2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

羊毛フェルトで作るロールケーキ

あたたかい飲み物が恋しくなる季節になりました。お茶のおともは、新鮮なバターと牛乳、そして果物を使ったフルーツロールケーキで!


羊毛のロールケーキ


って嘘です。羊毛で作ったロールケーキなのでした!
cakedesigned by Rio Fukuda


今回、作成中にうまく成型できなくて焦ったのですが、出来上がりを見ればロールケーキのしっとりとしたキメが現れてるような気がしなくもない。。。


成功、ってことで。。。


羊毛のロールケーキ
以前作ったイチゴロールと一緒に。


焦げ茶や深緑色の羊毛でチョコ/抹茶ロールを作ってみるのもいいですよね。作り方さえ覚えれば簡単にバリエーションが楽しめそうなロールケーキなのでした!


。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。


直前のお知らせになっちゃいましたが、9/29放送の「おしゃれ工房」(教育テレビ:AM11:30〜/再放送PM9:30〜)で福田りお先生の「羊毛フェルトのスイーツの作り方」が放送されます(※)

※ 正確な時間は新聞等でご確認ください。


発売中の「おしゃれ工房」10月号のテキストにも作り方が載ってます。
このブログでは完成品の画像をアップするだけなので、作り方に興味のある方、ナラリーノのじゃなくて福田先生の作品が見たいわ〜と思ってる方は是非ご覧下さいましね。

映画『次郎長三国志』

映画『次郎長三国志』を見てきました。


シブイ…?だってナラリーノ国の海軍総督・北村一輝ナラリーノ国のピュアソウル・笹野高史(通称ササッチ)が出てるから。。。


この映画の中で一輝は。


××担当だった——


※ 以下、『次郎長三国志』の内容にちょびっと触れているので、「見る前に1mmたりともわかりたくない!」という方はここでSTOP!

続きを読む "映画『次郎長三国志』" »

おめでとう(なの?)☆稲葉さん vol.3

今週発売された雑誌『anan』の特集「超最新版'08 アナタが選ぶ 好きな男・嫌いな男」。「好きなミュージシャン」第3位にB'z稲葉さんがランクイン!


おめでとうございま〜〜〜す☆(なの?)


たしか——去年も3位だったような。あ、あった。去年のブログ。「おめでとう(なの?)☆稲葉さん vol.2」。


やっぱり去年も3位だった。


じゃ、おととし——「おめでとう(なの?)☆稲葉さん」。


3位だった。。。


でもいいんです、3位でも。多くの稲葉ファンに「稲葉っすゎん、我が人生の第1位!」って思われてるんだから!


今年投票したファンのコメントはどんななんだろう?
去年のコメントは「年をとって深みを増す格好良さに釘付け」、おととしは「年齢を重ねるごとにますますセクシーに」…って、もういいかげん年齢ネタはよせ!って言ったんだけど(誰に?)


その叫びが届いたの?今年は——


「歌声とセクシーなパフォーマンスが最高」(31歳・金融)。


「歌声と…」


「セクシーなパフォーマンスが…」


「最高!」


年齢のこと、触れてないわ〜〜〜!


さあ皆さん、ご一緒に!31歳・金融さんにお礼を申し上げましょう。「ありがとう、31歳・金融さ〜ん!」。お礼、金融さんに言うべきなのか編集の人に言うべきなのか…?


とりあえず、嬉しい結果とコメントにわーい、わーいと小躍りなナラリーノ。このコメントを忘れるべからず!と本屋の片隅にボルトも真っ青な欽ちゃん走りで走っていき、ケータイからパソコン宛に


「歌声と、セクシーな、パフォーマンスが…」


とメールを打つナラリーノ。
こんな短文を覚える自信のないオマエがよっぽど年を重ねてしまったようだ。


しかもしかも。きっと最近、ケータイメールで友人とドラマの話かなんかしたんでしょうね。「パフォーマンスが最高!」の「さい」って打ったら勝手に変換してくれちゃっておまけによく見ず確定しちゃったもんで


「歌声とセクシーなパフォーマンスが最終回


になってしまった!
いやーーーーー!ダメダメダメダメ!歌声とセクシーなパフォーマンスが終わっちゃうなんてダメダメダメ!!!


柱の影で一人もだえるナラリーノであることだ。


で、今年も稲葉さん以外の順位を見なかった。いや、見たんだろうけど覚えていない。これもまた、毎年のこと。


はっ!それよりそれより!9月23日、お誕生日おめでとう(ございました)!稲葉さん!
稲葉さんケーキ


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
おめでとう(なの?)☆稲葉さんシリーズ
2006年
2007年
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

オススメ映画『デスレース』

久々のシアター☆ナラリーノ。11月29日公開の『デスレース』試写会に行ってきました。


『デスレース』
(c) 2008 Universal Studios. ALL RIGHT RESERVED.

『デスレース2000』というカルト的怪作を再映画化した(リメイクではなく『2000』を下敷きにしたオリジナル)アクションムービー。迫力に圧倒されっぱなしの105分でした!


(´・ω・`)ノ*********あらすじ*********

近未来のアメリカ。
人々はテレビで放映されるある番組に熱狂していた。

それは“死のレース”と呼ばれる殺戮のカーレース。サーキットは四方を海で囲まれた孤島の刑務所。レーサーはその刑務所の凶悪な受刑者たち。マシンはさまざまな兵器を搭載した改造車。

無実の罪でこの刑務所に収容されたジェンセン(ジェイソン・ステイサム)は、レースの視聴率を維持したい刑務所所長のヘネシー(ジョアン・アレン)から強制的にレースへの参加を命じられる。

勝ち抜けば自由、負ければ——

(´・ω・`)ノ***********************


主人公は下の画像真ん中の人。

『デスレース』
「焦げたスケキヨ」みたいですが——


“死のレース”でぶっちぎりの成績を収めていたオリジナルの焦げスケさんが不運にも亡くなり、元レーサーで服役中のジェンセンが焦げスケさんの影武者に任命された、と。


このジェンセンが美人ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティネス)と一緒にレースを闘っていく、と。


そのレースが凄過ぎるのだ!


猛スピードで駆け抜けていく改造車同士が走路を邪魔してぶつかり合ったり、走りながらナパーム弾をぶっぱなしたり、すっ飛んだりブッ潰されたり、途中で攻守もろもろの武器をゲットして敵を蹴散らしていったりとボンヤリ感は皆無


爆発→火柱→炎上→爆発…がエンドレス。B'zも真っ青、スケキヨが焦げるのも当然なレースなのだ!


その火柱の中をガコンガコンになりながら突っ走る改造車たち。よく乗ったなあ、よく撮ったなあ(CGほぼなし、とのこと)。作品から立ち昇る「体、張ってます感」に感心しつつ、画面の中の迫力にやられて見ているこちらもスケキヨになるのだった。


ナラリーノ、スケキヨ化
わたくし、乗り物に酔うもので…


主人公が刑務所に入る理由やレースの内容、刑務所内の争いが残酷だけど、あの結末は好きだな。ストーリー展開も起伏に富んで飽きなかった!


主役のジェイソン・ステイサムはカッコよく、ナタリー・マルティネスは美人な上に胸がパイン・ザ・グレートでウットリ。


それにしてもアメリカの映画ってどうしてこんなにキャスティングが絶妙なんだろう。よくもまあ、こんな極悪な面構えばかり集められたなあ、受刑者役…


(´・ω・`)ノ***********************

movie『デスレース』公式サイト 

movie11/29(土)より有楽座ほか全国ロードショー!

(´・ω・`)ノ***********************


祭りのあと(B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-)

2008年9月21日(日)。
ナラリーノ国の神・B'zのライブに行ってきました!場所は横浜の日産スタジアムです。B'zがデビューしたのは1988年9月21日なので、この日はB'z誕生、丸20年の記念日だった訳です。


そんな記念日は——


またも大雨だった——


■そして雨乞い祭りは始まった

節目の野外ライブはいっつも雨なのだ、ウチの神様は。


節目じゃなくても、雨が多い。でも今回の日産スタジアム、20日は晴れたのに…


行く人(ナラリーノ)が雨女なの・・・?


朝から強くなったり止んだりを繰り返していた雨が客電が落ち始めて「さあ、ライブ開始!」って瞬間にドッシャーーーーン!ザッパーーーーン!みたいになった!歓声とB'zの登場が雨を呼んでしまったようだ。


そしてヨコハマ雨乞い祭りは名曲「BAD COMMUNICATION」で幕開けたのだった!


■そして雨乞いは止まらない

「稲葉さんが雨に濡れてるのにナラリーノが身を守ってる訳にはいきまっせん!!!」


雨合羽(のフードのみ)を払いのけ、国家安泰のために稲葉さんとともに歌うナラリーノ。もちろんナラリーノだけではない、会場の信者たちもまた「雨量上等!!」とばかりに濡れた体を震わせ歌うのだった。


「ultra soul」ではともに跳ね、


「恋心」ではともに踊り、


「NATIVE DANCE」では揃って雄叫びをあげる稲葉さんとB'zチルドレン。もうネイティブ・インディアンばりに。


会場一体の狂乱が雨雲を刺激するらしい。雨はザンザン降ってくる。酸性雨の滝を顔面に浴び続けたナラリーノは二度ほどコンタクトレンズがズレて焦るのだった。(死ぬほどまばたきして元に戻した)


■そして絶叫も止まらない

20周年ということで懐かし過ぎる映像がライブの途中で披露された。ふたりが初めてテレビに出演した時の映像だ。「夜ヒット」だと思う。


その映像の中には——顔幅の100倍くらい張った肩パット入りスーツを着込んだ若き日の松本さんと——


頭の後ろに手を当てながら、神懸かり的に腰を振り続ける若き日の稲葉さんがいた。


テレビ局にクレームは来なかったのだろうか。横方向の動きだったのでかろうじて許されたのだろうか。あれが前後の動きだったら公然わいせつ罪で逮捕されたのではないだろうか。


神様連行、腰振り過ぎて
↑こうならなくて、よかった。


神様本人も「何回振ったんだろう」「たぶんテレビ初出演でセクスィ(セクシー)な感じにって(思ったんだろう)」みたいなことと言っていた。


■そして祭りは過熱する

雨脚がだんだんと弱まり、本編ラストに近づいた頃。ファンの魂抜けを誘う一大イベントが勃発する。


稲葉さんが!!!!!


短パン姿になったのだ!!!!!


稲葉さんが剥いだ(はいだ)剥いだのだそれまで履いていたズボンを、いそいそ脱いだのではなくズボンを自らむしり取って短パンになったのだ!稲葉さんの片手にはむしり取ったズボンが握られている、ズボンを掲げた手それはまるで革命旗を手にした勝利の女神のような神々しさ−−−−!


ギャーーーーー!!!


短パン、久しぶりーーー!!!!!


会場、絶叫。


ナラリーノの相棒・usakameさんは「正装だ、正装だ!」と短パン指差して絶叫してた。


ピンクのTシャツに足下はスニーカーだったから、ナラリーノ国の正装=「素肌に革ジャン、短パンに革靴」ではなかったが。


「正装」に比べて若干くだけて露出も少ないということでB'z的にはオフィスカジュアルもしくはウォームビズ、くらいだろう。


稲葉さん、あったかそーーーーー!!!!


稲葉さんの逞しい太ももが起爆剤となり、ヨコハマ雨乞い祭りが短パンオリンピックに激変した。興奮でもう何言ってんだかわからない。


短パン五輪開催
※ 花火の画像はライブ当日のものではありません


しかし、どうやってベリベリっと剥いだんだろう、ズボン。


ズボンの仕組み想像図_1
↑こんなかなあ…


でも片手にマイク持ってる訳だからこれはないだろう。おまけにこれだと”かっぱえびせん”の袋開けるみたいであんまりカッコ良くない。


のし梅方式だろうか。


ズボンの仕組み想像図_2
↑ゼリー質な短パンに藁素材のズボンがペソッと貼り付いていたとか。


翌日、「めざましテレビ」で見た感じでは右側面にボタンらしきものがダダダ!っとついてたようだったが。


■そして——

20年かあ。。。


いろんな演出や感謝がいっぱい詰まったライブだった。
でも、強烈な特別感っていうのは自分の中では感じなかった。ライブはいつでも特別な空間だからなのかな。いつもと変わらず騒いだり感動したりしてました。


私はデビュー当時からのファンではなく、今年がちょうどファンクラブに入って17年目くらい。それは、今年の6月に死んでしまった愛犬が私のそばにいてくれた年月とほぼ重なります。学生から社会人になっていろんな夢を持った時期でもあった。


いろんなこと、いろんなもの、たくさんの人、大切な存在が現れたり消えたり——そんな中でB'zの音楽はずいぶんとしつこく、私のそばにいてくれたと思います。


最後、B'zのふたりはステージから降りてきて、スタジアムを練り歩きました。ファンに挨拶したりハイタッチしながら。
以前の私なら、もう走りよってたと思うんだけど——実際、以前似たような演出があった時に制止する警備員さんを突き飛ばして駆け抜けていったらしいんだけど(usakame談)


今回は最初から最後まで、どこかしみじみと静かな気持ちを持ちながらライブに参加してました。B'zの20周年を祝いながら、「過ぎた時間や想い出って、こんなにもなくならないものなんだな」って思いながら。


B'zと約束しちゃったから、また彼らに逢える日まで元気でいようと思います。


そして最後になったけど20周年おめでとう、松本さん、稲葉さん!
それからファンのみなさん。これからもみんな一緒にB'zの21年目を駆け抜けましょうね!


■そして祭りのあとに・・・

雨で足が冷えたらしく、帰宅後にこむら返りを起こしてナラリーノ、七転八倒。


■そしてそして・・・

ブログでこんなにも「新聞画像」を作りつつ、朝日新聞のライブ号外はゲットできず。

我が家の20世紀少年

ずっと迷っていた。
特技は「じゃ、さっそく!」。思ったら即行動なナラリーノには珍しいことだ。


マンガ『20世紀少年』を購入してよいのだろうか。


22巻もありやがる。プラス『21世紀少年』まで存在するという。


マンガ喫茶と立ち読み上等の本屋で済まそうと思っていたのだが——実際、14巻まではそれらのお店で読んでいたのだが——


結局、全巻購入。


■「結局購入」の理由その1:「本屋の陰謀」


「立ち読み上等」の本屋、途中の15巻だけカバーなしの本が置いてない日が続いた。先が読みたくてしかたなかったのだ。で。結局購入。


本屋の陰謀に負けた——。


■「結局購入」の理由その2:「花屋の陰謀」


『20世紀少年』のことなど頭にない2ヶ月ほど前に購入した我が家のサボテン。


「サボテン・ハルク」
「サボテン・ハルク」と名付けたそのサボテンがナラリーノを誘うのだ(名前の由来はこの記事の末尾に)。


“ともだち”そっくり−−−
“ともだち”そっくりの「サボテン・ハルク」が——「ほ〜ら、15巻から先の内容を知りたいだろ?また最初から読みたくなるだろ?」と——。


で。結局購入。


あの花屋、絶対に”ともだち”の息がかかってると思う。


■「結局購入」の理由その3:「B'zの陰謀」???


B'zのベストアルバム『B'z The best "ULTRA Treasure"』に収録されている『グローリーデイズ』(新曲)。とてもいい歌詞、好きな曲だ。
今、離れてしまって逢えない人を想う歌。大切な日々を胸に歩き出す歌。聴く人によって思い浮かべる風景は様々だろう。


この歌を——こういう歌詞の歌を聴けば聴くほどナラリーノは——今のナラリーノの瞼には——


ケンヂとキリコ姉、オッチョ(@『20世紀少年』)の姿しか浮かばん!


どんだけ、どんだけ読みたいんだナラリーノ。マンガ『20世紀少年』の続きを!


で。結局購入。


いろんな理由テンコ盛りで、買うに至った。。。


ちなみに「サボテン・ハルク」の名前の由来。
初めて見た時このサボテンの姿が往年の名プロレスラー、ハルク・ホーガンの「イチバーン!」を思い出させたから。購入時期がもっと遅かったらきっとこの子は「ソフトボール上野」になっていたんだろう。


『20世紀少年』のオッチョがハルク・ホーガン似なのも不思議な因縁を感じる。

ハルクとナラリーノ

B'z ベスト盤☆読売新聞広告(B'zヲタノカラダヲサワレ?)

本日9月17日はB'zのニューアルバム『B'z The best "ULTRA Treasure"』の発売日〜☆今回も頑張ってくれました。読売新聞にデカデカデカい広告が載った!


『B'z The best
見開き。QRコードが全面に張り巡らされてる。この中に当りが35個隠されているらしい。(で、当るとお宝グッズがゲットできる、と)


何回トライしても大丈夫そうなので、気長に読み込んでいけばいつか宝を手にすることができるやもしれぬ。


『B'z The best
片面。


『B'z The best
もう片面。


ナラリーノ、いつのころからかカタカナが読めなくなってきた。カタカナで書かれた文章読むとどこで区切っていいかわからなかったり、勘違いしてヘンな風に読んじゃう。そういうの、ないですか?


B'zの...
↑これも…


「B'zヲタノカラダヲサワレ」
(B'zヲタの体を触れ)


と読み間違えてしまい、「"ライブでファン同士触れ合おう!"ってこと?」と勝手に思い込んでしまったsweat02


我が家のデトロイト・メタル・シティ


先日のことだ。
風に吹かれて足下に飛んで来たメモ用紙に母アイコの文字でこんなことが書かれていた。


「タイトル: 髑髏(ドクロ)


…その下に、


「骨に虫がついてシクシク泣く、ちょっとはみ出た田中の女」


と、書いてあった。


おかあさん…


何このデスメタルなポエム…?


アイコのドクロ節
稲葉さんもビックリだよ…?(↑しかもラップ調?)


このメモ、見ないフリした方がいいのだろうか、と迷っていたところアイコが現れてしまったので勇気を振り絞って


「おかあさん、このメモ飛んで来たけど大事なもの?」


と問うてみると


「ああ!それ『賢コツ!!』」


元気いっぱい言うではないか。


賢コツ!!」。
それはどうやら、毎週土曜日の16時30分からテレビ朝日で放映されてるバラエティ番組のことらしい。テーマは“人生を賢く生きるコツ勉強バラエティ”(ホームページより)。アイコ、もう××歳ながら、この番組で今さら生きるコツを教わってるようだ——


で、メモにあった「髑髏」は番組で紹介された「難しい漢字を覚えるコツ(語呂合わせ)」だったらしい。。。


ああそうね。
」が「骨に虫がついてシクシク泣く」(厳しい)で
」の字のつくりが「ちょっとはみ出た田中の女」(厳し過ぎる)なわけね…


でも、このデスメタルな語呂合わせを覚えるより「髑髏」の書き方そのまま覚えた方が簡単な気がするYO…YO!



粘土で作る秋の行楽弁当

みなさま、3連休は
楽しくお過ごしでしたでしょうか。

秋の風に誘われて
遠出された方も多かったかもしれませんね。

ナラリーノ国も千客万来。
観光にいらした方たちのために

秋の行楽弁当
秋の行楽弁当を用意しました。

って、嘘です。
粘土で作ったお弁当なのでした。

1円と比べた時の粘土弁当
cakedesigned by Kozue Abe

今回も小さかったよう。。。

ご飯その1はマツタケご飯、
その2は栗ごはん(のつもりがギンナン飯みたいに・・・)、
その3は吹き寄せご飯です。

おかずその1はカボチャとマツタケ芋、れんこん
その2は卵焼きに松風、木の葉型のカマボコ
その3はお芋のきんとんと大学芋です。

お弁当箱の蓋は、秋らしい柿の形。

お弁当箱の仕切りがうまく出来なくて
キーーーーーーーannoyannoyannoyっとなりましたが
でもでも美味しそうに出来上がりました。
個人的にはマツタケご飯にかかった「タレ」と
れんこんの形がお気に入りなんです。

B'zの新曲がドラマ「小児救命」主題歌に決定☆

■新曲「いつかまたここで」ドラマ主題歌に決定!!
(B'z公式ホームページより)

『B'z The Best “ULTRA Treasure”』3CD盤収録の新曲「いつかまたここで」が、テレビ朝日系木曜ドラマ「小児救命」主題歌に決定しました!!
※木曜ドラマ「小児救命」10月16日(木)21:00スタート


あっらー♪全く見る予定なかったのに…「小児救命」…


見なくちゃ…
ちなみにB'zの9/17発売のベストアルバム『ULTRA Treasure』ってバージョンが2つあって、値段が高い方


★ファン選曲のリクエスト上位30曲
★新曲『グローリーデイズ』
★新録バージョン『BLOWIN' ‐ULTRA Treasure Style‐』
★リミックス『F/E/A/R ‐2008 Mix‐』
★DVD


が収録されてるバージョンで、「いつかまたここで」は


★ファン選曲のリクエスト上位30曲
★新曲『グローリーデイズ』
★新曲「いつかまたここで」

↑こっちのバージョン(値段安いほう)にしか入ってないようだ、


ナラリーノはDVD見たかったから、前者しか買わないつもりで…でもやはり、ふつうファンは2種類とも購入するものだろうか…明日がCDショップ入荷日だというのに、まだ迷ってるナラリーノ。


(そういえば鎖国中だったから10月からの「新ドラのリスト」をお知らせするの忘れてました)

鎖国中のナラリーノ国の歴史

鎖国中のナラリーノ国の歴史を簡単にまとめてみました。

さー、みんなで一緒に覚えよう〜〜〜!
ナラリーノ中学の入学試験問題に出るかもしれん。





■7月某日

前月、ナラリーノ国お犬様・モモたんが逝去したことに伴い、鎖国。





■7月某日「赤毛の乱」


気分転換を兼ねて数年ぶりに髪の色を変えました。

「赤毛の乱」といってもナラリーノ、生まれつき赤毛なのですが。。。

以前は黒かグリーンがかった色みに染めてもらっていたのですが、今回はピンクっぽく。染めたときは新鮮でしたが今ではもう目に馴染んでしまい、ナチュラルボーンでこの色だった気がします。

てことで乱、鎮圧。





■7月某日「ナベアツの変」


こちらの「変」は鎮圧されてないぞ!!!!!

お笑い。それはナラリーノにとって縁薄いジャンル。芸人と言えば欽ちゃんでほぼ止まっていたナラリーノ。その次が桜塚やっくん?(あっという間に興味失せたが)

で、その次が世界のナベアツだぞ、と!




面白いねえ、ナベアツ。。。(うっとり)




ここ最近はテレビ欄に「ナベアツが出る」って書いてあるとほぼ見てしまう、その番組を。。。ナベアツの変、ナラリーノ国を席巻!首都制圧中か!?

ちなみに、数えた数字が3の倍数だったりすると心の中でそっとバカ野郎になるナラリーノがいます。どんだけ制圧されたんだ。で、アナタはどう???やはりバカになってますか?





■8月某日「岡田の乱」


当ブログにもたびたび登場するV6・岡田准一くん(通称ウチの子)が写真週刊誌フライデーに撮られたではないか!相手は蒼井優ちゃんだ!




でも、心乱れる歳でもないので。。。




てか、いつのころからかサッカー日本代表のお気に入りたちの薄味な顔(中村憲剛はのぞく)に慣れてしまったらしく、岡田くんの濃すぎる顔が・・・目に辛い。
「めに、つらい」と書いたつもりなんだけど・・・お気に入り選手たちが薄味の和食なら・・・岡田くんの顔だちは目がヒリヒリするほど辛い(からい)カレー・・・impact




歳とった、ナラリーノ・・・?




そういいつつ、フライデー発売の朝は友人たちにメール激送な自分・・・




そのドタバタぶりがまた歳を感じさせ、乱・・・

ちなみにもうひとりの岡田=サッカー日本代表監督の存在のほうが、ナラリーノの心を乱すannoyannoyannoy





■8〜9月某日「三日天下」


映画『スカイクロラ』の加瀬亮の声が良かった!

映画終わった後に話したこと。それは「加瀬亮の声が素晴らしい!!!」それだけだった(内容は?)

ソフトで甘くてうっとりするほど耳に心地いいんだよう、加瀬亮の声・・・




やられた・・・lovely




これはもうナラリーノ国に加瀬亮の天下到来だ!




と本気で思ってたんだけど(ナベアツは?)、映画『グーグーだって猫である』ではまったく違う声だった、加瀬亮。




てか、『グーグー』のが地声なんだろう・・・




天下、始まったと思ったら終わった・・・




ちなみに『グーグー』。初日舞台挨拶付きの回だったので、生の小泉キョンキョン、生の上野樹里ちゃん、そして生の加瀬亮を見ることが出来ました。




加瀬亮、キョンキョンより顔が小さく見えた・・・




干し首・・・?
三日天下で首を狩られたか・・・?




加瀬亮。声は残念だったけど、存在は引き続き要注目だ!友人と私の間では10月開始のドラマ『チーム・バチスタの栄光』の主人公は加瀬亮にやってほしかった、彼なら原作のイメージを殺さないであろうにという話で大盛り上がり。





■9月某日
黒船第一陣(通称チケット船)、きたる。ナラリーノに開国迫る

B'zのライブチケットが届いた♪9月21日、B'zのデビュー20周年記念のその日に開かれるライブに国家元首ナラリーノ、ご招待されました・・・といいたいところですが、当然自分で申し込み、お金払って見に行く次第。当たり前だ。

■9月某日
黒船第二陣(通称サッカー船)、きたる。ナラリーノに開国迫る。

開国迫ったからにはガンバレ、サッカー日本代表。ちなみに開国ネタはコチラを読んでね。

■9月某日
ナラリーノ国、開国。






歴史、こんな感じ。

簡単にまとめた、って・・・これしかないんだ?歴史sweat02

☆ご挨拶☆


当ブログの管理者・ナラリーノと申します。2006年2月からブログ始めました!

※2013年12月30日更新


正式名称は「国家☆ドゥードゥルドゥー」。長い。
なので略称は「国ドゥー(おそらく「くにどぅ」)」



希望の朝の始まりを告げる幸運の雄鶏(Cock-a-doodle-doo)のように、ワクワクなブログにするわ!


と、いう壮大な夢を乗せて名付けただけの、ナラリーノの「!?」「♡」が書き連ねられたブログです。どうぞよろしく!


◆ナラリーノ・こんなものが好き


♡ B'z(神)


♡ ワンコ(天使)


♡ 本、新聞、辞書、マンガ


♡ 映画、ドラマ、美術、建築


♡ 紅茶、果物、芋栗南瓜、豆、チョコレート、寒天、乳製品


♡ 散歩、旅行


♡ ほかほかするもの
(例:コタツ、干したふとん。お日さま。焼き芋)


♡ ぬくぬくするもの(例:昼寝)


♡ きらきらするもの(例:木漏れ日から宝石まで)


♡ 古いもの。歴史のあるもの


♡ 地球儀、国旗、地図、切手。なんとなく外国を想像させるもの


で、こんな感じの記事を書いてます。

(記事のカテゴリー、バックナンバーはこちら☆)


黒船のみなさん

絶賛鎖国中だったこのブログにやってきた黒船の正体。


先日手元に届いたB'zのチケット@日産スタジアム。もちろんこれも立派な黒船ではあるのだが、むしろ今回は——沈んでいるナラリーノには——


「この状態で行ってもいいのかなあ…」
「一緒に行く人も、今の私とじゃ辛いよな…」


という気持ちがあったので——


「チケット船、まだ大人しく浦賀沖に停泊中」くらいだった。


チケット船以上に、ナラリーノに開国を迫ったのはこれだったと思う↓↓↓↓↓

先輩・沢の教えで決めた!憲剛殊勲の決勝弾
(9月8日8時2分配信 サンケイスポーツ)

2010年南アフリカW杯アジア最終予選第1戦(6日=日本時間7日、日本3−2バーレーン、マナマ)日本代表はMF中村俊輔(30)=セルティック=の先制FKに続き、MF遠藤保仁(28)=G大阪=のPKと、MF中村憲剛(27)=川崎=のミドル弾で、バーレーンから3得点をゲット。(中略)
後半25分から出場した中村憲は同40分、DF阿部(浦和)のパスを受け、迷わずシュート。約25メートルのミドル弾は相手DFに当たってコースが変わり、ゴールへ突き刺さった。

「パスが来た瞬間、打とうと思った。打てば何かが起こるから


憲剛!


ヨ〜ソロ〜…ship (黒船だけに、な掛け声)


「打てば何かが起こるから」のフレーズを読んで


「書こう、書かねば何もはじまらぬ。書けば少しは自分を取り戻すことができるかもしれぬ。このまま書かなかったなら私は一生書かずに終わるやもしれぬ」


と、思ったのだった。


こんな感動をくれたのに——


しかも得点したのが 俊輔と遠藤、アベちゃんからパスをもらった憲剛という超ナラリーなラインナップだったのに——


残念。バーレーン戦、見てなかった。


だって…放送は深夜…moon3aries
おまけにナラリーノ、サッカー日本代表の「勝手に非公式スポンサー」を勝手に辞してたし


ナラリーノが見てなかったからこそのラインナップなの?
やっぱナラリーノはサッカー疫病神!?でも最近見てた試合では勝ってたし、見てない試合でも負けてたし!!!


私がどうすれば勝つんだあ、サッカー日本代表よ!!!


あと、勝利の立役者たる憲剛の写真うつりが悪かったのも残念だった、新聞。


顔が「おそまつくん」みたいだった(?)

でも「写真うつりが悪い選手は活躍する」という俊輔の好例もあるとおり吉兆ってことで。


そしてそしてナラリーノ国の開国記念に嬉しいニュースが飛び込んで来ました。


オシム氏長期リハビリ合宿で左腕動いた
(9月10日9時51分配信 日刊スポーツ)

前日本代表監督のイビチャ・オシム氏(67)が、自宅のあるオーストリアで「長期リハビリ合宿」に入っていることが9日、分かった。昨年11月に脳梗塞(こうそく)で倒れ、代表監督の職から離れた。だが、クラブ・代表を問わず現場への復帰を強く望む同氏は、帰省中も厳しいリハビリに取り組み、後遺症はほぼ完治した。総仕上げとして、まひの残る左腕を1カ月半の集中特訓で回復させる予定だ。


よかった、ホントによかった!


記事の途中に「疲労で体調を崩したこともあった。脳梗塞再発の危険性も浮上した」って書いてあるから養生しないといけないんだろうけど、でもでもよかった!!!!!


ナラリーノ国の皆様、観光客の方々、近隣国家の元首たちの励ましに後押しされつつ、こういった日々の喜びが積もり積もってだんだん元気になっていけると思います。もうご心配は無用です!
でもモモちゃんのことを、みんなも忘れないでねdog


黒船が来たぁ!

ナラリーノ国国民の皆様、
観光客、近隣国家各位





ご無沙汰しております。ナラリーノです。

ものすごく暑かったような
気づけば涼しくなったような。素早く過ぎた夏でした。
皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。




愛犬モモ亡き後、気持ちが塞いで空元気な日々ですが
心のリハビリも兼ねてちょっとずつ書き始めようかと思いました。




ドラマ『篤姫』より先に鎖国の終焉です。




黒船が来ちゃったもんね・・・ship
(やはり空元気)




鎖国終焉を機に
ブログをちょびっとカスタマイズしました。
まずはナラリーノ国にご意見頂戴mailtoということで
“目安箱”(メールフォーム)を設置。

ブログ右側中央あたりにあります。
記事コメントに書くのはちょっと・・・とか
ナラリーノに連絡取ってみたいわ、というアナタ!
是非ご利用ください。

まだまだ気持ちが喪中のため
いつまた鎖国になるかわからないし
愉快な記事を書く自信もないのですが頑張ります!

そもそも久しぶりすぎて何を書いていたのか忘れた!
過去記事読むと改めて自分のマヌケさにビックリ(苦笑)

で、肝心の「黒船」については後日!

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

Amazon商品検索