野陽子)らも巻き込んだ不可解な事件の、意外な真相が暴かれる。

+‥‥‥+‥‥‥‥+



サスペンス調だとこんな。ちょっと火サスっぽい。次。



+‥‥‥+‥‥‥‥+

◆ハードボイルドが好きなアナタに捧ぐ『鈍獣』

過去と現在。勝者と敗者。その価値観が激しくぶつかりあう街・ときわ。

週刊誌編集者の静は、失踪した作家・凸川を探すために辿り着いたこの街で、街のチャンプを目指す江田と、彼に影のように寄り添う岡本と出逢う。

友情、そして裏切り−−−疾走する若い魂の行方は?そしてそのゴールに凸川の姿はあるのか?

+‥‥‥+‥‥‥‥+



伊坂幸太郎の小説のような。では、次。



+‥‥‥+‥‥‥‥+

◆ラブストーリーが好きなアナタに捧ぐ『鈍獣』

週刊誌編集者の静は、失踪した作家・凸川の面影を追って、日本の古き良き伝統が息づく街・ときわに降り立った。

ここで静は、東京での生活に疲れ、この街に戻ってきた江田と、彼の友人・岡本をはじめとする不思議な人々と出逢う。失踪前の凸川もまた、この街に舞い戻り同級生だった江田らと再会していたという。

蘇る過去の傷−−−そして静は凸川とふたたび出逢えるのか−−−

+‥‥‥+‥‥‥‥+




うーん、元のあらすじをちょっといじるだけで、いろんなタイプの映画が生まれます。でもね。公式ホームページに書かれてるホントのあらすじは、こんな。ゴメンなさい、全然違う。舞台となる「ときわ」は「すべてが相撲中心の田舎町」。失踪中の凸川は「殺しても殺しても絶対死なないニブチン」




一輝にいたっては、オデコに「肉」って書いてある−−−やはりこの映画、絶対普通じゃない。クドカンだもんね。。。




「天地人」でせっかく素敵なカゲカっつぁんを演じてるので、普通の恋愛映画にも出て欲しいなあ、北村一輝。韓国版の『イルマーレ』みたいな、静かな大人のラブストーリーに!ちなみに「普通の恋愛映画」の相手は、男の子(兼続)じゃないのを希望。。。




あ、『鈍獣』。そのほかの共演者はジェロ。そして最近、バラエティ番組なんかでスイーツ番長として活躍中の元横綱・大乃国も隠れキャラで出るらしい。


+‥‥‥+‥‥‥‥+

映画『鈍獣』公式ホームページ

キャストはコチラ。笑える動画も見れます。

+‥‥‥+‥‥‥‥+




« 映画『ウォッチメン』と不思議な仲間たち | トップページ | こっちだって使者★「天地人」第12回 »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

うまいうまい!
クドカン好きなのでオリジナルは見たいですが、伊坂幸太郎も好きなのでハードボイルドも見たいなぁ。

殿ったらまたこんな役・・・。
しかも超楽しそう。
ナ国の記事を読んでから、本家のサイトを見ましたが、思わず突っ伏したところキーボードにおでこから突っ込んで、画面に「hyじゅ7」と表示されました。

shineぽおるさん



嘘は書かずにあらすじを加工する楽しさ。
それに気づいた記事でした。
きっと伊坂の作品をクドカンが映画化したら
こんな内容になるのかな!?



shinesaariさん



本家のサイト、すごかったですよね!?
ちなみにリニューアル前はすんごい見づらいサイトでした。。。

saariさんのオデコが一輝のオデコばりに
「hyじゅ7」と刻印されていないことを祈ります!


私が一輝を(いつの間にやら呼び捨て)初めて見た時、彼はオカマ(の役)でした…。

shinekajuさん


オカマ(の、役)...
ホントに幅広い。。。私が初めて見たのはたぶん
「リミット」というドラマだったと思います。
(あとになって気づいたのですが)


たしか、臓器売買に関わってるような人で
日本人じゃなかった...


あ!相手役は田中美佐子だったかもしれない。
記憶が正しければ、兼続の母ちゃんじゃないですか。。。

殿とお母上も、映画版「大奥」では愛人関係でしたよね。
世間は狭いですね。
(違う。)

shinesaariさん


こういう時、俳優さん同士
「いやあ、以前は愛人だったりしたのに
今回は殿と家臣の母親役で、ヘンねえ」なんて
話するのかしら。


カゲカっつぁんとササッチ秀吉も
「わるいやつら」で共演してるし
なんでも朝ドラ「どんと晴れ」だかに
出てた人たちがすんごい出演してるそうですね、
「天地人」。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/44420443

この記事へのトラックバック一覧です: どの『鈍獣』が好きですか???:

« 映画『ウォッチメン』と不思議な仲間たち | トップページ | こっちだって使者★「天地人」第12回 »

Amazon商品検索