2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 我が家の20世紀少年 | トップページ | オススメ映画『デスレース』 »

祭りのあと(B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-)

2008年9月21日(日)。
ナラリーノ国の神・B'zのライブに行ってきました!場所は横浜の日産スタジアムです。B'zがデビューしたのは1988年9月21日なので、この日はB'z誕生、丸20年の記念日だった訳です。


そんな記念日は——


またも大雨だった——


■そして雨乞い祭りは始まった

節目の野外ライブはいっつも雨なのだ、ウチの神様は。


節目じゃなくても、雨が多い。でも今回の日産スタジアム、20日は晴れたのに…


行く人(ナラリーノ)が雨女なの・・・?


朝から強くなったり止んだりを繰り返していた雨が客電が落ち始めて「さあ、ライブ開始!」って瞬間にドッシャーーーーン!ザッパーーーーン!みたいになった!歓声とB'zの登場が雨を呼んでしまったようだ。


そしてヨコハマ雨乞い祭りは名曲「BAD COMMUNICATION」で幕開けたのだった!


■そして雨乞いは止まらない

「稲葉さんが雨に濡れてるのにナラリーノが身を守ってる訳にはいきまっせん!!!」


雨合羽(のフードのみ)を払いのけ、国家安泰のために稲葉さんとともに歌うナラリーノ。もちろんナラリーノだけではない、会場の信者たちもまた「雨量上等!!」とばかりに濡れた体を震わせ歌うのだった。


「ultra soul」ではともに跳ね、


「恋心」ではともに踊り、


「NATIVE DANCE」では揃って雄叫びをあげる稲葉さんとB'zチルドレン。もうネイティブ・インディアンばりに。


会場一体の狂乱が雨雲を刺激するらしい。雨はザンザン降ってくる。酸性雨の滝を顔面に浴び続けたナラリーノは二度ほどコンタクトレンズがズレて焦るのだった。(死ぬほどまばたきして元に戻した)


■そして絶叫も止まらない

20周年ということで懐かし過ぎる映像がライブの途中で披露された。ふたりが初めてテレビに出演した時の映像だ。「夜ヒット」だと思う。


その映像の中には——顔幅の100倍くらい張った肩パット入りスーツを着込んだ若き日の松本さんと——


頭の後ろに手を当てながら、神懸かり的に腰を振り続ける若き日の稲葉さんがいた。


テレビ局にクレームは来なかったのだろうか。横方向の動きだったのでかろうじて許されたのだろうか。あれが前後の動きだったら公然わいせつ罪で逮捕されたのではないだろうか。


神様連行、腰振り過ぎて
↑こうならなくて、よかった。


神様本人も「何回振ったんだろう」「たぶんテレビ初出演でセクスィ(セクシー)な感じにって(思ったんだろう)」みたいなことと言っていた。


■そして祭りは過熱する

雨脚がだんだんと弱まり、本編ラストに近づいた頃。ファンの魂抜けを誘う一大イベントが勃発する。


稲葉さんが!!!!!


短パン姿になったのだ!!!!!


稲葉さんが剥いだ(はいだ)剥いだのだそれまで履いていたズボンを、いそいそ脱いだのではなくズボンを自らむしり取って短パンになったのだ!稲葉さんの片手にはむしり取ったズボンが握られている、ズボンを掲げた手それはまるで革命旗を手にした勝利の女神のような神々しさ−−−−!


ギャーーーーー!!!


短パン、久しぶりーーー!!!!!


会場、絶叫。


ナラリーノの相棒・usakameさんは「正装だ、正装だ!」と短パン指差して絶叫してた。


ピンクのTシャツに足下はスニーカーだったから、ナラリーノ国の正装=「素肌に革ジャン、短パンに革靴」ではなかったが。


「正装」に比べて若干くだけて露出も少ないということでB'z的にはオフィスカジュアルもしくはウォームビズ、くらいだろう。


稲葉さん、あったかそーーーーー!!!!


稲葉さんの逞しい太ももが起爆剤となり、ヨコハマ雨乞い祭りが短パンオリンピックに激変した。興奮でもう何言ってんだかわからない。


短パン五輪開催
※ 花火の画像はライブ当日のものではありません


しかし、どうやってベリベリっと剥いだんだろう、ズボン。


ズボンの仕組み想像図_1
↑こんなかなあ…


でも片手にマイク持ってる訳だからこれはないだろう。おまけにこれだと”かっぱえびせん”の袋開けるみたいであんまりカッコ良くない。


のし梅方式だろうか。


ズボンの仕組み想像図_2
↑ゼリー質な短パンに藁素材のズボンがペソッと貼り付いていたとか。


翌日、「めざましテレビ」で見た感じでは右側面にボタンらしきものがダダダ!っとついてたようだったが。


■そして——

20年かあ。。。


いろんな演出や感謝がいっぱい詰まったライブだった。
でも、強烈な特別感っていうのは自分の中では感じなかった。ライブはいつでも特別な空間だからなのかな。いつもと変わらず騒いだり感動したりしてました。


私はデビュー当時からのファンではなく、今年がちょうどファンクラブに入って17年目くらい。それは、今年の6月に死んでしまった愛犬が私のそばにいてくれた年月とほぼ重なります。学生から社会人になっていろんな夢を持った時期でもあった。


いろんなこと、いろんなもの、たくさんの人、大切な存在が現れたり消えたり——そんな中でB'zの音楽はずいぶんとしつこく、私のそばにいてくれたと思います。


最後、B'zのふたりはステージから降りてきて、スタジアムを練り歩きました。ファンに挨拶したりハイタッチしながら。
以前の私なら、もう走りよってたと思うんだけど——実際、以前似たような演出があった時に制止する警備員さんを突き飛ばして駆け抜けていったらしいんだけど(usakame談)


今回は最初から最後まで、どこかしみじみと静かな気持ちを持ちながらライブに参加してました。B'zの20周年を祝いながら、「過ぎた時間や想い出って、こんなにもなくならないものなんだな」って思いながら。


B'zと約束しちゃったから、また彼らに逢える日まで元気でいようと思います。


そして最後になったけど20周年おめでとう、松本さん、稲葉さん!
それからファンのみなさん。これからもみんな一緒にB'zの21年目を駆け抜けましょうね!


■そして祭りのあとに・・・

雨で足が冷えたらしく、帰宅後にこむら返りを起こしてナラリーノ、七転八倒。


■そしてそして・・・

ブログでこんなにも「新聞画像」を作りつつ、朝日新聞のライブ号外はゲットできず。

« 我が家の20世紀少年 | トップページ | オススメ映画『デスレース』 »

B'z」カテゴリの記事

コメント

おつかれ~☆

滝で荒行ですか?!ってぐらい、
濡れましたよね。。。

それにしても、帰宅後にコムラるとは
流石です!!
新曲聴きながら、足がつっていた私は
まだまだ修行が足りません。。。反省。


本当に20年って早いなぁ、と。
あの曲で就職して、この曲で同期が退職して、、、
本当に、しつこく、我慢強くB'zの曲が
私を励ましたり、泣かせたり、楽しませて
くれているんだなぁ、と改めて思いました。

また次回のライブも、宜しくお願いします☆

元首と同じ頃にFCに入会して、今回は今までの分含めて、もうチケットの運使い果たしたかのような席だったので、チビりそうになりました。腰痛も悪化してたのですが、「後ろの方々に申し訳が立たぬ」という一心で初期の稲葉さんほどではないにしろ、腰を振りまくりました。“恋心”でアドレナリン放出量ピークになり、次の“孤独のランナウェイ”で涙が…“NATIV DANCE”で1回目の渚園を思い出し…そしてそして、短パン復活!あーボキャブラリーが貧困過ぎて巧く表現できない…

本日、ほふく前進で札幌に戻って参りました。
元首、B'zファンの気持ちを優しく温かく代弁して下さって有難うございます。

楽しい記事、ナラリーノ様の盛り上がりぶりが目に浮ぶような新聞も登場…
最高のひと時、よかったですね。
凄い迫力と盛り上がりなんでしょうね。

短パンの神の姿が目に浮かぶようです。
20年も第一線で活躍されてるとは、さすが神。
20年前私の好きだったバンドは、すべて解散してしまいましたが・・・。

noteusakameさん

ホントにおつかれ〜〜〜〜〜☆

荒行でした・・・結構冷えましたね。
ふたりして足をおかしくするとは
言いたくないけど歳か?

私たちの人生のBGMはB'z!
ささいなことも大きなこともね。
やはり我らが神は偉大だわ〜〜〜♪

こちらこそ次回のライブもよろしくね。
いずれまた全国行脚しようね☆

noteあんこ玉さん

あんこ玉さんもおつかれ〜&お帰りなさい!
いい席で羨ましい〜〜〜
私はここ何年かガックリするような席が続いて
相棒には申し訳ない限りなんですが
参加できるだけでラッキーと自分的には思うようにしてます。

気づけば随分と長くビーズパー子(B'z Party会員。
正しくはビーパっ子なのかしら)な我々なんですね。
今後、人生がほふく前進な時が来ても
B'zの曲があるってのは心強い!

noteヤスさん

ナラリーノ新聞、いかがでしょうか。
発行部数少ないので、ある意味号外より価値あり!

もう騒いでるそばから息があがってしまって
ライブに参加すると「ああ。体鍛えなくちゃ」って思うんです。
体力の衰えを悲しく思いつつ、年月を重ねても最高のひとときを味わえるって嬉しいな、なんて思ってます。

notesaariさん

短パン伝説復活ですよ〜〜〜
ナラリーノ国の民のためにも、稲葉さんにはこれからも
じゃんじゃん短パン姿になっていただきたい。

>短パンの神の姿が目に浮かぶようです。

浮かべてください、幸せになれます!
稲葉さんの短パン姿を想像しながら
好きだったバンドの復活を祈ればもしかしたら・・・

いつもながらに、ナラリーノさんのブログは、景色が眼に浮かぶようであります☆

ワタシも行きたかった・・・。

チケットはずれたワタシは、神戸ユニバーの外で漏れ聞こえる雄たけびで我慢するしかありまセンでした(泣)
外で、おつかれーー!しておきまシタ。

あ~短パン見たかったっす!!!!!

はじめまして
saariさん友人のaquariumです。

21日お疲れ様でした。

短パンの瞬間、私もギャーーーと絶叫しました。

稲葉さんは私が短パン見たかったのわかってくれてたんだろうか。

あんなに泣いて笑ったライブははじめてです。

私号外もらいましたが、ナラリーノ新聞と凸スポのほうが欲しいなあ・・・

noteおひでのお嫁さん

お嫁さま〜(どんな呼びかけだ)!!!
神戸ユニバーの話、ブログで拝見してました!
こういう真面目なファンが我らが神様を支えてるんだと思う!!!

次は当るといいですね。で、一緒に盛り上がりましょう♪
その時は旦那サマに短パン履いてもらいましょうよ♪♪♪
いっそお嫁さまも短パンで。

noteaquariumさん

こんばんは!saariさんの島だけでなく
我が国でもお会いできて嬉しいです☆

21日、お疲れ様でした☆なにぶん神ということで「短パン見せて!」という氏子・aquariumさんの願いを聞き入れてくれたんだと思います!
私も腰振り大笑いにはじまり、「Brotherhood」に泣かされたあの日のライブでした。

それにしても朝日号外、羨ましい。。。どれどれ、お近づきの印にナラリーノ新聞とトレード...(あくどい)

やはり ビーズパー子歴9年の若輩なワタシとは 思いいれが 全然違うわ( ̄▽ ̄;)
感じるわ、B'z愛を、B'z魂を!
ワタシも いつか ナラリーノちゃまに 追いつくことが出来るのかしらん、、、

ところで、


いつも思うのだけど…


コレは すべらないブログか?


noteがあるちゃん

があるちゃんも神戸お疲れ〜〜〜☆

いやあ、私なんてヘタレパー子なので
があるちゃんにだって追い越されっぱなしよ!
最近はライブ中にも「疲れた...疲れた」ばっかりだし。

> コレは すべらないブログか?

ダウンタウン松本さんに頼んで番組作ってもらうか?
お近づきになりたいのはB'z松本さんだけど。
確かにいつも冴えないオチがつくような気がする、
私のB'zライブ。

9月の記事のコメント頂いてたときにトラックバック頂いてたのに本日気づきました。
公開が遅くなってしまって本当に本当に失礼致しました。

やりかた良くわかってないんです、トラバ。
機械オンチなもので


あさってはいよいよNHKですね~
楽しみです。

noteaquariumさん

わざわざありがとうございました!
わたしもトラバのアップは忘れがちなんです(汗)お気になさらず(^^)

そうこうしているうちに明日になりました!
勝手にプロモを作ってみたのでよろしかったらご覧下さい。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/42568994

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りのあと(B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-):

» LIVE@横浜日産スタジアム [blog de rebrain***]
8〜9月で5度目の日産スタジアムでのライヴ。 といっても前半のヤツは音絡み仕事だったけど。。。 そして、いつもと同じ席。... [続きを読む]

« 我が家の20世紀少年 | トップページ | オススメ映画『デスレース』 »

Amazon商品検索