2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« カイ君が、いっぱいだ〜ぃ♪ | トップページ | 大河ドラマをテーマにしたランチ!★「天地人」番外編 »

濃い顔で恋心★大河ドラマ「天地人」第3回

子役期が終わり、成長した主人公たちが
動き始めた「天地人」。

「豊臣秀吉、徳川家康らに最も恐れられた男」

「義の精神と民を愛した知勇兼備の武将」

という評であるところの主人公・直江兼続だが
いまのところはまだ青く「うっかり八兵衛」感満載の
ツマブキ兼続。




作戦が、絶賛失敗中なのだ。




主君・景勝(北村一輝)のためにお偉方に
意見する兼続。(失敗)




景勝のために景虎のアラを探す兼続。(失敗)




景勝のためにその恋を取り持とうとする兼続。
(失敗)




景勝のため景勝のため景勝のため−−−
すみませんねえ、そのせいで失敗ばかりで−−−
って詫びたくなる一輝好きのナラリーノ。




で、肝心のキタムラ景勝カズキは。




美形のライバル、景虎(玉山鉄二)とは正反対。
ぱっとしない上に着物の色は煮しめ色だ。
ドラマ「夜王」でホストをやってた一輝はどこに?




お船(常磐貴子)を前に緊張してしゃべれない
景勝カズキ。(固まり過ぎ)




お船の姿を見て思わず顔が緩む景勝カズキ。
(にやけ過ぎ)




お船とうまく話せず肩を落とす景勝カズキ。
(肩、落ち過ぎ・・・)

ズッゴケぶりが、何回見てもすごく可笑しい。。。


いずれにせよ、ドラマ「夜王」で杉本彩と
酒池肉林
だった一輝はどこに?
池の酒は底を尽き、林の肉は白骨化した模様。




と、ギラギラ感のない景勝カズキだが
ツマブキ兼続がいればこれからも
強く優しくまっすぐに生きていけるであろう。




続く失敗を泣いて詫びる兼続を見つめる景勝の、
あの真剣でアツイ眼差し−−−
景勝はお船より100万倍兼続のことが好きで
信頼しているのだということがよくわかる場面だった。




(´・ω・`)ノ第3回「殿の初恋」あらすじ

天正元年(1573年)4月。
上杉軍の軍議の席上、兼続(妻夫木聡)は「武田軍に乱れがある今こそ京に兵を進めるべき」と進言する。
しかし、謙信(阿部寛)はもう一人の養子・景虎(玉山鉄二)の「混乱する越後国内を鎮めるべき」という意見を支持。景勝(北村一輝)の考えとして意見を述べた兼続は気まずい。
その帰り道、暴れ馬に遭遇した兼続は、その危機を娘に助けられるが失態を馬鹿され、不快な思いを抱く。

翌日、兼続は出陣を祝う宴の席で昨日の娘・お船(常盤貴子)と再会。お船は上杉家家老の娘で兼続の従姉妹だった。
余興で能を舞った景虎に比べ無骨な景勝は踊ろうとせず、場が沈む。その雰囲気を和ませたのは、景勝に代わって陽気な踊りを披露した兼続だった。

数日後、景勝の妹・華姫(相武紗季)から景勝がお船に好意を持っていると知らされた兼続は、自分で書いた手紙を景勝の名でお船に送るが−−−

(´・ω・`)ノ***********************

« カイ君が、いっぱいだ〜ぃ♪ | トップページ | 大河ドラマをテーマにしたランチ!★「天地人」番外編 »

ドラマ:'09大河『天地人』」カテゴリの記事

コメント

そうですね、失敗だらけの泣き虫兼続でも信頼の絆は深いですね。

阿部ちゃん・ジェロニモ・謙信の存在感ありありの第一回、子役にメロメロの第二回、そして我らがカズキ中心の第三回でしたね!
(カズキ中心、と思っているのは我らだけでしょうか、って、勝手にナラリーノ様も仲間にしてますが・・・。)
大河ドラマってあんまり見たことがないのですが、意外と軽いノリですね。
いや、いい意味で。
カズキの不器用っぷりと、ツマブキくんのうっかり八兵衛ぶりに、終始前のめりでした。
予告から察するに、殿の初恋は実らなそうですね。
おいたわしや・・・。

ヤスさん

演技上手の子役たちに続いて
信頼の絆がうまく表現されるか!?と心配していましたが
ちゃんと描かれていましたね!良かった。。。
大人時代の主役たち、これからも奮闘して欲しいです!!!

saariさん

カズキ全開でしたよ。。。嬉しかったですよね!?
挙動不審ぶりに笑いつつ、
でもまだ十代(ですよね)の景勝ってことで
「うんうん、この純朴さはアリだな!」って深く納得しながら見てました。

> 予告から察するに、殿の初恋は実らなそうですね。

わたくし、原作読んだもので。。。へへへ、殿の恋の行方は・・・(?)

あれで十代ですか・・・。
あの悪人顔で十代・・・。

saariさん

>あれで十代ですか・・・。

そうなんですよ!計算してみたのですが
1564年に景勝が10歳だったらしいので
第3回目=1573年は満19歳・・・?

エアケイ錦織圭と同い年のカズキ景勝ってことすね。
わかったようなわからないようなたとえだ・・・

悪人顔・・・(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濃い顔で恋心★大河ドラマ「天地人」第3回:

» 天地人 第3話 [一期一会の彩りを求めて・・・]
さあ大人の役者になった『天地人』すでに1573年(って本能寺まであと9年) [続きを読む]

» 天地人 第3回「殿の初恋」 [あしたまにあーな]
与六の姿は全く消えてしまい、とうとう妻夫木聡が本格的に登場しました。しかも、使えている君主である上杉景勝よりも完全に目立っています。主人公なのである程度は仕方ないとして... [続きを読む]

« カイ君が、いっぱいだ〜ぃ♪ | トップページ | 大河ドラマをテーマにしたランチ!★「天地人」番外編 »

Amazon商品検索