2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 中村俊輔『察知力』&ナ国、スポンサー辞するの弁 | トップページ | 「頑張らなくては前進はしません」by オシム »

オススメ映画『奇跡のシンフォニー』

う…うう…(涙)


風邪っぴきで弱った心身に染みたよ。映画『奇跡のシンフォニー』。試写会に行ってきました。


notenotenotenotenotenotenotenote

note 『奇跡のシンフォニー』あらすじ

エヴァンは11歳の男の子。
心の中に流れる音楽を辿ればいつか必ずまだ見ぬ両親に逢えると信じていた。そう、彼は生まれてすぐある事情から親の手元から引き離され施設で育ったのだった。

そしてとうとう、エヴァンは施設を飛び出し両親の行方を探し出す。開花した音楽の才能とともに、ストリートミュージシャンとして——

notenotenotenotenotenotenotenote


エヴァンくんの姿だけでなく、彼のお父さん、お母さんの人生も平行して描かれてます。こちらのラブストーリーも夢があっていいお話なんだよ。。。(染みてる)


ずっと離ればなれだった3人の人生は重なるのか?っていうドキドキ感に絡むのが「音楽」!ロックにクラシック、ゴスペル。いろんなジャンルの音楽が物語の重要なアイテムとして全編に登場します。


私も音楽の神様に頭を垂れたくなりました。


noteってことでこんな人にオススメ

note 心温まる話が好きな人
note
音楽好きな人
note
北村一輝顔が好きな人?


え?北村一輝?


お父さん役が『ベルベット・ゴールドマイン』のジョナサン・リース=マイヤーズなんだけど、なんか顔の濃さと髪型から「青い瞳の北村一輝」に見えて仕方なかった…だから…


notenotenotenotenotenotenotenote

note『奇跡のシンフォニー』公式サイト

note6/21(土)〜全国公開です!

notenotenotenotenotenotenotenote

« 中村俊輔『察知力』&ナ国、スポンサー辞するの弁 | トップページ | 「頑張らなくては前進はしません」by オシム »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

>ジョナサン・リース=マイヤーズ
結構好き(人*´ω`*)
「ベッカムに恋して」でもキーラ・ナイトレイと共に出ていた!(σ*`ω´*)σ

私もジョナサン・リース=マイヤーズ好きです~。
8年位前に、BBCの"Gormenghast"という、4夜連続スペシャルゴシックファンタジードラマで、周囲を全員陥れてのし上がっていく、血も涙もない鬼のような冷血漢ただし美少年、という役をやっていて、ノックアウトされました。
カズキ顔だとは思いませんでしたが・・・。

notesvictoria姫

そうだ、イケメンコーチ(監督)役でしたね!
あの頃は北村一輝ファンではなかったので
映画を見ながら一輝を思ったりしなかったと思いますが−−−

notessaariさん

>私もジョナサン・リース=マイヤーズ好きです~。

濃顔好きにはたまらない魅力なのでしょうか、
ジョナサン。ちょうど『ホカベン』の一輝とかぶるんですよね。

血も涙もない鬼のような冷血漢役。。。出演作を調べると『視姦』てな題名もあるし、そこらへんも一輝とかぶり出しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/41437401

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ映画『奇跡のシンフォニー』:

» 「 奇跡のシンフォニー / AUGUST RUSH  (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【奇跡のシンフォニー】2008年6月21日(土)公開 監督 : カーステン・シェリダン ... [続きを読む]

» 奇跡のシンフォニー [まぁず、なにやってんだか]
昨日、有楽町朝日ホールの「奇跡のシンフォニー」の試写会に行ってきました。 11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)が一度も会ったことのない両親を探す・・・こんなに広い国で手がかりもなく探せるのかしら?と心配になりますが(ツッコミたいところ)、どんな展開になろうとも許せてしまうような音楽に、すっかり魅了されてしまいました。 エヴァンがはじめて街に出て、感じる音・・・これが騒音で、大音響で聴かされるので閉口してしまいましたが、それもちょっとの間だけです。エヴァンが触れる楽器は素晴らしい音楽を奏では... [続きを読む]

» 奇跡のシンフォニー [アートの片隅で]
「奇跡のシンフォニー」の試写会に行って来ました。 会場のよみうりホールは、いつも通り長蛇の列で凄い人で溢れ返っていました。 ここは開場間際になると、1階から7階まで階段で昇る事になるので、ちょっと辛いです(▽この映画が観たくなった 参考になった つまらなかった どれかをクリックして下さい。 よろしくお願い致します。... [続きを読む]

» 『奇跡のシンフォニー』・・・音楽を信じるということ [SOARのパストラーレ♪]
いや~よかった!音楽がテーマの作品は感動に浸りやすい傾向にあるのも事実だが、それにしてもこれは素晴らしい。見終わって数時間たっても消えない心地良い後味と余韻。“心の琴線に触れる”とはこういうことを言うんだろうなあ。... [続きを読む]

» 『奇跡のシンフォニー』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
6月公開作の中でなにげに一番期待をしていたフレディ・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を新宿で観てきましたー。 ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。生まれつき類い希な音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その実... [続きを読む]

« 中村俊輔『察知力』&ナ国、スポンサー辞するの弁 | トップページ | 「頑張らなくては前進はしません」by オシム »

Amazon商品検索