2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 新鮮力と新戦力☆ | トップページ | ご無沙汰☆一輝in『スパイ道』☆ »

いぶされて。映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

英国繁栄の礎を築いたエリザベス1世の姿を我が身(←ナラリーノ国の国家元首だし)に重ねるべく!映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を見てきました。


ゴールデン・エイジとはいえ、エリザベス自身にはゴールデン感、薄。


なぜなら、本作でのエリザベスは彼女の地位や命を狙う国内外の輩や自分の中の弱さを敵として戦い続けるから。


英国を黄金時代に導くために背筋を伸ばして生きようとする女王の葛藤が描かれたお話ゆえ、むしろ『エリザベス:ご本人はイブシ銀』。


史実に基づいた重厚な作品だが、時代モノが好きな方はもちろんこんな方たちにも向いてる映画だ。


■こんな方たちも、ドウゾ


1.キレイなもの、大好きな人
2.『7つの黄金郷』世代
3.アンチ橋田壽賀子
4.子育て中のお父さん、お母さん
5.現在の世界情勢を憂う人


1.キレイなもの、大好きな人


映像が綺麗だよう。。。(ウットリ)


教会のシーンは白がいっぱい!
大理石、差し込む光、白肌に白いレースの立ち襟、シフォンのドレス。質感の違う白の中で、エリザベス、仁王立ち!膨張色の中で、存在感、更に倍!!


あと、メアリー・スチュアートの処刑シーン!
薄暗い処刑場、黒尽くめの衣装をまとった人々の前で黒い囚人コートをガバッと脱いだメアリーが着てたのが!


深紅のドレス!


超キレイだったよ…(ウットリ)


お話、演技、映像。作り手の意図が三位一体☆映画はこうでなくっちゃ!


でも、ところどころ痛ぇシーンが出てくるのでそういうのが苦手な方はそこだけ目を閉じよう。


2.『7つの黄金郷』世代


『エースをねらえ!』の山本鈴美香が描いた未完のマンガ『7つの黄金郷(エルドラド)』。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』の時代背景は『黄金郷』の後半〜描かれなかったその後に当ります。スペインの無敵艦隊との直接対決、その際エリザベスが激を飛ばす感動シーンはマンガにはギリギリ出て来なかった。


あの劇画に慣れちゃうと映画はちょっと迫力不足だけど(どんなマンガだ!?)、でも、動いてるメアリー・スチュワートやウォルシンガム卿が嬉しいのはもちろん、パルマ公やキャプテン・ドレイクの名前もチョロ出!懐かしいですよ!?


当然、『黄金郷』のオーリやアーサー、レッドフォード侯は出てきませんがそれでも探したい自分がいた(TT)


3.アンチ橋田壽賀子


容姿の衰えや心ない噂に心を痛め、切ない恋に身を焦がすエリザベス。


従姉妹との争いや離婚を繰り返した父王の存在など、ドロドロな親類ネタが橋田壽賀子『渡鬼』を想い出させますが——(え、想い出さない?)


ケイト・ブランシェット演じるエリザベスは人間味を醸し出しつつ、ホントに高貴だった!!!


冒険家として新世界に飛び出していくローリーに恋するエリザベス。
途中、嫉妬で取り乱す場面があるも、ケータリングの世界に飛び込んだ元ダンナに色目を使い続ける沢田雅美(by『渡鬼』)の下品さは全くナッシングなエリザベス!


4.子育て中のお父さん、お母さん


生まれて来た娘をどのように育てよう、と思案中の方。


映画を観て、「賢くてしっかり者のエリザベスみたいにしたい!」と、思うか。


若くて可愛い侍女に男を寝取られちゃったエリザベスを見て


「やっぱり女の子は権力よりも普通の幸せが大事」


と思うか。


悩みましょう!


5.現在の世界情勢を憂う人


エリザベスは慈愛と信念の人。そんな彼女が終世気にかけた問題のひとつは信仰の違いで争いが絶えない当時の英国の現状だった。


カトリック弾圧をほのめかす忠臣に対して


「行いで罰しても、信念では罰しない」


と宣言するエリザベス。これは似たような争いが続く今の時代にも通用して欲しいセリフではありませんか!?


■で、結論


私より公として生きる人間の心意気を堪能するもよし、映像美、俳優陣の名演技を楽しむもよし、争いの歴史を繰り返さないためのお手本としてもオススメな映画です。


■映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』公式サイト(あらすじ&キャスト)
■映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』理解のために

« 新鮮力と新戦力☆ | トップページ | ご無沙汰☆一輝in『スパイ道』☆ »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ。とても内容が濃くて面白そうだね。
たまには映画館に行きたいと思っていた私にうってつけの作品です。

歴史に名を残す女性の"生き様"を見るのは
普段眠っている"何か"が刺激され 背筋が伸びる!
2番には当てはまらないのだけど^^
エリザベスを見て その時代の知識欲を深めます♪
ただやっぱり痛いシーンは目をつむります (*^_^*)

(^^)yukieちゃん

うん、時代ものだけあって豪華でありつつ
女性の生き方としてなかなか考えさせられる
映画でした。。。

>ただやっぱり痛いシーンは目をつむります (*^_^*)

うん、かなり痛いシーンだから絶対に目を閉じて!!!
(いや、恐らく自然に目をつむるだろうな・・・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/40310563

この記事へのトラックバック一覧です: いぶされて。映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』:

« 新鮮力と新戦力☆ | トップページ | ご無沙汰☆一輝in『スパイ道』☆ »

Amazon商品検索