2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 連続更新月間終了のご報告とお礼 | トップページ | イケメンダービー第3戦!『ROOKIES』VS『ごくせん』! »

イケメンダービー第2戦!『ROOKIES』VS『ごくせん』!

「遅くなりましたが、ドラマネタUP」シリー第1弾。イケメンダービー2戦目です!『ROOKIES』と『ごくせん』」の各第2話をご紹介!


(4/26放送分の同ドラマネタです。あらすじは本ページ最後にあります)


impactimpactimpactimpactimpactimpactimpactimpact


イケメン度から言えば宇津井健がいる『ごくせん』が勝っているが、内容的には『ROOKIES』が好きだ。


と、思っていたのだが


今回の『ごくせん』はよかった。
第1シリーズでヤンクミの生徒だった“クマ”——その後もシリーズに出演し続けている——が、生徒たちと触れ合えず悩んでいるヤンクミ(仲間由紀恵)に


「俺はヤンクミの生徒でよかった。だから自信を持って今の生徒にぶつかれ」


って励ます。


「俺はヤンクミの生徒でよかった。自信を持ってぶつかれよ」


「自信を持って」——


「自信」——


クマちゃーーーーん!


感動。。。


「俺はヤンクミの生徒でよかった」なんて先生にとって、一番嬉しい言葉なのではないだろうか。だから自信持て、なんて。


感動。。。


さすが視聴率20%越え。。。


ヤンクミはそう言われるだけの先生でもあった。
不良グループに楯突いてケンカを始める生徒たち。その場に駆けつけたヤンクミは


「これからは私が担任としてものの道理を教えるから勘弁してやってくれ。そいつらを私に返してくれ」


って頭下げるんだよね。
(それでもケンカを続けようとする相手軍団と大立ち回りだったが。)


「ケンカは素手で!」同様、ケンカを悪だと決めつけず道理を持って戦い方を教えるヤンクミはやっぱり素敵だった。


それにしてもすごい靴履いてるんだな、今時のツッパリ高校生は——




高木くんの靴

impactimpactimpactimpactimpactimpactimpactimpact


でも、生徒たちの演技はやはり『ROOKIES』が上だろうか。市原隼人も城田優も小出恵介も桐谷健太も。


桐谷健太。28歳の高校生役。強面ながらジブリの作品では『耳をすませば』が一番好きだと言うロマンチストさんだ。


友情出演の森山未來くんがまた出てた。川藤先生(佐藤隆太)が前任の高校を辞める原因となった生徒だが、彼も素晴らしい。結局、家の都合で高校は辞めてしまったが働きながら定時制に通っていると言う設定だった。


彼が、将来教師になりたいと語る場面はとても感動的だった(涙)
こういう子がもし本当だったらとてもいい先生になりそうだし、『ごくせん』のクマちゃんのセリフ同様先生にとってすごく嬉しいセリフだよね。


今回、生徒役で中心となったのは高岡蒼甫だ。いままであまりちゃんと見たことがない俳優さんだったのだが。


熱い演技はもちろんのことこの話に一番フィットしてるような。だって森田まさのり(原作者)のマンガに絶対いそうだもん、この顔立ち。


impactimpactimpactimpactimpactimpactimpactimpact

『ROOKIES』第2話あらすじ

暴力事件でなかば解散状態にあった野球部を立て直すため、川藤 (佐藤隆太) は部の監督を務めることに。反発する生徒も多い中「もう一度みんなと野球がしたい」「笑って高校を卒業したい」という 御子柴(小出恵介)、関川 (中尾明慶) らは 川藤とともに部活を再開する。

そんなある日、他高から練習試合の申し込みが。喜ぶ川藤に校長(伊武雅刀)は 試合ができなかったら辞表を出せと約束させる。案の定、元野球部の生徒たちはまったく相手にしてくれない。若菜 (高岡蒼甫) にいたっては「本当はサッカーがしたかった」と川藤に嘘をつく。が、若菜が夢を打ち明けてくれたと勘違いした川藤は若菜らがサッカー部へ転部できるよう奔走する。

impactimpactimpactimpactimpactimpactimpactimpact

『ごくせん』第2話あらすじ

ヤンクミ(仲間由紀恵)が担任を務める3Dは、あいかわらずケンカや衝突が絶えない。クラスに連帯感が生まれるよう、生徒たちに缶蹴り大会を持ちかけるヤンクミだったが、もちろん参加するものは誰もいない。それどころか、大和(高木雄也)のグループと廉(三浦春馬)のグループの対立は激しくなる一方だった。

タイマンを張ろうとする二人にヤンクミは理由を問うが、二人とも「世の中、敵か味方しかいない」「喧嘩しか一番になれるものがない」と荒んだ答えを返す。

後日、武器を手にケンカをしようとした二人に「自分のためだけに喧嘩しても意味がない」と説教するヤンクミだったが二人の心には響かない。

いらだちが収まらない大和は、街でケンカを吹っかけるがその相手は——

impactimpactimpactimpactimpactimpactimpactimpact

イケメンダービー第1戦はコチラ

impactimpactimpactimpactimpactimpactimpactimpact

« 連続更新月間終了のご報告とお礼 | トップページ | イケメンダービー第3戦!『ROOKIES』VS『ごくせん』! »

ドラマ:ROOKIES」カテゴリの記事

ドラマ:ごくせん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/41085236

この記事へのトラックバック一覧です: イケメンダービー第2戦!『ROOKIES』VS『ごくせん』!:

» キムタクを追い込む仲間由紀恵 [最新ニュース&エンタメ情報]
放送2回の平均視聴率が25%を超えた連続ドラマ「ごくせん3」の映画化が早くも決定したと話題になっている。日本テレビ開局55周年記念のフィナーレを映画版「ごくせん」が飾るという。... [続きを読む]

« 連続更新月間終了のご報告とお礼 | トップページ | イケメンダービー第3戦!『ROOKIES』VS『ごくせん』! »

Amazon商品検索