2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 出てこい、土踏まず | トップページ | 第81回アカデミー賞結果発表 »

愛の劇場−−−★大河ドラマ「天地人」第8回

母の死とともにうっかり八兵衛度が
すっかり消えた兼続。

そしてカゲカっつぁん、よかったね。
たとえタイトルが「謙信の遺言」であっても蟄居
していた兼続が復帰しちゃう今回はカゲカっつぁん
目線で言えば幸い多き回でした。




城に戻る兼続は、やや浮かぬ顔だが。




兼続「殿は誠に私をお許しくだされたのか」
弟の与七「心配はご無用!」
兼続「だがのう。。。」




現代語に置き換えれば




兼続「殿、ホントに私を許してくれたのかな」

弟の与七「心配することないって!」

兼続「でも。。。」




みたいな。何このラブコメ感。。。
ツマブキ兼続と一輝カゲカっつぁんの話だけに。




帰還する兼続。
その気配に気づいて刀の手入れを止める
カゲカっつぁん。




兼続「殿、兼続にございます」
カゲカっつぁん「入れ」




刀を柄に入れられないカゲカっつぁん

(人には入れと言いつつも、自分は刀を柄に入れられないカゲカっつぁん)




兼続「ただいま戻りましてございます。殿。こたびのことで、ひとかたならぬご迷惑をおかけしました」




迷惑なんて

(迷惑なんて夢にも思わぬカゲカっつぁん)




(立ち去ろうとする兼続−−−)




カゲカっつぁん「待て。しばらくそこに居れ」




(話に全っっっく関係ない笛?を触りながら)
カゲカっつぁん「蟄居の苦労話など聞かせてくれぬか。兼続らしう、面白うな」




(兼続を見ておもわず微笑むカゲカっつぁん)




家来「殿がお笑いになったぞ」
家来「殿はそなたが居らぬ間、お黙りになったままでの」
家来「わしらがご機嫌をとろうとしても無駄だったのじゃ」




カゲカっつぁん「からかうでない」




家来「そなたの帰りを、殿が一番お待ちになっておられたのだ」




こんなふうにね

(こんなふうにね。。。)




−−−すごいわ、現代に置き換えれば




カゲカ「待て しばらくそこにいろ」(リコーダーを触る)

家来「殿、笑ってるよ〜ひゅ〜」

家来「俺らが相手しても無駄だったのによ〜」

カゲカ「からかうなよ〜」




小学生ですか−−−?
おまけに見つめ合う二人−−−



見つめ合う二人



見つめ合う二人




麗しき主従の話、です−−−




「天地人」って、男性が見ても楽しいのかな−−−?
(そもそも、こんな穢れた目線で見ていないだろう)




最初に書いたように今回のタイトルは「謙信の遺言」。
じゃあもしやアベ謙信ジェロニモは−−−
兼続に義の心を説いていた謙信は−−−




付け髭の糊がテカってる

遺言の前にヒゲが−−−(糊がテカってる)




髭がズレてる

ヒゲが−−−(ズレてる)




阿部ちゃ−−−ん。遺言なんてイヤだあ...




(´・ω・`)ノ第8回「謙信の遺言」あらすじ

蟄居中の兼続(妻夫木聡)のもとに
初音(長澤まさみ)が現れ、上杉軍が柴田勝家
(菅田俊)率いる織田軍に大勝したことを知らせる。

鉄砲の弱点を知り抜いた謙信(阿部寛)は織田軍が
雨で鉄砲が使えなくなるのを待ち、夜襲をかけたの
だった。しかし、謙信は追撃せずに兵を引く。
初音には謙信の真意が図れないが、謙信の欲の
ない心を知る兼続は義ゆえに兵を引いたとわかる。

年が明け、蟄居が解かれた兼続は弟の与七(小泉
孝太郎)とともに春日山へ戻る。そんな兼続を景勝
(北村一輝)や上田衆たちは温かく迎える。

謙信に「お前こそ自分の意思を真に受け継ぐ者」と
告げられ感極まる兼続。だがその後、謙信は病に
倒れる。

(´・ω・`)ノ***********************

« 出てこい、土踏まず | トップページ | 第81回アカデミー賞結果発表 »

ドラマ:'09大河『天地人』」カテゴリの記事

コメント

たしかにナラリーノ様目線では見ていないですよ(笑)。
毎回視点が面白いですね。

兼続は、マンガの前田慶次にも出てくるしあのマンガが武将の友情多かったのでそんな感じで楽しんでます。
そういえば前田慶次は晩年は上杉家の客将だった気がしましたが、このドラマでも出てくるのかな???

クッションを平手でばんばん叩きながら拝見つかまつりましたよ。
主従LOVEがこっぱずかしくて。
うぉー。
そして、ジェロニモ様にはもっと長生きしてほしいです。

ヤスさん

ヨカッタ、普通の目線で楽しくご覧になっていて。
私、『天地人』の原作は途中までしか読んでなくて(なぜ?)
前田慶次が出てくるかわからないのですが
家康や前田利家が出てくるから出てきて欲しいですね♪

前田慶次の漫画−−−「花の慶次」かしら−−−

saariさん

ホントにこっぱずかしかったですよね−−−
私が腐女子的視点で見てる訳でなく!
ホントにこんなこっぱずかしい内容なんですもんね。
どこへ行くんだろう、「天地人」。
ある意味、新しい大河のような−−−

ジェロニモ、予告で横たわってましたね。。。

お久しぶりです。
糊、気になりますねwジェロニモも信長も…。嗚呼デジタル。

一輝が「マテ」って言った瞬間、キター!と思いました。
そういうドラマだと思って見守っていくこと決定です。

つか、花の慶次原作で大河やらないんですかね。

りょうさん

こちらこそ、お久しぶりです。
熊交、ちょっとドキドキのタイトルでした...

一輝の「マテ」。抱きしめるかと思いましたよ。
(腐った見方)
あと兼続が半裸?で剣の稽古をしてる場面。
ハダカの男をそんな目で見るな−−−!
(腐った見方)

一緒に見守っていきましょうね♪

花の慶次。ナ国で盛り上げていきましょうか!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の劇場−−−★大河ドラマ「天地人」第8回:

» 天地人 第8回「謙信の遺言」 [あしたまにあーな]
戦は人数で決まるわけではないことが改めて浮き彫りになります。桶狭間の戦いで今川義元を破ったり、長篠の戦いで武田勝頼を破った織田信長であれば、そのことは熟知していたにもか... [続きを読む]

» 天地人 第8話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
いよいよ謙信VS信長 [続きを読む]

« 出てこい、土踏まず | トップページ | 第81回アカデミー賞結果発表 »

Amazon商品検索