2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

今日もどこかで、B'zのあの曲 vol.2

♪手をつないだら行ってみよう〜〜〜
♪燃えるような月の輝く丘に〜〜〜


本日。日本テレビ系放送のバラエティ番組「世界一受けたい授業」を見ていたらB'zの「今夜月の見える丘に」が流れてきましたよ。ひゃっほ〜〜〜う♪予期せず流れるB'zの歌。こういう時、嬉しくなるのは私だけではあるまい。ええ、あるまい。


「センセー、何の授業の時に流れたんですかー?」
「『月』だけに、天体観測の話ですかー?」
「『丘』だけに、地理の授業ですかー?」


そんな質問をしたいB'z学院短パン大学の皆さん。(略してB'z短大)答えは「保健体育」の授業です。大阪大学・板見智先生の講義で、タイトルは——


「アナタの知らない毛の常識・非常識!一日に何本 毛が抜けると薄毛の始まり!? 」——


「薄毛だけに——(震)」そんな失礼なことを思ったB'z短大のアナタ。退学!B'zの頭髪とは関係ございません!たぶん。髪を傷めない洗髪法をレクチャーするため、美容師さんが登場して実際髪を洗ったんですね。その時、流れてました。


「今夜月の見える丘に」は木村拓哉が美容師役を演じたドラマの主題歌だったから、頭髪の話題のBGMにはB'zのあの曲を。テレビ業界ではそんな話になっているのかしらん。


ちなみに聴きいっちゃったので「 髪を傷めない洗髪法」を聞くの忘れた——


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コメントでご指摘を受けるまで、あるニュースのBGMに「今夜月の見える丘に」が
使われた理由がわからなかった「今日もどこかで、B'zのあの曲 vol.1」はコチラ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レーシック。夢だった

これは酷い…。


 

近視矯正するレーシック 19歳女性、失明も 銀座眼科、手術後67人感染症
(2月26日8時4分配信 産経新聞)

東京都中央区保健所は25日、銀座眼科(同区、溝口朝雄院長)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち、18歳から66歳の男女67人が、感染性角膜炎や結膜炎を発症したと発表した。2人が入院し、19歳の女性は家族によると、失明の恐れがある重症という。

「衛生管理や、医師の手洗いが不適切だった」「院長は(レーシック手術の)講習会などを受けてはいないという。」だなんて、またこういうバカな話が…。


みなさん、意を決してお医者に行ったんだろうに。
手術なんて怖いけど、とか、お金かかるけど、って思いつつも——。


被害にあわれたみなさん。
くれぐれも重い症状になりませんように。
失明なんて恐ろしいことになりませんように。
心よりお見舞い申し上げます。
(ナラリーノ国 国民一同)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


私も視力が悪く、普段はコンタクトレンズ使用者。
昨年、仕事をしていなかった時期にレーシック手術を受けるべく立ち上がった——って正義の味方みたい。ようは検査を受けに行ったということです。検査、レーシック手術を受けるための検査。


目医者さんはすんごい混んでた。
何種類かある検査自体は、あわせて30分程度なのだろうが、とにかく待ち時間が長い!医院にいたのは5時間半くらい。ちなみに私が検査にお邪魔したのは日本で1、2を争うほどレーシック手術をこなしている目医者さん。混んでるはずだ…。


書類に目を通し、かつ「レーシックとは何ぞや」っていうDVDも見たっけなあ。
ほとんどトラブルがないって言われてる手術だけどデメリットもちゃんと教わりました(ドライアイになる人がいる、とか、年齢によって老眼の症状が早く出る人がいる、とか)


で、5時間半後にやっと検査結果を聞くためにお医者さんの待つ部屋に入った、と。


検査の結果だけじゃなくて、手術の疑問点やちょっとでも不安なところは全部聞いておかなきゃ!って、手術受ける気まんまんだったんだけど。お医者さんが私の顔を見るなり——


「あー、ナラリーノさん。ナラリーノさんは角膜の厚みが人と違うから、レーシックできませんよ〜」


って断られちゃった(涙)


普通、角膜は目の中央?が一番厚いのに、私のは何でか知らんが下側が分厚いんだと——。


レーザー光線を当てる場所?が薄いので、できないんだと——。


と、いうことでレーシック手術は受けること叶わず。今でもコンタクトレンズです。。。


レーシック経験者って結構周囲にいるものだから(って、私がたまたまそうだったのかな)これから受ける方は、下調べを入念に!遠慮なんかせず、疑問点はハッキリ聞くこと!!!


B'z☆新DVD「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」広告(読売新聞)

なんか久しぶりのB'zネタだ。
25日はB'zのニューDVD「B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」発売。と、いうことはお馴染みの新聞広告ですよ!


どうせ朝日新聞だろうと思い、会社にある朝日新聞をババッとめくってみたらなんか綺麗な蒼い広告!


よく見たら、ランコムの化粧水だか何だかの広告でした。驚かすぜ、朝日新聞…B'zの代わりにデカデカと瓶が写ってた。
→今日(26日)にもう一度見てみたらランコムの美容液の広告で、瓶ではなくチューブ状のものでした。


どうせ朝日新聞だろうと思い、ナラリーノ城に配達される読売新聞を見ずに会社に行ったのに——


「B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」新聞広告(読売新聞)
今回は読売でした——驚かすぜ——


小さくてすみません。ステージの写真と時間と曲名とQRコードが配されている。で、QRコードで異次元に跳ぶと(異次元?3次元?)該当曲のライブ映像が見えちゃうとか、そんな感じらしい。


ライブ title=


ライブ


「愛のバクダン」
「愛のバクダン」、てかこれ、火災現場でしょう。。。


ついでと言っては何ですが、B'z情報。(B'zオフィシャルサイトより)


  • ★今年元日、NHKBS2で放送された「RUN 〜 B'z・20年の軌跡〜」がNHK総合テレビにて再放送決定。放送日時は2/27(金)深夜 24:35〜26:04


  • B'z 11thシングル「ZERO」が発泡酒 “麒麟 ZERO"のCMソングに決定(4月からCM放送スタート)


  • タワーレコード渋谷店 1階エントランスで2008/9/21のライブオープニングで着用したメンバー衣装を展示。2/24(火)〜3/1(日)マデ。時間帯は10:00〜20:00とのこと

渋谷で衣装展示。そうですか、ナラリーノに観に行けってことですか?ことですよね。見てこいこの野郎って声が聞こえた。行きます行きます。見てきます。って、写真は撮れるんだろうか。


結構、忙しいんだぞ〜ナラリーノだって——


マンガ「この世界の片隅に」

「この世界の片隅に」の下巻、4月28日に発売かあ。まだ先だと思っているうちに アッという間にこの日になりそう。何の話って「夕凪の街 桜の国」「長い道」を描いた漫画家・こうの史代の新作の話です。


こうの史代。
もうすっかり新作を読みたい漫画家になってしまったことだ。




book マンガ「この世界の片隅に」あらすじ

舞台は第二次世界大戦中の広島。
絵を描くことが好きな「すず」は不思議な縁に導かれて、軍都・呉へと嫁ぐ。戦争が生活に忍び寄り暗い影を落とす中ですずや周囲の人々は明るくけなげに生きていく。

※2009/2/25現在、上、中巻が刊行中。


一話ごとのタイトルが「◎年◎月」ってなっていて中巻のラストが「(昭和)20年4月」なのだ…あきらかに、広島がヒロシマになった「20年8月」に向かっている物語…。


とはいえ、ギスギスしたところは皆無。
おっとりした主人公がいて、肝心なところで抜けてる家族や周囲の人がいて、そういう人たちの日常の物語です。戦時中だからって常に死と隣り合わせの日々だったわけじゃなく、こんなふうに静かな時間が流れたりしてたんだろう。


ものがなくても工夫して代用品を作ったり、憲兵の前ではしおらしくしてるけどいなくなると大笑いしたり。何があっても庶民はたくましい!


そうやって普通に、まっとうに生きてる人たちがふと漏らす言葉がこれまた深いので読んでて思わず唸るのだ!


この作品にはりんさんという遊郭の女性が出てくる。
親に売られて、愛する人とも引き裂かれて、でもそれを受け入れてまっすぐ生きているりんさんがすずさんに


「(自分に)何かが足りないくらいで、この世に居場所はなくならない」


と言う場面があって、これを読んだ時「いい言葉だなあ。さすがこうの史代!」って思ったんだけど。最近の不景気じゃないですか。政治も安定しないし。派遣切りのニュースなんかも見ているとなんだか「居場所はなくならない」とも言っていられないご時世なんだろうか、って思い始めた。


と、しんみりしつつも、いつの世も庶民はたくましく生きていけるのでしょう。何があってもこの世に居場所はなくならないって思っていたいですね!


いつも穏やかに生きているすずさんは「これが夢じゃないといいなあ」なんて思ってる。20年8月に、この気持ちがどう変わっていくのか。。。

映画100本ノック(ツッコミどころ満載の『感染列島』)

妻夫木くん主演映画『感染列島』、遅くなりましたが書きます!


ツッコミどころ満載でした——


※ラストに触れてないくらいでかなりネタバレなので

・観に行く予定がない方
・観に行くつもりだがネタバレ上等な方

以外は、絶対ここでSTOP!!!

続きを読む "映画100本ノック(ツッコミどころ満載の『感染列島』)" »

新ドラのリスト(阿部ちゃんは親子愛、真希ちゃんはホームレス)


※阿部ちゃん、真希ちゃん以外の新ドラのリスト☆2009年4月期情報はコチラ!


あ。4月からの新ドラ。火曜日の情報が出てる。 あ。阿部ちゃんが出る。


阿部ちゃん。 ジェロニモ謙信のあとはパパ役らしい。


大橋のぞみ、連ドラ初出演 パパは阿部寛 (2月23日8時3分配信 サンケイスポーツ) 俳優、阿部寛(44)が4月14日スタートのフジテレビ系「白い春」(火曜後10・0)に主演することが22日、分かった。“親子愛"を描くドラマで、娘役は映画「崖の上のポニョ」の主題歌でブレークした子役女優、大橋のぞみ(9)。



大橋さん。 あの頭に残る歌を歌っていたお嬢さんですね、はあ(興味薄)


でもジェロニモのために見ようかな度 ★★★☆☆


話の内容は、10年の刑期を終え出所した男(阿部 ちゃん)が、刑務所に入る直前に元恋人との間に できていた実の娘(ポニョ)と出逢う...とのこと。


実の娘(ポニョ)、って違うだろう度 ★★★★★
彼女は主題歌歌っただけだろう度 ★★★★★


ま、そんなところで−−−
阿部ちゃんがジェロニモパパに扮する寸前、
火曜21時のドラマはこの方が登場。


「ここまで汚い格好は初めて…」堀北真希がホームレス役に挑む (2月20日12時5分配信 オリコン) 女優の堀北真希が主演するフジテレビ系の新ドラマ(タイトル未定、4月放送開始、火曜・後9時)でホームレス役を演じることが19日(木)、同局から発表された。



あ、真希ちゃん。「イノセント・ラブ」、見てましたよ。
ものっすごいお話でしたね−−−


鼻血が出そうにシリアスで、取り返しのつかない話に
なっていた「イノセント・ラブ」とは違い、今回の火曜
ドラマはホームコメディらしい。


失踪した父親の借金のせいでホームレスになった 主人公が、負債を肩代わりしてくれた会社社長と 結婚する、と。


社長さん、よかったね度 ★★★★☆


こんな美人と結婚できるなら、負債の1億や2億、
ここのつ、とおくらい請け負ってもいいでしょう。


気になるのは、新婚さんは二人暮らしではないと
いうこと。「6人の変人イケメン養子と共同生活」って
書いてある!


「花君」再来ですか?度 ★★★★☆
だったら見ますよ度 ★★★★☆


うまくいけば火曜日は
イケメンを見てからジェロニモと再会、と。
阿部ちゃ〜〜〜んnote


第81回アカデミー賞結果発表

映画100本ノックをしているからには書いておかねば。
『おくりびと』外国語映画賞受賞おめでとうございます!日本の作品が受賞したのは初めてとのこと。


『つみきのいえ』も短編アニメーション賞受賞ってのがスゴイ!おめでとうございます。こちらも日本人監督作品の受賞は初めて。


ナラリーノ国のナラデミー賞(そんなんあったんだ)は『K-20』が独占と思われます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆◇◆第81回アカデミー賞◆◇◆

crown印が受賞作/人。
印がノミネート作/人。

参照:シネマトゥデイ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆作品賞
crown『スラムドッグ$ミリオネア』

『フロスト×ニクソン』
『ミルク』
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
『愛を読むひと』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆主演男優賞 
crownショーン・ペン『ミルク』

リチャード・ジェンキンス 『ザ・ビジター(原題)』
フランク・ランジェラ 『フロスト×ニクソン』
ブラッド・ピット 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ミッキー・ローク 『レスラー』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆主演女優賞 
crownケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』

アン・ハサウェイ 『レイチェルの結婚』
アンジェリーナ・ジョリー 『チェンジリング』
メリッサ・レオ 『フローズン・リバー(原題)』
メリル・ストリープ 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆助演男優賞 
crownヒース・レジャー『ダークナイト』

ジョシュ・ブローリン 『ミルク』
ロバート・ダウニー・Jr 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
フィリップ・シーモア・ホフマン 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』
マイケル・シャノン 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆助演女優賞 
crownペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』

エイミー・アダムス 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』
ヴィオラ・デイヴィス 『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』
タラジ・P・ヘンソン 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
マリサ・トメイ 『レスラー』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆監督賞 
crownダニー・ボイル監督『スラムドッグ$ミリオネア』

デヴィッド・フィンチャー 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ロン・ハワード 『フロスト×ニクソン』
ガス・ヴァン・サント 『ミルク』
スティーヴン・ダルドリー 『愛を読むひと』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

crown外国語映画賞 『おくりびと』
crown長編アニメ賞 『ウォーリー』
crownドキュメンタリー長編賞 『マン・オン・ワイヤー』(原題)
crownドキュメンタリー短編賞 『スマイル・ピンキ』(原題)
crown脚本賞 『ミルク』
crown脚色賞 『スラムドッグ$ミリオネア』
crown撮影賞 『スラムドッグ$ミリオネア』
crown編集賞 『スラムドッグ$ミリオネア』
crown美術賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
crown衣装デザイン賞『ある公爵夫人の生涯』
crown作曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』
crown歌曲賞 『スラムドッグ$ミリオネア』
crown録音賞(音響賞) 『スラムドッグ$ミリオネア』
crown音響編集賞 『ダークナイト』
crownメークアップ賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
crown視覚効果賞 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
crown短編実写賞 『トイランド』(英題)
crown短編アニメ賞『つみきのいえ』

愛の劇場−−−★大河ドラマ「天地人」第8回

母の死とともにうっかり八兵衛度が
すっかり消えた兼続。

そしてカゲカっつぁん、よかったね。
たとえタイトルが「謙信の遺言」であっても蟄居
していた兼続が復帰しちゃう今回はカゲカっつぁん
目線で言えば幸い多き回でした。




城に戻る兼続は、やや浮かぬ顔だが。




兼続「殿は誠に私をお許しくだされたのか」
弟の与七「心配はご無用!」
兼続「だがのう。。。」




現代語に置き換えれば




兼続「殿、ホントに私を許してくれたのかな」

弟の与七「心配することないって!」

兼続「でも。。。」




みたいな。何このラブコメ感。。。
ツマブキ兼続と一輝カゲカっつぁんの話だけに。




帰還する兼続。
その気配に気づいて刀の手入れを止める
カゲカっつぁん。




兼続「殿、兼続にございます」
カゲカっつぁん「入れ」




刀を柄に入れられないカゲカっつぁん

(人には入れと言いつつも、自分は刀を柄に入れられないカゲカっつぁん)




兼続「ただいま戻りましてございます。殿。こたびのことで、ひとかたならぬご迷惑をおかけしました」




迷惑なんて

(迷惑なんて夢にも思わぬカゲカっつぁん)




(立ち去ろうとする兼続−−−)




カゲカっつぁん「待て。しばらくそこに居れ」




(話に全っっっく関係ない笛?を触りながら)
カゲカっつぁん「蟄居の苦労話など聞かせてくれぬか。兼続らしう、面白うな」




(兼続を見ておもわず微笑むカゲカっつぁん)




家来「殿がお笑いになったぞ」
家来「殿はそなたが居らぬ間、お黙りになったままでの」
家来「わしらがご機嫌をとろうとしても無駄だったのじゃ」




カゲカっつぁん「からかうでない」




家来「そなたの帰りを、殿が一番お待ちになっておられたのだ」




こんなふうにね

(こんなふうにね。。。)




−−−すごいわ、現代に置き換えれば




カゲカ「待てpaper しばらくそこにいろ」(リコーダーを触る)

家来「殿、笑ってるよ〜ひゅ〜」

家来「俺らが相手しても無駄だったのによ〜」

カゲカ「からかうなよ〜」




小学生ですか−−−?
おまけに見つめ合う二人−−−



shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

見つめ合う二人

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

見つめ合う二人

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine


麗しき主従の話、です−−−




「天地人」って、男性が見ても楽しいのかな−−−?
(そもそも、こんな穢れた目線で見ていないだろう)




最初に書いたように今回のタイトルは「謙信の遺言」。
じゃあもしやアベ謙信ジェロニモは−−−
兼続に義の心を説いていた謙信は−−−




付け髭の糊がテカってる

遺言の前にヒゲが−−−(糊がテカってる)




髭がズレてる

ヒゲが−−−(ズレてる)




阿部ちゃ−−−ん。遺言なんてイヤだあ...




(´・ω・`)ノ第8回「謙信の遺言」あらすじ

蟄居中の兼続(妻夫木聡)のもとに
初音(長澤まさみ)が現れ、上杉軍が柴田勝家
(菅田俊)率いる織田軍に大勝したことを知らせる。

鉄砲の弱点を知り抜いた謙信(阿部寛)は織田軍が
雨で鉄砲が使えなくなるのを待ち、夜襲をかけたの
だった。しかし、謙信は追撃せずに兵を引く。
初音には謙信の真意が図れないが、謙信の欲の
ない心を知る兼続は義ゆえに兵を引いたとわかる。

年が明け、蟄居が解かれた兼続は弟の与七(小泉
孝太郎)とともに春日山へ戻る。そんな兼続を景勝
(北村一輝)や上田衆たちは温かく迎える。

謙信に「お前こそ自分の意思を真に受け継ぐ者」と
告げられ感極まる兼続。だがその後、謙信は病に
倒れる。

(´・ω・`)ノ***********************

出てこい、土踏まず



足をどうにかしたいと思っていた。どうにかって?
ナラリーノの両足裏には大きなウオノメがあって
数年前、麻酔して芯を取ってもらったのだが
(注射が死ぬほど痛かった)、それでも再発する。
お医者さんやフットケアサロンの人いわく
扁平足であるのが再発の原因のひとつのようだ。




扁平足を、どうにかせねば−−−




と、思っていたら足のトラブルを−−−開帳足やO脚、
扁平足、外反母趾/内反小趾、ハンマートゥなどの
トラブルを緩和してくれるサロンを見つけた。
浜松町にあるフットストレスラボがそれ。




なんでもロート製薬の福利厚生施設らしい。
と、言うからには当然、ロート製薬で働く人のための
ものだけれど、社外の人にもこの恩恵をおすそわけ!
ということでオープンしたサービス施設なのだとか。
太っ腹−−−ありがとうございます、ロート製薬さん。
これからは、なるべく商品買います。




ナラリーノが受けたのは
「アンチストレステーピングコース」(30分3150円)。
その名の通りテーピングで足を正しい形に固定して
足のトラブルを緩和するのが目的。
30分の間に関節ストレッチもやってもらえます♪




まずは「フットストレス判定」。ボードの上に立って
足裏の圧力と重心のバランスを測定。




測定結果

(測定結果はプリントアウトしてくれます)




ナラリーノの足は中央内側に圧力が、前に重心が
偏っているらしい。骨盤も前に傾き気味。
足裏のクッション性が低下した疲れやすい足で
全身に負担がかかりやすいとのこと。




そして−−−結果を見たサロンの人が口を開く。




「ナラリーノ様は、プールに入った後−−−」




わかった!言われることわかった!




「はい。濡れた足をコンクリの壁に押し当てると
足裏が全面ついちゃいます−−−」




こんな形には、ならない→foot




そう、私の足裏はホントにまっ平−−−
おかげで足を踏ん張る力がまったくなく、電車で
立つ時は何かを掴まないとよろけまくり。
足首をがっちりホールドしてくれる靴を履かないと
靴の中で足が滑って前にいってしまう。そのせいで
ハンマートゥでもあるのです。




足のアーチが崩れているらしい。よく言われます...




アーチの崩れを治すテーピングをすべく
ケアしてくれる部屋へ。まずは
ラベンダーの精油が入ったフットバス。
そして関節ストレッチ。
しかしナラリーノ、足首がグニャグニャなので
ストレッチのし甲斐がなかったはず。
(柔らか過ぎるのもよくないらしい)




サロンの人がいい匂いのする粉をナラリーノの
足にすりつけてくれる。いい気持ち−−−




で、いよいよテーピング!




テーピングしてある足って−−−
どこか色っぽいよね?纏足にするっぽくて(そうか?)
治療してる足、ってのも弱々しくていい感じ。
扁平足を治すべく、アーチを作るために内側に
キュッ!とすぼまった足にするのかな。色っぽい−−−




改名しようかな。エロリーノとか。




って。




べろ〜ん。。。

なんですか、このヒラメ張り的なテーピング−−−
足下の側面、切り目を入れたテープが
内外のくるぶしを囲むように張られています。
これが−−−アーチ復活のための張り方−−−?




なんでも「足のアーチ」は足裏内側の縦アーチ、
外側の縦アーチ、そして横アーチと3つあるそう。




「ナラリーノ様の足のアーチは全部崩れているので
これでも張り足りないくらいなんです」




まだ張りたいんですか−−−?
(ホントは足裏にも張りまくりたいらしい)




「それからナラリーノ様、子供の頃から正座する
習い事をされてますね?」




はい、4歳から茶道を−−−




「子供の頃から正座している人は、くるぶしの
外側の関節が崩れているんですよ」




ナラリーノ、崩れまくりの足らしい−−−(震)




このコース、テーピングのやり方を詳しく教わる、
というものではなく。10日〜2週間に1回通って足の
状態を見てもらいながら新たにテーピングしてもらう。
だいたい3〜6ヶ月で効果が現れる模様。




ちなみにテープは張りっぱなし。
人によって持ちが違うが、上手くいけば一週間程度
剥がれないそうだ。
汗かきの人は剥がれやすいらしいがナラリーノは
「足のムレってなんですか?」というほど水分を放出
しない足なので。3日経った今もテーピングは健在。
むろん、お風呂には入ってます。




土踏まず、出来るといいなあ−−−
しばらく通ってみます。



数奇で普通な『ベンジャミン・バトン』

こういう映画を見せてもらうと、やっぱりハリウッドっていいなあと思えます。『ベンジャミン・バトン』の話です。


主な舞台は第一次世界大戦〜21世紀にかけてのニューオリンズ。駅を飾る大きな時計を作った時計職人のエピソードから物語は始まります。


その時計は、愛息の戦死を嘆いた職人が「時が戻れば死者に逢えるのに」という思いをこめて作った逆回転する時計。


普通の流れとは逆の時を刻む時計。
それを地でいくような人生を歩むのが主人公のベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)というわけ。彼は80代の男性として誕生し——だから幼少期は白内障、杖がないと歩けなかったりと大変——そこから若返っていく運命にあります。


何だかダンシングベイビーっぽい、はっきりいって可愛くない容姿の赤ん坊だったのに、年と共に若々しく綺麗になっていくブラピ。「リバー・ランズ・スルー・イット」の頃みたい…どんだけ画像を加工したんでしょう(失礼)。


相手役のケイト・ブランシェットは、順調に老いていく役だけど、こちらは老け顔も綺麗。いや、むしろ老け顔こそ綺麗!
おばあちゃんになったケイトが最晩年の、つまり赤ちゃんになったブラピを抱っこするところなんて荘厳なほどに綺麗で。感動的な場面に、年を重ねた美しさが大きな意味を与えているようでした。


このシーンは、いろんなことを考えながら見てました。
今は亡き愛犬・モモちゃんの晩年は歩みはヨチヨチ、抱いて口に運ばないとご飯は食べられず、添い寝しないと眠ってくれないというものでした。


命あるものが変わっていく様を目の当たりにするのは本当に本当に哀しいこと。
でも、何も出来ない赤ちゃんに戻ったようなモモちゃんでも変わらず大切で愛おしかったし、「命の出発点と辿り着くところって違わないんだな。みんな子供に帰っていくんだ」と感じながら世話していたことを改めて思い出しました。


ベンジャミンは自分が大切に思う人と同じ歩調で生きていけない。普通じゃない、数奇な人生を送る男性の話なので悲しく、切ないエピソードも多いです。


でも「普通の人生」ってどんなものだかわからない。そもそも赤ちゃんって無垢なのに全てを知っているような哲学的な存在じゃないですか。
生まれた時は経験を積んだ老人たちと同じ姿で赤ちゃんに戻っていったベンジャミンの人生って、人間の本質からいえば意外と普通で数奇じゃないのかも。そんな風に思いながら見ていたので不思議な温かさが胸に満ちるような映画でした。


『ベンジャミン・バトン』公式サイト


でも、ブラピが船に乗るところ。船嫌いな私は目を閉じたら、一瞬寝てしまいました…

新ドラのリスト☆2009年4月期

情報が出始めましたよ!2009年4月から始まるドラマ情報が!
——って待ち望んでる感が満ち満ちてる割に最近ドラマを見ていないのはナゼ...?(「天地人」以外、食指が動くドラマがなくて...)



でも!現在放送中のドラマは好きなのないけど、春からのドラマは面白いかもしれないし!期待をこめて新ドラのリストだあ!

参考:ザ・テレビジョン2/27号

−*−*−*−*−*−*−*−*−

◆月曜日

◆『タイトル未定』
フジテレビ系 放送開始日未定 午後9時



今回、月9の発表が早かった。タイトルは未定らしいが——




SMAP中居くん!




上戸彩ちゃん!




佐藤隆太くん!




が、共演!へー...(興味薄)。



月9、面白そうだね度 ☆☆☆☆☆




あ、星がつかない...



なんか、ありがたみというか神通力が落ちた気がする。最近の月9...



話は中居くんを中心に展開する恋愛模様だと。キムタク『HERO』や慎吾ちゃんの『薔薇のない花屋』に関わったスタッフ陣が参加するとのことだが——



私、アンチSMAPなので...(興味薄)



◆『ハンチョウ』
TBS系 放送開始日未定 午後8時



主演は佐々木蔵之介。
頑張るなあ、蔵之介。ドラマに映画に。東京・神南署の刑事たちが様々な事件に立ち向かう。原作は今野敏著の小説「安積班シリーズ」とのこと。



たしか、この著者の別作品の広告見たなあ度 ★★★☆☆



ドラマと関係ないネタでゴメン。共演は中村俊介、塚地武雅などなど。



中村俊輔なら見たいよ度 ★★★★★
でも俊輔、演技できなそうだ度 ★★★★★



ドラマと関係ないネタでスマンです・・・



◆火曜日

※まだ情報はありません。
→→→情報出ました!コチラへどうぞ!!



◆水曜日

◆『臨場』
テレビ朝日系 放送開始日未定 午後9時

内野聖陽がアラクレながら腕はいい検死官に扮し、遺体や物証から事件を解いていく——だって。原作は横山秀夫。



なかなか期待できそうだ度 ★★★★☆



『ヴォイス』のちゃんとした版、って感じかしら。『ヴォイス』は——医大生なのに事件に首突っ込んじゃったもんなあ...



◆木曜日

◆『ゴーストフレンズ』
NHK 4/2 午後8時



ドラマ『ライフ』のイジメっ子、映画『ヤッターマン』にも出るよね?の福田沙紀ちゃん出演のドラマらしい。
交通事故をキッカケに幽霊が見えるようになった女子高生が幽霊の悩み相談に乗ることになって——というコメディ。



斬新、なのかな度 ★★☆☆☆



高校生の話は、もうツライなあ...年齢的に。
と、思っていたらこのドラマ、AAAの西島隆弘が出るらしい。ベルリン国際映画祭で「カリガリ賞」と「国際批評家連盟賞」をW受賞した映画「愛のむきだし」の主演の西島隆弘。



いきなり旬ですな度 ★★★★☆


意外や、話題性のあるドラマっぽい。『ゴーストフレンズ』。



◆金曜日

でも、TBS金曜10時のほうが視聴率は取れそう。だって!主演が嵐の松本潤ですYO!!!



◆『スマイル』
TBS系 放送開始日未定 午後10時



マツジュンがフィリピン人と日本人のハーフ役(笑)



顔が濃いから、ピッタリ度 ★★★★☆



生い立ちにコンプレックスを抱きながらも笑顔を絶やさないハーフ・マツジュンが失声症の少女(新垣結衣)やミーハー弁護士(中井貴一)と出逢って——って話だそうだ。



中井貴一見たいな度 ★★★★☆



再放送してる『武田信玄』、面白いよ...
あ、『スマイル』。マツジュン(笑)って書いたけどヒューマンラブストーリーだそうです。



◆土曜日

◆『ゴッドハンド輝』
TBS系 4/11 午後7時54分



平岡祐太主演。
週刊少年マガジンで連載中の人気漫画が原作で、患者と二人三脚の医療を目指す新米外科医の成長物語。はあ、そうですか。



ゴッドハンド一輝なら見たいよ度 ★★★★★
でも一輝のゴッドハンドって何?度 ★★★★★



一輝の手が——あんなこととかこんなこととかするドラマなら見たいんだけど——



あ、水川あさみちゃんが共演です。



◆日曜日

あ、すごい。オダギリジョーが出る。

◆『ぼくの妹(仮)』
TBS系 放送開始日未定 午後9時



オダジョー、理想と現実の間で揺れ動く外科医役。



TBS、外科医づいてるね度 ★★★★★



そんなオダジョーが(どんなだ?)バリバリのだめんずであるところの妹といがみ合いながらも絆を深めていくらしい。そんな妹が、長澤まさみちゃんである、と。
まさみちゃん、日曜日は8時の「天地人」に出てそのまま9時からだめんずなわけね。



ファンの皆さん、よかったね度 ★★★★★

そんなことしか書けないよ度 ★★★★★




−*−*−*−*−*−*−*−*−

どうしよう——
見たいのがないよ度 ★★★★★——





国家☆ブルブルルー



今日(2/17)は寒かったですのう...




早くおうちに帰ってヌクヌクしたかったです−−−
でも−−−




私の部屋、5℃しかなかった−−−




寒いんですよ、私の部屋は。
国家元首のくせして。




国家JAPANも大臣が辞任とかいろいろあって
お寒いようですが、ナラリーノ国だって
実はこんなに寒いんです。寒ィーsnow




18日も全国的に寒いみたいです。
皆様、風邪などひかず元気に過ごしましょうNE!




私は寒い中、『感染列島』観に行きます。




映画100本ノック(打球直撃・・・)

お茶のあとに悲劇は待っていた。映画を観るつもりだった、私たちに悲劇が。


悲劇の発端は、映画館の売店にあった。お疲れかい?店員さんの手際と物覚えが
悪かったのだ。


私も寄る年波で物忘れが激しいので「えっと、お客様のご注文はポップコーンと、ハスの実茶と、あと何でしたっけ?」と店員さんに問われても、にっこり笑って


「ハイビスカスティーです」


と答えたのだが。残念、出てきたのはアプリコットティーだった。まあいいや。。。


そんなだったから——その後の映画館全体の「変」も「まあ、売店もワタワタしてたし」くらいに思ってしまった。それがいけなかった。


ガラガラの館内。シアターの前に立つモギリのお兄ちゃんは、私と友のチケットをそれぞれ綺麗にちぎって渡してくれた。チケットを。「シアター1」とデカ書きされたチケットを——


で、そのまま席についたのだ。ただ若干、席が変だった。(この「若干」がクセモノだった)


シアター中央列・通路寄りの席を選んだつもりだったのに、チケット通りの席に座ると壁に近い席になっている。が。


「売店もあんなだし、チケット売り場も違うチケットをくれたんだよ」


と、いう話になって一件落着。したらば。


映画が時間通りに始まらなかったのだ。予告開始が、若干押してる。(やはり「若干」がクセモノだった)


「売店もあんなだし、ちょっとくらい映画も遅れるよ」


したらば——始まった映画が——


違う——(震)


観たい映画じゃなかった——『ジョッキーを夢見る子供たち』って何——!?


残念なことに、シアター1は別の階、我々が入ったのは「シアター2」だったらしい。


……(崩れ落ちる音)


が、しかし。友は鷹揚だった。


「もう本来の映画は始まってるはずだからこのままこれを観ようよ」


「本来の映画」を観たがっていたのは、友だったのに——(涙)


友のためにも「ジョッキー〜」が面白いものでありますように!


と、いうナラリーノの願いは、もう砂つぶ以下に打ち砕かれた。砂つぶ、つ、つ——


つまらねえ。。。


途中、友が


「これ、ドキュメンタリー?」


と聞いてきた。たぶんドキュメンタリーだね。でも、それすらハッキリしない、意図が汲み取れないカットの羅列って何。。。


ドキュメンタリー映画なら「ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて」くらいの見事さで作ってほしいよ!!!!!


でも、馬は可愛かったです。「ジョッキー」。あ、騎手になりたい少年たちの話でした。

生カイくんに、会ってきた!!!


2月15日、タワーレコード渋谷店で行われたSoftbankのお父さん犬・カイくんのインストアイベントに行ってきました!可愛かったよう。。。


イベント開始前。
俳優の川野太郎氏が歌う『白い恋物語』が流れる会場。なぜって川野氏は新作DVD『カイくんの若草物語 in 北海道』ではナレーションを務め、前作『カイくん日和』では王(ワン)教授としてカイくんと共演を果たしているから。
ちなみに『白い恋物語』のバックコーラスは、カイくんと仲間たち。


てことは、イベントが始まって最初に出てくるのは川野太郎——?


という予想を全く裏切らず、白いスーツに赤い蝶ネクタイという「カイくんルック」で登場した王教授こと川野太郎氏。司会者との軽快なトークを交えつつ、無駄なまでに見事な歌唱力で楽しそうに『白い恋物語』を歌い上げている。


王教授——『澪つくし』、大好きでした——


続いて、主役のカイくんが登場ーーーー!


可愛い〜〜〜!!


カイくんを驚かさないように、小さく沸き立つ会場。そのまま、来場者によるカイくん撮影会が始まったのだった。


カイくん



カイくん



カイくん



可愛い…♪♪♪


カイくんしか見ていないナラリーノに比べ、親孝行のつもりで連れてきた母アイコは——


王教授
図らずも、王教授メイン——(震)


だんだんと、あくびが出始めるカイくん。舌も出してる。ライトが熱いのだろう。


「可哀想に」
「疲れたね」
「ゴメンね」
「早く終わりたいね」


犬好きの人たちが集まっているはずなので(当然)、「イベントなぞしないほうが、カイくんにはヨカッタ」的な労り感が流れはじめる。この優しさが「人」に向けられた時、世界は必ずや平和になるであろう。


当初、抽選でツーショット写真が撮れる!という話でしたが、王教授の進言で「全員とツーショット撮影」に変更!ポラロイド写真をいただきました!


アイコより先に、ナラリーノがカイくんとツーショット。


「カイくん、こんにちは」


そっと、ナラリーノが声をかけると——


!!!!!


カイくんが、ナラリーノの左手をしゃぶった!!!!!


でもゴメンね、マンマは持ってないのよ。。。


撫でくり回すのはNGと思いつつ、そっと撫でてみました。
カイくんの毛並みはやや固く、日本犬っぽかった!でも空気をはらんでふっくらしてました♪


カイくん。今日はどうもありがとう!
お仕事させておいてこんなこと言うのはなんだけど、ワンコは元気で楽しいのが一番。
これからもたくさん食べて、たくさん寝て、たくさん遊んで元気に過ごしてね。
ストレス溜めちゃ、ダメだよ。トイレも我慢しちゃダメ。大好きだというシシャモは塩分強いと思うからほどほどに。


ナラリーノがカイくんとツーショット
で、これが貴重な写真♪


で、これが、親孝行のつもりで連れてきた母アイコとのツーショット。


アイコとのツーショット
そっぽ向かれとる——(震)



より深く、より熱く?★大河ドラマ「天地人」第7回

前回ラスト。
蟄居と相成った兼続(妻夫木聡)を想って
ホモデンキを発しそうだった景勝(北村一輝)。
それを見て、改めてこのブログの「天地人」は
北村一輝全開で行くことを決意。

※魅惑のホモデンキについてはコチラ




カゲカっつぁん(景勝)死すまで
駆け抜けろ国家☆ドゥードゥルドゥー!




サヨナラ!
今までいい子に「天地人」をまとめてた自分!




と、思っていたのだが。今回は妻夫木くんが
ずいぶんと頑張っていたように思う。




謙信(阿部寛)やカゲカっつぁんの言葉を胸に
自らの内を見つめる兼続。
うっかり八兵衛だった兼続が、初陣を果たし
戦の怖さを知り、お母さんを亡くし−−−
痛みを知って、男らしい顔つきになりました。
今後、ドラマが深くなるかもしれない。




そんな兼続を想っているらしい、カゲカっつぁん。
(結局、一輝の話となる)




雪の中、振り返らず歩いていくカゲカっつぁん

雪の中、振り返らず歩いていくカゲカっつぁん。
衣装の肩は怒れども、心はしおれてる・・・




山チィ

憧れていたお船(常盤貴子)の亭主となった
山チィ(アチィ山下真司の略)を見る目も−−−




どーでもいいよー・・・

「どーでもいいよー・・・」的な。。。
「もう忘れたいよ」的な。。。



兼続を想うときの、あの熱い目とは大違いだ−−−




家臣から、兼続の母親が亡くなったと聞いて
そぼ降る雨を見つめながらカゲカっつぁんは
つぶやく。




「(兼続は)泣いておるのかのう・・・」




泣いておるのかのう・・・




泣いておるのかのう・・・





♪ Yes, I'm thinking of you〜〜〜
(B'zの「Thinking of you」の歌詞です)




可哀想だよ、お船さんが霞む−−−
お母さんを亡くした兼続の決意を聞いて
「亡き父がその言葉を聞いていたら、私の婿にしてたかも」
ってお船さんが言うんだけど−−−




カゲカっつぁんの、兼続への想いのほうが、深そう−−−




(´・ω・`)ノ第7回「母の願い」あらすじ


謙信に蟄居を命じられた兼続は、小姓時代を
過ごした雲洞庵にこもり、自らの内面を見つめる
日々を過ごす。
頑になった兼続は、弟の与七(小泉孝太郎)から
母・お藤(田中美佐子)の容態がよくないことを
聞かされても家に帰ろうとしない。
一方、戦を続ける謙信は、第一の家臣である
直江景綱(宍戸錠)を病で失う。


兼続のもとに、母の危篤の知らせが届く。
雲洞庵の北高全祝(加藤武)の叱咤で目覚めた
兼続は急いで家へ。兼続の顔を見たお藤は静かに息を引き取った。


お藤の四十九日法要の日、紅葉の木を見た兼続は
「紅葉が美しいのは自らの命を幹に捧げて散るから。紅葉のような家臣になれ」
という母の言葉を胸に、二度と涙は見せまいと心に誓う。


(´・ω・`)ノ***********************



新たな大ブーム!か?

秦基博、やっぱりいいなあ…♪


今日、「めざましテレビ」の15周年特別企画「元気のミナとも」スペシャルライブに行ってきた。都合で全部見てないんだけどお目当ての秦基博の歌を聴けてヨカッタ!特に生「僕らをつなぐもの」、特に生「鱗」


バックバンドなし、アコギ1本で伸び伸びとした歌声を披露。歌もいいけど声がいいんですよ。特に、フッと下がる音程に乗った時の声に趣きがあって。温かくかすれる高音も耳に優しいし。


「まっとうな青春時代を送ったスガシカオ」的な歌声だったりするんです。


いやいやいやいや、スガシカオも充〜〜〜分、まっとうだったんだろうが、イメージですイメージ。私はスガシカオも好きですよ。言い訳でなく。でも秦基博がバレンタインデーにチョコもらう側だったとしたらスガシカオはあげる側?いやいやいやいや違う全然違う。離れとる。もうよそう。


ちなみに秦基博とスガシカオは同じ事務所です。素晴らしいよ、オフィスオーガスタ…


ってことで、秦基博。あまりに興味が出てきたのでwikiってみた。はあ、1980年10月11日生まれ。10月11日生まれ?はれ、最近ブームの金城武と一緒じゃないですか!


ナ国で大ブーム到来じゃないすか、10月11日生まれ。サイコー…(?)


ちなみにケイン・コスギ、秋川雅史。それから清水健太郎も10月11日らしい。次のナ国ブームは、ここらへんってことで。ヘビロテ「失恋レストラン」——(ならなそー…)


ちなみに古い記事では秦基博のことを「打ち水後の山崎まさよし」って書いてる、私。山崎まさよしもオフィスオーガスタです。


参戦!ロクシタンの「テラス・ド・プロヴァンス」

渋谷のハチ公前交差点を通るたびに「早く入りたいよう」と思っていたカフェ。先週、ようやく行ってきました!フランスの自然派化粧品ブランド・ロクシタンの「ロクシタン テラス・ド・プロヴァンス渋谷」。B'zのクリスマスツリーが飾ってあった場所のすぐそばです♪


クロックロクシタン
オ〜ダ〜〜〜、クロックロクシタン!


「くろっくろっくしたん…」って、やや言いづらい。トマトがトッピングされたクロックムッシュです。焼いて酸味がやわらいだトマトが美味でした…♪


タマネギやニンジンのピクルスもついていて、食べるだけで血が綺麗になりそう。
気のせい?でも美味しいものを食べながら楽しい会話って心も体も元気になれそうな。ちなみにアッサムティーと一緒に注文しました。モクッとしたカップとポットが可愛い。


あああ、幸せ…


そう。幸せだったの。この時までは。


このあと——テラス・ド・プロヴァンスを出たあと、友人と私にものっすごい不幸が訪れたのであった——(その不幸については、近日中に)
※追記=「不幸」についてアップしました♪コチラです。


cafecafecafecafecafecafecafe

ロクシタン テラス・ド・プロヴァンス渋谷
ケーキも食べたかった〜次は甘いものにもチャレンジしたいです。

cafecafecafecafecafecafecafe


映画『チェンジリング』試写会

映画『チェンジリング』の試写会に行ってきました。


映画『チェンジリング』
(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


”チェンジリング”とは、さらった子供の代わりに妖精が置いていく醜い子供のこと。転じて“取り替えられた子供”を指すらしい。


映画『チェンジリング』あらすじ

1928年、ロサンゼルス郊外。
電話会社で働くクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の楽しみは、女手ひとつで育てている9歳の息子・ウォルターの成長を見守ること。

そんな彼女に、ある日悲劇が訪れる。留守番をしていたウォルターが行方不明になったのだ。

誘拐か、家出か。愛する息子の生死すらわからない日々が続くクリスティンのもとに、5ヶ月後、ウォルターが見つかったという朗報が届く。

マスコミの注目する中、母子は対面するが目の前の「我が子」は別人だった。

「この子は私の息子じゃない」クリスティンは訴えるが、その声は聞き入れられず——

監督:クリント・イーストウッド
共演:ジョン・マルコヴィッチ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


試写会に来ていた人が


「いつものアンジーみたいに、銃をぶっ放す展開を期待してたんだけど」


と言っていた。残念。そういう映画ではありません。が、「アンジーがキレてガンファイト」「で、スカッと終わる♪」 的な展開を望みたくなる酷い仕打ちが続く——


これ、実話だってさ。。。(震)


子供が別人だったなんてホラーかミステリーみたいだけど——そういう要素もある作品だけど、それだけでは終わりません!決着がつきそうで、つかない。まだ続くんかい!で、そう来るか!って。一筋縄では行きません。


人生って決着をつけるだけが幸せな結末ではないのかもな…と思ったりしました。


そして、人が生きていくための希望って何だろうって。「母は強し、万歳!」だけじゃ終わらない深み。そこがこの作品の凄さでもありました。


出ている俳優はみな素晴らしく、チョイ役ですら存在感あり。アンジーは特に。


我が子を探すアンジーの姿は、ならず者国家に立ち向かっている日本のお母さんを思い出させます。
そういう点から見ればこの実話は、過去の話でありながら今の日本で続いていること。見ていてスカッとする作品ではありませんが、いろんな考えが浮かんでくるドラマチックな秀作でした。


観て、泣くだけで終わらせてしまったら、もったいない映画です。


moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie 

映画『チェンジリング』公式サイト
2009/2/20(金)より日劇3ほか全国ロードショー

moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie

南アW杯最終予選・対豪州!

あ、引き分けだった――


…えと。


私が見たのに負けなかった。
と、いうことを評価させてください。



語るべきこと、終わり。。。

やはりフルヤで・・・映画『チェ 39歳 別れの手紙』

『チェ 39歳 別れの手紙』。つらく、哀しい流れの中でなぜそんなにも古谷一行似なの、チェ・ゲバラ役のベニチオ・デル・トロ(以下、ベニトロ)よ。


長髪姿の『39歳〜』、もう金田一耕助ではないか。


そんなことはどうでも良く。
1959年。キューバ革命を実現したゲバラは家族と最後の食事をともにしたあと、姿を消す。貧しいラテン・アメリカの革命を目指すためにボリビアを訪れたのだが――。


『28歳の革命』はゲバラの栄光編だった。
発光体みたいにオーラを放ってたゲバラ。『39歳〜』は挫折編、なのかなあ。夢を実現できず、敗北して捕らえられ、処刑されて。挫折とは感じなかったけれど――


一緒に観に行った友人が


「何がいけなかったのかねえ・・・」


と、つぶやいていた。


志気が上がらないボリビア兵士のせいなのかな。ゲバラの精神はキューバ時代と変わらなかったけどそれが逆にいけなかったのかな。


ままならない人生を駆け抜けるゲバラの姿が観てて辛かったです。特に、ゲバラが馬に当たり散らすシーン。


持病の喘息の発作がひどくなって馬で移動するようになったゲバラが、食事を与えられてなくて動かなくなった馬をボコボコに殴りつける。


今まであんなに強くて優しかったのに。ゲバラをこんなにしちゃったのは何?ああ、もう勝てないんだって思ってしまった。


でも、擦り切れても、金田一似でもやっぱりゲバラはカッコ良かった。民衆のために戦うゲバラが素敵なのと、演じるベニトロが素敵なのとが重なり重なりで、どっちが素晴らしいのかよくわからなくなるほどに。


愛の革命家、万歳――


私は――事変の際は布団かぶって寝てるタイプです。。。


moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie

『チェ』公式サイト
フルヤでなく・・・映画『チェ 28歳の革命』

moviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemoviemovie

濃俳優が続く★大河ドラマ「天地人」第6回

主役(妻夫木聡)が柔らかい雰囲気だからだろうか。
ドラマ「天地人」に出てくるほかの俳優陣は
熱いほどに濃い人が多い。




たとえば北村一輝。



阿部寛。



東幹久。



吉川晃司。




これで熱く濃い人も打ち止めか、と思っていたら
お船(常盤貴子)の夫役が山下真司らしい(笑)。
なぜ笑う?そして山シンの場合、熱いというより
「暑い」。




で、山シンをもって熱く濃い人は終わりだろう、と
思っていたら。今回、ツマブキ兼続蟄居(あらすじ
ご参照)の原因を作ったおっさん・刈安兵庫の顔が
熱くて濃くて恐過ぎた。




おっさん・刈安兵庫の顔




このおっさんの名は、三池崇史さん。




映画監督で−−−俳優・北村一輝の名付け親の−−−
(一輝の本名は、北村康さん)。ゲスト出演らしい。




で、いいかげん、妻夫木くんのことも語らねば。。。




今回、ツマブキ兼続が蟄居を命じられたのは
景虎(タマテツ)の家臣が、犬を景勝(一輝)の
幼名で呼んでいるのを聞いてキレたのが原因。




どうしよう、私が北村一輝を




「顔が妖しくて、青木ヶ原樹海みたいだよう」




と言っていると知ったら−−−私は殺される?




蟄居と聞いて−−−




ツマブキ「殿のお側を離れねばならぬのですか?」




そこかよ−−−離れたくないのか?
だよね、北村一輝はステキすぎるもの!(そこかよ?)
だって!情けない戦いぶりを詫びるツマブキ兼続に




「次、また精を出せばよい」

「次、また精を出せばよい」(カズキ景勝)




「二度と謝るな。強くなれ」

「二度と謝るな。強くなれ」(カズキ景勝)




は〜〜〜い♪(ナラリーノ)




だからこそ、肩を落としたくなる気持ちはわかるが。




どんだけナデ肩

妻夫木くん、どんだけナデ肩やねん。。。




そしてカズキ景勝の衣装の肩幅が、
大昔の吉川晃司を思い出させる。モ〜ニカ〜♪



(´・ω・`)ノ第6回「いざ、初陣」あらすじ

織田信長(吉川晃司)を討つべく越中に侵攻した
上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落とす。
初陣で命乞いをする敵兵を切れずに落ち込む兼続
(妻夫木聡)を、景勝(北村一輝)は叱咤する。

そんな時、謙信の家臣・直江景綱(宍戸錠)が病に
倒れる。見舞いに訪れた仙桃院(高島礼子)は婚儀が
決まった景綱の娘・お船(常盤貴子)に仙桃院は
「武家の女子はつらいもの」と声をかける。

難攻不落の七尾城を攻めあぐねていた上杉の陣中で
景勝と景虎の家臣同士のいさかいが起きる。
景虎の家臣たちが、犬に景勝の幼名を名づけて
からかっているのを見た兼続は相手に切りかかる。
騒ぎを起こした兼続は謙信の命を受け、故郷に戻ることに。


(´・ω・`)ノ本日のベスト




やるせない
兼続蟄居。もう、やるせないカズキ景勝。愛−−−(妬)

(´・ω・`)ノ***********************


真央ちゃんの剣と翼

欧州を除く各国選手で争うフィギュアスケートの四大陸選手権。
2009年女子の結果は浅田真央選手が3位、村主章枝が6位、鈴木明子選手が8位でした。


来年に迫ったバンクーバー五輪と同じリンクを使ったというが
(2月10日追記 同じ会場で、今秋改装されるリンクだそうです)


幅のないリンクだなあ…みんな窮屈そうだ。特に真央ちゃん。


ジャンプの申し子と呼ばれて久しいが、今大会ではそのジャンプが不調で——狭いリンクでは間合いが取りづらいのだろう。スピードもなく。結果より、リンクで羽ばたけない真央ちゃんを観るのは残念。


このリンクに、慣れておくれよ五輪のために——


ジャンプは、真央ちゃんにとって両刃の剣なんだろう。
好調なら武器!不調なら失敗が許されない今の採点法では得点を下げる原因。


それでも、気丈に頑張っていましたよ。(やはり親戚のおばちゃん化)SP6位で「どうしたどうした!」って騒がれてたのに難易度を下げたとはいえ、フリーは1位で。成功の前に必ず困難が用意されている真央ちゃんてば、翼くん@キャプテン翼みたいだ。


それにしても、キム・ヨナの歌がうまくて驚いた。(プロフィール紹介の時、歌っているヨナ選手の姿が映った)


フィギュアスケート 四大陸選手権

1位★キム・ヨナ(韓国)
2位★ジョアニー・ロシェット(カナダ)
3位★浅田真央(日本)

6位★村主章枝
8位★鈴木明子

映画100本ノック★ランキング(2009年)

最終更新日:2010/1/11=タイトル名に間違いアリ。修正しました 

※2009年上半期ランキングはコチラ
※第81回アカデミー賞の結果はコチラ 

::::::::::::::::::*::::::::::::::::::


movie「映画100本ノック」とは

映画を観て観て観て観て観まくろうというナラリーノ国の大計画です。
当ブログも2009年2月7日から4年目に突入!建国記念日ってことで、2009年の目標として掲げた「映画100本ノック」のランキングを作って更新していくことを決意。


movie 標語

  • 映画館デ、タクサン映画ヲ観マショウ。

  • 作品ノ、上辺ダケヲ観ルノハヤメマショウ。

  • 観タ映画ハ、ブログデ紹介シマショウ。

※今年観た映画の個人ランキングゆえ公開年が異なる作品アリ。


◆2009年に観た映画(好きな順)

crownshine第1位『K-20 怪人二十面相・伝』
映画館に5回観に行ってしまいました。
面白くて、ほろっとさせられて。
こういうストーリーは大好きです。
1回目の感想/3回目の感想/4回目の関連記事/DVD発売


shine第2位『チェンジリング』
観て泣くだけではもったいない!


shine第3位『海角七号〜君想う、国境の南〜』
号泣。2010年も観に行ってます。

4位:『ベンジャミン・バトン』・・・大好き&素晴らしい話。

5位:『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・シンプルだけど深い。

6位:『パイレーツ・ロック』・・・感動した!

7位:『天使と悪魔』・・・街並最高。

8位:『サマーウォーズ』・・・いい話。

9位:『スラムドッグ・ミリオネア』・・・ランクつけるのって難し過ぎ!

10位:『グラン・トリノ』・・・さすがイーストウッド。

11位:『カティンの森』・・・圧巻。もう一度見たらもっと順位上がるはず。

12位:『フロスト×ニクソン』・・・俳優たちの演技がすごかった。

13位:『消されたヘッドライン』・・・目が離せません!

14位:『戦場のレクイエム』・・・戦場シーンが凄まじかった。

15位:『ウォーロード』・・・俳優たちの演技が◎。

16位:『レッドクリフ Part2』・・・金城武に勝るものなし。

17位:『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』・・・好きなジャンル。

18位:『ダウト〜あるカトリック学校で〜』・・・舞台のような臨場感!

19位:『コネクテッド』・・・やたらと楽しんでしまった!

20位:『ヴィヨンの妻』・・・雰囲気が好き。

21位:『THIS IS IT』・・・歌を聴けただけで満足。

22位:『ロフト.』・・・上質の怖さ☆

23位:『チェ 28歳の革命』・・・カッコいい。。。

24位:『カイジ 人生逆転ゲーム』・・・藤原竜也に惚れた!

25位:『バタフライ・エフェクト3』・・・怖過ぎ。

26位:『ターミネーター4』・・・泣かせてもらいました。

27位:『犬と猫と人間と』・・・これはもう。。。

28位:『重力ピエロ』・・・原作といい関係を保っている作品。

29位:『サブウェイ123』・・・名作のリメイクらしい。

30位:『雪の下の炎』・・・チベット問題を取り上げたドキュメンタリー。

31位:『サンシャイン・クリーニング』・・・ラスト以外は大好き、残念!

32位:『誰がため』・・・心理的にきつい。

33位:『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』・・・音楽が劇場向き。

34位:『レッドクリフ Part1』・・・DVD発売記念試写会で二度目の鑑賞。

35位:『築城せよ!』・・・タイトルからしてツボ。

36位:『台湾人生』・・・まずは見て欲しい。

37位:『マダガスカル2』・・・面白い&玉木宏がハマっていた。

38位:『ティンカーベルと月の石』・・・夢がある世界で好き。

39位:『私の中のあなた』・・・ちょっと複雑な気持ちになりました。

40位:『ワイルドスピードMAX』・・・迫力のカーチェイス。

41位:『沈まぬ太陽』・・・長さは感じなかった。

42位:「3時10分、決断のとき」・・・斬新な西部劇。

43位:『アマルフィ〜女神の報酬〜』・・・織田裕二のような外交官がいたら。

44位:『扉をひらく人』・・・私も太鼓を叩きたい。

45位:『おくりびと』・・・好き嫌いでいえばこのあたり。関連記事はコチラ

46位:『ミルク』・・・ショーン・ペン、すげぇ!

47位:『鈍獣』・・・私はわりと好き。

48位:『おと・な・り』・・・風情のある映画です。

49位:『007 慰めの報酬』・・・ナラリーノ初の007。

50位:『ROOKIES−卒業−』・・・キャラクターが魅力的。

51位:『レスラー』・・・子供のころ、プロレス好きでした。

52位:『ジュリー&ジュリア』・・・ブロガーの話でした。

53位:『BALLAD 名もなき恋のうた』・・・泣かせます。

54位:『きみがぼくを見つけた日』・・・ラブストーリー以外のエピソードは好き。

55位:『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』・・・どこか腑に落ちず。関連記事はコチラ

56位:『感染列島』・・・ツッコミどころ満載。

57位:『おっぱいバレー』・・・関連記事はコチラ

58位:『TAJOMARU』・・・主題歌、良し。小栗旬、良し。話がやや弱。

59位:『愛を読むひと』・・・大人向き。

60位:『路上のソリスト』・・・あれ、意外と順位が低い。。。

61位:『ワルキューレ』・・・トム・クルーズってカッコ良く年をとってる。 

62位:『バッタくん町へ行く』・・・昔のアニメです。

63位:『戦場でワルツを』・・・実写の箇所が痛ましかった。。。

64位:『里山』・・・心洗われる風景。

65位:『E.YAZAWA ROCK』・・・歌がよかった!

66位:『いけちゃんとぼく』・・・原作と比べてちょいと説教臭い。

67位:『ファイティング・シェフ』・・・あまり美味しそうじゃなかった。

68位:『レイトン教授と永遠の歌姫』・・・レイトン教授の顔が好き。

69位:『九月に降る風』・・・台湾の風♪

70位:『リリイ、はちみつ色の秘密』・・・小説『西の魔女が死んだ』のテイスト

71位:『レボリューショナリーロード〜燃え尽きるまで〜』・・・B'z稲葉さんもオススメ

72位:『嗚呼 満蒙開拓団』・・・知らなきゃいけないこと。

73位:『チェ 39歳 別れの手紙』・・・「28歳」に比べて哀しい。

74位:『マン・オン・ワイヤー』・・・人間関係にまさかのオチ。

75位:『カムイ外伝』・・・松山くんは最高。

76位:『20世紀少年〜最終章〜』・・・やはりマンガが好き。

77位:『デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく』・・・スタイリッシュな映画。

78位:『劔岳 点の記』・・・劔岳の映像はよかった。関連記事はコチラ

79位:『ゼロの焦点』・・・苦笑。

80位:『THE ダイエット!』・・・監督がメタボを克服しようとするドキュメンタリー。

81位:『動くな、死ね、甦れ!』・・・大好きな炭坑もの、のはずが。

82位:『セントアンナの奇跡』・・・憎しみの連鎖は重過ぎる。

83位:「幸せはシャンソニア劇場から」・・・幸せ、なのかな。

84位:「アンナと過ごした4日間」・・・複雑な愛の話。関連記事はコチラ

85位:『パブリックエネミーズ』・・・うーん。関連記事はコチラ

86位:「キラー・ヴァージンロード」・・・北村一輝、ちょっと出演。関連記事はコチラ

87位:『インスタント沼』・・・主題歌がすごくいい。

88位:『オーストラリア』・・・動物たちの躍動感は感動的。

89位:『GOEMON』・・・いまいち話に乗れず。。。

90位:『チョコレート・アンダーグラウンド』・・・こんな国、イヤです。

91位:『ボヴァリー夫人』・・・映像は綺麗。

92位:『マラドーナ』・・・シュートシーンはさすが。

93位:『Baby,Baby,Baby』・・・関連記事はコチラ

94位:『旭山動物園』・・・動物園、行きたい。

95位:『真夏のオリオン』・・・ごめんなさい。

96位:『新宿インシデント』・・・痛いのは無条件にダメ。

97位:『地球が静止する日』・・・起きてたら面白かったのかも・・・

98位:『ラーメンガール』・・・黙ってしまいました。

99位:『ジョッキーを夢見る子供たち』・・・ガックリ——(震)

100位:『ウォッチメン』・・・いろんな映画評論家が絶賛!



ひと足お先に、建国記念日


はあ、今日は何月何日ですか?
2009年2月6日(金)らしい。はあ、そうでしたか。


年をとるとだんだん曜日の感覚がなくなるものだが最近なんてもう、日にちの感覚すら、ない。


たとえば映画の記事なんかを読んでいて「×月×日から公開」なんて書いてあってもそれが過去なのかこれからなのかパッとわからないことがあったりして驚く。


こんな私だから記念日なんて覚えていませんよ!しかも!去年まで覚えていた旧友の誕生日とかね、去年まで覚えていて、ちゃんとお祝いメール送ってた旧友の誕生日とかですね、なんだか今年は忘れちゃったりとかして、月は覚えていても日が!日が思い出せん!ユーは何日生まれでしたかといっそ本人に聞けたらどんなにいいか!!


もう去年の手帳を探しまくり、ページをめくりまくって、ヨカッタ!誕生日はこれからじゃん!と思ったりすると力が抜けて当日メールを送信し忘れたり。
皆様はそういうこと、ございませんの?


で、何を話しているかというとですね。
今日が2月6日ならば、明日は2月7日なわけです。


建国記念日じゃないですか——ナラリーノ国の——


2006年2月7日に、めでたくもこのブログ(国家☆ドゥードゥルドゥー)が始まったわけです!


ギリギリ、思い出してよかった——。


こんな私ですが、明日から4年目に突入のブログとともに何卒宜しくお願い申し上げます。


あんときのこと、思い出しつつ——

アントキの猪木氏が、結婚していたらしい。


おめでとうございます!


わたくし、数ヶ月前にアントキの猪木氏を見かけたのだ。駅で。


ふだんバラエティ番組を見ず、お笑いにすんごい疎いわたくしであるが、幼少期プロレスを好んでおったため、アントキの猪木氏には注目していた。だからこそ!横顔ですぐにわかったアントキの猪木氏。


券売機で特急券買ってましたよ。。。


あんなスタアでも切符買うのか…と思いながら友人たちと待ち合わせた改札口へ。無事合流できたので、その場を離れようとすると——。


惜しい。アントキの猪木氏、まだ切符買ってる。


どうも、お金入れるところを間違っているようだ。さすがスタア。


買い方を教えてさしあげた方が良いかと思ったが、もしかしたらわざとかもしれないし。心配しつつその場を離れたのであった。


「アントキの猪木、結婚!」の記事を読んだ時、この時のことを思い出した。
アントキの猪木さん。あんとき券の買い方迷っていたとしたら素通りしてゴメンなさいね。そして結婚おめでとうございます。お嫁さんと一緒に、人生の旅をお楽しみ下さい。その際、切符の買い方はお嫁さんに教えていただいて。


そんなことを考えつつ歩いていたら——目の前に某芸人さんがいた。ナハッ!

映画100本ノック(『007 慰めの報酬』観てきました!)

恥ずかしながら初めての『007』です…


一緒に観に行った友人に前回の『007』のあらすじ教えてもらって参戦。なんて付け焼き刃な。。。


冒頭からもの凄いアクションで、動体視力のない私は動き早過ぎて画面が追えん!追えん!追え——


オエーーーーー酔った…弱い…私は絶っ対、諜報活動は無理!!!


でも面白かったので、酔いから復活!


ボンド役のダニエル・クレイグ。
白亜の稲葉さん的な…?カッコイイ…でも知らないなりにショーン・コネリーのイメージが強かったので、あんなにお茶目感のないボンドだとは思わなかった!


とりあえず、前作のDVD借りよう…そうそう!別の友人から『007』の20本入り限定DVD−BOXを借りる予定なんです。


「全部観て、100本ノックの足しにするが良い!」


と言われました。頑張りマス。

「ほぼ日手帳」デビュー!!!

去年から4月始まりの手帳を使っていたので
そろそろ新しいものを購入する時期。
なので!




手帳

2月1日に発売された−−−




「ほぼ日手帳2009 spring」

「ほぼ日手帳2009 spring」買っちゃった〜♪




仕事の予定は会社でのみ管理、
私事の予定は細かく書く性分ではないので
月間のスケジュール帳を好んで使いつつ
雑多な覚書を書く帳面を別に持ち歩いており−−−




今年は情報を1冊にまとめたいと思っていたので
ロフトで「ほぼ日手帳」の見本を見た時
「あ、これいいかも」って思っていたんです。




「ほぼ日手帳2009 spring」の内容はおもに

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 1日ページ

で構成されています。




「1日ページ」はその日の予定や思いつきを
たっぷり書ける作り。To Doリストや月の満ち
欠け、旧暦情報もあり。




「『ほぼ日』に掲載された連載や対談から
365日分の、選りすぐりの名言や迷言を抜粋」

した“毎日の言葉”付きも書かれてます。




サイズが2種類あって迷ったんだけど
ただでさえ荷物の多い私にA5版は重い・・・
だから今回は文庫サイズを選択。




カバーの柄も迷った。一瞬。
グリーンと紺の伊勢丹チェック柄(※)
いいなーと思いつつ、この柄のワンピースを
持ってるのでクドイかと思い−−−
でもタッタソールチェックの鞄も持ってるので
結局クドイ。

※正確には緑×紺チェックは「伊勢丹メンズ館の紙袋柄」
みたいですが、我が家ではこちらを「伊勢丹チェック」
と呼んでます。





カバーにはポケットがいっぱいついているのが嬉しい。
さっそく入れたのは切手です。



綺麗な切手


今日ちょうど綺麗な切手を買ったので♪




4月始まりながら、月間は2月から始まってるから
さっそくスケジュールを書き込もうと思います。




新しい手帳っていいですよね。
まっさらで、何かが待ってる気がして♪
楽しい予定で埋まりますように・・・

ナラリーノの畑にようこっそ!



本日は、ナラリーノ城の畑でとれたお野菜を
公開します。母アイコが自慢気に収穫。

サニーレタス(だっけ?)

サニーレタス(だっけ?)。
たしか、ミニッツメイドにくっついていた
オマケの種を蒔いたらワサワサと発芽。




フキノトウ!

フキノトウ!




まずは瑞々しいレタスをいただきました♪




トマトやイチゴも育てたいなあ・・・bud



シワシワでも許して★大河ドラマ「天地人」第5回

「天地人」第5話。タイトルは「信長は鬼か」。


キッカワ信長が鬼かどうかは不明なれど、相変わらずアベちゃんはジェロニモだった。


ジェロニモ
お館様、というよりも首領。それに


顔が地図みたい
顔が地図みたい…。


そんなジェロニモと北村一輝、泣いて鼻水垂らした妻夫木聡が集う毘沙門堂。
濃い…エチレンガスが出ていそう…(?)


さて。世間でも


「秀吉役の笹野高史(通称ササッチ)が年取り過ぎ!」という声が多いようだ。
ササッチ応援団のナラリーノ国としては、「天地人」におけるササッチの必要性を世に知らしめたい。


初音役の長澤まさみがツマブキ兼続をキッカワ信長に直接会わせようとするシーン。


マサミ。ツマブキの手を取る。

(で、変なタイミングで)ツマブキを見る。

(やはり、変なタイミングで台詞)

「いいから」

(もう変なタイミングで)ツマブキの手をひく。


キーーーーーー!違〜〜〜う!!!!
何そのヘンテコリンな間の取り方は!?


こういう残念なシーンを観た後だと、やっぱりササッチがいてくれて良かったと思うの…。


(ツマブキを見ていたササッチがマサミの「(彼は)上杉謙信の…」の言葉で我にかえり——)

「ご無礼のお詫びに(ポポン、とツマブキの肩を叩き)こちらへこられよ」


セリフと動きにリズムがあるじゃないですか!
さすがササッチです!


「天地人」はメインキャストにベテランがいないから−−−阿部寛や北村一輝は静かに燃える役なので、だからこそ、元気に演技上手なササッチに期待!!!


でもササッチ。
扇でバチコンバチコン太もも叩くシーンは、音がビミョーーーに乾いていて痛々しかった。(やはり老体?)


あと、なぜ小栗旬はいつも髪型に恵まれないのだろう。


気の毒な前髪

今回も、時代劇ながら松村雄基みたいな頭だった。



(´・ω・`)ノ第5回「信長は鬼か」あらすじ

天正2年(1574年)5月、兼続(妻夫木聡)は上杉家の使者の一人として織田信長(吉川晃司)のいる岐阜城を訪れる。
信長に義の精神をぶつける兼続だったが、信長は取り合わないばかりか秀吉(笹野高史)に兼続を殺すよう命じる。
その兼続の危機を救ったのは石田佐吉(=のちの三成。小栗旬)だった。

翌年。鉄砲を導入した信長軍が武田軍を破り、越後に近づいてくる。
上杉家の家臣たちは謙信(阿部寛)に出陣を促すが、人命を重視する謙信は迷う。
そんな謙信を後押ししたのは景勝(北村一輝)の説得だった。景勝は謙信に、今の世に越後のような清く安穏な国を作ることが上杉家の使命と説く。
お船(常盤貴子)の婿取り話に動揺した兼続に、初陣のときが来た。

(´・ω・`)ノ*************************

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

Amazon商品検索